專スタあるある? プレミアでゴール裏女性サポーターの顔面にボールが直撃…鼻血を出してスタンドを後に

2021.12.02 21:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグで専用スタジアムならではのアクシデントが発生した。イギリス『サン』が伝えている。

1日、プレミアリーグ第14節ウォルバーハンプトンvsバーンリーがモリニュー・スタジアムで行われた。上位争いを演じているウルブスだったが、前節のノリッジ戦に続き、下位を相手にゴールレスドロー。足踏みが続いている。

この一戦では痛みを伴うアクシデントが発生。27分にノリッジがCKを得ると、ウルブスDFマキシミリアン・キルマンのクリアしたボールがスタンドイン。ゴール裏に陣取っていた女性サポーターの顔にぶつかり、鼻血を出してしまう。隣にいた少年は驚いて泣き出してしまった。

続くCKをしのいだ後にスタンドの様子に気が付いたGKジョゼ・サとFWラウール・ヒメネスが医療スタッフに合図。ゲームは一時中断され、彼女の治療に充てられた。女性はティッシュのようなもので鼻を押さえながら、スタンドを後にすることとなった。

女性が付けていた眼鏡は破損してしまったものの、本人は大事には至らなかったとのこと。ピッチとスタンドとの距離が近い専用スタジアムならではのアクシデントとなった。



1 2

関連ニュース
thumb

スパーズ、ウルブスのアダマ・トラオレ獲得迫る

ウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレ(25)のトッテナム移籍が近づいているようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。 以前からスパーズ行きの噂が立っているトラオレ。数シーズン前にブレイクを果たし、古巣バルセロナも関心を寄せていた時期もあるなど、しばらく移籍市場で注目を浴びる存在となっている。 今季はここまでリーグ戦19試合で1ゴールとやや燻っている印象だが、そんなトラオレに熱視線を送っているのがアントニオ・コンテ監督だ。昨年11月の就任以降、プレミアリーグではいまだ無敗を維持しており、当時中位あたりに位置していたチームを見事にトップ4圏内まで浮上させている。 この勢いをさらに高めるため、リーグ屈指の体躯でもってドリブルで敵陣を切り裂くトラオレに関心。1500万ポンド(約23億円)の一度目のオファーは断られたものの、以降も交渉は続いており、スパーズ陣営も獲得に自信を深めているようだ。 また、ジャーナリストのイグナシオ・ジェヌアルディ氏によれば、2400万ポンド(約37億円)プラスボーナスという条件ですでに合意に至っているとも言われている。 2022.01.22 15:18 Sat
twitterfacebook
thumb

川辺駿がグラスホッパーに帰還!当初予定よりも長く2023シーズン終了までスイスでプレーすることに

日本代表MF川辺駿がスイスに戻った。 2021年7月に、サンフレッチェ広島からスイス・スーパーリーグのグラスホッパーへ2024年6月末までの3年契約で加わり、初の欧州挑戦を果たした川辺。リーグ戦16試合の出場で4ゴール2アシストと、ボランチやトップ下で存在感を示していた。 その川辺は、プレミアリーグのウォルバーハンプトンの練習に参加すると、5日には契約期間3年半の完全移籍が電撃発表。今シーズンの残りはレンタル移籍でグラスホッパーに戻ることが決まり、大きな衝撃を与えていた。 スイスでのリーグ戦がウィンターブレイクで中断されている間はウォルバーハンプトンでトレーニングを継続していた川辺だが、30日に行われるシオン戦に向け、20日にスイスへと帰還した。 グラスホッパーは川辺の帰国を伝えるとともに、当初の予定よりも長く2023シーズン終了まで川辺がスイスでプレーすると説明している。 グラスホッパーのセイ・オロフィンジャナTD(テクニカル・ディレクター)は「チューリッヒに川辺が戻ってくることをうれしく思う。彼は最初からグラスホッパーになじんでおり、このチームの重要な一員となっている。彼はこれからもチームの成功に貢献してくれるだろう」と復帰を喜んだ。 なお、グラスホッパーにはセレッソ大阪からDF瀬古歩夢が完全移籍で加入。日本人選手の共演に期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【動画】川辺駿が流暢な英語でスイス帰還を報告!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Zurück und bereits wieder auf dem Feld <a href="https://twitter.com/HayaoSfbc?ref_src=twsrc%5Etfw">@HayaoSfbc</a><a href="https://twitter.com/hashtag/gc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#gc</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/z%C3%BCrich?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#zürich</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/traditionsclub?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#traditionsclub</a> <a href="https://t.co/m2nclp55hu">pic.twitter.com/m2nclp55hu</a></p>&mdash; Grasshopper Club Zürich (@gc_zuerich) <a href="https://twitter.com/gc_zuerich/status/1484230740506255372?ref_src=twsrc%5Etfw">January 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.21 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ベッカムのインテル・マイアミ、ウルブスからエクアドル代表FWカンパーニャをレンタル…今季は川辺駿の同僚としてスイスでプレー

インテル・マイアミは20日、ウォルバーハンプトンのエクアドル代表FWレオナルド・カンパーニャ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、2022シーズン一杯のレンタルとなり、買い取りオプションが付いているとのこと。カンパーニャはアメリカの市民権を持っており、外国人枠を使うことはないという。 デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めることで知られるメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミ。今オフも積極的に補強を進め、アメリカ大陸出身の選手を集めている。 カンパーニャは母国のバルセロナSCでキャリアをスタート。2020年1月にウォルバーハンプトンへと完全移籍すると、ファマリカンへレンタル移籍。今シーズンは日本代表MF川辺駿、DF瀬古歩夢が所属するグラスホッパーへとレンタル移籍していた。 グラスホッパーでは、スイス・スーパーリーグで14試合に出場し3得点を記録。カップ戦でも1試合に出場していた。 エクアドル代表としても10試合に出場。2021年に行われたコパ・アメリカでは4試合プレー。しかし、その後のカタール・ワールドカップ南米予選では招集されていなかった。 2022.01.21 09:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ウルブスがU-21ポルトガル代表FWシキーニョを獲得!

ウォルバーハンプトンは17日、エストリル・プライアからU-21ポルトガル代表FWシキーニョ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年半となる。 “シキーニョ”の愛称で知られるフランシスコ・ジョルジェ・タヴァレス、オリヴェイラは、ポルトガル屈指のスポルティング・リスボンの下部組織で育ったアタッカー。2019年にエストリル・プライアに加入し、ここまではトップチームで公式戦44試合に出場し、6ゴール8アシストの数字を残している。 U-21ポルトガル代表にも名を連ねる逸材は、左ウイングを主戦場に逆サイドでもプレー可能な右利きのドリブラー。トリッキーな仕掛けとスピードに優れる、いかにもポルトガル産らしいウイングプレーヤーだ。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ウルブスはシキーニョの移籍金として350万ユーロ+ボーナス150万ユーロの総額500万ユーロ(約6億5000万円)を支払うことになる。 2022.01.18 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ウルブスがU-21ポルトガル代表FWシキーニョ獲得へ

ウォルバーハンプトンがエストリル・プライアに所属するU-21ポルトガル代表FWシキーニョ(21)の獲得に迫っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 “シキーニョ”の愛称で知られるフランシスコ・ジョルジェ・タヴァレス、オリヴェイラは、ポルトガル屈指のスポルティング・リスボンの下部組織で育ったアタッカー。2019年にエストリル・プライアに加入し、ここまではトップチームで公式戦44試合に出場し、6ゴール8アシストの数字を残している。 U-21ポルトガル代表にも名を連ねる逸材は、左ウイングを主戦場に逆サイドでもプレー可能な右利きのドリブラー。トリッキーな仕掛けとスピードに優れる、いかにもポルトガル産らしいウイングプレーヤーだ。 ロマーノ氏によると、ウルブスはシキーニョの移籍金として350万ユーロ+ボーナス150万ユーロの総額500万ユーロ(約6億5000万円)の条件でクラブ間合意に至ったという。そして、同選手は移籍を完了させるため、17日にイングランド入りするとのことだ。 2022.01.17 23:06 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly