ヴェローナに逆転勝利のアタランタが6連勝《セリエA》

2021.12.13 01:01 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタは12日、セリエA第17節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。

前節ナポリ戦を3-2で制して5連勝とした4位アタランタ(勝ち点34)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグではビジャレアルに敗れてグループステージ敗退に終わった。そのアタランタはD・サパタやイリチッチらがベンチスタートとなってムリエルやパシャリッチがスタメンとなった。

10位ヴェローナ(勝ち点23)に対し、ムリエルを最前線に、2シャドーにパシャリッチとミランチュクを据えたアタランタは、守勢の入りを強いられると、17分にピンチ。ボックス内のシメオネに反転シュートでオンターゲットを記録されるもGKムッソがセーブした。

しかし22分、押し切られる。ファラオーニの浮き球パスでボックス右に抜け出したシメオネにGKの股間を抜くシュートを決められた。

失点したアタランタの反撃は33分。ミランチュクのヒールパスを受けたボックス中央のパシャリッチが右ポスト直撃のシュートを浴びせた。

すると37分、試合を振り出しに戻す。ムリエルのパスをボックス中央で受けたペッツェッラがボールをキープ。スイッチしたミランチュクがシュートを蹴り込んだ。

リズムが出てきたアタランタは39分、パシャリッチのコントロールシュートで逆転に迫ったが、ここはGKモンティポにセーブされ、1-1で前半を終えた。

迎えた後半開始7分、アタランタは失点のピンチ。しかし、タメゼのボレーシュートはゴールライン前のデミラルがクリアした。

すると59分には好機。CKの流れから直前に投入されていたイリチッチのラストパスを受けたデミラルが決定的なシュートに持ち込んだが、GKモンティポのセーブに阻まれた。

それでも62分、アタランタが逆転する。ルーズボールを拾った中央のコープマイネルスが左足を振り抜くと、DFにディフレクトしたシュートがネットを揺らした。

終盤にかけては危なげなく試合を進めたアタランタが2-1で勝利。CL敗退のショックを乗り越え、リーグ戦6連勝とした。



関連ニュース
thumb

チェルシーDFエメルソンにアタランタも目を光らす?

チェルシーのイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(28)にアタランタ移籍の可能性が浮上している。 2018年1月にローマからチェルシー入りしたエメルソンだが、バックアッパーの域を抜け出せず、昨季はリヨンに1年レンタル。買い取りオプション付きのレンタルだったが、シーズン終了後にチェルシー復帰となった。 先日にはラツィオ移籍の可能性が報じられるなど、今夏の移籍が既定路線のなか、イギリス『デイリー・メール』によると、セリエA勢からはアタランタも目を光らせているという。 また、エメルソンを巡っては積極補強が印象的なノッティンガム・フォレストも関心を寄せ、すでに問い合わせを済ませている模様だ。 一方、チェルシーはブライトン&ホーヴ・アルビオンからスペイン代表DFマルク・ククレジャを獲得。トーマス・トゥヘル監督も移籍を容認する可能性が高いとみられている。 2022.08.12 18:54 Fri
twitterfacebook
thumb

昇格組フォレスト、アタランタMFフロイラーも獲得へ! 開幕後も補強続く

ノッティンガム・フォレストがアタランタからスイス代表MFレモ・フロイラー(30)の獲得を決めたようだ。 移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ記者によれば、フォレストはアタランタと基本移籍金900万ユーロ(約12億3000万円)+アドオンで完全合意した模様だ。 フロイラーとは2025年6月までの契約を結ぶという。また、本日12日にも発表がなされる見通し。メディカルチェックを予定するフロイラーもすでにイングランドにいるという。 2016年1月に母国を飛び出して以来、アタランタで通算259試合の出場を数えるフロイラー。ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下、エネルギッシュな立ち回りを武器に中盤で欠かせない存在となり、チームの躍進にも多大な貢献を誇る。 昨季も公式戦43試合出場で2得点6アシストを記録して、今季も活躍が期待されたが、最近はプレミアリーグ昇格初年度となる今季を迎えるにあたって積極補強を続け、さらなる増強の動きも取り沙汰されるフォレストの関心が浮上中だった。 2022.08.12 16:15 Fri
twitterfacebook
thumb

トリノがアタランタからアレクセイ・ミランチュクを獲得!

トリノは11日、アタランタからロシア代表MFアレクセイ・ミランチュク(26)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 現在もロコモティフ・モスクワで活躍する双子のアントンと共に、同クラブの下部組織で育ったアレクセイ・ミランチュク。巧みなボールコントロールとパスセンスに優れる攻撃的MFは、2013年1月に昇格したトップチームでは、公式戦228試合に出場し43ゴール45アシストをマークした。 2020年夏に加入したアタランタでは、2シャドーの一角や中盤のバックアッパーとして、ここまで公式戦56試合9ゴール7アシストの数字を残していた。 また、2015年に19歳でデビューを飾ったロシア代表では、ロシア・ワールドカップのメンバーに選出されるなど、ここまで41試合に出場している。 FWアンドレア・ベロッティやMFデニス・プラート、FWヨシプ・ブレカロら主力の退団で迫力不足のトリノでは、アタランタと同じシャドーの一角でのチャンスメークが期待されるところだ。 2022.08.11 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ファビアン・ルイスのPSG行きがラスパドーリやピナモンティの去就に影響も?

セリエAで移籍ドミノが起こる可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 財政的に厳しい状況のなか、来季までの契約延長を拒んだスペイン代表MFファビアン・ルイス(26)にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が迫っているとの報道がなされるナポリ。売却が成立した場合は資金に余裕ができ、サッスオーロからイタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリ(22)の獲得を目指せるという。 そうなると、サッスオーロはイタリア代表FWジャンルカ・スカマッカに続いてラスパドーリまでも流出となり、後釜としてインテルからイタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(23)の獲得に全力に注ぐことになる模様。ピナモンティは昨季、レンタル先のエンポリでセリエA36試合13得点2アシストを記録して、イタリア代表にも初選出されたが、インテルは今夏売却を既定路線としているようだ。 最近、ピナモンティの獲得に最も近かったのはアタランタだが、ライプツィヒからナイジェリア代表MFアデモラ・ルックマンを確保。選手本人もアタランタ行きを希望していたようだが、これにより、別の選択肢を検討し始めたようだ。 なお、インテルは移籍金として2000万ユーロ(約27億5000万円)を要求。将来的な買い戻しオプションの付帯を条件にしているものとみられている。 2022.08.08 16:16 Mon
twitterfacebook
thumb

エンポリがアタランタのFWラマースをレンタルで獲得…昨季はフランクフルトでプレー

エンポリは7日、アタランタのオランダ人FWサム・ラマース(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ラマースは、ヴィレムⅡやPSVの下部組織で育ち、2015年にプロ契約。セカンドチームのヨングPSVでプレーしていた中、2017年7月にファーストチームに昇格した。 2018年6月からはヘーレンフェーンへとレンタル移籍。2020年9月にアタランタへと完全移籍すると、昨シーズンはフランクフルトへとレンタル移籍を経験していた。 フランクフルトではブンデスリーガで15試合に出場し1ゴールを記録。ヨーロッパリーグでも7試合に出場し1ゴールを記録し、優勝に貢献していた。 なお、世代別のオランダ代表を経験している。 2022.08.07 18:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly