久保欠場のマジョルカ、4部相手に延長戦を制し2回戦進出!《コパ・デル・レイ》

2021.12.02 07:24 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コパ・デル・レイ(国王杯)1回戦がスペイン各地で行われた。久保建英の所属するマジョルカは1日、4部に所属するヒムナスティカ・セゴビアーニャとアウェイで対戦し2-0で勝利した。久保はベンチ入りも出場機会はなかった。

直近のヘタフェ戦で戦列復帰した久保が2試合連続のベンチスタートとなった中、マジョルカは35分にピンチを迎える。スルーパスに抜け出したシマノフスキを飛び出したGKが倒してしまいPKを献上。しかし、パネンカを狙ったシマノフスキのPKをGKグライフがキャッチし、難を逃れた。

ゴールレスで迎えた後半、マジョルカはにセットプレーから決定機を作る。58分、右サイドで獲得したFKからオリバンがクロスを供給するとゴール前に抜け出したガヤが左足で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。

さらにマジョルカは66分、相手のバックパスをカットしたアンヘルが飛び出したGKをかわしてボックス左深くまで侵攻。クロスを供給するとボックス走り込んだムブラがダイレクトで合わせたが、これは相手GKのファインセーブに阻まれた。

終盤にかけてはややオープンな展開となったが、互いにネットを揺らすことはできず。0-0のまま90分が終了し試合は延長戦に突入。

すると、延長前半にマジョルカがスコアが動く。94分、バイタルエリア中央左寄りの位置でボールを受けたガラッレタがゴール前にふわりと浮かせたパスを送ると、抜け出したアンヘルが頭で合わせると、飛び出したGKの脇を抜けゴールネットを揺らした。

その後、両チーム1人ずつ退場者を出す荒れた展開となったが、マジョルカは109分にもギジェルモ・ロドリゲスのパスでボックス左に抜け出したオリバンの折り返しからアンヘルがシュートを流し込み、試合を決定づける2点目を奪った。

結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。マジョルカが2回戦進出を決めた。

◆コパ・デル・レイ1回戦 結果
▽12/1(水)
メンサヘロ(4) 0-1 サラゴサ(2)
ベルガンティニョス(4) 2-0 トゥデラノ(3)
ソラレス(4) 2-3 エスパニョール
コルドバ(6) 0-1 セビージャ
ヒムナスティカ・セゴビアーニャ(4) 0-2 マジョルカ
ブレア(4) 0-2 イビサ(2)
アルヘシラス(3) 1-2 ウニオニスタス(3)
アルジーラ(4) 0-1 フエンラブラダ(2)
サン・フアン(4) 1-2 サンセ(3)
アンドラッチ(4) 2-1 オビエド(2)
マンチャ・レアル(4) 2-1 DUXインテルナシオナル(3)
ムルシア(3) 3-4 デポルティーボ(3)
タラベラ(3) 2-0 コルネジャ(3)
カセレーニョ(4) 1-2 ポンフェッラディーナ(2)
エウロパ(4) 0-1 アモレビエタ(2)
アレンテイロ(4) 2-1 ログロニェス(3)
カラオラ(3) 1-1(PK:4-5) アトレチコ・バレアレス(3)
エストレマドゥーラ(3) 1-4 サモラ(3)
リナレス(3) 0-0(PK:6-5) ヒムナスティック・タラゴナ(3)
サンフェルナンド(3) 2-3 レオネサ(3)
アリカンテ(6) 0-4 ベティス
パナデリア・プリド(4) 0-4 ソシエダ
サン・ロケ・デ・レペ(4) 0-3 ミランデス(2)

▽12/2(木)
メリリャ(6) vs レバンテ
サン・アグスティン(6) vs オサスナ
ギフエロ(5) vs ラージョ・バジェカーノ
ゲルニカ(4) vs エイバル(2)
ウトリリャス(6) vs バレンシア
ペーニャ・スポルト(4) vs マラガ(2)
レイオア(4) vs エルチェ
カルボ・ソテロ(4) vs ジローナ(2)
ベレス(4) vs ラス・パルマス(2)
クリスト・アトレチコ(4) vs レアル・ウニオン(3)
アトレチコ・プルピレニョ(4) vs カステリョン(3)
リャネラ(4) vs ログロニェス(3)
ウニオン・アダルヴェ(4) vs ルーゴ(2)
エルデンセ(4) vs ラージョ・マハダオンダ(3)
ヘレス(4) vs レガネス(2)
ビラ・デ・フォルトゥナ(6) vs カディス
イビサ(4) vs テネリフェ(2)

▽11/30(火)
カヨン(4) 0-2 ウエスカ(2)
マルチャマロ(4) 0-1 バジャドリー(2)
ナシャラ(4) 0-1 アンドラ(3)
ビトリア(6) 0-8 ビジャレアル
ラグーナ(6) 0-7 グラナダ
ウナミ(6) 0-3 アラベス
テルエル(4) 0-1 アルコルコン(2)
セアレス(4) 0-1 スポルティング・ヒホン(2)
ラシン・リオハ(4) 0-2 カルタヘナ(2)
アトレティコ・サンルケーニョ(3) 2-0 サバデル(3)
モリェルッサ(6) 1-5 ヘタフェ
エブロ(4) 0-5 セルタ
モンティホ(4) 0-1 ブルゴス(2)
アギラス(4) 1-1(PK:3-5) アルメリア(2)
アルバセテ(3) 2-1 ラシン・フェロル(3)
バダホス(3) 0-3 アルコヤーノ(3)

※数字は所属リーグ

関連ニュース
thumb

アスレティックがバルサとの激戦制して8強入り マルセリーノ「魔法がかった夜」

アスレティック・ビルバオの監督がマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が歓喜した。 コパ・デル・レイ4回戦でバルセロナと対戦したアスレティックは開始2分にFWイケル・ムニアインのゴールで幸先よく先制したが、20分にFWフェラン・トーレスがバルセロナ移籍後初ゴール。86分に勝ち越してから後半アディショナルタイムにまたしても追いつかれたが、延長前半にムニアインがネットを揺らして、ベスト8に駒を進めた。 アスレティックの公式サイトによると、バルセロナとの120分にわたる激戦を制して、8強入りのマルセリーノ監督も試合後、喜びの感情を露わにした。 「サン・マメスでコパに臨む夜はいつだって特別だが、今夜は魔法がかったものだった」 「生きている限り、忘れることなどないだろうね。我々は素晴らしい相手に対して、試合のほとんどで優れていた」 MFペドリの後半アディショナルタイム弾にも下を向かず、諦めない姿勢が結実したマルセリーノ監督はまた、妥当な結果だとも主張している。 「開始早々にゴールを奪ってから追いつかれたが、自分たちに疑いなどなかった。ハーフタイムをリードして迎えるべきだったとも思う」 「そこから再びリードして、勝利まであと一歩のところで延長戦に持ち込まれたが、我々は立ち直った」 「ポゼッションを除くすべてのスタッツをみれば、我々の方が優れ、勝利に値したのを物語っている」 2022.01.21 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

120分の激闘でバルセロナを下したビルバオが昨季決勝のリベンジ達成!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ4回戦のアスレティックビルバオvsバルセロナが20日に行われ、延長戦の末に3-2で勝利したビルバオが準々決勝進出を決めた。 3回戦で3部に所属するリナレスに逆転勝利したバルセロナは、12日にサウジアラビアで行われたスーペル・コパ準決勝のレアル・マドリー戦から先発を3人変更。延長拒否で招集外となったデンベレやF・デ・ヨング、L・デ・ヨングに替えてアブデ、ジュグラ、ペドリが起用された。 同じくサウジアラビアでのスーペル・コパに参戦したビルバオは、16日に行われた決勝のレアル・マドリー戦から先発を6人変更。イニャキ・ウィリアムズやベレンゲル、バレンシアガらに替えてラウール・ガルシア、ニコ・ウィリアムズ、ユーリらを先発で起用した。 前大会の決勝戦と同一カードとなった一戦は、早い時間にスコアが動く。ビルバオは2分、ダニ・ガルシアのスルーパスでボックス右まで駆け上がったニコ・ウィリアムズの折り返しをボックス左で拾ったムニアインが角度のないところから技ありのシュートをゴール右に突き刺した。 先制を許したバルセロナは20分、敵陣で細かくパスをつなぐと、ボックス左でパスを受けたフェラン・トーレスがカットインからコントロールショットでゴールネットを揺らした。 追いつかれたビルバオは、28分に右サイドでボールを受けたニコ・ウィリアムズがドリブルでボックス右から侵入しクロスを供給。これを走りこんだムニアインが頭で合わせたが、ボールはわずかに枠の上に外れた。 さらにビルバオは44分、ダニエウ・アウベスのパスミスをカットしたベスガがワンタッチでつなぐと、ボックス左のラウール・ガルシアが折り返しからサンセトがダイレクトシュートを狙ったが、これはピケのスライディングブロックに阻まれた。 1-1で迎えた後半、バルセロナはアブデを下げてニコ・ゴンザレスを投入。対するビルバオは52分、プレー中に左ヒザを負傷したサンセトがプレー続行不可能となり、イニャキ・ウィリアムズが投入された。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ビルバオは86分に左サイドでFKを獲得すると、ムニアインが供給したクロスをゴールエリア右に抜け出したベレンゲルがヘディングシュート。これは相手GKが弾かれたが、こぼれ球を最後はイニゴ・マルティネスが泥臭く押し込んだ。 このまま延長戦突入かと思われたが、バルセロナは後半アディショナルタイムに追いつく。94分、左クロスのクリアボールに反応したダニエウ・アウベスがボックス右からオーバヘッドを狙うと、蹴り損なったボールをボックス中央に走りこんだペドリがダイレクトシュート。これがゴール左に突き刺さった。 劇的弾で振り出しに戻った試合はそのまま延長戦に突入。延長前半も膠着状態が続いたが、ビルバオは延長前半終了間際に勝ち越しに成功する。104分、ニコ・ウィリアムズの右クロスがボックス内のジョルディ・アルバの手に当たると、VARの末にPKを獲得。これをムニアインがゴール左隅に決めた。 結局、これが決勝点となり、3-2でタイムアップ。ビルバオがバルセロナを下し準々決勝へ駒を進めた。 2022.01.21 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アザールの今季初ゴールが劇的決勝点に! 数的不利、ビハインド撥ね返したマドリーが120分の激闘制す《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ4回戦、エルチェvsレアル・マドリーが20日にエスタディオ・マヌエル・マルティネス・バレーロで行われ、延長戦の末に1-2で逆転勝利したマドリーが準々決勝進出を決めた。 先週末に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャを制し、アンチェロッティ新体制での初タイトルを手にしたマドリー。今季初の歓喜を味わったサウジアラビアから凱旋したチームは、今季の2戦目でプリメーラ勢のエルチェと対戦した。 スーペル・コパ決勝からは先発6人を変更。出場停止のミリトンに加え、守護神クルトワ、ベンゼマに完全休養が与えられ、控えGKルニン、ヨビッチ、ナチョ、カマヴィンガ、マルセロらが起用された。 立ち上がりから主導権を握るマドリーだったが、一瞬の隙を突かれて大ピンチを迎える。10分、マルセロがホサンに背後を取られてボックス右への侵入を許すと、ホサンの高速の折り返しをゴール至近距離のカリージョにワンタッチで合せられるが、これはクロスバーを直撃。相手のシュートミスに救われた。 このピンチ以降は再びボールを握って相手陣内でプレーを続けるマドリーだが、ベンゼマやモドリッチらの不在の影響もあり、やや単調な攻撃は相手に危なげなく対応される。逆に、幾度かカウンターの形からエルチェにフィニッシュまで持ち込まれてしまう。 その後、前半終盤にかけてはマルセロが高い位置を取った左サイドを起点に幾度か質の高い崩しをみせ、カマヴィンガやヨビッチがフィニッシュまで持っていくが、前半の内に先制点を奪うまでには至らなかった。 後半も相手を押し込むマドリーは、前半に引き続きヴィニシウスの個人技などで崩しを図るが、相手の粘りの守備を前にフィニッシュの数が増えていかない。 そして、試合は徐々に膠着状態に陥った。この状況に痺れを切らしたイタリア人指揮官は、70分過ぎにバルベルデ、カマヴィンガを下げてカゼミロ、モドリッチを同時投入。クロースと共に“黄金の中盤”を形成し、流れを好転させようとする。77分にはそのカゼミロが早速鋭いミドルシュートで相手GKを脅かす。 その後、ヨビッチを諦めてイスコを投入し、攻撃のアプローチに変化を加えたマドリーは後半終盤にかけて相手陣内でハーフコートゲームを展開したが、最後まで決め手を90分で試合を決めることはできなかった。 延長戦に入ったマドリーはクロース、ロドリゴを下げてセバージョス、アザールを同時投入。引き続き押し気味に試合を進めていくが、まさかのアクシデントが発生。102分、相手のロングカウンターを受けた場面でボックス付近に抜け出したテテ・モレンテをマルセロが後ろから倒してしまい、決定機阻止での一発退場に。さらに、このファウルで与えたFKの場面でキッカーのベルドゥが直接狙ったシュートが壁に当たって再び足元にこぼれると、2度目のシュートが壁に入っていたセバージョスの足に当たって大きくコースが変わり、ゴール右隅へ決まった。 数的不利に加えて、ビハインドまで背負う絶体絶命の状況に陥ったマドリーだったが、途中出場でフレッシュな2選手がチームを救う。延長後半立ち上がりの108分に押し込んだ流れからセバージョスの左足のシュートをゴール前のイスコが絶妙なワンタッチでコースを変えてゴールネットを揺らした。 同点に追いついたことで完全に息を吹き返したマドリーは、1人少ないことを感じさせない戦いぶりで逆転ゴールに迫っていく。すると、スーペル・コパ表彰式での振る舞いが物議を醸していた背番号7が大仕事を果たす。115分、ハーフウェイライン付近の左サイドでアラバが背後へ入れたスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したアザールが飛び出したGKを冷静に左へかわすと、コースは厳しかったものの無人のゴールへシュートを流し込み、今季初ゴールとなる値千金の逆転ゴールとした。 その後、ヴィニシウスを下げてメンディを投入し、逃げ切り態勢に入ったマドリーは試合終了間際にフィデルにゴールネットを揺らされたが、その前に相手のファウルがあったとの判定で事なきを得る。 そして、イスコ、アザールと去就が不透明な伏兵の活躍によって数的不利、ビハインドを撥ね返したマドリーが苦しみながらもベスト8進出を決めた。 2022.01.21 05:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ソシエダがアトレティコに完勝で準々決勝進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ4回戦、レアル・ソシエダvsアトレティコ・マドリーが19日にアノエタで行われ、2-0で勝利したソシエダが準々決勝進出を決めた。 スーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝でアスレティック・ビルバオに敗れ、失意の中での帰国となったアトレティコは、公式戦3試合ぶりの白星を目指し、難敵ソシエダと激突した。 アスレティック戦からは先発4人を変更。出場停止のヒメネス、コンドグビア、レマル、マルコス・ジョレンテに代えてレナン・ロージ、エクトル・エレーラ、デ・パウルを起用。前線にアンヘル・コレア、フェリックス、カラスコを並べた[4-3-3]を採用した。 試合はコンディションで勝るホームのソシエダがアグレッシブな入りを見せる。ボールを握って相手を押し込んでいく中、エルストンドやヤヌザイにボックス内で続けてシュートチャンスが訪れる。 一方、序盤のピンチを凌いだアトレティコは14分にビッグチャンス。カウンターから裏へ抜け出したカラスコがボックス右で粘りの仕掛けから右足を振り抜くが、これは惜しくも右ポストを叩いた。 この決定機をきっかけにイーブンな展開に戻したアトレティコだが、以降はなかなか決定機まで持ち込めない。 すると33分、よりよい形の仕掛けを見せていたソシエダが先制に成功する。中央での細かい繋ぎから右サイド深くに抜け出したサルドゥアにボールが渡ると、滞空時間の長いクロスをファーで競り勝ったヤヌザイがヘディングシュート。GKオブラクが触ったボールが右ポストを叩いてゴールネットに吸い込まれた。 敵地で先行を許す厳しい展開となったアトレティコはここから反撃を開始。コケやコレアが幾度か良い形でボックス内へ抜け出す形を作り出したが、最後の場面で粘る相手守備を崩し切ることはできなかった。 逆転を期して後半に臨んだアトレティコだが、ミスから出ばなをくじかれる。47分、最終ラインでボールを持ったフェリペがオヤルサバルとセルロートに囲まれて痛恨のボールロスト。そのままフリーでボックス内まで持ち込んだセルロートに難なくオブラクとの一対一を制され、瞬く間に追加点を献上した。 この2失点目を受け、シメオネ監督はコレア、コケ、ロージを下げてルイス・スアレス、クーニャ、レマルを投入する3枚替えを敢行。 ここから攻勢を強めていくが、2点リードで余裕を持った対応を見せるホームチームの堅守を前にゴールが遠い。逆に、幾度か相手に引っくり返されて与えたカウンターチャンスをGKオブラクのビッグセーブで辛くも凌ぐ、苦しい展開が続く。 その後、敗色濃厚のムードの中で78分にはカラスコとデ・パウルを下げてセラーノ、マルティンと2人のカンテラーノを投入し、若き力による攻撃の活性化を期待したが、このままソシエダにうまく試合をクローズされた。 この結果、ホームで快勝のソシエダが準々決勝進出を決定。一方、数日間で2つのコンペティション敗退のアトレティコは2022年も苦境が続く。 2022.01.20 07:01 Thu
twitterfacebook
thumb

2日間に渡るダービー制したベティスが8強進出! 相手サポ愚行でジョルダン負傷のセビージャは勇敢に戦うも敗退…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ4回戦、ベティスとセビージャによるセビージャ・ダービーが16日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、2-1で逆転勝利したベティスが準々決勝進出を果たした。 リーグ戦で3位に付けるベティスと、2位のセビージャによる、コパ8強進出を懸けた今季2度目のダービー。 敗れたラ・リーガの前回対戦からのリベンジを狙うホームのベティスは、直近のリーグ戦から先発2人の変更に留め、カナレスやフェキル、ギド・ロドリゲス、フアンミら主力を起用した。 一方、ダービー連勝を狙うセビージャだが、アフリカ・ネーションズカップ参戦中の守護神ブヌやエン=ネシリ、ムニルに加え、フェルナンド、セカンドGKドミトロビッチが直前のケガで欠場となり、この試合では若手GKアルフォンソ・パストール、グデリ、レキクらを代役に起用。その一方で、ポルトから加入したヘスス・コロナが早速ベンチ入りを果たした。 ホームで敗れた前回対戦のリベンジを期すベティスが押し込む入りを見せると、開始9分にセットプレーから続けてチャンスが訪れる。左CKの場面でキッカーのフェキルが左足アウトスウィングのクロスを入れると、競り勝ったペッセーラがドンピシャのヘディングシュート。だが、これは惜しくも右ポストを叩く。さらに、このこぼれに反応したエドガル・ゴンサレスが豪快なオーバーヘッドシュートを放つが、DFグデリの頭に当たったボールはわずかにクロスバーの上を越えた。 開始早々の先制点とはならなかったが、以降も球際の勝負で上回るホームチームが優勢に試合を進め、ギド・ロドリゲスの強烈なミドルシュートなどで相手ゴールに迫る。 だが、前回対戦同様に勝負所を見極めるアウェイのセビージャがワンチャンスを生かして先制点を奪った。35分、相手陣内右サイドでのスローインの流れからオリベル・トーレスが一度ボールを失うもアレックス・モレノから奪い返し、深い位置からマイナスの折り返しを供給。これをペナルティアーク付近に走り込んだパプ・ゴメスが見事な右足のダイレクトシュートでゴール右下隅へ突き刺した。 良い流れを生かせずにビハインドを背負ったベティスだが、すぐさま追いつく。39分、右CKの場面でキッカーのフェキルが左足インスウィングのボールで直接ゴールを狙うと、ダービー初出場で若さが出たか、前目のポジションを取っていたGKパストールの頭上を越えたボールがそのままファーポストに決まった。 すぐさま1-1のイーブンに戻った試合はここから更なるエキサイティングな攻防を期待させたが、フェキルのゴール直後にベティスゴール裏の不届きなサポーターによる愚行が試合に水を差す。ゴール裏から投擲されたプラスチック製と思われる筒がセビージャMFジョルダンの頭部に直撃。これを間近で確認していた主審が安全面を危惧し、試合の一時中断を宣告。両チームの選手たちを一旦ベンチやロッカールームに引き上げさせると共に、ゴール裏の警備を増員させた。 その後、スペインサッカー連盟(RFEF)や両クラブは同日中の再開を目指したが、安全面の確保が困難との判断で翌日に無観客開催の形での試合再開を決断した。 1-1のイーブンでの仕切り直しでの開催となった試合は、ベティスが負傷のベジェリンに代えてサバリを起用し、セビージャは前日の事件の被害者で頭部に外傷を負ったジョルダンがメンバー外となったことからグデリと共にクンデとアクーニャに入れ替え、並びを[5-3-2]の形で再スタートした。 前日の熱狂の雰囲気から打って変わって無観客での16時開催となった試合は、ややベティスが優勢に試合を運んだものの、アディショナルタイムを含めた10分強の前半は1-1のイーブンのまま終了した。 後半は一進一退の攻防が続く中、前日の試合と同様にベティスがより効果的な攻めでフィニッシュの数を増やしていく。すると73分、ウィルアム・カルヴァーリョからの浮き球のフィードに反応したカナレスがボックス右に侵入。左足を振り抜くと、GKパストールの手を弾いたボールがゴールネットを揺らした。 ついに逆転を許したセビージャはすでに投入していたヘスス・コロナに続き、レキク、モンティエルとDFを削ってイバン・ロメロ、サルサナとカンテラーノを続けてピッチへ投入。ここからリスクを冒して攻めに出る。 試合終盤の88分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのアクーニャの正確なクロスをファーで競り勝ったクンデが頭で合わすが、このシュートは惜しくもクロスバーを叩いた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、2日間に渡った異例のダービーを制したベティスが2-1の逆転勝利で準々決勝進出を決めた。一方、ジョルダンの投擲被害やRFEFの非情な翌日再開という決断という逆境に晒された中、最後まで勇敢に戦ったセビージャだが、無念の敗退となった。 また、4回戦のその他の試合ではラージョ・バジェカーノがジローナ(2部)に2-1、バレンシアがアトレティコ・バレアレス(3部)に1-0のスコアで順当に勝利。その一方、カディスはスポルティング・ヒホン(2部)相手に0-0のスコアで120分の戦いを終えたものの、PK戦を4-2で制し、プリメーラ勢の意地を見せてベスト8進出を果たしている。 2022.01.17 01:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly