「一体何をしているんだ?」レジェンドも呆れる愚行、最下位なのに開始10分で一発退場に「狂気だ」

2021.12.01 22:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クラブのレジェンドも流石に苦言を呈さざるを得なかった。

問題が起きたのは30日に行われたプレミアリーグ第14節のニューカッスルvsノリッジの一戦だった。

未勝利で最下位のニューカッスルと、19位のノリッジの対決。ボトム2の最下位を争う対決は、1-1のドローに終わっていた。

問題のシーンは前半10分に訪れた。0-0で迎えた中、ノリッジがスローインからボールを繋ぐと、フィンランド代表FWテーム・プッキばドリブルで持ち出し、GKと一対一の局面を迎えようとしていた。

すると、ニューカッスルのDFシアラン・クラークがプッキの手を掴み倒すと、これはDOGSOを取られ、主審も迷わずレッドカードを提示していた。

今季初勝利を懸けた戦い、さらに勝ち点差3の下位同士の対決とあって、とても重要な一戦だったが、たった10分で数的不利に陥らせてしまったクラーク。ニューカッスルのレジェンドとして知られる元イングランド代表FWアラン・シアラー氏は、『アマゾン・プライム』の中継でコメンタリーを務めていたが、あり得ないファウルに呆れた様子を隠さなかった。

「一体何をしているんだ? 我々は個人のミスについて話している」

「最初にプッキにボールを渡したところだが、まだ試合の序盤だから放っておけば良い。もし彼が得点したとしても、まだ挽回のチャンスはある。あの時、シアラン・クラークがテーム・プッキを引き倒したのは、とても愚かな判断だった」

「これが最初のミスだ。彼は一体何をしているのだ? 彼が行かなければいけなかったのならだ、行かせてあげれば良い」

「1-0から11人で立ち直る時が来た。主審は選択の余地がなく、絶対に正しい判断だった。狂気だ」

このプレーには、元ニューカッスルのFWレス・ファーディナンド氏も「狂ったような反応だった」と酷評。誰が見ても明らかな愚かなファウルだった。




1 2

関連ニュース
thumb

ニューカッスル行き濃厚のブルーノ・ギマランイス、代表招集中のブラジルでメディカルチェックへ

ニューカッスルは、リヨンのブラジル代表MFブルーノ・ギマランイス(24)の加入が迫っているようだ。イギリス『アスレティック』が報じている。 昨年10月にサウジアラビアの公的投資基金であるPIFに買収されたニューカッスル。一気に莫大な資金を手にし、今後のクラブ改革に耳目が集まる中、今冬の移籍市場ではDFキーラン・トリッピアーとFWクリス・ウッドを獲得している。 まだまだ補強の噂は絶えないが、3人目の新戦力として加入濃厚なのがブルーノ・ギマランイスだ。2020年1月に2000万ユーロでアトレチコ・パラナエンセから加入すると、すぐにレギュラーを確保。新型コロナウイルスの影響で中止となった2019-20シーズンを経て、本格的始動となった昨季はリーグ戦33試合3ゴールの活躍を披露した。 今季もここまでリーグ戦20試合に出場し4アシストの成績を残していた中、ニューカッスルとの交渉が進展。すでにクラブ間合意に至っているとのことで、選手はメディカルチェックに臨む予定となっているようだ。 なお、同選手は現在ブラジル代表に招集されているめ、メディカルチェックはブラジルで行われる模様。イギリス『ガーディアン』によれば、ニューカッスルは4000万ユーロ(約51億4000万円)のオファーを出していたようだ。 2022.01.26 21:06 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャ、ジエゴ・カルロスの今冬キープを決断…ニューカッスルは諦めずか

セビージャがブラジル代表DFジエゴ・カルロス(28)のキープを決断したようだ。 今季のラ・リーガでここまで首位のレアル・マドリーに次ぐ2位につけるセビージャ。ジエゴ・カルロスはセンターバック陣の主軸として欠かせぬ存在だが、移籍の噂が取り沙汰されている。 そんなジエゴ・カルロスに目を光らせてるのがサウジアラビア資本の買収で今後が注目され、今冬の移籍市場ですでにいくつかの新戦力獲得に成功しているニューカッスル・ユナイテッドだ。 プレミアリーグワースト2位の43失点を喫する守りの再建が急務のニューカッスルはクラブ間に先んじて、移籍の意向を示すジエゴ・カルロスと5年契約で個人合意に達したしたといわれる。 だが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏の続報によれば、ニューカッスルとの長きにわたる交渉で2度の入札を拒否したセビージャの首脳陣は今冬に売らない方針を固めたという。 なお、ジエゴ・カルロスの現行契約は2024年6月まで。ロマーノ氏によると、ニューカッスルは諦めていないともいわれるが、果たして。 2022.01.26 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

今冬に積極的な動きを見せるニューカッスル、リヨンのブラジル代表MFにオファーか

ニューカッスルがリヨンのブラジル代表MFブルーノ・ギマランイス(24)の獲得に動いているようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 B・ギマランイスは2020年1月に2000万ユーロ(現レートで約25億7000万円)の移籍金でブラジルのアトレチコ・パラナエンセからリヨンへ加入。チームで主軸の座を確保すると、これまで公式戦通算71試合に出場して3ゴール8アシストの成績を残している。 昨夏には東京五輪にブラジル代表として参加し、金メダル獲得に貢献したB・ギマランイスは今季のここまで公式戦25試合に出場。6アシストを記録する活躍を見せているが、チームは現在、リーグ・アン11位と低迷している。 そんなB・ギマランイスに対してはアーセナルやユベントスなど多くのビッグクラブが獲得に関心を示しているが、サウジアラビア政府系の投資ファンドに買収され、莫大な資金を得たニューカッスルが交渉に動いているようだ。 『ガーディアン』によると、中盤でプレーするFWジョエリントンらに負傷が相次ぐニューカッスルはすでに4000万ユーロ(約51億4000万円)のオファーを打診。リヨンからの返答を待っているという。 リヨンにとってB・ギマランイスは重要な戦力であるものの、現状では来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できるリーグ3位以内が難しいため、売却を決断する可能性もある。 2022.01.26 11:37 Wed
twitterfacebook
thumb

後半戦突入のプレミア、ファーディナンド氏が降格候補を予想「ニューカッスルは抜け出すと思うが…」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が、今季プレミアリーグから降格するクラブを予想している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 プレミアリーグは新型コロナウイルスの感染拡大による試合延期が相次いだ影響で、各クラブの消化試合に差があるものの、現時点でいまだ勝ち点20に達していない16位エバートン(勝ち点19)、17位ノリッジ(勝ち点16)、18位ニューカッスル(勝ち点15)、19位ワトフォード(勝ち点14)、20位バーンリー(勝ち点12)は、残留争いに巻き込まれることが濃厚になっている。 ファーディナンド氏は自身のYouTubeチャンネル『Vibe with Five』で、今季降格する3クラブはこの5チームのいずれかになるだろうと予測。そのうえで、サウジアラビア政府系の投資ファンドに買収されたニューカッスルは残留するだろうとし、ノリッジ、ワトフォード、バーンリーの降格を予想した。 「ニューカッスルは残留して夏に大きな仕事をすると思う。彼らは大金を手にした他のチームと比べても、より綿密で戦略的だ。あまりガツガツとはしていないように見える」 「ノリッジがリーグで連勝する前、私は彼らが降格するのはほぼ確実だろうと考えていた。その後、彼らは突如として存在感を示したが、このインターナショナルマッチウィークによる中断で勢いを失うだろう」 「今のところ下位5チームとそれ以外では大きく差があると思う。私はバーンリー、ワトフォード、そしてノリッジが降格に巻き込まれると思っているよ」 「ニューカッスルは残留争いから抜け出すはずだ。この移籍市場でもう1人か2人、インパクトのある選手が加わるだろうしね」 2022.01.25 15:18 Tue
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・カルロスのニューカッスル行きがさらに近づく! 5年契約で個人間合意

ニューカッスルが、セビージャのブラジル代表DFジエゴ・カルロス(28)と移籍に関する個人間合意に達したようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。 新オーナーの莫大な資金力の下、チーム強化を押し進めるニューカッスル。今冬の移籍市場ではすでにイングランド代表DFキーラン・トリッピアーとニュージーランド代表FWクリス・ウッドを獲得している。 それでも、まだまだ補強の噂が絶えず、今度はジエゴ・カルロス獲得の噂が浮上。イギリス『デイリー・メール』は、ニューカッスルが3000万ポンド(約47億円)のオファーを出したと伝えている。 その中でファブリツィオ・ロマーノ氏は、移籍に熱心と言われる28歳と個人間で5年契約で合意に達したと報道。現行契約は2024年6月まで残っているが、セビージャにとって慰留は困難を極めるかもしれない。 2019年夏にナントから加入したジエゴ・カルロスは、初年度からリーグ戦35試合に出場するなど主力として活躍。2020年にはブラジル代表に初招集され、ビッグクラブの関心を集めるようになった。 今季もここまで好調のチームを支える中心選手として公式戦28試合に出場しているが、セビージャではセンターバックでコンビを組むフランス代表DFジュール・クンデも、長らくチェルシーとの交渉が続いている。 2022.01.19 17:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly