Jリーグからは2名、主軸も招集! W杯出場決定の韓国代表メンバーが発表《カタールW杯アジア最終予選》

2022.03.14 13:34 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
韓国サッカー協会(KFA)は14日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けた韓国代表メンバーを発表した。

グループAで2位につけ、すでにW杯出場権を獲得している韓国。消化試合となる今回のチームにはパウロ・ベント監督がDFパク・ミンギュ(水原FC)を初招集した。

JリーグからはGKキム・スンギュ(柏レイソル)、DFクォン・ギョンウォン(ガンバ大阪)の2名が召集されている。

その他、MFソン・フンミンや(トッテナム)やFWファン・ウィジョ(ボルドー)、MFファン・ヒチャン(ウォルバーハンプトン)、DFキム・ミンジェ(フェネルバフチェ)ら主軸が順当に招集されている。

韓国は24日にホームで首位のイラン代表と、29日にアウェイでUAE代表と対戦する。今回発表された韓国代表メンバーは以下の通り。

◆韓国代表メンバー25名
GK
キム・スンギュ(柏レイソル/日本)
ソン・ボムクン(全北現代モータース)
チョ・ヒョヌ(蔚山現代)
キム・ドンジュン(済州ユナイテッド)

DF
イ・ジェイク(ソウル・イーランド)
ユン・ジョンギュ(FCソウル)
キム・ジンス(全北現代モータース)
パク・ジス(金泉尚武FC)
キム・ヨングォン(蔚山現代)
キム・テファン(蔚山現代)
パク・ミンギュ(水原FC)
クォン・ギョンウォン(ガンバ大阪/日本)
キム・ミンジェ(フェネルバフチェ/トルコ)

MF
キム・ジンギュ(釜山アイパーク)
ソン・ミンキュ(全北現代モータース)
ペク・スンホ(全北現代モータース)
ナ・サンホ(FCソウル)
クォン・チャンフン(金泉尚武FC)
チョン・ウヨン(アル・サッド/カタール)
イ・ジェソン(マインツ/ドイツ)
チョン・ウヨン(フライブルク/ドイツ)
ファン・ヒチャン(ウォルバーハンプトン)
ソン・フンミン(トッテナム)

FW
チョ・ギュソン(金泉尚武FC)
ファン・ウィジョ(ボルドー/フランス)

関連ニュース
thumb

バイエルンが韓国人MFイ・ヒョンジュの買取OPを行使! 2025年までの3年契約

ブンデスリーガのバイエルンは9日、U-18韓国代表MFイ・ヒョンジュ(19)の買い取りオプション行使を発表した。契約期間は2025年までの3年間となる。 イ・ヒョンジュは今年1月にKリーグ1の浦項スティーラースから1年レンタルでバイエルンへ加入。身長は169cmと小柄だが、優れたテクニックで相手を翻弄するセントラルハーフだ。 バイエルンでは主にセカンドチームでプレー。レギオナルリーガ・バイエルン(ドイツ4部)で6試合に出場したほか、U-19のリーグ戦では1試合1得点1アシストを記録した。 イ・ヒョンジュは「新しい契約にサインし、バイエルンでの道を歩み続けることができてとても幸せだよ。今シーズンもチームの成功のためにできる限りのことをしたいと思っている」とコメントしている。 2022.08.10 14:41 Wed
twitterfacebook
thumb

元G大阪FWがプレミア挑戦か? ウォルバーハンプトンが韓国代表FWファン・ウィジョ獲得に興味

ウォルバーハンプトンが韓国代表FWファン・ウィジョ(29)の獲得に興味を持っているようだ。フランス『レキップ』が伝えた。 ファン・ウィジョは2017年7月に城南FCからガンバ大阪へと完全移籍。G大阪では70試合で30ゴール7アシストの成績を残すと、2019年7月にボルドーへと完全移籍した。 ボルドーでも点取り屋として活躍。公式戦97試合で29ゴール7アシストを記録。2021-22シーズンはリーグ・アンで32試合に出場し11ゴール2アシストを記録していたが、チームはリーグ・ドゥ(2部)に降格していた。 そのボルドーは、慢性的な財政問題を抱えており、4000万ユーロ(約55億5000万円)の赤字を抱える財政問題を理由に、フランスリーグに所属するクラブの財務状況を監視する全国経営監査委員会(DNCG)からナシオナル(フランス3部)への降格を言い渡されていた。 しかし、増資を勝ち取ったほか、選手の売却で資金を調達。フランスサッカー連盟(FFF)の執行委員会は今季はリーグ・ドゥで戦うことを許可していた。 ただ、ボルドーは一時的に凌いだだけであり、財政難状態は継続。今夏の移籍市場で選手を売却しなければ、再び降格の憂き目に遭う可能性がある。 『レキップ』によれば、ウォルバーハンプトンは300万ユーロ(約4億1000万円)のオファーを出したものの、安すぎるとしてボルドーが却下。しかし、ファン・ウィジョ本人がプレミアリーグでのプレーを望んでいることもあり、交渉が続いているという。 プレミアリーグでは、昨シーズンはアジア人として初めて得点王に輝いたトッテナムのFWソン・フンミン、そしてウォルバーハンプトンのFWファン・ヒチャンと2人の韓国人が活躍。ファン・ウィジョも加入となれば、韓国代表の前線3人がプレミアリーグでプレーすることとなる。 2022.08.04 18:24 Thu
twitterfacebook
thumb

日韓戦で改めて感じたこと/六川亨の日本サッカー見聞録

さて日韓戦である。日本は“国内組"にもかかわらず3-0と快勝し、2度目の優勝を果たした。そして、これほど覇気のない韓国を見るのも初めてだった。 1980年代の半ばまで、日本も韓国も中東勢の壁を突破できずに国際舞台から遠ざかっていた。そんな中で「日韓定期戦」は両国の実力を推し量る、絶好の機会でもあった。そして当時の「日韓戦」で、韓国の選手はゴールを決めても喜んだりはしなかった。 どちらかというと“怒り"に近い表情で、「ざまぁ見ろ」とか「この野郎」という感情に近かった印象がある。それだけ日本に対する悪感情が残っていたのだろう。 それが変わったのが、85年のメキシコW杯アジア最終予選の日韓戦あたりだった。2度目のW杯出場を果たすと、88年には自国で五輪も開催した。日本より一足早くW杯の常連になったことで、自信を深めたのかもしれない。 ところがEAFF E-1選手権での日本戦では、決定機を1度も作れず完敗した。韓国メディアは、日本のU-23代表とU-16代表が同じく3-0で快勝し、大学選抜の対戦でも日本が5-0で大勝したことを引き合いに出し、警鐘を鳴らす記事もあった。 とはいえ、韓国にはこれまで散々煮え湯を飲まされてきただけに、そう簡単に日本がレベルアップしたとは思えない。日本が“国内組"だったことで、W杯へ対するモチベーションが高かったのに比べ、韓国はロシアW杯の登録メンバーがいたし、最終予選を戦った選手が14人も含まれている。 日本戦での勝敗がカタール行きを決めるわけでもなければ、今大会は5回も優勝している。優勝したからといって、高額なボーナスが出るわけではない。兵役が免除されることもない。選手からすれば、「まずはケガをしないこと」が最優先されてもおかしくはなかっただろう。 一方の日本にとってはどんなメリットがあったのか。宮市亮が右膝前十字じん帯を断裂したのは残念でならないが、一日も早い復帰を期待したい。 今大会は1戦目と3戦目に横浜F・マリノス、2戦目はサンフレッチェ広島の選手を中心に起用し、香港戦と韓国戦は勝利を収めた。かつてJSL(日本サッカーリーグ)時代の終盤は読売クラブと日産が日本代表の主力を務めたこともあった。しかし昨今は“海外組"が主力を務めるようになり、さらに代表選手を招集できる日数も限られたため、どの国も代表チームの強化に苦慮している。 森保一監督は今大会を総括して、「今回は国内組だけでした。ドイツがブラジルW杯で優勝したときは、バイエルンの選手が中心になりました。いつか日本もそうなるかもしれません」と話した。 果たしてそんな日が来るのかどうか。そこで一つ試したいことがある。“海外組"を中心とした日本代表と、“国内組"の横浜F・マリノスと川崎フロンターレを中心とした日本代表との対戦である。チームとしてどちらが機能するか。この試合なら、観客動員も少しは見込めるのではないだろうか。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.07.30 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ加入の韓国代表DFがチームメイトの前で『江南スタイル』熱唱!その反応は…?

ナポリに加入した韓国代表DFキム・ミンジェが強心臓ぶりを発揮した。 キム・ミンジェはフェネルバフチェから完全移籍でナポリに加入。チェルシーに移籍したセネガル代表DFカリドゥ・クリバリの後釜としてチームに加わった。 27日に加入が発表されたばかりのキム・ミンジェだが、早速チームメイトたちに挨拶。新加入選手恒例の歌を披露した。 キム・ミンジェが選曲したのは、韓国のラッパーPSYの大ヒット曲『江南スタイル』。ペットボトルをマイクに見立てて熱唱すると、時折チームメイトに歌わせる見事なマイクパフォーマンスも披露。サビの部分では乗馬ダンスも完璧に踊り、最後にはチームメイトたちから「ブラボー」の歓声と拍手が贈られていた。 2013年に本家のPSYがコッパ・イタリア決勝で『江南スタイル』を披露した際は、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)でのイタリア代表との因縁もあり観客は容赦なくブーイングを送っていたが、キム・ミンジェの熱狂的なパフォーマンスは見事にナポリに受け入れられたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】キム・ミンジェが全力で『江南スタイル』を披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Buonanotte dal nostro ritiro <br>Kim fa fatica ad integrarsi… <a href="https://t.co/bD28gaDi67">pic.twitter.com/bD28gaDi67</a></p>&mdash; Official SSC Napoli (@sscnapoli) <a href="https://twitter.com/sscnapoli/status/1552413853077671938?ref_src=twsrc%5Etfw">July 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.28 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

有言実行の3ゴール! 町野修斗は前を見続ける「明日の練習から全力でW杯にアピール」

日本代表のFW町野修斗(湘南ベルマーレ)が、EAFF E-1サッカー選手権の優勝を喜んだ。 27日、E-1サッカー選手権の最終戦で日本は韓国代表と対戦。ここまで1勝1分けの日本は、2連勝の韓国に勝利しなければ優勝はない状況。大会4連覇を目指す相手には、初戦の香港代表戦のメンバーを中心に送り出した。 先発した町野は1分も経たずにあわやという強烈なオープニングシュートを放ったが、これは相手GKがセーブ。試合後に町野は「立ち上がりのシュートは決めたかった」と、この一髪を決めたかったとした。 惜しいシュートから入った日本。その後も押し込み、ゴールに迫るシーンはあったが得点は奪えない。第2戦の中国代表戦ではそのまま90分を終えてしまっただけに、焦りも見えそうな中、韓国にカウンターで攻められる部分でもしっかりと対処。前半をゴールレスで終えたが、後半に3ゴールを記録。3-0で勝利を収め、逆転で優勝を達成。韓国の4連覇を阻み、4大会ぶりの優勝を成し遂げた。 町野はこの試合で3点目を記録。横浜FMの選手が繋いだボールを最後押し込んだ。得点シーンについては「試合前から右サイドはマリノスの選手が多くて、ニアゾーンというか、龍くん(小池龍太)が受けた位置を取るのが特徴だと話していて、中で待っているという話も試合前にしていました」と、打ち合わせしていた形でもあると語り、「思い通り、狙い通りのゴールだったと思っています」と、狙った形からのゴールになったとした。 その町野は大会前に「3点取りたい」と目標を掲げていた。初戦の香港戦で2ゴールを記録していた中、この試合で1ゴールを記録し有言実行。宣言通りの結果に「有言実行することができて嬉しかったです」と喜んだ。 チームとしての連係も上がっていた中、この韓国戦については「足元に強く来るというのが韓国の分析であって、背後に抜け出そうというのが前日からトライしていたところで、そこを要求できていました」と語り、「チームとしてのクオリティはかなり上げられたと思います」と、分析した結果をピッチでも出せたとコメント。ただ、負ければバッシングを受けるというプレッシャーのある中での試合だったが、「勝たなければいけない状況だったので、気持ちの面も体の面もキックオフに向けて高まっていくような感じでした」と語り、しっかりと準備ができた状態で臨めていたと丹下。 香港戦よりも余裕のあるプレーが見えた町野。「自信はかなり持ってやれましたし、僕が決めて勝つというイメージがかなりできていたので、それが自信になったと思います」と、ポストプレーや繋ぎのところ、背後への動きと、自信があったという。 優勝した点については「このE1選手権は集まった当初から目標は優勝だったので、まずは優勝できたこと、個人の目標も3ゴールで、目標を達成できたことは嬉しく思っています」と2つの目標達成を喜ぶ結果に。かつてはJ3でのプレーも経験した中で、日本代表で3ゴールを記録するまでに成長したが、「基本的な走るところ、戦うところ、攻守の切り替えであったりは北九州の時に積み上げてきたものですし、それをもう一段階レベルアップしたのが湘南という感じです」と、これまで在籍したクラブで積み上げた成果だとした。 この先に目指すのはカタール・ワールドカップ(W杯)となるが「優勝は過去というか、次のJリーグで自分の持ち味を出して勝利に導くことが、ワールドカップであったり、代表の招集につながると思うので、明日の練習から全力でワールドカップへのアピールに向けて頑張っていきたいですし、やらなければいけないこともたくさんE-1で見つかったので、トライしていきたいと思います」と、すでに気持ちを切り替え、前を見て進んでいく町野。日本の前線に新たな風を吹かせてくれそうな予感もある。 <span class="paragraph-title">【動画】横浜FMのホットライン開通で最後は湘南・町野修斗!忍者ポーズも</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://t.co/RJIKqTjpym">https://t.co/RJIKqTjpym</a> <a href="https://t.co/iTKR872t1Q">pic.twitter.com/iTKR872t1Q</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1552261248469053442?ref_src=twsrc%5Etfw">July 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.28 00:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly