王者相手に惜敗のFC東京、アルベル新監督は選手を称える「我々が突き進むべき道を示した」

2022.02.18 22:18 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
FC東京のアルベル・プッチ・オルトネダ監督が、惜敗に終わったJ1開幕戦の川崎フロンターレ戦を振り返った。

J1リーグの2022シーズンが18日に開幕し、2連覇中の川崎FとFC東京が等々力陸上競技場で激突した。いきなりの多摩川クラシコとなった注目の一戦は、序盤こそ王者が威厳を見せつける入りとなったが、オルトネダ監督を新指揮官に迎えた新生FC東京も徐々に押し返していく。

しかし、両守護神の躍動でなかなか得点は生まれず。そんな拮抗した試合が動いたのは81分のことだった。川崎Fは左CKで投入直後のFW遠野大弥がクロスを上げると、ニアでFWレアンドロ・ダミアンが頭で合わせて先制。

終盤にはFC東京が猛攻を仕掛ける展開となったが、虎の子の1点を守り切った川崎Fに軍配が上がった。

試合後の会見でオルトネダ監督は、スタイルが変わったことや新型コロナウイルスで多くの主力が欠けていたことが敗因の一つになったと分析。それでも王者相手に互角以上に戦ったチームを称えている。

「プレースタイルを大きく変えた後、わずか1カ月の準備期間でこの開幕を迎えた。多くの選手たちがこのプレースタイルに慣れていなかった。18歳の若い選手もいるし、多くの新加入選手もいた。また、感染によって6人が戦線を離脱していた」

「その状況の中、試合の最初15分はドタバタしたが、それは起こり得ることだ。それ以降は試合を支配する時間が長く、決定的なチャンスを多く作れていた。一対一の局面、バーを叩く局面もあった」

「2連覇中のチャンピオンの地で、ここまでしっかり試合を支配できたこと、そこから私が選手たちに感じる誇りは大きいというのは想像できるだろう。多くの障壁がある中、ここまで良いプレーができていたことを誇りに思う」

後半にはより攻勢を強めたFC東京だったが、ハーフタイムで指揮官はしっかりと指示していたようだ。

「ボールを大切にしてプレーしようと伝えた。我々にはクオリティの高い選手が揃っている。そして、川崎がカウンターを狙ってくるだろうから、それにしっかりリスク管理をしようと言った」

「川崎は長くこのプレースタイルとともにプレーを続け、ほぼ毎試合ボールポゼッションで相手を上回っている。一方で、その部分で今日の我々は彼らを上回り試合を支配した」

「その分を含め、私は選手たちを説得したい。それが我々が突き進むべき道であることを。選手は伸び代だらけで、完成度は20%にも満たないと思う。そういう意味でも、まだ時間がある中、今シーズン選手たちは間違いなく成長するだろう」

「そしてルヴァンカップでは若手選手にも多くの機会を与え、さらに成長してもらいたいと思う。チームだけでなく、クラブも一歩一歩成長してくれるだろう」

「我々は改めて突き進むべきは、今日表現した道のりだ。戦う姿勢を見せ、ミスも犯すだろうが、日々成長して大きなことを成し遂げ、偉大なクラブになっていきたいと思う」

「多くの選手がこのプレースタイルに慣れていない。今までプレーしてこなかった。ただ、彼らは学ぼうと意欲に満ちている」

関連ニュース
thumb

川崎Fvs京都で「電流爆破」予定だった大仁田厚、試合中止も会場からのコメントに再戦臨む声多数「リベンジしに来て欲しい!」「今度は晴天の下で」

試合は雨天で中止となったが、内なる炎は消えないようだ。川崎フロンターレvs京都サンガF.C.戦でイベントを行う予定だったプロレスラーの大仁田厚さんがファンへメッセージを充てた。 等々力陸上競技場にて13日19時キックオフで予定されていた同試合は、台風8号(メアリー)の影響で中止に。これに伴い、川崎Fがこの試合で準備していた企画「ボーイズビーアンビシャス」も中止となった。 このイベントはサッカー×格闘技とうたい、総合格闘技イベント「RIZIN」とのタイアップとして那須川天心選手による始球式や、レニー・ハートさんによるオリジナル選手紹介が予定されていた。 また、武蔵小杉にジムを構える所英男選手も来場。総合格闘技だけではなく、川崎新田ボクシングジムのレジェンド、黒田雅之さん引退セレモニーや「格闘家だらけの男気じゃんけん」など種々の企画が練られていた。 その中の1つが、大仁田厚さんによる電流爆破マッチだ。試合中止決定の前、雨天の影響により先んじて「電流爆破マッチ中止」の発表がなされた際には「電流爆破バットを持って等々力へ行く!決まったものはやる!」と意気込んでいた"炎のカリスマ"。当日も会場入りはしたものの、試合そのものがなくなり、無念の想いで「このままで終わっていいのか…」と綴り、背中を見せた。 それでも、大仁田さんは川崎FのSNSを通じてメッセージを発信。力強い「ファイヤー!」に続き、「(スタジアムへ)来る用意をしていた人達、試合を楽しみにしていた人達に申し訳ないです。家でゆっくりしてください」と、ファンを気遣うコメントを充てた。 富士通スタジアム川崎(旧:川崎球場)にて引退試合を行うなど、川崎にゆかりのある大仁田さん。雨中のスタジアムから届けられたメッセージには、「こんな濡れながらメッセージくれるのか」、「また必ず」、「いつかこの企画がリベンジされますように」、「今度は晴天の空の下、心置きなく爆破させてください!!」、「リベンジしに来て欲しい!」、「最高のエンターテイナー」と、企画の実現を願うサポーターらの声が多数寄せられている。 当初2020年2月29日に開催予定だったイベント「ボーイズビーアンビシャス」は、新型コロナウイルス(Covid-19)の影響に続き、今回またしても実現できず。等々力で熱い男の雄姿を見られる日が待ち遠しい。 <span class="paragraph-title">【動画】大仁田厚さんからサポーターへのメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">本日の京都戦が台風の影響で試合中止となり、残念ながらイベント「ボーイズビーアンビシャス」も中止となりました。<br><br>朝から等々力にお越しいただき準備を進めてくださった大仁田厚さんから、皆さんへのメッセージです。<br><br>大仁田さんありがとうございます!!<br>いつかまた等々力で!!<br><br>【プロモ】<a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/MsdSxEY8Da">pic.twitter.com/MsdSxEY8Da</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1558353145948172288?ref_src=twsrc%5Etfw">August 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.13 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪が後半ラストプレー弾で劇的4強入り! 悲劇の等々力劇場となった川崎Fはカップ戦すべて敗退…《ルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦、川崎フロンターレvsセレッソ大阪が10日に等々力陸上競技場で行われ、2-2のドローに終わった。この結果、2戦合計3-3もアウェイゴール数で上回ったC大阪がベスト4進出を決めた。 1週間前にヨドコウ桜スタジアムで行われた第1戦は、アウェイの川崎Fが前半半ばに脇坂のゴールで先制に成功したが、ホームのC大阪が後半終了間際にアダム・タガートのゴールで追いつき、1-1のドローとなった。 コロナ禍で多くの選手を欠いた中、アウェイゴールを得てのドローと最低限の結果を残した川崎F。さらに、先週末のリーグ戦では首位の横浜F・マリノスを試合終了間際の劇的ゴールで勝ち切り、今回のホームゲームに大きな弾みを付けた。多くの選手の復帰に伴い、前回対戦からは先発6人を変更。ジェジエウ、山根、登里、チャナティップが起用され、前線は右から家長、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョが並んだ。 一方、内容は上々もホームでの初戦を勝利で飾れなかったC大阪だが、先週末のリーグ戦ではヴィッセル神戸に3-0の快勝。公式戦10試合無敗と好調を維持して敵地へ乗り込んだ。新型コロナウイルス感染で療養中の小菊監督に代わり、引き続き高橋大輔コーチが暫定で指揮を執った中、前回対戦からは山田寛に代えてタガートを上門の相棒に起用した以外、同じメンバーを継続した。 ベスト4進出を懸けた運命の一戦は立ち上がりから拮抗した展開に。戦前の予想通り、ホームチームがボールを握って押し込む時間が続くものの、C大阪も集中した守備で相手の攻撃を撥ね返してカウンター、前線からの積極的な守備で押し返す場面を創出する。 一進一退の攻防が続く中、20分過ぎには川崎Fが右CKから谷口のヘディングシュート、直後にはマルシーニョの突破から橘田のミドルシュートとフィニッシュの局面を作り出す。 対するC大阪は30分、左サイドの山中のクロスの流れから波状攻撃。ゴール右でこぼれ球を回収した松田がGKと一対一も、ここはGKチョン・ソンリョンにうまくコースを消されてセーブされる。さらに、ボックス左でボールを受けた為田にビッグチャンスも、右足のシュートはクロスバーを叩き、両チームを通じた最初のビッグチャンスをモノにできない。 互いに自分たちの時間の中でゴールをこじ開けられない我慢比べの様相を呈した試合は、前半終盤に動く。40分、川崎Fが中央での細かいパス交換から橘田、チャナティップと繋いでボックス右のレアンドロ・ダミアンにシュートチャンス。このシュートはDFのブロックに遭うも、ゴール前でこぼれ球に反応したマルシーニョが相手のゴールカバーを外すクロスバー内側直撃の強烈なシュートを叩き込んだ。 前回対戦に続きこの試合でも先制に成功した川崎Fは、さらに前半終了間際にもレアンドロ・ダミアンの完璧な背後への飛び出しから追加点のチャンスを得たが、ここはボールコントロールの乱れもあり、右足アウトで強引に放ったシュートは枠の左に外れた。 迎えた後半、1点リードの川崎Fはチャナティップを下げて脇坂、逆転突破に2点が必要なC大阪はタガートを下げて加藤をハーフタイム明けに投入。後半も引き続き拮抗した入りとなったが、前回対戦とは異なり川崎Fが追加点を奪い切る。 53分、相手陣内の左サイドに張ってジョアン・シミッチから大きな展開を受けたマルシーニョが一瞬のスピードでDF松田を振り切ってボックス付近までドリブルで運ぶ。そして、中央のレアンドロ・ダミアンにボールを預けて内側へ切れこむと、DFを引き付けた元ブラジル代表FWから絶妙なリターンパス。ボックス中央で完全にフリーとなったマルシーニョが右足の鋭いシュートを突き刺した。 ブラジル人アタッカーコンビの鮮やかな連携で大きな2点目を奪った川崎Fだが、ゴール直後に右足の筋肉系のトラブルかジェジエウがプレー続行不可能となり、車屋がスクランブル投入される。 一方、敵地でより厳しい状況となったC大阪は毎熊、為田、上門を下げて北野、山田寛、ジェアン・パトリッキと前線3枚を一気に入れ替える。さらに、奥埜を下げて中原投入と、よりリスクを冒して前に出る。だが、ゲームコントロールを優先するリーグ王者のしたたかなゲームコントロールを前に、なかなか決定機まで持ち込めない。 その後、過密日程が続く川崎Fは殊勲のブラジル人アタッカーコンビ、家長を下げて遠野や山村の投入で逃げ切り態勢に入る。このまま2-0のスコアで試合終了かに思われたが、昨季の準優勝チームがここから驚異の粘りを見せる。 90分、相手陣内左サイドでボールを受けた山中が低い軌道の高速クロスを入れると、DF谷口の前に入り込んだ加藤がダイビングヘッド。谷口の足にディフレクトしたボールがニア下に決まった。 アディショナルタイムが5分加えられたことで、これでどちらが勝ち抜けるかわからなくなると、決死のパワープレーを敢行したアウェイチームが見事に押し切る。ほぼラストプレーとなった96分、波状攻撃から右サイドの中原が入れたクロスをボックス左の西尾がゴールラインぎりぎりで折り返すと、中央で反応した山田寛が頭で押し込んだ。 そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、90分からの猛攻によって敵地で2点差を追いつく驚異の勝負強さを見せたC大阪がアウェイゴール数で上回り、劇的過ぎる勝ち上がりを見せた。 一方、直近の横浜FM戦とは異なり、悲劇の等々力劇場となった川崎Fは、ACL、天皇杯に続きルヴァンカップ敗退となり、残すコンペティションは逆転での3連覇を目指すリーグ戦のみとなった。 なお、4強入りを決めたC大阪は9月21日、同25日に行われる準決勝で浦和レッズと名古屋グランパスの勝者と対戦する。 川崎フロンターレ 2-2(AGG:3-3) セレッソ大阪 【川崎F】 マルシーニョ(前40) マルシーニョ(後8) 【C大阪】 加藤陸次樹(後45) 山田寛人(後45+6) 2022.08.10 21:19 Wed
twitterfacebook
thumb

これぞフェアプレーの鑑!「優しすぎる」、「さすがキャプテン」横浜FMの喜田拓也が熱戦で見せた行動力が話題…負傷の主審にいち早く気がつく

これぞキャプテン。フェアプレーをまさに体現したシーンと言えるだろう。 Jリーグ公式SNSが切り取ったワンシーンは、7日に行われた明治安田生命J1リーグ第24節の川崎フロンターレvs横浜F・マリノスの一戦からだった。 首位に立つ横浜FMと、消化試合が少ない中で2位につける可能性がある川崎Fの対戦。近年タイトルを争い続ける両者の頂上決戦となった。 白熱した一戦は互いに譲らず1-1の同点で終わるかと思われた中、後半アディショナルタイムのラストプレーでジェジエウがヘディングを決めて、川崎Fが2-1と競り勝っていた。 素晴らしい熱戦となったが、試合途中にアクシデントが発生。1-1で迎えた74分に主審を務めていた木村博之主審が突如足を引きずることに。その異変にいち早く気がついたのが、横浜FMのキャプテンだる喜田拓也だった。 左太もも裏を押さえて違和感を覚えていた木村主審に近寄り声をかけると、すぐさまベンチに向かって交代を指示。チームドクターと担架を呼んだのだ。 チームドクターに状況を説明し、そのまま木村主審は交代。第4審の佐藤誠和氏と交代していた。 素晴らしい振る舞いには「素晴らしい」、「優しすぎる」、「相手チームながら素晴らしい振る舞いだと思いました」、「視野が広い」、「さすがキャプテン」と多くの称賛の声。難しい試合での試合終盤という大事な場面ながら、周囲の異変に気がづける力はさすがと言えるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】頼れるキャプテン・喜田拓也、称賛されるべきフェアプレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="f9u8x-vEeDM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.09 22:28 Tue
twitterfacebook
thumb

劇的展開に等々力熱狂! ジェジエウの99分のゴールで川崎Fが横浜FMに勝利!【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、川崎フロンターレvs横浜F・マリノスが7日に等々力陸上競技場で行われ、2-1で川崎Fが勝利した。 王者・川崎Fと、覇権奪還へ邁進する横浜FMによる今節最大の注目マッチ。 最近新型コロナウイルス蔓延に見舞われた川崎Fは、ベンチメンバー5人(うちGK3人)で臨んだ前節の浦和レッズ戦を3-1で落とし、同じくGK3人がベンチ入りした4日前のルヴァンカップでは、セレッソ大阪に試合終了間際にドローに持ち込まれた。 対する横浜FMはリーグ戦ではここ6試合で4勝2分けと好調。一方、ルヴァンカップでは疲労を考慮し戦力を落とした結果、広島に3-1で返り討ちにされた。 ルヴァンカップから中3日だが、互いにメンバーを落として臨んでいたこともあり、前節からのスタメン変更は2人ずつ。川崎Fは瀬古と遠野が外れ、山根とチャナティップ、横浜FMは松原と實藤に代わって小池龍太と藤田が起用された。 パスサッカーを信条とする両チームの対戦。まずは9分、家長のボックス左からのシュートでホームの川崎Fが相手を牽制。続く14分には、左サイドのマルシーニョの横パスをボックス手前の脇坂がダイレクトで狙うが、惜しくも左に外れた。 良い入りを見せた川崎F。25分にそのまま押し切った。谷口が最終ラインから右サイドへロングボールを送ると、山根はこれをダイレクトで折り返す。最後はゴール前でワンバウンドしたボールをレアンドロ・ダミアンが上手く頭で押し込み、J1通算50得点目とした。 飲水タイムを挟んで再開された直後、横浜FMにアクシデント。レアンドロ・ダミアンと接触した西村が右足を痛めて負傷交代。担架でピッチ外へ運ばれ、マルコス・ジュニオールと交代となった。 ここまでチーム内2位の8ゴールで攻撃を牽引してきた西村のケガは気がかりなところだが、徐々にゴールに迫る頻度を上げていく。一方でなかなかシュートまで持ち込めず、このまま前半を終えるかに思われたアディショナルタイム3分、トリコロールのカウンターが炸裂する。 川崎Fのクロスをはね返し、自陣中央でセカンドボールを拾ったエウベルが味方とのワンツーで前進。ドリブルで相手を躱しながらピッチ中央を駆け上がり、前方を走る仲川へスルーパスを通す。橘田と競り合っていた仲川はワンタッチで上手くマークを剥がすと、最後はチップキックでGKチョン・ソンリョンの壁を抜いた。 同点で迎えた後半戦。互いに相手の長所を消し合い、試合は渋い内容に。その中で65分、横浜FMは味方のパスをワンタッチではたいたエウベルのパスから喜田がボックス左に侵入。トラップで相手を躱し、巧みに左足のシュートに運んだが、惜しくも右ポストに嫌われた。 肝を冷やした川崎Fもその直後、右CKで脇坂が上げたクロスをジェジエウがヘディングシュート。DFにブロックされたところを今度はマルシーニョが狙うが、ここもDFのブロックに遭い得点ならず。 その後、主審が足を痛めて交代する珍事もあり、数分間の中断を挟んで再開された直後、今度は横浜FMの喜田が足を攣って交代に。 追加タイムは8分。何かが起きるには十分すぎる時間のなかで、横浜FMは95分、味方の横パスをレオ・セアラが巧みなタッチで裁き、ボックス右からシュートへ。しかし、ここは角度が小さかったこともあり、外側のサイドネットを叩く。 一方の川崎Fは、足を攣ったジェジエウを前線に配置するパワープレーを決行。すると99分、右サイドの高い位置を取った家長から左足のクロスが入ると、合わせたのはそのジェジエウ。岩田に競り勝ち、強烈なヘディングシュートを叩き込んだ。 この劇的な展開に等々力は大熱狂。興奮冷めやらぬまま試合終了を迎え、川崎Fが2試合ぶりの勝利を手にした。 川崎F 2-1 横浜FM 【川崎F】 レアンドロ・ダミアン(前25) ジェジエウ(後54) 【横浜FM】 仲川輝人(前48) 2022.08.07 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:川崎Fvs横浜FM】タイトル争う“神奈川ダービー”、苦境の川崎Fに万全の横浜FMが襲いかかる

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2022年8月7日(日) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ(6位/37pt) vs 横浜F・マリノス(1位/48pt) [等々力陸上競技場] ◆苦境でもめげない王者【川崎フロンターレ】 前節はアウェイでの浦和レッズ戦で3-1と敗戦。消化試合が少ない状況とはいえ、首位との差が開く手痛い敗戦となった。 さらにミッドウィークにはYBCルヴァンカップでセレッソ大阪とドロー。チームとして結果が出ていない。 ただ、今の川崎Fは最大の窮地に立たされている。チーム内で相次いだ新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者。関係者として発表されていた中、大半が選手であることが判明。浦和戦はベンチ入り5人でGKが3人、C大阪戦も7名がベンチ入りしたが3名がGKであることは変わらなかった。 2種登録選手もいなかったチームは急遽、来季から昇格が内定している2名を昇格させることに。まだまだ万全のメンバーが揃わない中、フィールドプレーヤーをしっかりと揃えることにした。 そんな中で迎えるのは首位の横浜FM戦。消化が2試合少ない状況だが、勝ち点差は「11」となっており、ここで勝たなければ厳しい事態になる。勝てば勝ち点差を「2」にするチャンスを得られるだけに、苦しい中でも勝利が欲しいところ。王者の意地をホームで見せたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:瀬古樹、ジェジエウ、谷口彰悟、橘田健人 MF:脇坂泰斗、ジョアン・シミッチ、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、チャナティップ 監督:鬼木達 ◆上位との連戦で突き放せるか【横浜F・マリノス】 前節は2位鹿島アントラーズとの直接対決で2-0と勝利。チームとしての完成度の高さを見せつけた横浜FM。対する鹿島はレネ・ヴァイラー監督が解任となった。 どんな状況でも、どんなメンバーが出てもチーム力を落とすことなく戦える今の横浜FMに隙はない。今節は消化が少なく暫定2位になる可能性もある川崎Fが相手。叩かなければいけない相手だ。 近年優勝を争い続ける両者による“神奈川ダービー”だが、ホームでの試合は4-2と快勝。シーズンダブルで優勝を手繰り寄せたいところだろう。 ミッドウィークのルヴァンカップでは10名を入れ替えた結果、サンフレッチェ広島に敗れたが、出場しなかった選手たちが万全の状態で臨めることは好材料。川崎Fよりもコンディションで優位に立てることは明白だ。 今日は誰がピッチに立ち、誰がヒーローになるのか。良い循環をチームとして見せられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、岩田智輝、エドゥアルド、永戸勝也 MF:喜田拓也、西村拓真、藤田譲瑠チマ FW:水沼宏太、アンデルソン・ロペス、エウベル 監督:ケヴィン・マスカット 2022.08.07 16:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly