Jリーグでの声出し応援は継続して禁止も、フラッグを使った応援を緩和へ「自主基準で禁止していた」

2021.11.01 19:06 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは1日、日本政府によるイベント制限の緩和に関して、Jリーグでも11月から緩和していくことを発表した。

これまでの試合入場者数に関しては、収容人数の50%、または1万人の少ない方という制限があった。しかし、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が解除。さらにイベントが解除され、収容人数の50%までの入場が可能となった。

また、ビジター席も原則として3%を入れるとのこと。飲食やアルコールの提供も可能となったが、各自治体の条件に従うこととなる。

午前中の新型コロナウイルス対策連絡会議でも触れられ、未だ声出しの応援は禁止されている中、フラッグについては使用が許可されることとなる。

村井満チェアマンは「ビッグフラッグにも2種類あると思う」とし、「いわゆるゴール裏などスタンドを覆ってしまうもの、フラッグの下にファンやサポーターが入ってフラッグを揺り動かすものは、密閉空間を作ることになるので、引き続き自粛の対象になる」とコメント。「申し上げたフラッグは、旗を左右に振るようなものを前提としています」とし、振るタイプのフラッグを許可するとした。

このフラッグについては、政府から禁止されていたものではないとのこと。村井チェアマンは「そもそも、政府や専門家会議から自粛するように要請されていたものではありません。ある意味、慎重を期してJリーグが自主基準で行っていたもので、エビデンスを提供して解禁するという許可を求めるものではなかったです」と語った。

また「フラッグを使った使わないの比較検証したデータがあるわけではないですが、現状11月から50%の入場で、今の感染状況、ワクチン接種状況を総合的に鑑みた時に、大きな問題がないだろうと。今日の専門家の先生がいる中でお話しさせていただき、実行委員会に諮ったというところです」と語り、現在の状況からJリーグが判断したとしている。

関連ニュース
thumb

川崎Fvs京都で「電流爆破」予定だった大仁田厚、試合中止も会場からのコメントに再戦臨む声多数「リベンジしに来て欲しい!」「今度は晴天の下で」

試合は雨天で中止となったが、内なる炎は消えないようだ。川崎フロンターレvs京都サンガF.C.戦でイベントを行う予定だったプロレスラーの大仁田厚さんがファンへメッセージを充てた。 等々力陸上競技場にて13日19時キックオフで予定されていた同試合は、台風8号(メアリー)の影響で中止に。これに伴い、川崎Fがこの試合で準備していた企画「ボーイズビーアンビシャス」も中止となった。 このイベントはサッカー×格闘技とうたい、総合格闘技イベント「RIZIN」とのタイアップとして那須川天心選手による始球式や、レニー・ハートさんによるオリジナル選手紹介が予定されていた。 また、武蔵小杉にジムを構える所英男選手も来場。総合格闘技だけではなく、川崎新田ボクシングジムのレジェンド、黒田雅之さん引退セレモニーや「格闘家だらけの男気じゃんけん」など種々の企画が練られていた。 その中の1つが、大仁田厚さんによる電流爆破マッチだ。試合中止決定の前、雨天の影響により先んじて「電流爆破マッチ中止」の発表がなされた際には「電流爆破バットを持って等々力へ行く!決まったものはやる!」と意気込んでいた"炎のカリスマ"。当日も会場入りはしたものの、試合そのものがなくなり、無念の想いで「このままで終わっていいのか…」と綴り、背中を見せた。 それでも、大仁田さんは川崎FのSNSを通じてメッセージを発信。力強い「ファイヤー!」に続き、「(スタジアムへ)来る用意をしていた人達、試合を楽しみにしていた人達に申し訳ないです。家でゆっくりしてください」と、ファンを気遣うコメントを充てた。 富士通スタジアム川崎(旧:川崎球場)にて引退試合を行うなど、川崎にゆかりのある大仁田さん。雨中のスタジアムから届けられたメッセージには、「こんな濡れながらメッセージくれるのか」、「また必ず」、「いつかこの企画がリベンジされますように」、「今度は晴天の空の下、心置きなく爆破させてください!!」、「リベンジしに来て欲しい!」、「最高のエンターテイナー」と、企画の実現を願うサポーターらの声が多数寄せられている。 当初2020年2月29日に開催予定だったイベント「ボーイズビーアンビシャス」は、新型コロナウイルス(Covid-19)の影響に続き、今回またしても実現できず。等々力で熱い男の雄姿を見られる日が待ち遠しい。 <span class="paragraph-title">【動画】大仁田厚さんからサポーターへのメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">本日の京都戦が台風の影響で試合中止となり、残念ながらイベント「ボーイズビーアンビシャス」も中止となりました。<br><br>朝から等々力にお越しいただき準備を進めてくださった大仁田厚さんから、皆さんへのメッセージです。<br><br>大仁田さんありがとうございます!!<br>いつかまた等々力で!!<br><br>【プロモ】<a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/MsdSxEY8Da">pic.twitter.com/MsdSxEY8Da</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1558353145948172288?ref_src=twsrc%5Etfw">August 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.13 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

13日のJリーグ、J1の3試合含む計6試合が中止…台風8号の影響で

Jリーグは13日、同日に予定した明治安田生命J1、J2、J3リーグの計6試合中止を発表した。 中止が発表されたのはJ1リーグ第25節のFC東京vセレッソ大阪、川崎フロンターレvs京都サンガF.C. 、横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレにJ2リーグ第31節の横浜FCvsザスパクサツ群馬と、J3リーグ第20節のSC相模原vs福島ユナイテッドFC、アスルクラロ沼津vs藤枝MYFCとなる。 中止理由はいずれも、まもなく日本列島に上陸とされる台風8号の影響によるもの。 なお、全ての試合について代替日は決定次第、発表されるという。 2022.08.13 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸がどれくらいがんばれば残留できるか調べていたらみんなに怖いデータが出てきたよ!? の巻/倉井史也のJリーグ

他のチームが降格していいって話じゃないですよ。だけどやっぱり神戸がJ2に落ちるかどうか、気になるじゃないですか。みんな、まさかって感じでしょ? だったらあと、どれくらい神戸が勝たなきゃいけないか考えてみましょう。 まずは残留のために最低限の勝点はどれくらい必要なのか。この際、入れ替え戦もありだと考えておくと、過去17位のチームの勝点はいくつだったのかを調べてみます。例によってJ1が18チーム構成になった2005年からのデータで、2020年は降格なし、2021年は20チーム構成だったので省きます。すると!! 2005年17位:東京V/勝ち点30 2006年17位:C大阪/勝ち点27 2007年17位:甲 府/勝ち点27 2008年17位:東京V/勝ち点37 2009年17位:大 分/勝ち点30 2010年17位:京 都/勝ち点19 2011年17位:福 岡/勝ち点22 2012年17位:G大阪/勝ち点38 2013年17位:磐 田/勝ち点23 2014年17位:C大阪/勝ち点31 2015年17位:清 水/勝ち点25 2016年17位:湘 南/勝ち点27 2017年17位:新 潟/勝ち点28 2018年17位: 柏 /勝ち点39 2019年17位:松 本/勝ち点31 平均は(30+27+27+37+30+19+22+38+23+31+25+27+28+39+31)/15≒28.9、つまり勝点30が必要!! じゃあ今の神戸は勝点21。お、残り10試合のうち3試合勝てばいいじゃないですか。何か希望が湧いてきてません。それで今後の対戦を考えると、 第25節 08/13(土)札 幌(A)前回対戦 4○1 第28節 09/03(土)京 都(A)前回対戦 1●3 第29節 09/10(土)名古屋(H)前回対戦 0●2 第26節 09/14(水)FC東京(H)前回対戦 1●3 第30節 09/18(日)G大阪(H)前回対戦 0●2 第31節 10/01(土)福 岡(A)前回対戦 0△0 第32節 10/08(土)広 島(H)前回対戦 1△1 第27節 10/12(水)湘 南(H)前回対戦 1●2 第33節 10/29(土)川 崎(A)前回対戦 0●1 第34節 11/05(土)横浜FM(H)前回対戦 0●2 お、なんかあれをこうすれば、なんて考えられそうです。ただ、データを見ながら気になったのは2012年と2018年。これ、かなり厳しい戦いなんですけど、このときは首位のチームの勝点があまり伸びなかったから下が混戦になったのかというと、そうじゃないんです。 2012年は広島の64、2018年は川崎の69で、優勝チームの平均勝点が2012年は1.88、2018年は2.03。例年、首位は「試合数×2+α」ぐらいが勝点で、今年も現時点で首位の横浜FMが平均勝点2。つまりあまり例年の傾向からは変わってません。 それによく考えると神戸がもう勝点21あるってことは、過去のシーズンだったらもう残留ラインのほぼ近くまで来てるときもあるってことでしょ? ってことは、これまでのどのシーズンに似てるのか、第24節のときの最下位の勝点がどれくらいあったかを考えれば分かるかもしれません。つうことで、もう1つ調べておきました。 2005年第24節18位:神 戸/勝ち点19 2006年第24節18位:C大阪/勝ち点16 2007年第24節18位:横浜FC/勝ち点11 2008年第24節18位:札 幌/勝ち点17 2009年第24節18位:大 分/勝ち点10 2010年第24節18位:湘 南/勝ち点15 2011年第24節18位:福 岡/勝ち点12 2012年第24節18位:札 幌/勝ち点10 2013年第24節18位:大 分/勝ち点10 2014年第24節18位:徳 島/勝ち点12 2015年第24節18位:山 形/勝ち点18 2016年第24節18位:福 岡/勝ち点16 2017年第24節18位:新 潟/勝ち点10 2018年第24節18位:長 崎/勝ち点21 2019年第24節18位:磐 田/勝ち点18 ありますよね、勝点21。そしてその年の自動降格脱出ラインはなんと勝点40。つまり例年のように「試合数×1」の勝点を確保すれば残留できるってことじゃないんです。そう言えば2018年って勝点41の磐田がJ1参入プレーオフに出なければいけなかったじゃないですか。 ということは、現時点でJ1残留を決めてるのは1位の横浜FMと2位の柏だけ……ひー、おそろしや、おそろしや。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.08.13 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ACLのシーズン移行に疑問、Jのシーズンはどうすべきか/六川亨の日本サッカー見聞録

AFC(アジアサッカー連盟)は8月1日、来シーズンのACL(AFCチャンピオンズリーグ)を現行の春秋制から秋春制へ移行する日程を発表した。来シーズンのACL1次リーグは9月に開幕し、決勝は2024年5月11日と18日に行われる予定だ。 これまでも「シーズン移行」については幾度となく議論が重ねられ、そのたびに結論は先送りされてきた。ご存じのように日本をはじめ韓国や中国といった極東の国々は“春秋制"を、中東勢は“秋春制"を採用している。このため“春秋制"によるACLは、中東勢にとって1次リーグと決勝トーナメントではメンバーが入れ替わる可能性の高い大会でもあった。 それでも結論が先送りされてきたのは、「どちらがアジアにとって適しているか、公平性を保てるか」という点で、“正解"を見つけられなかったからでもある。 日本に関して言えば、16年1月に「最初で最後」になるであろうJFA(日本サッカー協会)会長選挙で、JFA副会長だった田嶋幸三氏は“秋春制"を、JFA専務理事だった原博実氏は現行の“春秋制"を訴えた。それが選挙の行方を左右したかと言えば、田嶋会長が4期目(任期は1期2年で最長4期まで再選が可能)を迎える現在もシーズン制に変化はないため「ノー」と言える。 もちろん過去にはJSL(日本サッカーリーグ)時代も“秋春制"を採用したこともあった。1985年のことだ。2月から5月にかけて開催されたメキシコW杯アジア1次予選で、日本は本命と目された北朝鮮をFW原博実のゴールで1-0と破る大金星をあげた。アウェーではきっちり0-0で引き分けて2次予選に進出した。 すると2次予選は中国が勝ち上がると思われたが、香港に足元をすくわれ1次予選で敗退。2次予選は8月と9月にホーム&アウェーで行われ、日本は3-0、2-1で香港を退け、W杯予選で初の決勝へと進出した。 そこでJSLも9月6日に開幕し、翌年の3月26日に閉幕するロングランとなった(チーム数も10から12に増えた)。W杯予選を勝ち上がったためにJSLは“秋春制"にならざるを得なくなり、翌86年からは正式に“秋春制"(翌年制)へと移行。シーズンも86/87年と表記され、それは91年まで7シーズン続いた。 当時のJSLが“秋春制"を導入できた大きな理由の1つに地域性があげられる。読売クラブや日産自動車、三菱重工、古河電工とほとんどのチームが東京と神奈川に集中し、それ以外ではヤマハと本田技研の静岡勢、ヤンマーの大阪、マツダの広島と関東以西に集中していた。 北にあるチームとしては当時JSL2部の住友金属の茨城県が“北限"のため、降雪による試合中止の心配はほとんどなかった。 関東にも雪は降る。87年のトヨタカップではFCポルトとペニャロールが降雪のなか熱戦を繰り広げたし、98年には全国高校選手権の決勝で東福岡と帝京が名勝負を演じた。しかし、それは年に1~2回あるかないかである。このため“秋春制"もスムーズに導入することができた。 しかし、それらはチーム数が少なく特定の地域に集中していたJSL時代の話。全国に58チームもある現在のJリーグでは、青森県を筆頭に日本海側の北部には豪雪地帯が多い。そうした環境下で“秋春制"を導入したら、札幌、山形、秋田、新潟、富山、鳥取などは、スタジアムはもちろん練習グラウンドを確保するのにも苦労するだろう。 そうした地域では、快適な観戦環境を提供するためスタジアムにヒーターなどの暖房設備も必要になるが、それには半端ない投資が必要になる。 ウインターブレイクを採用すれば、1~2月の厳寒期での試合開催を避けることはできる。しかし、ただでさえ過密日程のJ1リーグは、さらなる日程的な負担を強いられることになり、代表選手はオフシーズンがなくなる危険すらある。 そして問題はスタジアムや練習環境といったハード面だけではない。年度をまたぐ問題――学校は年度替わり、企業は決算時期――というハードルもある。ただ、こちらはJSL時代もクリアできただけに、企業努力によって乗り越えることができるはずだ。 高校生や大学生は、例えばFC東京の松木玖生のように、卒業式を待たずにJリーグでプレーしていた。こちらは登録ウインドーの設定変更で対応することが可能だ。企業の決算時期に関しては、JSL時代に主流だった「重厚長大」な日本の基幹産業と比べ、親会社の企業形態がかなり劇的に変化しているだけに、一概に比較することはできない。しかしながら検討の余地はあるのではないだろうか。 むしろ難問は、やはりスタジアム問題となる。柏やG大阪のように“自前"のスタジアムがあるクラブはいい。問題は地方自治体が所有しているスタジアムだ。企業と同様に4月から新年度が始まり、3月末で決算となる。 もしもJリーグが“秋春制"を採用したら、クラブは建前上シーズン開幕から3月までしかスタジアムの使用許可を取れない。4月以降は、改めて使用許可を取ることになる。これだけJリーグが浸透しているのだから、スタジアムの使用に関しても行政サイドは理解を示してくれると思うが、手続きが煩雑になることは避けられないだろう。 そして結論である。 “秋春制"への移行に関する問題点を長々と書いてきたが、メリットよりもデメリットの方が多いと言わざるを得ない。 そしてACLである。大会に出場できるのはJ1リーグの上位3~4チームだけ。そして、例えACLで優勝しても、4年に1度開催の拡大版クラブW杯(24チーム参加)は新型コロナウイルスの影響で開催のメドが立っていない。 現状では、4年に1度あるかないかの大会のために、多大な犠牲(になるだろう)を払ってまでシーズンを移行するメリットはほとんどないと言っていいだろう。それなら現行の“春秋制"を維持しつつ、ACLに出場する3~4チームにはJリーグとして日程的、経済的な配慮をすることで十分ではないだろうか。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.08.12 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

槙野智章と妻の高梨臨さんが“お揃いコーデ”の家族ショットを披露!愛犬との1枚に「かわいすぎます」と反響

ヴィッセル神戸に所属する元日本代表DF槙野智章の妻である女優の高梨臨さんがインスタグラムを更新。愛犬を交えての3ショットを披露している。 今季、浦和レッズから神戸へと完全移籍で加入し、明治安田生命J1リーグではここまで12試合出場1得点を記録している槙野。5月に負ったケガからの復帰後はJ1での先発機会がないものの、直近のルヴァンカップ2試合ではフル出場を果たしている。 その中、大切な家族との時間もしっかりと設けているようだ。 高梨さんは11日にインスタグラムを更新。愛犬のぱんちゃんも添え、「ジェラートピケから、わんちゃんねこちゃん向けのcat&dogがデビューするということで、ぱんちゃんと行ってきました( ◠‿◠ )」と『gelato pique(ジェラートピケ)』のペットのための新ライン発売に駆けつけたようだ。 また、「ジェラピケのふわふわの肌触りに、ぱんちゃんも嬉しそうでした。抱き心地も気持ちいいぱんちゃん、よかったね」と綴っている。家族みんなで楽しんだ様子で、ぱんちゃんを囲む2人は、白のTシャツに濃紺のデニムというお揃いのコーディネートだ。 純白の巻き毛が特徴的なぱんちゃんには「かわいすぎます」といったコメントが寄せられたほか、高梨さんのインスタグラムに珍しく登場した槙野の姿には「ぱんちゃんとおふたりの笑顔が素敵すぎます」、「素敵な3ショットですね」といった言葉も寄せられている。 高梨さんインスタグラムに槙野が登場することは多くなく、前回は5月にあった槙野のバースデーの時だった。 <span class="paragraph-title">【写真】さりげなくお揃いコーデ!槙野智章と高梨臨さんと愛くるしいぱんちゃんの3ショット(2枚目)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChHSp0kJIXB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChHSp0kJIXB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChHSp0kJIXB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">高梨臨(@rintakanashi_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.12 21:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly