ついに韓国デビューの“至宝”イ・スンウ、SNSでの投稿でいきなり懲戒処分の可能性

2022.02.22 14:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
韓国の至宝と呼ばれた水原FCの韓国代表MFイ・スンウの行動が物議を醸している。韓国『韓国日報』が伝えた。バルセロナの下部組織出身のイ・スンウは、同年代のアジア人選手として、同じバルセロナの下部組織に在籍していた日本代表MF久保建英共比較される選手。2017年8月にエラス・ヴェローナへと完全移籍すると、2019年8月にはシント=トロイデンへと完全移籍。2021年2月からはポルティモネンセへとレンタル移籍をした。

2021年11月にはシント=トロイデンを退団してフリーに。2022年1月にKリーグ1で水原FCへと完全移籍した。

イ・スンウは自身初の韓国でのプレーに。19日に行われたKリーグ1開幕戦の全北現代モータース戦でデビューを果たしていた。

後半開始からピッチに立ち、45分間プレーしたイ・スンウ。試合は0-1で負けていたが、試合後に自身のインスタグラムを更新。ストーリーズに、試合中の場面を投稿し、不満を綴っていた。

イ・スンウは、右サイドを突破したときにホン・ジョンホと接触したものの、PKを与えられず。このシーンの判定に不満があったのか、このシーンの写真に絵文字を追加して投稿していた。

しかし、この投稿が大きな話題に。その結果、イ・スンウは投稿を削除して火消しに走った。

Kリーグでは、判定に対しての意義をSNS上に残した選手たちがこれまで処分されることに。2021年4月には水原FCのパク・ジスがプレーシーンとともに「This is soccer?」と投稿。300万ウォン(約28万8000円)の制裁金を課されていた。

また、2021年6月には大田ハナシチズンに所属していたGKキム・ドンジュンもPKを取られたシーンについてSNSに投稿。800万ウォン(約76万8000円)の制裁金が課されていた。

韓国デビューを果たした中で、いきなり問題を起こしたイ・スンウ。どのような処分が下されるのだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

韓国代表FWイ・スンウ、水原FCで再起! 地元クラブでKリーグ初挑戦

水原FCは3日、韓国代表FWイ・スンウ(23)の獲得を正式発表した。 マジョルカの韓国代表MFイ・ガンインと並び、韓国の将来を背負って立つ存在として、10代の頃から注目されるイ・スンウ。マジョルカの日本代表MF久保建英と同じくバルセロナのカンテラ出身だが、なかなか才能を輝かし切れずにいる。 ヴェローナでもいまいちに終わると、2019年8月にシント=トロイデン入り。今年2月にシーズンローンでポルティモネンセに移り、今季からシント=トロイデンに戻ったが、ジュピラー・プロ・リーグ3試合でベンチ入りしたのみだった。 そうしたなか、先月23日に契約を解除。新天地として、にわかにJリーグの可能性なども浮上したが、最終的に地元クラブの水原FCで再起を期す決断を下した格好だ。キャリア初の母国でのプレー決定を受け、クラブで意気込みを語った。 「水原FCを通じて初めてKリーグのファンと会えると考えると感慨深い。チームに早く適応して、来季に水原FCが名門クラブとなれるよう最善を尽くす」 2021.12.03 12:59 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly