2発ジョタをクロップ賛辞 「リバプールの選手に必要なものがすべてある」

2021.11.28 09:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのユルゲン・クロップ監督が27日に本拠地で行われたプレミアリーグ第13節のサウサンプトン戦を振り返っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

首位のチェルシーを追いかける3位のリバプール。チャンピオンズリーグ(CL)での戦いを挟み、迎えた13位のサウサンプトン戦も攻守ともにしっかり噛み合い、4-0の快勝で飾った。

クロップ監督は試合後、「ゲームは完全に我々の流れだった。かなりコントロールしたよね」と満足げな様子で語った。

「試合が終わってから選手に言ったが、4-0という結果に何の不満があるというんだ? もっとうまくやれるし、そうしなければならないがね。(アリソンの)セーブも見事なものだったが、多くのことが本当に良かった」

「今日は本当に良いフットボールを披露する瞬間がたくさんあり、観客も楽しんでくれたと思っている。今日は寒かったし、少しでも暖かさを感じてもらえたら良いね!」

また、2ゴールのポルトガル代表FWジオゴ・ジョタにも「図抜けた選手、図抜けた青年だ」と評して、賛辞を続けた。

「彼はリバプールの選手として必要なものをすべて持っているし、完璧な契約だったと思う。技術的にも、身体的にもスキルに優れ、非常に賢く、戦術理解も早い。それに、あらゆるポジションをこなすこともできる。助かるね」

関連ニュース
thumb

今夏にリバプール退任の敏腕SD、フロント再編中のユナイテッドとチェルシーが招へい検討か

リバプールのスポーツ・ディレクター(SD)を今季限りで退任するマイケル・エドワーズ氏に対して、複数クラブが関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2011年にアナリティクス部門の責任者としてリバプールに加入したエドワーズ氏は、その後テクニカル・パフォーマンス・ディレクター、テクニカル・ディレクターを経て、2016年からSDに就任。FWサディオ・マネ、FWモハメド・サラー、DFアンドリュー・ロバートソン、DFヴィルヒル・ファン・ダイク、GKアリソン・ベッカー、MFファビーニョら後に不動の主軸となる選手たちの獲得を主導しており、ユルゲン・クロップ監督のチームを陰から支え続けた。 リバプールとの契約は今夏までとなっていたことから、クラブ側は残留を希望したものの、エドワーズ氏本人が新たな挑戦を求めたことから退任が決定。すでにジュリアン・ウォード氏が内部昇格という形で、選手獲得などを進めている。 そんなエドワーズ氏の招へいに関心を示しているのが、リバプールのライバルでもあるマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーだ。 ユナイテッドは最高経営責任者(CEO)と副社長を務めてきたエド・ウッドワード氏が今冬に退任。スカウト部門の責任者も去るなど新体制を構築中だが、2021年11月に同クラブの指揮官に就任し、今夏からコンサルタントとして携わる予定だったラルフ・ラングニック監督が一転して退任。新CEOであるリチャード・アーノルド氏は、優れたディレクターの招へいを模索している。 同様に、オーナーのロマン・アブラモビッチ氏がクラブを売却したチェルシーもフロントの再編成が行われており、これまで数多くの選手補強に携わってきたディレクターのマリナ・グラノフスカイア氏が退陣。新たにオーナーとなったトッド・ベーリー氏は優れたSDを据えたいと考えており、エドワーズ氏は複数いる候補の一人のようだ。 そのほか、エドワーズ氏にはアヤックスも関心を示しているとされており、リバプール復活に大きく寄与した敏腕SDの去就が注目されている。 2022.06.23 17:55 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコが南野拓実の獲得に動けた理由は? 野心的なSDによる計算された補強に

リバプールの日本代表MF南野拓実(27)の獲得に関してクラブ間合意に至ったとされるモナコ。スポーツ・ディレクター(SD)のポール・ミッチェル氏の戦略勝ちだったようだ。フランス『レキップ』が伝えた。 2020年1月にザルツブルクからリバプールへと加入した南野。2年半在籍し、チームはプレミアリーグやFAカップ、EFLカップ(カラバオカップ)で優勝。今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)で決勝まで駒を進めるなど、結果を残していた一方で、公式戦通算53試合で14ゴール3アシストに終わっていた。 特に今シーズンは優勝を果たした2つのカップ戦で目覚ましい活躍を見せたものの、決勝の舞台にはどちらも立てず。タイトルが懸かった試合で必要とされていないことで、チーム内での立場が浮き彫りとなっていた。 本人も「僕が出る試合は誰も興味のない試合が多かったので、結果を残しても反響があるわけではない」とコメント。重要な試合での出番がないことに触れ「悔しさをモチベーションというか、怒りのモチベーションというか、常にそういう気持ちでした」と、置かれた立場に苛立ちもあったことを口にしていた。 その南野にはミッチェル氏が目をつけており、来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)を戦うチームにおいて経験者を手にしたい状況。「攻撃的でありたい、しかし戦略的に」と補強の方針を口にしていたが、その中でザルツブルク時代から気にかけていた南野の獲得に手を挙げたようだ。 リバプールとは基本移籍金1500万ユーロ(約21億5000万円)で合意に至ったとされ、5回の分割払いで支払われるとのこと。ミッチェル氏は「非常に興味深いプロフィールを持つ選手を採用するには、才能に見合ったとても大きなオファーが必要だ」と語っており、南野への期待も高いことが窺える。 モナコは、今夏レアル・マドリーへ移籍したフランス代表MFオーレリアン・チュアメニのおかげで8000万ユーロ(約114億8500万円)、またパリ・サンジェルマン(PSG)とフランス代表FWキリアン・ムバッペが契約を延長したことで3500万ユーロ(約50億2500万円)を手にすることとなり、資金面は全く問題ない状況。SDが自信を見せ、南野の移籍金を支払える理由もここにあったようだ。 2022.06.23 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍のマネにクロップ「今日に最もふさわしい3単語は最も言いづらい言葉。Will miss youだ」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がセネガル代表FWサディオ・マネのバイエルン移籍にリアクションした。 2016年夏にサウサンプトンから加入したマネ。公式戦通算269試合で120得点48アシストの数字を誇り、チャンピオンズリーグにプレミアリーグと数々のタイトルにも寄与した。 2018-19シーズンから背負う10番の姿もサポーターの間で完全に定着したが、契約を来季まで残すなか、今夏の退団願望が明るみとなり、22日にバイエルン移籍が決定した。 リバプール指揮官として2年目の2016-17シーズンからタッグを組み、苦楽をともにしたクロップ監督はクラブの公式サイトで心境を明かすとともに、最大級の賛辞を送った。 「大きな瞬間だ。そうでないふりをしようとしても無駄だよ。リバプール史上で最も偉大な選手の1人が去っていく。それがどれだけ大きなことか認識しないといけない」 「彼は我々の感謝と愛とともに旅立つ。偉大な選手のなかでも自分の地位が保証されながら去っていく。そして、世界最高の選手の1人であるこの瞬間に去っていくんだ」 「でも、我々は失ったものに固執するんじゃなく、栄誉を祝福しよう。彼のゴール、獲得トロフィー、明らかにレジェンドだが、今日のリバプールにおけるアイコンだ」 ドイツ人指揮官はまた、「彼の決断を完全に尊重する。サポーターもそう思っているはず」とマネの移籍に理解を示しながら、ドイツ王者での日々にもエールを送っている。 「LFCを愛しているのなら、サディオを愛さないとね。そこは譲れない。我々の損失がバイエルンの利益となるのを受け入れつつ、それを実行するのは可能だ」 「我々は彼に出場する全試合で活躍できるよう祈っている。もちろん、我々との試合以外でね。彼はこれからもどんどん上がっていくはず。疑いの余地なしだ」 そして、「以前のインタビューか、Q&Aでサディオを3つの言葉で表現するよう求められた記憶がある」と切り出し、人情深いクロップ監督らしく別れの言葉を口にしている。 「あのときは無理だと言ったが、やってみるとしたら、何度もトライする必要がある。彼を表現する3つの言葉がたくさんあるからだ」 「ワールドクラスのプレーヤー! クラブの真のレジェンド! 理想的なロールモデル! 完璧なチームメイト! 思いやりのある人間!とかね」 「でも、今日に最もふさわしいと感じる3単語は最も言いづらい言葉でもある。Will miss you(寂しくなるね)!だ」 2022.06.23 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「決して忘れはしない」 バイエルン移籍のマネがリバプールサポーターに別れの言葉

セネガル代表FWサディオ・マネがバイエルン移籍決定に際して、リバプールのサポーターに別れの言葉を送った。 2016年夏から過ごすリバプールとの契約を来季まで残すものの、今夏の退団願望が明るみのマネ。今や背番号「10」の姿も板につく30歳だが、バイエルンから熱視線が注がれ、22日に移籍が正式決定した。 在籍6年間でチャンピオンズリーグにプレミアリーグのタイトルとユルゲン・クロップ監督の下で重要なピースとなり、リバプールの復権に大きく寄与したマネは自身のインスタグラムでメッセージを発信した。 「親愛なるファンのみんな、こんにちは!! 適切な言葉を見つけ難い。この6年間、ともに歩んできた素晴らしい成功のほんの一部になれて、とても嬉しく思う」 「君はいつもそこにいてくれた。良いときも、悪いときも。決して忘れたりなんてしないよ。本当にありがとう。You never walk alone。サディオ・マネ」 2022.06.23 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「南野とも対戦してたのかー!」浦和DFショルツがCLの舞台で決めたゴールにファンも驚き「浦和史上最高のCBかも」

浦和レッズに所属するデンマーク人DFアレクサンダー・ショルツのチャンピオンズリーグ(CL)でのゴールに脚光が集まっている。 ショルツは母国のヴェイレでプロデビュー後、アイスランドでのプレーを経て、ロケレンやスタンダール・リエージュ、クラブ・ブルージュといったベルギークラブに所属。2018年夏から母国の強豪ミッティランに活躍の場を移した。 浦和に加入する前の2020-21シーズンには公式戦45試合に出場し、センターバックながら10得点1アシストと攻撃面でも活躍を見せた。 さらに、CLでもグループステージ全6試合に先発していたが、21日にCLの日本語版公式ツイッターが当時のゴールを紹介。アタランタとリバプールから奪ったゴールの動画を投稿している。 アタランタ戦ではFKの流れから前線に残ったまま豪快なボレー、リバプール戦では日本代表FW南野拓実の眼前でPKを沈めていたショルツ。そのプレーにはファンも驚きを隠せず、「やっぱこの男すげえ」、「リヴァプールから点取ってるのすげーな」、「南野とも対戦してたのかー!」、「一生浦和にいてくれー」、「浦和に来てくれてありがとう」、「浦和史上最高のCBかも」といった感謝の言葉を寄せている。 今シーズンの浦和でもここまで3ゴールとその攻撃力の片鱗を見せているショルツ。後半戦もさらなる活躍に期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【動画】DFとは思えないショルツの豪快ボレー&南野の目の前で決めたPK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> 現在は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和レッズ</a> で活躍するアレクサンダー・ショルツのチャンピオンズリーグゴール<a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> <a href="https://t.co/o1xAxkKZjA">pic.twitter.com/o1xAxkKZjA</a></p>&mdash; UEFAチャンピオンズリーグ (@UCLJapan) <a href="https://twitter.com/UCLJapan/status/1539178815708008448?ref_src=twsrc%5Etfw">June 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.23 07:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly