ビラのジェラード監督、ヤングとの契約延長を示唆「交渉は始まっている」

2022.04.27 15:24 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラのスティーブン・ジェラード監督が、元イングランド代表DFアシュリー・ヤング(36)との契約更新を示唆している。

昨夏にインテルを退団し、10年ぶりにビラ復帰を果たしたヤング。36歳で迎えた今シーズンはここまで23試合に出場しており、豊富な経験を頼りに、本職である左サイドバックのほか、逆の右サイドバックやセントラルMFなど、様々なポジションでポリバレントな活躍を見せている。

昨年11月に就任したジェラード監督も大きな信頼を寄せており、就任からの21試合中10試合で先発起用している。いぶし銀の存在感を放つヤングとの契約は今夏までとなっているが、イギリス『タイムズ』の取材で延長に向けた交渉に入っていることを明かした。
「アッシュにはまだ一緒にいて欲しい。私の考えは明白だ。すでに交渉は行われているよ。鍵となるのは、彼が常に選手であれること、幸せなこと、ここに残りたいと思っていることだ」

「まだ話し合うことがたくさんあり、急いでいるわけでもないが、我々が彼に非常に満足していることは明らかだ」


関連ニュース
thumb

来夏移籍金ゼロも… 1月にフランス代表FWテュラム争奪戦?

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)を巡り、争奪戦が繰り広げられる可能性があるようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のテュラム。ここまで2試合の途中出場で得点はないが、チームはグループ最終節を残して決勝トーナメント進出を決めたため、来月1日のチュニジア代表戦ではスタメン起用も考えられる。 所属するボルシアMGでは今季の公式戦19試合で13得点4アシストと大ブレイクを果たし、たちまちビッグクラブ注目の的に。契約は2023年6月までのため、フリーとなる来夏の争奪戦が予想されるが、現在では来年1月の移籍市場でステップアップするとの見方も強まりつつある。 候補に挙がるのはバイエルンやアトレティコ・マドリー、インテル、ドルトムント、ニューカッスル、アストン・ビラなど。中でもドイツ『ビルト』が特に熱心だと主張するのが、ラ・リーガで降格圏に低迷するセビージャだ。 セビージャはホルヘ・サンパオリ監督がストライカーの獲得を要望。ボルシアMGは想定外の活躍を披露したテュラムの慰留をすでに断念しており、来年1月にオファーが来た場合は移籍金3000万ユーロ(約42億9000万円)を要求するとされている。 財政状況が苦しいセビージャは、チーム内で重要な戦力と見なされない選手の譲渡を考慮。アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)や、同代表MFマルコス・アクーニャ(31)が候補に挙げられている。 2022.11.29 20:16 Tue
twitterfacebook
thumb

エメリ監督、古巣から引き抜き開始? 23歳チュクウェゼらに関心

アストン・ビラがビジャレアルのナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼ(23)に関心を寄せているようだ。イギリス『Football Insider』が報じている。 チュクウェゼは18歳でビジャレアルの下部組織に入団し、2018年9月にヨーロッパリーグ(EL)でファーストチームデビュー。右サイドが本職の左利き快足アタッカーで、公式戦通算178試合で29得点26アシストを記録している。 アストン・ビラは来年1月の移籍市場で即戦力となるサイドアタッカーの獲得を模索。つい先日までビジャレアルを率いていたウナイ・エメリ監督からの要望もあり、チュクウェゼの引き抜きに動き出しているという。 また、スペイン『Fichajes』によると、リバプールとアーセナルもチュクウェゼに関心を寄せ、ビジャレアルの要求額は4000万ユーロ(約58億1000万円)。契約を2024年6月まで残すなか、首脳陣らは売却に前向きとされている。 なお、アストン・ビラの来冬の本命はあくまでチュクウェゼのようだが、同じくビジャレアル所属でビッグクラブ行きも噂されるスペイン代表DFパウ・トーレス(25)にも関心を寄せているとのことだ。 2022.11.22 16:36 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーで活躍した元イングランド代表DFギャリー・ケイヒルが引退…「全てを出し尽くしたと素直に言える」

元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(36)が、16日に自身のSNSを通じて現役引退を発表した。 「フットボールは僕に多くの喜びと成功を与えてくれた。ここでスパイクを脱ぐ決断ができたのは、全てを出し尽くしたと素直に言えるからだ」 「かつて夢見たことを実現し、信じられないような思い出を作ることができた。で優勝したような最高の瞬間から、母国とチェルシーのFAカップ優勝チームのキャプテンを務めた特権まで、永遠に私の中に残り続けるだろう」 「また、チームメイトや監督、裏方のヒーローたちなど、サッカー界全体で素晴らしい友情を育んできたことに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいだ」 「プレーをやめるという決断は簡単なことではない。20年間、毎日トレーニングに励み、試合当日に最高のコンディションでプレーできるように努力し、所属していたチームの成功に貢献してきた」 「自分の選択肢を考える時間があり、熟考した結果、今が自分のキャリアの次のステージに進む時だと感じたんだ」 「これまで私を支えてくれた素晴らしい家族に、特別な感謝の気持ちを伝えなければならない。これからは家族と充実した時間を過ごすことができるから、それが楽しみだよ」 「この先も、サッカーは常に僕の一部であり、僕が愛しているものだ。僕にとって、人生の新しい章が始まるときに、後ろ向きになるのではなく、前向きになることが重要なんだ」 アストン・ビラの下部組織出身だったケイヒルは、バーンリーやシェフィールド・ユナイテッドへのレンタル移籍を経て2008年1月に加入したボルトンで頭角を現し、2012年1月にチェルシーに完全移籍した。 チェルシーでは在籍7年半で公式戦290試合に出場し、プレミアリーグを2回、チャンピオンズリーグ1回、ヨーロッパリーグ2回、FAカップ2回、EFLカップ1回と、数々の優勝をに貢献。また、この間にイングランド代表での地位も確立し、2014年と2018年のワールドカップや2016年のユーロに出場した。 2019年夏のチェルシー退団後は、クリスタル・パレスとボーンマスに在籍。概ね主力としてプレーしたが、今夏にフリーになると、およそ半年後のこのタイミングで引退を決断した格好だ。 2022.11.16 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

代表から4年遠ざかるも… 37歳A・ヤング、W杯ラージリスト入りに「冗談かな?」

アストン・ビラの元イングランド代表DFアシュリー・ヤング(37)が代表復帰に意欲を見せている。 かつてマンチェスター・ユナイテッドで主将を務め、インテルではセリエA優勝も経験しているヤング。37歳の大ベテランとなったが、今季もプレミアリーグ11試合出場で1得点を記録するなど、第一線でプレーを続けている。 そんなヤングがイングランド代表として最後にプレーしたのは4年前のロシアW杯。にもかかわらず、先月にはカタールW杯へ向けた予備メンバー55人に選出されており、これには驚かされたとイギリス『サン』で語っている。 「(55人の)ラージリストは代表チームのスタッフが僕に送ってきたんだ。自分の名前は冗談かな?と思ったよ。きっと誰かが書き加えたんだろうとね(笑)」 最終的には本大会に臨む26人に残れなかったものの、招集されれば迷いなく応じるとも口にしている。 「現役引退したわけじゃないし、今はするつもりもない。僕が必要だと思ってくれるならいつだって行くよ。イングランド代表から引退するときは、キャリア全体に終止符を打つときさ」 「自分は今でも最高のレベルでプレーできる!と自信を持つのは本当に大切なことだよ。普段から若い選手たちに『決して夢を諦めてはいけないよ』と言ってるんだ」 2022.11.16 14:01 Wed
twitterfacebook
thumb

体調不良で三笘欠場のブライトンが新生アストン・ビラに逆転負け…《プレミアリーグ》

三笘薫の所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは13日、プレミアリーグ第16節でアストン・ビラと対戦し、1-2で敗戦した。三笘は体調不良のため欠場している。 4日前に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でアーセナルに逆転勝利し公式戦3連勝中の7位ブライトンが、15位のアストン・ビラをホームに迎えた一戦。 三笘が体調不良のためベンチ外となったブライトンは、試合開始50秒で先制する。バックパスを受けた相手GKにハイプレスをかけてパスコースを限定すると、ドウグラス・ルイスへのパスをインターセプトしたマク・アリスターがボックス内まで持ち上がりシュートを流し込んだ。 幸先良く先制したブライトンだったが、4分にアクシデントに見舞われる。右モモ裏を痛めたアダム・ララナがピッチに座り込むと、プレー続行不可能となりエンシソとの交代を余儀なくされた。 その後は一進一退の展開が続いたが、ブライトンは19分にピンチ。ブエンディアのスルーパスに反応したマッギンをダンクがボックス内で倒してしまいPKを献上。このPKをイングスにゴール中央に決められた。 追いつかれたブライトンは32分、左CKからグロスが直接ゴールを狙ったが、これはGKマルティネスのセーブに阻まれた。 同点で迎えた後半、ブライトンは54分に立て続けにピンチを作られる。味方のループパスで右サイドを突破したキャッシュがボックス右深くからクロスを供給すると、ブエンディアが合わせたダイビングヘッドが左ポストを直撃。 さらにこぼれ球繋ごうとしたところ、ドウグラス・ルイスのハイプレスを受けたマク・アリスターがボックス手前でボールをロスト。ボックス内でこれを拾ったイングスのシュートはダンクにディフレクトしゴール左隅に吸い込まれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ブライトンは80分にトロサールがミドルシュートでゴールに迫ったが、これは相手GKがセーブ。さらに88分には、ショートコーナーの流れからマク・アリスターの右クロスをコルウィルが頭で合わせたが、枠の上に外れた。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。ブライトンは中断前を勝利で飾れず、公式戦4試合ぶりの黒星を喫した。 2022.11.14 01:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly