トリッピアーが“会心のアシスト”後に古巣スパーズファンにメッセージ

2022.05.17 23:13 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが“会心のアシスト”後に古巣トッテナムファンにメッセージを届けた。

16日、プレミアリーグ第37節でアーセナルをホームに迎えたニューカッスル。トップ4フィニッシュを目指す相手に難しい試合になることが予想されたが、最終的には攻守両面で相手を圧倒する見事なパフォーマンスでホーム最終戦を2-0の完勝で飾った。

この勝利によってニューカッスルはトップ10フィニッシュの可能性を残したが、それ以上に大きな利益を手にしたのが、アーセナルと熾烈なトップ4争いを繰り広げるトッテナム。

前日の試合でバーンリーを破って暫定4位に浮上したトッテナムは、ニューカッスルのアシストによって2ポイント差を得て次節の最終節を迎えられることになった。

このアーセナル戦でプレー機会はなかったものの、戦前から古巣へのアシストを語っていたトリッピアーは試合後に自身のインスタグラムを更新。味方のパフォーマンスを称賛すると共に、古巣ファンに向けてメッセージを綴っている。

「今夜は仲間たちが素晴らしい活躍を見せてくれた。もう一度、自分たちの能力を証明してくれた」

「今夜の一戦を、スパーズファンが楽しんでもらえたとしたら嬉しいよ」

なお、トッテナムはすでに降格が決定した最下位ノリッジとの最終節で引き分け以上の結果を残せば自力でのトップ4フィニッシュが可能となるが、アーセナルの最終節の相手のエバートンには、トリッピアーと同様にイングランド代表MFデレ・アリが在籍しており、更なるアシストも期待できるかもしれない。

1 2

関連ニュース
thumb

ウインガーを探すニューカッスル、チェルシーのハドソン=オドイにも注目か

ニューカッスルが、チェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(21)に注目しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ここまでサウジアラビア資本の豊富な資金を元手に、オランダ代表DFスヴェン・ボトマン、イングランド人DFマット・ターゲット、イングランド代表GKニック・ポープを獲得しているニューカッスル。守備から固める方針で、着実に戦力増加を進めている。 そろそろ前線の選手も欲しいところだが、獲得に動いていたエバートンのU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)は、相手側が売却を固辞したことで交渉は打ち切り。そして、以前にチェルシーのアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(20)への関心が伝えられたマグパイズは、ハドソン=オドイにも興味を示しているようだ。 多くの有望株を輩出するチェルシーアカデミーの中でも最高傑作の一人に数えられるオドイ。10代の頃からトップチームで出場しており、通算では126試合を数えるが、昨季はアキレス腱の負傷もあり、全体で28試合の出場に留まった。 さらに、来季に向けてはイングランド代表FWラヒーム・スターリングの加入が濃厚となっており、出場時間の減少が見込まれている。そのため、オファーがあれば前向きに検討すると『サン』は予想。なお、『transfermarkt』による市場価値は、ゴードン獲得に用意していた4000万ユーロより4割ほど安価となっている。 ニューカッスルはまた、レバークーゼンのフランス代表FWムサ・ディアビ(23)にも注目しているが、こちらは7000万ユーロという移籍金に二の足を踏んでいる模様だ 2022.07.07 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがチェルシーの若手長身FWに興味、昨季はプレミアで6ゴール

ニューカッスルが、チェルシーのアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(20)の獲得に熱心なようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ブロヤはアルバニアとイングランドをルーツに持ち、チェルシーのアカデミーで育ってきた。 これまで、フィテッセ、サウサンプトンへのレンタル移籍を経験。フィテッセでは、公式戦34試合で11ゴール3アシスト、サウサンプトンでは公式戦38試合で9ゴール1アシストを記録。2021-22シーズンはサウサンプトンで、プレミアリーグ32試合に出場し6ゴール1アシストを記録していた。 チェルシーのファーストチームでも2019-20シーズンのプレミアリーグで1試合に出場しデビューを果たしている。 ブロヤに対しては、サウサンプトンが興味を持っている他、ウェストハムが今夏のトップターゲットとしており、3000万ポンド(約49億円)のオファーを出しているとも言われている。 ニューカッスルはレンタル移籍での獲得を目論んでいるようだが、成長著しい若手ストライカーを射止めるのはどこになるだろうか。 2022.07.04 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

セリエA屈指のMFミリンコビッチ=サビッチへのオファーをラツィオは拒否…チェルシー、ニューカッスルが興味

ラツィオがオファーが舞い込むセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(27)へのオファーを拒否している。イタリア『イル・メッサジェロ』が報じた。 2015年8月にヘンクからラツィオへと移籍したミリンコビッチ=サビッチ。加入後からすぐに高い能力を発揮し、これまで公式戦294試合で58ゴール51アシストを記録している。 移籍市場が開くたびにビッグクラブの関心を集めるミリンコビッチ=サビッチだが、今夏はチェルシーとニューカッスルが獲得に興味を示しているという。 2021-22シーズンも公式戦47試合で11ゴール12アシストを記録するなど、高いパフォーマンスを見せていたミリンコビッチ=サビッチに対しては、5500万ユーロ(約77億4500万円)のオファーが届いているとのこと。しかし、これではラツィオは満足しないようだ。 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが起こる前の段階では、1億ユーロ(約141億円)以上の価値を見出していたラツィオだが、今夏であれば7000〜8000万ユーロ(約98億6000万〜112億7000万円)で売却する可能性があるという。 ミリンコビッチ=サビッチとラツィオの契約は2024年6月まで。今夏はそこまでのオファーが来ることは考えにくく、ラツィオに残留する可能性が高いと見られている。 2022.07.04 11:38 Mon
twitterfacebook
thumb

去就不透明なネイマール、ニューカッスルのジョエリントンも勧誘「ボールも簡単に集まるよ」

去就が不透明な状況にあるパリ・サンジェルマンのブラジル代表ネイマール。ニューカッスルの同胞FWジョエリントンが誘いをかけている。 2017年にバルセロナから加入して以降、ここまで公式戦144試合100ゴール60アシストを記録し、多くの国内タイトルに貢献してきたネイマール。 クラブのアイコンと言える存在だが、今夏にクラブがフランス代表FWキリアン・ムバッペ中心のチーム作りを進め、ネイマールの同胞レオナルド氏に代わってルイス・カンポス氏を補強責任者に任命したこともあり、今夏の移籍市場での売却の可能性が浮上している。 ナセル・アル・ケライフィ会長がネイマールの父親に連絡を取り、移籍を薦めたという報道もある中で、新天地候補に挙がっているチェルシーの同胞DFチアゴ・シウバがブラジル『グローボ』のインタビューで「チェルシーに来るべき」とコメントして話題に。 さらに、今度はジョエリントンもブラジルのポッドキャスト『Cast FC』にて、30歳をニューカッスルに誘う旨のコメントを残した。 「僕たちは彼に居場所を与えることができる。もちろん、世界のどこにいってもそうだろうけどね」 「もし彼が来ればそれは…。ちょっと説明できないね。彼はアイドルなんだ。世界のサッカー界で大きな存在だ」 「これで招待は済んだよ。ネイ、もし君がこれを聞いたなら来てもいいんだよ。いつでも駆けつけるよ。それにボールは簡単に来るよ」 ネイマールを招待するにはそれなりのクラブ規模と費用が必要になるが、サウジアラビア資本をバックに持つニューカッスルならあるいは…。 2022.07.02 15:43 Sat
twitterfacebook
thumb

蘭代表DFボトマンのニューカッスル移籍手続きが完了 「新たな冒険が待ちきれない」

ニューカッスル・ユナイテッドは1日、リールからオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)の獲得完了を発表した。 今夏にミラン行きも取り沙汰されたボトマンだが、ニューカッスルが先月28日に基本合意をアナウンス。そして、移籍の手続きがすべて終わり、ニューカッスルは改めて獲得を発表している。 契約は2027年6月末までの5年。移籍金額については未公表だが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、3500万ポンド(約57億2000万円)が動いてのニューカッスル入りとなる模様だ。 「本当に幸せだよ。嬉しいね。新たな冒険を始めるのが待ちきれないよ。ニューカッスルと契約できたのは僕の人生でも最高の日さ。この日のために頑張ってきたし、すごくワクワクしている」 「ニューカッスルには僕にとっても、クラブにとってもトップになるための長期的なプランがあって、ヨーロッパでも最高のリーグであるプレミアリーグを戦っている。すべてが完璧なんだ」 「ファンやチームメイトに会うのが楽しみだよ」 一方で、注目集める守備者を射止めたエディ・ハウ監督は「スヴェンが我々のところに来てくれて嬉しいよ。彼は技術的にも身体的にも優れ、姿勢も素晴らしい」と喜びの心境を語っている。 「22歳ですでにトップレベルで確かな経験を積んでいるが、このチームで成長していくのに適した年齢だと思う。一緒に仕事をしたり、新たなチームメイトとともにする姿を楽しみにている」 ニューカッスルは昨年10月にサウジアラビアの政府系ファンドを中心とするコンソーシアムに買収され、群を抜く資金力を手に。今夏も4選手を獲得したが、堅実かつ的確な補強が続いている。 2022.07.02 11:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly