レバークーゼンが長谷部&鎌田出場のフランクフルトに快勝! ライプツィヒは痛恨連敗で5位転落…《ブンデスリーガ》

2022.05.03 05:44 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第32節、レバークーゼンvsフランクフルトが2日にバイ・アレーナで行われ、ホームのレバークーゼンが2-0で勝利した。なお、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、MF鎌田大地は82分から途中出場した。

3位のレバークーゼン(勝ち点55)と、9位のフランクフルト(勝ち点40)によるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いの行方に影響を与える重要な一戦。

前節は最下位のグロイター・フュルトに4-1のスコアで大勝し、3試合ぶりの白星を手にしたレバークーゼンは、連勝を目指すこのホームゲームでエースのシックやアズムン、パウリーニョとフュルト戦でゴールを決めたアタッカー陣を継続起用した。

一方、リーグ戦5試合未勝利と苦境が続くフランクフルトだが、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝では敵地で行われたウェストハムとの1stレグを鎌田の決勝点によって2-1のスコアで先勝。週明けにホームでのリターンレグを控える中、この試合では鎌田やクナウフ、ボレ、ヒンテレッガーといった一部主力を温存し、長谷部やパシエンシア、ハウジといった控えメンバーで臨んだ。

立ち上がりからアグレッシブな入りを見せたレバークーゼンが、自慢の快足アタッカー陣のスピードを生かした攻めでフランクフルトに圧力をかけていく。

すると、18分には中央へのロングボールに対して、アズムン、シックと続けてDFとの競り合いを制して右サイドのディアビに展開。そのままスピードに乗ったディアビがボックス付近で左足アウトにあっけて絶妙な折り返しを入れると、ファーに走り込んできたパウリーニョのシュートがGKトラップの股間を抜けてゴールネットを揺らした。

幸先よく先制に成功したレバークーゼンは、縦関係を取るアズムンとシックの中央を起点に3バックとウイングバックの間を狙うパウリーニョとディアビの両翼が積極的に背後のスペースをアタック。オフサイドでシックのゴールが取り消され、アンドリヒが決定機を逃したものの、狙い通りの戦い方で試合を優位に進める。

一方、主力不在のフランクフルトは攻守両面でクオリティを欠く難しい状況が続く。リベロに入った長谷部は要所で狙いを持ったインターセプトや配球を見せるが、対人対応や軽率なパスミスなど試合勘のなさを窺わせる場面も。前半終盤にかけてはパシエンシア、ハウゲとフィニッシュに持ち込んだが、1点ビハインドでの折り返しとなった。

迎えた後半、フランクフルトはトゥーレ、クナウフ、ラマースの3選手を投入して巻き返しを図る。だが、立ち上がりの51分にはそのラマースの持ち上がりを高い位置で潰されたショートカウンターからボックス右でディアビが出したスルーパスに反応したシックにGKトラップの股を抜く右足のシュートを流し込まれ、出ばなをくじかれた。

その後、アヘや途中出場のクナウフを軸に反撃を試みるフランクフルトだが、より攻守のバランスを意識したレバークーゼンを前に決定機まで持ち込めない。

それでも、アズムンやシックらの決定機を何とか凌いで試合への興味を繋げるフランクフルトは、82分にパシエンシアを下げて鎌田を投入。ここから一矢報いるゴールを狙ったものの、鎌田はなかなか見せ場を作り出せない。

結局、試合はこのままタイムアップを迎え、2連勝のレバークーゼンがCL出場権獲得に大きく近づく勝ち点3を手にした。一方、6戦未勝利のフランクフルトは週明けのウェストハム戦に全精力を注ぐ構えだ。

また、同日行われたボルシアMGvsRBライプツィヒは、ホームのボルシアMGが3-1で勝利した。

前節のウニオン・ベルリン戦で公式戦16試合ぶりの敗戦を喫した4位のライプツィヒ(勝ち点54)だが、ミッドウィークに行われたEL準決勝ではホームでレンジャーズを1-0で破って先勝。きっちりバウンスバックに成功したチームは、11位のボルシアMG(勝ち点38)を相手にトップ4フィニッシュに向けて重要な勝ち点3奪取を狙った。

主力を起用して臨んだライプツィヒだが、全体的にプレー強度が足りず、ホームゲームで気合が入るボルシアMGに苦戦。17分にはあっさりと中央を崩されてシュティンドルのスルーパスに抜け出したエンボロに先制点を奪われる。

その後は一進一退の攻防が続いた中、36分にはハルステンベルクからの縦パスをオフサイドぎりぎりの位置で受けたアンドレ・シウバからのラストパスに抜け出したエンクンクがボックス右に持ち込んで右足のチップキックで流し込み、同点に追いつく。

だが、前半終了間際の47分には相手のロングカウンターから前線のエンボロを潰し切れずにホフマンへのラストパスを許すと、GKとの一対一を難なく制された。

1点ビハインドで後半に臨んだライプツィヒだが、後半序盤の64分には裏へ抜け出したエンクンクがDFエベルディの決定機阻止による退場を誘発し、数的優位を手にする。だが、攻め切れない状況が続くと、77分には一瞬の隙を突かれてバイアーの右クロスに反応したホフマンにイーブンボールをゴールに蹴り込まれて痛恨の3失点目となった。

これで厳しくなったアウェイチームはアタッカーをピッチへ送り出して反撃を試みるが、専守防衛の構えを見せる相手を最後まで崩し切ることができなかった。

この結果、2連敗のライプツィヒはフライブルクに抜かれてトップ4圏外の5位に転落。週明けのレンジャーズによりプレッシャーがかかる状況となった。

関連ニュース
thumb

引く手数多のエクアドル代表DF、ナポリ、トッテナム、ミランの興味も移籍に興味なし?

レバークーゼンのエクアドル代表DFピエロ・インカピエ(20)は今夏の移籍市場で引く手数多だが、移籍する気はないようだ。 インカピエは母国のインデペンディエンテの下部組織育ち。アルゼンチンのタレレスに移籍すると、2021年8月に完全移籍で加入した。 ブンデスリーガ1年目を戦ったインカピエは、センターバックとして27試合に出場し1ゴール1アシストを記録。安定したパフォーマンスを見せていた。 そのインカピエに関しては、ナポリやトッテナムが獲得に関心を示していた中、ミランも獲得に興味を示すことに。多くのオファーが舞い込む中、移籍する気はないようだ。 インカピエの代理人であるマヌエル・シアラ氏がイタリア『Stop&Goal.com』で語った。 「ピエロは現時点でレバークーゼン、そしてドイツでの生活にとても満足している」 「ミランから彼に関心があることは確認しているが、彼はレバークーゼンと話し合い、どのように一緒に成長できるかを確認している」 移籍する意思がないというインカピエ。仮に今夏獲得となれば、3000万ユーロ(約43億円)は必要になると見られている。 トッテナムは3500万ユーロ(約50億3000万円)までは検討しているようだが、果たしてどうなるだろうか。 2022.06.29 20:24 Wed
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、ヘンクのU-16ベルギー代表DFモナメイを獲得

レバークーゼンは25日、ヘンクのU-16ベルギー代表DFマディ・モナメイ(16)を獲得したことを発表した。当面はU-19チームで経験を積むことになるとのことだ。 2019年夏にルーヴェンからヘンクに加入したモナメイは、15歳でUEFAユースリーグに出場した将来を嘱望されるセンターバック。 そのモナメイについてレバークーゼンのスポーツ・ディレクターを務めるシモン・ロルフェス氏は「将来有望なタレントと契約できたことを嬉しく思う。彼は多くのトップクラブからオファーを受けていた。既にUEFAユースリーグという高いレベルでのプレーも経験している上、ヘンクでもU-21チームでプレーしていた」と将来性を高く評価をした。 2022.06.25 22:50 Sat
twitterfacebook
thumb

シティの若手FWエドジーがレバークーゼン移籍へ

マンチェスター・シティのU-19イングランド代表FWサミュエル・エドジー(19)がレバークーゼン移籍に迫っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 今夏の移籍市場ではノルウェー代表FWアーリング・ハーランド、アルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスを獲得したシティ。代わってアーセナル行きが迫るブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス、チェルシーが関心を示すイングランド代表FWラヒーム・スターリングの移籍が規定路線と見られる中、アカデミーに在籍する選手にも動きがある模様だ。 ロマーノ氏が報じるところによれば、U-23チームで主力を担うエドジーがレバークーゼンへの完全移籍に迫っているという。交渉はクラブ間、個人間でも最終段階を迎えており、同選手は2024年までの2年契約での完全移籍となるようだ。 ナイジェリア人の父親とイングランド人の両親の下、イングランドで生まれ育ったエドジーは、ミルウォールのアカデミーから2019年にシティのユースチームに加入した。 左ウイングを主戦場にクイックネスとボールスキルに優れる19歳は、両足を遜色なく操り、オフ・ザ・ボールやポジショニングにも優れる総合力の高いアタッカーだ。 ユーロやコパ・アメリカに多くのトップチームが参加した影響で、昨夏のプレシーズンに定期的にプレー機会を与えられた結果、印象的なパフォーマンスを披露。そして、レスター・シティとのコミュニティ・シールドではスタメンで公式戦デビューを飾った。 ただ、以降は度重なる負傷によってトップチームだけでなく、プレミアリーグ2などでも思うように出場機会を得られずにいた。 2022.06.25 18:04 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがゲッツェに続き、レバークーゼンFWアラリオを獲得

フランクフルトは24日、レバークーゼンのアルゼンチン代表FWルーカス・アラリオ(29)を獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの3年間。ドイツ『キッカー』によれば、移籍金は500万ユーロ(約7億1000万円)で、出来高200万ユーロ(約2億8000万円)とのことだ。 2017年夏に母国のリーベル・プレートから加入したアラリオはレバークーゼンで公式戦164試合に出場し、58ゴール16アシストを記録。今季は公式戦33試合7ゴールを挙げていた。 ただ、レバークーゼンでは今冬のイラン代表FWセルダール・アズムンの獲得に加え、今夏にチェコ代表FWアダム・フロジェクを獲得しており、カタール・ワールドカップのメンバー入りに当落線上のアルゼンチン代表は出場機会の減少が危惧されていた。 来季、チャンピオンズリーグに出場するフランクフルトでは先日、PSVから元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを迎えていた。 2022.06.25 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、長期離脱中のヴィルツとの契約延長を発表

レバークーゼンは23日、ドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツ(19)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 7歳でケルンのアカデミーに入団したヴィルツは、2020年1月にレバークーゼンへ移籍に加入。同年5月にチーム史上最年少となる17歳15日でプロデビューを飾ると、6月に行われたブンデスリーガ第30節のバイエルン戦では、17歳34日で当時のブンデスリーガ最年少となる初ゴール記録を達成。 チェルシーへ旅立った同胞MFカイ・ハヴァーツの後継者として、昨シーズンから主力に定着すると、今シーズンも公式戦31試合に出場し、10ゴール14アシストを記録。優れたアスリート能力、ボールテクニック、攻撃センスを兼ね備える万能型のアタッカーとして完全にブレイクしたが、3月に行われたケルン戦で左ヒザの前十字じん帯断裂の重傷を負い、現在は長期離脱を余儀なくされている。 新契約にサインしたヴィルツは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕からしたらこの2年間の成長は驚異的なことで、こんな風になるとは想像もしていなかった。これもチームのおかげだと思っている。このメンバーだからこそ、僕はここで快適に過ごすことができ、全体的にうまくいっているのだと思っているよ」 2022.06.24 00:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly