「アンリやC・ロナウド」に影響受けたモーベルグ、浦和の新10番の強みは「陣形を崩したり、不確定要素を生み出すこと」

2022.03.10 16:01 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©URAWA REDS
浦和レッズに今シーズンから加入した元スウェーデン代表MFダヴィド・モーベルグが、オンライン会見を行った。左利きのウィンガーであるモーベルグは、スウェーデン代表では3試合1得点を記録。母国のIFKヨーテボリでプロ入り後、サンダーランド(イングランド)やキルマーノック(スコットランド)、ノアシェラン(デンマーク)などでプレーした。

2019年冬に加入したチェコのスパルタ・プラハでは、公式戦通算96試合の出場で26ゴール22アシストをマークすると、2021年12月に浦和への完全移籍が発表されていた。
4日に来日すると、9日にチームに合流。早速汗を流し、トレーニングに参加していた。

2日目のトレーニングを終えたモーベルグは「こんにちは皆さん。モーベルグです。スウェーデンから来ました。日本に来れて光栄です。良い練習もできたので早く試合に絡んで良い結果を出したいです」と会見の冒頭に挨拶。良い感触があるようだ。

チームでは2日しか過ごしていないが、「まだ2日間だが、もっと長い期間いるように感じるぐらい、みんなが温かく迎えてくれて、ロッカールームの雰囲気も最高だ」とコメント。「試合に関しては質の高い選手、技術の高い選手がいて、今後が楽しみだ」と、浦和でのプレーを楽しみにしているとした。

自身の生かしたい能力については「チームはボールを保持してサイドを変えて揺さぶるのが上手い印象がある。相手の陣形を崩したり、不確定要素を生み出すことが強みだと思っていて、自分の動きでそのチャンスをさらに作っていきたいと思う」とコメント、攻撃面で、局面を打開する姿が特徴だとした。

そのモーベルグは浦和からオファーを受けたときの印象について「クラブと話をしたときに、大きな役割、しっかりとした仕事、ものすごく重要な要素を与えてくれると感じた」とコメント。「次のステージはここになると感じたので、決断した」と、浦和入りを決断した理由を明かした。

Jリーグに対するイメージについては「非常にテクニカルなサッカーをするイメージがあり、体は大きくないが、スピーディでアジリティのある選手が多いという印象」とコメント。「リサーチはしたが、スウェーデン人の選手もプレーしていた」と語り、「1番有名なところだと(フレドリク・)ユングベリがプレーしていることもあって多少の情報があった」と、かつて清水エスパルスでプレーし、アーセナルなどでもプレーしていた元スウェーデン代表MFフレドリク・ユングベリ氏のおかげでJリーグは少し知っていたようだ。

浦和については「自分でもリサーチしたが、浦和が大きなクラブであることに辿り着くのは時間がかからなかった」とコメント。日本のビッグクラブであるという印象が強いようだ。

その浦和入りの決め手については「サッカーの戦術的な話をしたが、タイトルが獲れるチーム、ACL、Jリーグという様々なタイトルに手が届くということが自分の野心に触れた」とし、「負けたくはなし、勝てるチームでプレーしたいというのが強かった」と、浦和でタイトルが取れるという確信があって加入したと明かした。

加入発表から3カ月来日できていなかったが、すでにリカルド・ロドリゲス監督とはコミュニケーションを取っているというモーベルグ。「3カ月間ほど難しい状況で日本に来れなかったが、リカルドが手厚く迎えてくれた。トレーニングマッチの映像を確認しながら、チームがどのように戦術的に戦っているかを細かく話して、良い準備ができた」と、しっかりとケアをしてもらっていたようだ。

浦和での背番号は「10」に決まっているモーベルグ。「初めて10番をつけることになる」と、キャリアで初の背番号となるとコメント。クラブから空いていると聞いて選んだと語ったが、「自分が良い選手だということを証明したいから。55番をつけていたり他の番号をつけたからといってプレッシャーがないわけでなく、基本的には同じプレッシャー。10番をつけて、チームを助けたいと思う」と、背番号への思いを語った。

その10番のユニフォームは、来日前でも人気であり、サポーターも多く購入し期待が寄せられている。「自分の中でもかなり期待感がある、周りから期待されている以上に、自分が期待している」とコメント。「10番をつけたこれまでの選手に負けないように、しっかり良いプレーを見せたいと思う」と、浦和の「10番」に相応しいプレーを見せたいとした。

プレー面では相手の陣形を崩していくことが得意だとしたが、「驚くようなことはしない」と謙遜しながらも、「常に違いを作りながら、同じパターンでアクションを起こさないことが特徴」と、様々なプレーを見せたいようだ。その中でも手本にしていたのは「まずはティエリ・アンリ、そして若い頃のクリスティアーノ・ロナウドだ」とコメント。「素晴らしいフェイントなどが好きだったが、よくサッカーの試合を見るので、色々な選手の影響を受けている」と、元々は名前が出た2人のプレーを目指していたようだ。

早速の試合出場が期待されるモーベルグ。「監督、コーチ、ドクターと綿密に話している」とし、「出るのには時間が掛からない」と近いうちの出場が果たせるだろうと語った。その中での目標については「数字はセッティングしない」と具体的な目標は立てていないとしたが、「チームを助けて貢献できる、自分が納得できるプレーができれば、自然に数字はついてくると思う」と語り、「しっかりコンディションを整えて、常にプレーすることを心がけていく」と、多くの試合でプレーして結果を残すつもりのようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

浦和のACL決勝スタジアム問題が意外な幕引き、大幅な日程変更で5月6日に埼スタで開催決定

アジアサッカー連盟(AFC)は9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝のスケジュールに関して、日程変更を発表した。 今シーズンのACLは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けて日程が大きく変更。決勝は2023年2月に実施されることが決定していた。 そんな中、東地区は浦和レッズが韓国の全北現代モータースを下して決勝に駒を進めていたが、その決勝では埼玉スタジアム2002が使用できない問題が発生。芝の改修工事が決定していたため度重なる要望を出したものの、工期を変更する際の費用などの問題があり、断念していた。 一方で、AFCに対して日程変更を要求。その結果、AFCが日程変更を発表。西地区のラウンド16から全ての日程が変わることとなった。 東地区は浦和の決勝進出が決まっていたが、西地区はラウンド16以降が残っている状況。2023年2月3日、4日に行われる予定が、2月19日、20日に変更となり、準々決勝が2月23日、準決勝は2月26日に行われる。 また、決勝の第1戦は西地区の決勝進出クラブのホームで4月29日。第2戦は5月6日に埼玉スタジアム2002で行われることとなった。当初は2月19日と26日に行われるはずだったが、2カ月以上後ろに倒される結果となった。 浦和はリカルド・ロドリゲス監督が退任し、マシエイ・スコルツァ新監督が就任。Jリーグのシーズン開幕からも時間が経過するため、チーム作りの時間は十分に取れることとなりそうだ。 ◆決勝 【第1戦】 ▽4月29日 西地区ファイナリスト vs 浦和レッズ [未定] 【第2戦】 ▽5月6日 浦和レッズ vs 西地区ファイナリスト [埼玉スタジアム2002] 2022.12.09 19:09 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和・江坂任が韓国移籍? 天野純の代役として蔚山現代が獲得に動いていると報道

浦和レッズのMF江坂任(30)が韓国に移籍する可能性があるようだ。韓国『FOOTBALLIST』が伝えた。 江坂の獲得に動いているとされるのはKリーグ1(韓国1部)の蔚山現代。今シーズンのリーグ王者であり、MF天野純がプレーしたクラブだ。 横浜F・マリノスからレンタル移籍で加入した天野はリーグ戦で28試合に出場し8ゴール1アシストを記録。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも5試合で2ゴール1アシストとチームの攻撃を牽引した。 その天野だが、蔚山現代は完全移籍での獲得に失敗。全北現代モータースが獲得を目指しているとされ、その代役として目をつけたのが江坂だったようだ。 江坂はザスパクサツ群馬でプロキャリアをスタート。その後、大宮アルディージャ、柏レイソルでプレーし、2021年7月に浦和に加入した。 ストライカーとしてプレーできる他、トップ下、ウイングと攻撃的なポジションはどこでも高いレベルでプレーが可能。J1では161試合で34ゴール20アシストを記録。今シーズンもJ1で30試合に出場し2ゴール1アシスト、ACLで7試合に出場し1ゴール6アシストを記録していた。 天野とはタイプが異なるものの、ポジションが近いこと、そしてウインガーを補強したいという思いがあり、江坂をターゲットにしたという。 江坂は2021年3月の韓国代表との試合で日本代表デビュー。その点も高く評価されている理由の1つだという。 2022.12.09 12:07 Fri
twitterfacebook
thumb

スケートボーダー・堀米雄斗さんやNMB48堀詩音さん、Jリーグが今季来場した豪華ゲスト陣を再紹介

横浜F・マリノスによる3年ぶりの5度目J1優勝から、Jリーグ初参戦となったいわきFCの大躍進など、J1からJ3まで様々なトピックであふれた今季のJリーグ。その中で公式インスタグラムはピッチ外でも会場を盛り上げた豪華ゲスト陣を改めて紹介した。 FC東京のホームゲーム、9月3日の第28節・横浜FM戦にスペシャルゲストとして来場したのはスケートボード・男子ストリートの堀米雄斗さん。当日デモンストレーションを披露しただけでなく、日本代表DF長友佑都との対談も行われた。 北海道コンサドーレ札幌のホームゲームを盛り上げたのはNMB48の堀詩音さんだ。再びの来場となった9月2日のセレッソ大阪戦では、コンサドールズとともにパフォーマンスを披露。札幌の熱狂的なサポーターでもある堀さんは、一ファンとしてJリーグアジアチャレンジが行われたタイ遠征にも赴いた。 そのほか、FC東京の国立競技場開催ではLittle Glee Monsterがミニライブを決行。女優でモデルも務める岡崎紗絵さんは、地元で名古屋グランパスのキックインセレモニーを行い、お見送り芸人しんいちさんは雪の舞うサンフレッチェ広島のホーム開幕戦で会場を温めた。 トップアスリートや芸能人以外にも、各クラブのレジェンドOBも登場。楢崎正剛氏、玉田圭司氏、永井雄一郎氏、都築龍太氏、加藤順大氏などが顔をそろえ、Jリーグウオッチャーの平畠啓史さんも登場した。 もちろんインスタグラムで紹介された方が以外にも多数のゲストがスタジアムに来場。来シーズンも様々な形でJリーグ、サッカー界を盛り上げてくれそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】堀米雄斗さんや堀詩音さん、岡崎紗絵さんなど、今季のJリーグを彩ったゲスト陣</span> <span data-other-div="movie"></span> 2022.12.08 19:55 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和が大分からGK吉田舜を獲得!「地元の縁を感じています」

浦和レッズは8日、大分トリニータからGK吉田舜(26)が完全移籍加入することを発表した。 埼玉県出身の吉田は、法政大学在学中の2017年に特別指定選手としてSC相模原に加入。ここでは一度も出場機会はなかったが、2019年に加入したザスパクサツ群馬で本格的にプロデビューを果たす。 群馬ではプロ1年目ながらJ3リーグ全試合に出場。その活躍から2020年に大分トリニータにステップアップしたが、出場機会に恵まれず、J2に舞台を移した2022シーズンもリーグ戦11試合の出場にとどまった。 チームは惜しくもJ1昇格とはならなかったが、吉田は個人でJ1昇格へ。浦和の公式サイトを通じて意気込みを述べている。 「大分トリニータから加入いたしました吉田舜です。全国高校サッカー選手権の決勝で、埼玉スタジアムのピッチに立たせてもらってるのと、地元が埼玉ということで勝手ながら縁を感じさせてもらってます」 「まだまだ未熟な選手ですが、チームに貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いします」 また、3年間在籍した大分に向けても感謝の気持ちを伝えた。 「この度、浦和レッドダイヤモンズに移籍することになりました。今シーズンはようやくリーグ戦に出場することができましたが、それまでなかなか試合に絡むことが出来ず苦しい日々が続いていた中、励ましてくれたチームメイトやスタッフ、トレーナー陣、家族にとても感謝しています。逆境ばかりでしたが腐らず頑張ってきてよかったなと改めて感じました」 「大分トリニータに関わる全ての皆様、トリニータのユニフォームを着られて幸せでした。3年間ありがとうございました!まだまだサッカー人生は続きます。またどこかで会いましょう」 2022.12.08 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和が育成出身の石井僚と契約満了…YS横浜からも退団

浦和レッズは22日、GK石井僚(22)の退団を発表した。 石井は2018年に浦和の下部組織からトップチームに2種登録され、2019年に昇格。2021年からレノファ山口FC、Y.S.C.C.横浜に貸し出された。 今季も2021年途中からプレーするYS横浜で成長を期して、明治安田生命J3リーグ14試合に出場。だが、保有元の浦和とは契約満了となった。 YS横浜からも契約終了が発表され、石井は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆浦和レッズ 「今シーズン限りで浦和レッズと契約満了になり、クラブを離れる事になりました。浦和に戻って、これまでサポートしていただいたクラブ関係者、そして浦和のファン・サポーターのみなさんの前でプレーする姿を見せることができず、とても悔しいです。最後になりますが、ユースからの7年間本当にお世話になりました」 ◆Y.S.C.C.横浜 「今年でチームを離れることになりました。今シーズンはチームとしても個人としてもなかなかいい結果が出せず、ファン、サポーターの皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。このチームでJリーグデビューをさせてもらい、本当に感謝しています。一年半本当にありがとうございました」 2022.11.22 17:33 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly