先月までユナイテッド指揮のラングニック、オーストリア代表での初陣は3-0快勝 「非常に満足」

2022.06.04 12:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストリア代表のラルフ・ラングニック監督自身も手応えの初陣だったようだ。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がドイツ人指揮官の試合後コメントを伝えている。

今年4月末にラングニック監督の指揮官就任を発表したオーストリア。3日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ1第1節のクロアチア代表戦に臨み、敵地での一戦を3-0と快勝した。

昨年11月途中から今季まで率いたマンチェスター・ユナイテッドでは志向するプレッシングスタイルを落とし込めず、失意に終わったラングニック監督だが、オーストリアでの初陣から上々の結果を掴んだ。
自身初となる代表キャリアの一歩目としても、最高の形で踏み出したラングニック監督は試合後、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)準優勝国を相手にしての快勝に満足感を示した。

「前半25分までは問題があったが、ブレイクに入る直前でリードできたのは良かったよ。後半は本当にうまくやれたし、素晴らしい2ゴールを決めることもできた。もっとゴールを決められたかもしれないがね。非常に満足している」

なお、当初こそ来季からの2年間をユナイテッドのコンサルタントとして過ごす予定だったラングニック監督だが、一転。今季限りでユナイテッドを完全に離れ、オーストリア代表への専念が決まっている。

関連ニュース
thumb

堅守オーストラリアがレッキーの一撃でデンマーク撃破、4大会ぶり2度目のベスト16進出《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループD最終節、オーストラリア代表vsデンマーク代表が11月30日に行われ、1-0でオーストラリアが勝利した。 前節チュニジア代表戦をヂュークの決勝弾で勝利した2位オーストラリア(勝ち点3)は勝利すれば自力突破となる中、デュークやGKライアン、デゲネクらがスタメンとなった。 一方、前節フランス代表戦をエムバペの2発で1-2と競り負けた3位デンマーク(勝ち点1)は逆転突破のためには勝利が必須の中、エリクセンやホイビュア、リンドストロームらがスタメンとなった。 慎重な入りとなった中、11分にデンマークが最初にゴールへ迫る。ブラースヴァイトのダイレクトパスを受けたイェンセンがボックス右からGK強襲のシュートを浴びせた。 ここからデンマークの圧力が強まり、押し込む展開で推移。サイドから打開を図り、オーストラリアを揺さぶりにかかった。 しかし前半半ばからハーフタイムにかけてはオーストラリアの自陣に引いた守備を崩すような攻撃は見せられずゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半もデンマークが押し込む展開で推移。しかし前半同様にオーストラリアを崩しきれず59分にドルベリとダムスゴーアを投入した。 だが直後、ゴールを奪ったのはオーストラリア。ロングカウンターに転じた流れからマクグリーのスルーパスを受けたレッキーがシュートを決めきった。 追う展開となったデンマークはさらにコーネリウス、スコフとアタッカーを投入していったが、最後までオーストラリアの牙城を崩せずにタイムアップ。 堅守オーストラリアが4大会ぶり2度目のベスト16進出を決めている。 2022.12.01 01:57 Thu
twitterfacebook
thumb

「前に出て行くことが大事」、サッカルーズ指揮官は引き分け考えず

引き分けでもグループリーグ突破の可能性を有するオーストラリア代表だが、グラハム・アーノルド監督はデンマーク代表を相手に勝ち点3を目指している。 2006年大会以来のグループリーグ突破を目指すオーストラリアは、王者フランス代表との初戦を1-4の大敗で落としたが、チュニジア代表との第2節ではファジアーノ岡山FWミッチェル・デュークが決めたゴールを守り切って1-0の勝利。この結果、グループ2位で最終節を迎えることになった。 2ポイント差で3位のデンマークと対峙する最終節では最下位のチュニジアが首位のフランスに大勝しない限り、引き分けでも突破を決められる可能性が高い。それだけに、オーストラリアが引き分け良しとする守備的なプランで臨む可能性も指摘される。 しかし、前日会見に出席したアーノルド監督はその可能性を否定している。イギリス『デイリー・メール』が会見コメントを伝えている。 「繰り返しになるが、フランス戦の30分間、そしてチュニジア戦の60分間のように、前に出て行くことが大事だ。それこそ私がプレーヤーたちに伝えてきたメッセージ」 「フランス戦の30分間は素晴らしかった。チュニジア戦では30%から60%、今度はデンマーク戦で90%または100%の時間でそれを維持したい。同時にずさんなミスを確実に取り除きたい」 また、この試合に向けてはDFナサニエル・アトキンソンの戦列復帰によって全選手が起用可能な状況となったが、サッカルーズの指揮官はチュニジア戦からの大きな変更は考えていないという。 「大きな変更は、脳に混乱を生じさせる。混乱したとき、人々は何をするか? エネルギーがなくなり、ミスを犯す」 「我々は4年半の間、懸命に取り組んできた。プレーヤーたちは何をすべきか、そして私が何を期待しているのかを正確に知っている。1日でホイールを交換したからといって、戦術的に優れた結果が得られるとは思っておらず、プレーヤーの脳に混乱をもたらすことになり、一度変更すると、プレーヤーの能力を最大限に引き出すことはできなくなる」 また、ここ数年はサッカー人気の低迷が伝えられるオーストラリアにとってグループリーグ突破は人気を取り戻す上で重要な転換点となる。アーノルド監督は同国代表指揮官としてその重みを深く理解している。 「私の目標は、オーストラリア人の顔を笑顔にすることだ。それは私のことではなく、オーストラリア代表の試合を通じてという意味だ」 「あなた方はオーストラリア人ではなく知らないと思うが、オーストラリアのサッカーはおそらくAFL、ラグビーリーグ、ラグビーユニオン、クリケットに次ぐ4番目か5番目のスポーツだ」 「遺産を残すことは重要だ。2006年にその世代がしたことは…。それで育った子供たちは、今の世代でプレーしているプレーヤーたちだ。彼らは当時10歳ぐらいで、2006年に当時のプレーヤーたちを見ていた。それが彼らのインスピレーションとなっている」 「この世代は2006年のチームをエミュレートし、10歳のときに見たのと同じ目標を達成することについて話しているんだ」 2022.11.30 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

親善試合完敗のイタリア…マンチーニ監督が新システム失敗を認める「プレッシングがほとんどできなかった」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が、敗戦を嘆いた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)出場を逃したイタリアは、20日に行われた国際親善試合でオーストリア代表と対戦した。 開始早々に失点を許すと、その後も流れを掴めず35分に追加点を奪われる苦しい展開に。後半、多くの選手を入れ替えるとMFニコロ・ザニオーロやFWフェデリコ・キエーザに決定機が訪れるも最後までゴールネットを揺らすことはできず、0-2で敗れた。 試合後、マンチーニ監督は敗戦を悔やみつつも、親善試合ならではのテストができたことを強調。同時に、[3-4-3]のシステムが機能しなかったことも認めている。 「前半の我々は、最初に訪れたチャンスを逃してしまった。その後は、彼らのプレッシャーを受けてミスが多くなり、ピンチに陥る場面が多くなったと思う」 「今日の戦い方はリスクを背負うことになると理解していたが、親善試合はいつもと違うことを思いつける唯一の機会だ。後半は逆に、とても良いチームが見られたと思う。ただ、敗戦で終わったのは残念だ」 「([3-4-3]のシステムでは)前線からのプレッシングがほとんどできず、機能していなかった。チームは間延びしており、スペースを空け過ぎていたと思う。なかなかプレスをかけることができず、その代償を支払うことになってしまった」 2022.11.21 11:07 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯出場逸のイタリア、オーストリアにシャットアウト負け《国際親善試合》

イタリア代表は20日、オーストリア代表との国際親善試合を敵地で戦い、0-2で敗れた。 カタール・ワールドカップ出場を逃したイタリアとオーストリアの一戦。 イタリアはGKドンナルンマやヴェッラッティ、ボヌッチらが先発。ラスパドーリを最前線とする[3-4-3]で臨んだ。 アラバやアルナウトビッチらがスタメンとなったオーストリアに対しイタリアは開始6分、アルナウトビッチのアシストからシェラーガーにゴールを許し先制される。 リードされたイタリアはオーストリアのカウンターに苦しめられた中、35分に2失点目。ペナルティアーク中央からアラバに直接FKを叩き込まれた。 結局、前半は思うように好機を作れず0-2でハーフタイムに入った。迎えた後半、キエーザやザニオーロら4選手を変更したイタリアが押し込む流れが続く。 代わって入ったザニオーロやキエーザがゴールに迫った中、71分には絶好機。FKの流れからラスパドーリがシュートに持ち込んだが、GKリンドナーのファインセーブに阻まれた。 終盤にかけてはオーストリアの守備に阻まれ、0-2のままシャットアウト負け。W杯が開幕した最中で行われた一戦は、課題の残るゲームとなった。 オーストリア 2-0 イタリア 【オーストリア】 シェラーガー(6分) アラバ(35分) 2022.11.21 06:42 Mon
twitterfacebook
thumb

元アトレティコFWのゲルハルト・ロダックス氏、57歳で逝去

17日、元オーストリア代表FWで、アトレティコ・マドリーなどでもプレーしたゲルハルト・ロダックス氏が57歳で逝去した。各国のメディアが伝えている。 ロダックス氏は現役時代、アドミラ・ヴァッカーやラピド・ウィーンなど、キャリアのほとんどを母国で過ごし、オーストリア1部通算246試合97得点を記録。アドミラ・ヴァッカー在籍時の1989-90シーズンには得点王となり、翌季から1シーズン半のみだがアトレティコでもプレーした。 オーストリア代表としては1990年のイタリアW杯に出場するなど、通算20試合3得点という経歴を持ち、母国では“金髪のロケット”という異名でよく知られた選手だった。 1996年の引退後はアドミラ・ヴァッカーのセカンドチームで2度にわたってコーチを務めるも、近年は重い病気と闘っていたとされ、17日、オーストリアの首都ウィーンから20kmほどの場所で電車にはねられて亡くなったという。 訃報を受け、現役時代の所属クラブなどが相次いで追悼コメントを発表。ロダックス氏のプロデビューと引退を見守ったアドミラ・ヴァッカーは「ロダックスのご家族の皆様に心よりお悔やみとお見舞いを申しあげます。私たちの思いは、あなたとともにあります」と声明を出している。 2022.11.18 19:52 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly