3位争いは死闘の末に痛み分け、名古屋が2点先行もイニエスタのPKなどで神戸が追い付く!【明治安田J1第33節】

2021.10.24 17:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第33節、名古屋グランパスvsヴィッセル神戸が24日に豊田スタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。

熾烈な3位争いを演じる両チーム。リーグ戦の中断期間中もYBCルヴァンカップ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦った5位名古屋(勝ち点57)は、ガブリエル・シャビエルを公式戦4試合ぶりに先発で起用し、マテウスをベンチスタートに。一方の3位神戸(勝ち点60)は、前節のアビスパ福岡戦で値千金の決勝点を挙げたドウグラスが9試合ぶりにスタメンを飾った。

序盤から攻勢をかけたのはホームチーム。木本のミドルや稲垣のフィニッシュなどで畳みかけると、勢いのままに先制点を挙げる。6分、自陣の右サイドからスタートした攻撃は、シャビエルを経由して逆サイドへ大きく展開。左のスペースを相馬が独走してグラウンダーで折り返すと、フリーの前田が難なく流し込み、ネットを揺らした。

早くもビハインドとなった神戸は、イニエスタから浮き球を佐々木大樹がわずかに触ってコースを変えたが、9月の月間MVPにも輝いたGKランゲラックが立ちはだかる。すると、直後の14分にはポーランド代表ストライカーが魅せた。

名古屋は中盤でボールをカットしてすぐさま最前線に送ると、受けたシュヴィルツォクが長い距離を持ち運ぶ。キックフェイントでスライディングに来た菊地をかわし、ペナルティアーク内から左足を振り抜くと、シュートはトーマス・フェルマーレンの股を抜けて右隅に決まった。

名古屋のカウンターに手を焼く神戸は22分、イニエスタがペナルティアーク左脇からのFKを直接狙い、さらにはドウグラスのポストプレーからフェルマーレンが左足のミドル。しかし、これもGKランゲラックに阻まれた。

名古屋も38分に再びショートカウンターからチャンスを作ると、パス2本でフィニッシュまで至る。最後はボックス右からシャビエルが左足を狙ったが、GK飯倉がストップ。互いにゴール前でのシーンが多い前半となった。

追い掛ける神戸は後半からボージャンを投入して流れをつかむと、54分にはそのボージャンが抜け出して一対一を迎える。2分後には初瀬のクロスからドウグラスが、さらにはCKの流れから菊地がヘディングで狙うが、いずれもGKランゲラックに阻まれてしまう。

猛攻が実ったのは59分。左CKを得ると、初瀬は一番遠いサイドへ緩やかなクロスを送る。フェルマーレンが吉田に競り勝ち頭で折り返すと、武藤がプッシュして1点を返す。64分にはイニエスタのクロスから武藤がフリーでドンピシャのヘディングシュートを放つ。だが、GKランゲラックに左手で弾かれ、ボールは右ポストに嫌われた。

名古屋は金崎、森下の投入後にシステムを変え、金崎と柿谷を2トップに据えた[3-5-2]へとシフト。72分には吉田のクロスに柿谷が合わせるも、至近距離からのシュートはGK飯倉に阻まれ、こぼれ球を狙った稲垣のフィニッシュも枠を外れた。

神戸は76分、武藤が吉田のスライディングを受けてボックス内で転倒する。オンフィールドレビューの結果、PKのジャッジが下されると、これをイニエスタがきっちりと沈め、81分に神戸が試合を振り出しに戻した。

追い付いた神戸だったが、87分にアクシデントに見舞われる。スプリントの際にボージャンが右のもも裏を痛めて井上との交代を余儀なくされてしまう。その井上は90分に右足ミドルで果敢にゴールを狙った。

アディショナルタイム7分が示されるなか、名古屋は右クロスからマテウスが狙ったが、酒井にブロックされる。以降は互いにゴールを奪えず、3位争いはドローでタイムアップ。勝ち点1を分け合った。

名古屋グランパス 2-2 ヴィッセル神戸
【名古屋】
前田直輝(前6)
シュヴィルツォク(前14)
【神戸】
武藤嘉紀(後14)
アンドレス・イニエスタ(後36)


関連ニュース
thumb

「正しい道を歩んでいる」復帰に向けリハビリに励む神戸FWボージャン「日に日に強くなっている」

ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWボージャン・クルキッチが、トレーニングの様子を伝えた。 今夏神戸へと加入したボージャン。10月2日に行われた明治安田生命J1リーグ第31節の浦和レッズ戦では、加入後初ゴールを記録し5-1の大勝に貢献。J1で6試合に出場し1得点を記録していた。 しかし、10月24日に行われた明治安田J1第33節の名古屋グランパス戦で後半頭から出場したが、88分に右足を痛めて交代。そこから2試合を欠場すると、7日に右ハムストリング肉離れと診断され、受傷日から全治8週間の見込みを診断。治療のためにスペインへ帰国することが発表された。 京都に出掛けるなど、日本でも楽しんでいたボージャンだが、バルセロナへと戻り、新シーズンに向けてリハビリを実施中。そんな中、自身のトレーニングの様子をインスタグラムにアップ。順調に回復していることを報告した。 「リカバリーの5週目。僕は正しい道を歩んでいる」 「日に日に強くなっているのを感じる」 チームにフィットしつつある中での離脱となってしまったボージャンだが、復帰に向けて順調そうな様子。DF酒井高徳やFW大迫勇也らチームメイトも反応し、来シーズンの開幕に元気な姿を見せることが期待される。 <span class="paragraph-title">【写真】懸命にリハビリに励むボージャン</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWvCLeWoGPS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWvCLeWoGPS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWvCLeWoGPS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Bojan Krkic(@bokrkic)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.26 22:01 Fri
twitterfacebook
thumb

大分指揮官退任の片野坂監督の強い味方、「浅田飴」が絆を示す!「トリニータ、片野坂監督を応援し続けます!」

大分トリニータは26日、片野坂知宏監督(50)の退任を発表した。 2016年に大分の指揮官に就任した片野坂監督。当時J3を戦っていた大分だったが、1年目でJ3優勝を果たすと2年目からはJ2を戦い、2018年にJ2で2位となりJ1に復帰。2019年からはJ1で戦っていたが、2021シーズンは2節を残してJ2降格が決定していた。 6シーズンにわたって大分を指揮した片野坂監督。試合中にはピッチサイドで熱く指示を送る姿も話題となり、喉が枯れてしまうことから、「浅田飴」ののど飴を愛用していた。 そのことが「浅田飴」に知られることとなり、正式にサポートする関係に発展。その「浅田飴」が公式ツイッターで片野坂監督退任に反応。今後も応援を続けるとした。 「どんな場所であってもトリニータ、片野坂監督を応援し続けます!」 「そしてサッカーを愛する皆さまののどをサポートできましたら幸いです」 トリニータは片野坂監督にしたパッケージの「のど飴」を販売する関係性。今シーズンはJ2降格の憂き目にあったが、天皇杯は準決勝まで勝ち残っており、最後にタイトルを獲得できるかに注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】「浅田飴」が退任する片野坂監督へのサポート継続を表明</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">どんな場所であってもトリニータ、片野坂監督を応援し続けます!<br>そしてサッカーを愛する皆さまののどをサポートできましたら幸いです <a href="https://t.co/QlpTPG0NmT">https://t.co/QlpTPG0NmT</a></p>&mdash; 浅田飴【公式】 (@seki_koe_nodo) <a href="https://twitter.com/seki_koe_nodo/status/1463684559187234821?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.26 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

J2降格の大分、J3からJ1に導いた片野坂知宏監督が今季退任 「大変辛く悔しくて残念」

大分トリニータは26日、片野坂知宏監督(50)の今季退任を発表した。 片野坂監督は2004年に大分の強化部を務めた後、同クラブのU-15やガンバ大阪やサンフレッチェ広島でコーチを歴任。2014年からG大阪でヘッドコーチを務めてから、2016年に大分監督に就任した。 当時の大分は明治安田生命J3リーグにまで落ち込む状況だったが、初年度からいきなりの優勝を成し遂げ、J2復帰に先導。2018年にはJ2リーグ2位フィニッシュを果たして、6年ぶりのJ1復帰に導いた。 GKを含めた丁寧なビルドアップで相手のプレスを引き込みながら繰り出す“擬似カウンター”とも呼ばれる戦術はJ1リーグの舞台でも機能。2019年に9位、2020年に11位とチームを中位に押し上げた。 だが、今季はオフシーズンに主力の流失も相次ぎ、低迷。ここまでJ1リーグ最少の26得点という攻撃面も足かせとなり、36試合終了時点で7勝8分け21敗の18位に沈み、2試合を残して降格が決定した。 準決勝まで勝ち残る天皇杯終了までチームの指揮を執る片野坂監督は退任決定を受け、クラブを通じて長文のコメントを掲載。悔しさを露わにしつつ、思い出やファンに対する感謝、そして最後まで全力を誓った。 「いつも大分トリニータへのご支援ご声援ありがとうございます。私事ではありますが今シーズンをもって大分トリニータを退任する事になりました。このような形でトリニータを離れるのは大変辛く悔しくて残念でしかありません」 「しかしJ2降格という結果は大変重く感じており、この決断に至りました。これまで本当にたくさんの応援やサポートが大変大きな力となりました。ありがとうございました。またこれまで私と共に闘ってくれた選手やスタッフにも感謝致します。重ねて本当にありがとうございました。トリニータでの6年間は本当に楽しく幸せでした」 「1番の思い出はJ3優勝です。それがあったからこそ、ここまで来られたと思っています。あの時の感動と喜びは生涯忘れません。トリニータで監督をスタートした事、クラブと共に成長できた事、皆様と一緒に各カテゴリーで闘えた事、全ての事が私の誇りです」 「大好きな大分、大好きなトリニータ、大好きなサポーターを決して忘れません。これからの大分県の発展そして大分トリニータの進化を陰ながら応援し活躍を楽しみにしております。本当に6年間ありがとうございました」 「それと残りのリーグ戦並びに天皇杯を選手と共に最大値を出して皆様と喜び合えるように最後まで全力で頑張ります! 最後まで応援、サポートよろしくお願い致します。またこれからも大分トリニータへのご支援ご声援どうかよろしくお願い致します」 2021.11.26 15:57 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェイと同期入団のチャナティップ、チームを去る盟友に惜別のメッセージ「幸運を祈っています。愛する兄さん」

北海道コンサドーレ札幌のタイ代表MFチャナティップ・ソングラシンが元イングランド代表FWジェイ・ボスロイドに惜別のメッセージを送った。 190cmのパワーファイター・ジェイと158cmのテクニシャン・チャナティップは、ともに2017年の夏に札幌へと加入した。 タイプの異なる2人のアタッカーは赤黒の攻撃をけん引し、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が就任した2018年にはクラブ史上J1最高成績となる4位フィニッシュに貢献。翌年には初のルヴァンカップ決勝進出をもたらすなど、札幌のJ1史を積み上げてきた。 25日にジェイの契約満了が発表され、最良のコンビは今季限りで見納めに。本当の兄弟のようにジェイを慕っていたチャナティップは、自身のインスタグラムにジェイとの思い出の写真を投稿するととともに、惜別のメッセージを綴った。 「初めて会った時から親切にしてくれて本当にありがとう。何年もあなたと仕事をしていろんなことを学びました。幸運を祈っています。またね、愛する兄さん」 この投稿に対してジェイも「愛しているよ弟、いつだってね」と返答するなど、仲の良さをうかがわせている。現在は12位でACL出場権や残留争いとも絡みのない札幌だが、2人の想いは残り2試合における勝利に対する大きなモチベーションとなるだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】身長差30cm以上、ジェイとチャナティップのツーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWuWIj3BiN8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWuWIj3BiN8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWuWIj3BiN8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Chanathip Songkrasin(@jaychanathip)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.26 14:50 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌退団のFWジェイが心境を綴る「この2年間は、家族と離れて暮らし非常に辛いものだった」

北海道コンサドーレからの退団が発表された元イングランド代表FWジェイ・ボスロイドが、自身のツイッターで想いを綴った。 ジェイは、アーセナルのユース出身で、コヴェントリー・シティやペルージャ、ブラックバーン、チャールトン、ウォルバーハンプトン、ストーク・シティ、カーディフ、QPR、シェフィールド・ウェンズデイとイギリス国内でプレーを続けた。 2014年にはタイのムアントン・ユナイテッドに移籍すると、2015年にジュビロ磐田へと加入しJリーグでの挑戦をスタート。2015年はJ2で32試合に出場し20得点を記録しJ2得点王。チームをJ1昇格に導くと、2年目はJ1で22試合に出場し14得点を記録した。 2017年に札幌へ完全移籍すると、ここまで5シーズンプレー。J1で106試合に出場し35得点、カップ戦で14試合2得点を記録していた。 そのジェイは28日に帰国することが決定。シーズン終了前に帰国することとなる。 ジェイは自身のツイッターを更新。クラブとは以前から話をしていたと言い、コロナ禍で家族と会えない日々が辛かったと心境を綴りつつ、札幌への愛情を示し、キャリアを振り返るとした。 「僕とクラブは、しばらく前から将来について話し合ってきた。その結果、僕が札幌を離れる決断をした。この2年間は、家族と離れて暮らすことになり、非常に辛いものだった」 「札幌でのプレーはとても楽しかった。この素晴らしい街で暮らすこともできた。特に最初の1年半は多くのことを成し遂げた」 「できるだけ試合を見て、兄弟たちを応援したいと思っている。以前のように、毎日家族と一緒に過ごすことができるので、今は幸せだ」 「ここから数週間、札幌での僕の生活、浮き沈み、そしてクラブへの期待を少しずつ振り返っていきたいと思う」 ジェイは札幌ファンが投稿したツイートに反応しており、最後まで札幌愛を見せている。 <span class="paragraph-title">【SNS】ジェイがツイッターに心境を綴る</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Myself and the club have been discussing my future for a while now and we have came to the decision for me to leave Sapporo. These last 2 years have been incredibly difficult, being without my family has taken its toll on me!<br>I have had great times here playing for Sapporo</p>&mdash; Jay bothroyd (@jaybothroyd) <a href="https://twitter.com/jaybothroyd/status/1463633281581084672?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ジェイが2018年に決めた超絶ロングループシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>札幌、ACL出場権が見えてきた!!<br>\<br><br>「まさか」の超絶ループシュート!!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ジェイ</a> のスーパーゴールで札幌が2点をリードする。<br><br>明治安田J1第34節 <a href="https://twitter.com/hashtag/J%E6%9C%80%E7%B5%82%E7%AF%80?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#J最終節</a><br>札幌×広島<br><a href="https://t.co/u4BaoHt81Q">https://t.co/u4BaoHt81Q</a> でライブ中<a href="https://twitter.com/hashtag/chanatip?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#chanatip</a><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a><a href="https://twitter.com/consaofficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@consaofficial</a> <a href="https://t.co/uMLNg3Fvjo">pic.twitter.com/uMLNg3Fvjo</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1068740576055619585?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2018</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.25 19:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly