カード乱発、PK与えられず…モウリーニョ監督が審判へ皮肉「いくつかの事件があった」

2021.12.02 13:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が皮肉を交えつつ、選手を支持した。クラブ公式サイトが伝えた。

4位アタランタとの勝ち点差が6となっているローマは、1日に行われたセリエA第15節でボローニャと対戦。前半に1点を奪われると、後半はFWステファン・エル・シャーラウィを負傷で欠き、GKウカシュ・スコウルプスキの堅守を前にFWタミー・エイブラハムをターゲットとした攻撃も実らず、無得点で試合を終えた。

この試合では、物議をかもすような場面も含めて両チーム合わせて7枚のイエローカードが提示。開幕以来の3連勝とならなかったローマは、累積5枚目のイエローカードでエイブラハムとDFリック・カルスドルプが次節のインテル戦で出場停止となった。

試合後、モウリーニョ監督はMFニコロ・ザニオーロがボックス内で倒された場面や、累積警告で複数の選手が出場停止になったことに皮肉を語りながらも、90分間を戦い抜いた選手たちに労いの言葉をかけた。

「土曜日には次の試合があるので、そのためのチームをこれから考えなくてはならない」

「少なくとも、私がジャンルカ・マンチーニを交代させていなければ、おそらく彼もイエローカードを貰い、インテルとの試合に出ることができなくなっていただろう」

「ボローニャ、シニシャ(・ミハイロビッチ)、選手のみなさん、おめでとう。彼らは懸命に戦い、勝ち点3を獲得した。彼らにおめでとうと言いたい」

「そして、我々の選手も良くやってくれた。試合前にケガをするなどあらゆることに直面していたにもかかわらず、今回も全力を尽くしてくれた。試合前の負傷、試合中の負傷、90分プレーした選手の“隠れた“負傷もあった。その後もいくつかの事件があったが、我々は戦い続けた」

「私はいつも彼らを誇りに思っている。たとえ負けたとしてもそのことを引きずる選手はいないからだ。私は彼らを支持する」

「最後にひとつだけ意見を言わせてもらいたい。もし、私がザニオーロだったら、セリエAでプレーすることが自分にとって不利なものになると考え始めるだろう」


関連ニュース
thumb

ローマで構想外のディアワラ、今季低迷するガラタサライが獲得に関心か

ガラタサライが、ローマに所属するギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ(24)の獲得に関心を示しているようだ。トルコ人スポーツジャーナリストのギョクハン・ディンク氏が報じている。 2019年夏にナポリからローマ入りしたディアワラは、ここまで公式戦通算66試合に出場して2ゴール2アシストを記録。加入当初は高い期待がかけられていたが、今シーズンから就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では主軸の座を掴めず。久々のスタメン出場となった10月のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では大敗を喫し、これに激怒したモウリーニョ監督からは構想外の扱いを受けることになった。 ディンク氏によると、出場機会を求めて今冬の移籍に向けて動いているディアワラに対し、スュペル・リグで13位と低迷するガラタサライが獲得に興味を示しており、今冬の移籍市場で優先順位をつけているという。 なお、今冬にアーセナルとポルトからそれぞれイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズ(24)とポルトガル代表MFセルジオ・オリベイラ(29)を獲得しているローマは、年俸200万ユーロ(約2億6000万円)のディアワラの放出について前向きな姿勢を示しており、今後数週間以内に同選手がオファーを受け入れることを望んでいるという。 2022.01.19 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマでほぼ構想外のディアワラ、今冬のバレンシア移籍が濃厚か

ローマのギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ(24)がバレンシア移籍に向かっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2019年夏にナポリからローマ入りしたディアワラはここまで公式戦通算66試合に出場して2ゴール2アシストを記録。加入当初は高い期待がかけられていたが、今シーズンから就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では主軸の座を掴めず。久々のスタメン出場となった10月のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では大敗を喫し、これに激怒したモウリーニョ監督からは構想外の扱いを受けることになった。 その後はやや立場を回復し、セリエAで3試合に出場したものの、11月に行われた第14節のトリノ戦を最後に先発なし。こうした状況を受け、クラブもディアワラ本人も今冬の移籍に向けて動いている。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ギニア代表MFに対しては2016年から関心を示し続けているバレンシアが獲得に近づいているようだ。当初は半年間のレンタル移籍のみのオファーだったが、移籍金を得たいローマは買い取りオプションの付随を望んでいるという。バレンシアがこの条件を受諾さえすれば、交渉の成立は近いようだ。 2022.01.18 17:59 Tue
twitterfacebook
thumb

「1-1で終わっていたかも…」4試合ぶり白星のローマ、モウリーニョ監督は安堵

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、カリアリ戦の勝利に安堵した。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは16日、セリエA第22節でカリアリと対戦した。試合は33分にVARの介入によりPKを獲得すると、キッカーに名乗り出たのは今冬にポルトから加入し、この試合がデビュー戦となったMFセルジオ・オリベイラが難なく右隅に蹴り込んで先制に成功する。 そこからも再三の決定機を得るが、追加点を奪うことはできず。逆に84分には相手FWジョアン・ペドロに決定的なシュートチャンスを与えるも、ここはGKルイ・パトリシオが見事な反応で触り、ボールはクロスバーを叩いた。結局、このまま時計を進めたローマが1-0で勝ち切り、連敗をストップするとともに4試合ぶりとなる白星を手にした。 試合後、モウリーニョ監督は追加点を奪えるシーンが何回もあったと振り返りつつも、最少得点差での勝利に安堵した。 「明らかにこの勝利は重要なことだ。静かな試合だった。後半にすぐ得点して、2点、3点、4点と追加点を奪えたかもしれない。完全に試合をコントロールしていた。そして、1-1で終わっていた可能性もあった。ルイ・パトリシオがジョアン・ペドロのシュートをセーブし、ボールはクロスバーの上を通過した。素晴らしいセーブだったと思うが、試合の内容とは全くかけ離れたものだった」 「試合は我々が支配していた。支配していたというのは、ボールがあるときもないときも、という意味だ。今日は(ガストン・)ペレイロが加わり、2トップで非常に直接的にゴールに迫ってくる相手に対して、ボールがないときも良いプレーができた」 「支配し続け、大差で勝てたかもしれない試合だったが、逆に1-1で終わっていたかもしれない。だから、常にプレッシャーを感じていた。あれだけ良いプレーをすると、普通監督は心配しないだろうが、私は最後までプレッシャーを感じていた。なぜなら、試合をクローズしないと、ポイントを失う可能性もあるからだ。ルイ・パトリシオのセーブがなければ、我々にもそれが起こっていたかもしれない」 また、デビュー戦で決勝点を挙げたセルジオ・オリベイラについても言及。新戦力のプレースタイルを説明しつつ、さらなる活躍を期待した。 「実を言えば、セルジオ・オリベイラの活躍をもっと求めている。パフォーマンスという点では、彼は29歳の選手で経験があり、その時間帯に自分が何をしなければならないかを知っている選手だ」 「彼はイタリアでいうところのレジスタではなく、(アンドレア・)ピルロでも(ミラレム・)ピャニッチでもない。しかし、我々のチームが本当に必要としている選手だ」 2022.01.17 11:51 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマが2022年初勝利! デビュー戦でPKキッカー指名のセルジオ・オリベイラが決勝点《セリエA》

セリエA第22節、ローマvsカリアリが16日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。 2022年に入ってミラン、ユベントス相手に連敗スタートとなった7位のローマは、降格圏の18位に沈むカリアリをホームに迎えて新年初勝利を目指した。 モウリーニョ監督は3-4で敗れたユベントス戦から先発4人を変更。出場停止のイバニェスとコンディション不良のスモーリングに代えてマンチーニ、クンブラをセンターバックに置き、中盤では出場停止のクリスタンテとベンチのヴェレトゥに代えてポルトからの新戦力のセルジオ・オリベイラ、ザニオーロを起用した。ただ、ウォームアップ中に痛みを訴えたペッレグリーニがプレー不可能となり、急遽ヴェレトゥがスタメンに入り、マンチーニが腕章を巻くことになった。 試合は開始早々にローマにチャンス。4分、セルジオ・オリベイラからのスルーパスに抜け出したザニオーロがボックス内でDFカルボーニと交錯。このプレーでPKが与えられる。だが、オンフィールドレビューの結果、先にカルボーニがボールにアタックしていたとの判定でPKは取り消しに。 以降はボールの主導権を握りながらアフェナ=ギャン、ザニオーロの両翼のスピードを生かしながらカリアリ守備の攻略を図っていく。幾度か惜しいカウンターチャンスを作るが、最後の精度を欠く。 それでも、30分過ぎにはムヒタリアンの中央突破を生かしたカウンターアタックからボックス手前右のセルジオ・オリベイラが強烈なシュートを放つと、これがDFダウベルトの身体から離れていた左腕に直撃。この試合2度目のオンフィールドレビューの結果、今度はPKが与えられた。 ローマにはヴェレトゥというメインキッカーがいたものの、モウリーニョ監督はポルト時代からPKの名手として知られたセルジオ・オリベイラをキッカーに指名。これがデビュー戦の29歳MFは難なく右隅へ蹴り込んでデビュー戦で早速ゴールを決めた。 前半の良い時間帯に先制に成功したローマは、より前に出てきたカリアリの攻撃を受け止めながらムヒタリアンを起点に幾度か鋭いカウンターを発動。快足を飛ばしたアフェナ=ギャンのお膳立てからボックス内のザニオーロに絶好機が訪れたが、ここは相手DFの見事なカバーリングもあって2点リードでハーフタイムを迎えることはできなかった。 後半も試合展開に大きな変化はなし。トップ下で存在感を示すムヒタリアンのチャンスメイクからアフェナ=ギャンに再三のカウンターチャンスが訪れるが、18歳FWは若さ故の判断ミスや自身の驚異的なスピードを御し切れず、ことごとくチャンスをフイにしてしまう。65分にはムヒタリアンの突破からボックス右に抜け出したヴェレトゥにラストパスが出るが、ここはシュートをミートし切れず。 守備の局面ではマンチーニを中心に集中した対応が続く一方、ここ最近の大量失点を考えると、2点目がほしいローマ。74分には右サイドから馬力のある仕掛けでDF2枚を振り切ってボックス内に侵入したザニオーロに絶好機も、利き足とは逆の右足で放ったシュートはわずかに枠の左に外れた。 以降も再三の決定機をモノにできずに最少得点差での痺れる状況が続くローマは、84分に大ピンチが訪れる。右サイドからのグラウンダーのクロスをゴール前に走り込んできたジョアン・ペドロに右足ワンタッチで合わせられるが、ここはGKルイ・パトリシオが見事な反応で触りボールはクロスバーを叩いた。 思わず冷や汗をかいたモウリーニョ監督はザニオーロを下げてサイドバックのカルスドルプを投入し、メイトランド=ナイルズを一列上げる。さらに、試合終了間際にはこれがトップチームデビューとなる17歳のギリシャ人DFケラミツィスをピッチに送り込み、完全に逃げ切り態勢に入った。 そして、このまま時計を進めたローマがウノゼロで勝ち切り、連敗をストップすると共に4戦ぶりとなる2022年初勝利を手にした。 2022.01.17 04:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ加入のメイトランド=ナイルズが意気込む 「ローマで何ができるかということだけに集中」

アーセナルからローマにレンタル移籍で加入したイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズが新天地での意気込みを語った。 ミケル・アルテタ監督の信頼を得られず、アーセナルで燻ぶっていたメイトランド=ナイルズは、出場機会を求めて、今月8日に買い取りオプションが付かないドライローンでローマに半年契約で加入。その翌日にはユベントスとのビッグマッチで早くもスタメンデビューを飾っていた。 慌しい数日間を経て、一区切りを付けた24歳のMFは、13日に行われた加入後初の公式会見の場で新天地での意気込みを改めて語っている。クラブ公式サイトが同選手のコメントを伝えている。 「今は、自分自身とクラブのことだけを考えているよ。自分がここにいる意味を証明し、できる限り高い順位でシーズンを終えたい。そして、チャンピオンズリーグの出場権を獲得したいと思っているよ」 「自分の契約状況や(将来の)居場所にはこだわっていない。自分がどこにいても、今いるクラブで何ができるかということだけに集中しているよ」 また、個人としては右サイドバックで上々のパフォーマンスを見せながらも、後半7分間で3失点を喫した末に3-4で敗れた自身のデビュー戦については、自身を含め「90分を通して集中すること」を課題として挙げた。 「浮き沈みがあるのは、フットボールの一部さ。あの7分間に集中力を欠いたことで、それが敗因となった。だから、もし僕らが考え方を変えて、90分を超えてさらに7分間集中することができれば、多くの試合に勝てるチームになるはずだ。だから、その考え方を変えて、90分を通して集中するチームになりたいと思っている」 また、ローマには同い年で旧知のFWタミー・エイブラハム、DFクリス・スモーリングと2人のイングランド人プレーヤーが在籍している。その同胞との関係と共にセリエAに対する印象についても語っている。 「ここは素晴らしいリーグだと思う。イングランドとはちょっと違っていて、こっちの方がより戦術的で、技術的なんだ。前の試合のように、常にピッチ内で意識的に、集中し続けなければならないんだ」 「タミーはここに来る前からよく知っていたよ。クリスのことはあまり知らなかったけど、ここに来てから親しくなったよ。ピッチ上ではイタリア語を話すことになるけど、最終的にはフットボールを理解することが大事なんだ」 「監督はチーム全体にイタリア語で話しているけど、僕はフットボールを理解しているし、どうプレーすればいいのかも分かっているから、少しは理解できるよ。周囲の人が助けてくれる部分もあるけれど、何を言われているのか、何を求められているのか、十分理解しているんだ」 最後に、自身のプレーヤーとしての長所と課題についても言及。ユーティリティ性への自信を見せつつ、ハイパフォーマンスの継続という部分を課題に挙げている。 「自分には複数の能力があると思っているよ。走れるし、ピッチ上におけるエネルギーもあるし、速くて強いし、技術的な能力も高い。ゲームもよく理解していると思う」 「だから、僕にとっては、毎週10点満点で9点のプレーをするのが当たり前になるように、毎試合それを実践することが大事と思っている。6点、7点という平均的なパフォーマンスではなく、9点、10点というパフォーマンスを毎週発揮することを目指しているよ」 「だから、僕が改善しなければならないのは、自分のパフォーマンスの水準を常に高くすること。そして、(ピッチ上での)すべての行動が明確な意図と目的を持って行われるようにすることだ」 2022.01.14 07:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly