CLゴール数でロベカルに並びDF最多となったピケを妻のシャキーラも絶賛「この男は止められない」

2021.10.21 18:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界的な歌手であるシャキーラが、パートナーであるバルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケに称賛の言葉を送った。

ピケは、20日にカンプ・ノウで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE第3節のディナモ・キエフ戦に先発出場。クリーンシートを達成しただけでなく、36分にボックス右でスペイン代表DFジョルディ・アルバからの左クロスに右足ボレーで合わせ、先制ゴールを記録した。

このゴールでマンチェスター・ユナイテッド時代と合わせてCL通算16ゴールに到達したピケは、レアル・マドリーなどで活躍した元ブラジル代表DFのロベルト・カルロス氏が持つCLのDF史上最多得点記録に並んだ。

ピケと2人の子供と一緒にバルセロナで暮らすシャキーラは、自身のツイッターを更新。偉業を成し遂げたパートナーに称賛の言葉を送った。

「チャンピオンズリーグの歴史の中で最も多くのゴールを持ったディフェンダー。この男は止められない」

一番の理解者から嬉しい言葉をもらったピケ。開幕から2連敗スタートと後がない状況から望みを繋いだバルセロナを決勝トーナメント進出へ導けるだろうか。



1 2

関連ニュース
thumb

「ビジャレアルは負けるに値しなかった」…チャビ、苦戦認めるも「士気が高まる大きな勝利」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が27日に行われたラ・リーガ第15節のビジャレアル戦を振り返っている。スペイン『マルカ』が報じた。 このビジャレアル戦がチャビ体制発足後2試合目のリーグ戦となる7位のバルセロナ。同じくミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)を戦った12位のビジャレアルから前節のエスパニョール戦に続く白星を目指して、アウェイの地に赴いた。 そんなバルセロナは3-1で勝利。次第にビジャレアル優勢の流れとなり、苦戦を強いられた試合だったが、相手も課題の決定力不足が解消されず、バルセロナは0-0のドローに終わったCLのベンフィカ戦を挟み、リーグ2連勝を成し遂げている。 チャビ監督は試合後、「後半と前半の終盤はかなり苦しんだ。彼らはチャンピオンズレベルの相手。相手のハイプレスを掻い潜れず、手を焼いた。今日はダイレクトプレーが有効だった…思ったほど主導権を握れなかったね」と苦戦を認めた。 失点のシーンも「同点ゴールは愚かなスローインから生まれたものだった」とやられ方を嘆いたチャビ監督だが、「黄金の3ポイントさ。勝利は恵みの水だ」と続け、苦しみの末に手にした今季リーグ初のアウェイ戦白星を素直に喜んだ。 「今日のビジャレアルは負けるに値せず、非常に拮抗した試合だったし、私が指揮したなかで最も支配できなかった試合であり、最も勝利に値しなかった。とはいえ、士気が高まる大きな勝利だ。選手たちはすべてを出し尽くしてくれた」 2021.11.28 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナがビジャレアルとの接戦制してリーグ連勝! 前半決定機逸のデパイが終盤に大仕事《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第15節、ビジャレアルvsバルセロナが27日にエスタディオ・デ・セラミカで行われ、アウェイのバルセロナが1-3で勝利した。 前節、チャビ新体制がお披露目となった7位のバルセロナ(勝ち点20)は、FWデパイのPKによるゴールでバルセロナ・ダービーに勝利。レジェンドの初陣を白星で飾った。しかし、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではベンフィカ相手に指揮官が志向するスタイルの一旦は垣間見えたが、崩しの局面での連携、精度向上に大きな課題を残し、ホームで厳しいゴールレスドローとなった。公式戦2試合ぶりの白星を目指す一戦ではベンフィカ戦から先発2人を変更。ラングレとデミルに代えてエリック・ガルシア、アブデを起用し、並びは[4-3-3]もエリック・ガルシアを右サイドバックに置く微調整を施した。 対する12位のビジャレアル(勝ち点16)は、前節のセルタ戦を1-1のドローで取りこぼすと、直近のCLのマンチェスター・ユナイテッド戦では試合の大半を支配しながらも、ミス絡みで喫した2失点によって0-2の敗戦を喫した。ユナイテッド戦からは左サイドバックをエストゥピニャンからペドラサに入れ替えた以外、同じメンバーを継続した。 強豪対決ということもあり、慎重な入りも予想されたが、試合は予想外にオープンな展開となる。まずは4分、バルセロナが右CKの場面でデパイのクロスをゴール前のアブデがドンピシャのヘディングで合わす。だが、これはGKルジに触られてクロスバーを叩く。直後の6分にはエリック・ガルシアの不用意なバックパスを奪ったダンジュマに決定機も、ここはDFピケの身体の身体を張ったブロックに阻まれる。 共に1度ずつビッグチャンスを逃した中、以降はホームのバルセロナがペースを握っていく。8分と9分にはボックス付近での良い崩しからデパイ、ガビが枠をわずかに外れるシュートを続けて放つ。さらに、18分にはフレンキー・デ・ヨングからのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したデパイに2度目のビッグチャンスが訪れるが、GKの飛び出しが気になったか、シュートを枠の右へ外してしまう。 再三の決定機を決め切れずに自らの首を絞める形となったバルセロナは、ここからビジャレアルの連動したプレス、質の高いパスワークに手を焼き、完全に押し返されていく。 とりわけ、急造のアブデ、エリック・ガルシアの右サイドを狙われてダンジュマやペドラサに再三の突破を許し、幾度も決定機を作られる。だが、GKテア・シュテーゲンの的確なポジショニングやビジャレアルの決定力不足にも助けられ、何とか苦境を耐え抜いて最低限のイーブンで試合を折り返した。 すると、後半に入って修正を施してきたバルセロナは後半最初のチャンスをゴールに結びつける。48分、右サイド深くで仕掛けたアブデのクロスを大外で拾ったジョルディ・アルバが左足のシュート。ゴール前に飛び込んだデパイのシュートの当たり損ねがボックス右に流れると、これをフリーのF・デ・ヨングがワンタッチで押し込んだ。当初、デパイの抜け出しの場面でオフサイドが取られたが、VARのレビューの結果、オンサイドでのゴールが支持された。 やや不運な形で先手を奪われたビジャレアルはここから反撃に転じる。相手を押し込んでダンジュマらの仕掛けで再三ボックス内への侵入を繰り返していくが、前半同様に最後の精度を欠く。 流れを変えたいエメリ監督は65分、ペドラサとジェレミ・ピノを下げてエストゥピニャン、チュクウェゼを同時投入。一方、バルセロナも同じタイミングでアブデに代えて切り札のデンベレをピッチへ送り込んだ。 すると、この選手交代が試合を動かす。76分、相手陣内左サイドで相手のスローインを撥ね返した流れからトリゲロス、ダンジュマと続けてルーズボールを制し、ペナルティアーク付近に抜け出したチュクウェゼが冷静にゴール右隅へ流し込み、今季のラ・リーガ初ゴールとした。 1-1の振り出しに戻った試合はここから追いついたビジャレアルの時間帯が続く。バルセロナは負傷したアルバに代えて投入したミンゲサに続き、ニコを下げてコウチーニョを投入するが、ここ数試合同様に運動量の低下が目立ち始めホームチームの攻勢に晒される。 それでも、ビジャレアルの決定力不足に助けられて何とかイーブンのスコアを保って試合終盤に入ると、ここから底力を見せる。88分、GKテア・シュテーゲンからのロングフィードに対してDFエストゥピニャンがヘディングのクリアをミス。これに反応したデパイが冷静にボックス内でGKを左にかわすと、相手DFのゴールカバーを外すシュートを流し込み、土壇場で勝ち越しに成功。 さらに、後半アディショナルタイムにはボックス内で仕掛けたコウチーニョがDFフォイスのファウルを誘ってPKを獲得すると、これをコウチーニョ自ら左隅に決めて勝利を決定づけた。 そして、苦しみながらも敵地でビジャレアルに競り勝ったバルセロナが、チャビ新体制でラ・リーガ連勝を飾っている。 2021.11.28 07:08 Sun
twitterfacebook
thumb

心臓の問題で引退説浮上のアグエロが元気な姿、ゴルフを楽しむ

バルセロナのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(33)が元気な姿を見せている。 今夏マンチェスター・シティからバルセロナへとフリートランスファーで加入した。 しかし、加入後にケガをして離脱。なかなか復帰できない期間が続き、10月中旬にやっとデビューを果たした。 レアル・マドリーとの“エル・クラシコ”では、試合こそ負けたもののバルセロナでの初ゴールを記録したアグエロ。しかし、10月30日に行われた第12節のアラベス戦前半に胸部の不快感に苛まれ、交代。その後の検査で不整脈がわかると、1日にクラブから最低3カ月の離脱が明らかにされていた。 一部では、現役引退という話もあがる中で、公式には何も発表されていない状況。そんなアグエロは、自身のインスタグラムを更新。元気な姿を見せた。 アグエロは、ゴルフを楽しむ写真を掲載。パッティングの写真を投稿した。 この投稿には、アルゼンチン代表の同僚であるMFアンヘル・ディ・マリアが絵文字で反応。また、レアンドロ・パレデスらも反応し、元気な姿を喜んだ。 <span class="paragraph-title">【写真】引退説も浮上したアグエロ、ゴルフを楽しむ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWv9hqEsE03/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWv9hqEsE03/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWv9hqEsE03/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sergio Leonel Agüero(@kunaguero)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.27 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

センターバックとの契約交渉進まないチェルシー、バルセロナDFアラウホに関心か

チェルシーが、バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ(22)に関心を抱いているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 アラウホは2018年夏にウルグアイのボストン・リーベルからバルセロナBに加入し、翌年の10月にトップチームデビュー。これまで通算52試合に出場し、チームの中心選手として活躍している。 今季はハムストリングのケガに苦しみながらも13試合に出場しており、その活躍と22歳という若さから複数クラブの目を引いているようだ。特に空中戦の強さやスピード、パワーを強みとしていることから、プレミアリーグからの関心が強いと言われている。 そのひとつと言われるチェルシーでは現在、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーをはじめ、デンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン、スペイン代表DFセサル・アスピリクエタ、そしてブラジル代表DFチアゴ・シウバが来夏で契約満了を迎える状態。センターバックの補強が急務となる可能性があるなか、アラウホ獲得に大枚をはたく準備ができているようだ。なお『ムンド・デポルティボ』によると、バルセロナと2023年まで契約が残っている22歳の契約解除金は2億ユーロ(約250億円)にまでのぼるという。 一方、同メディアによるとアラウホ自身はバルセロナ残留を希望しているとのこと。バルセロナとしても、来年2月に35歳を迎えるDFジェラール・ピケの後継者を確保しておきたいという考えもあり、直ちに手放す可能性は低いとみられている。 2021.11.27 21:54 Sat
twitterfacebook
thumb

新体制でのリーグ戦連勝狙うチャビ監督「勝つ以外に選択肢はない」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、ビジャレアル戦での必勝を誓った。スペイン『マルカ』が伝えている。 27日にラ・リーガ第15節でビジャレアルと対戦するバルセロナ。前節は地元ライバルのエスパニョールを破り、チャビ新監督就任を白星で飾ったが、その後のチャンピオンズリーグはゴールレスドローに終わっている。 チャビ監督はこの2試合を省みながら、わずか1ゴールにとどまっている攻撃面での改善の必要性を強調。ビジャレアル戦をターニングポイントになる可能性があるとしつつ、ヨーロッパリーグ王者への警戒心を強めた。 「勝つ以外に選択肢はないが、我々は正しい道を歩んでいると思う。良いプレーができていると思うし、ゲームも支配できている。しかし、他の部分で改善しなければならない。 これまでの良かった部分は維持しつつ、攻めの人数をもっと増やすといった改善が必要だ」 「選手一人ひとりも考えているだろうが、守備面はよくできている。ただ、ボールを失った後のプレッシャーや、試合を決めるファイナルサードでのプレーはまだ足りていない。もっと勇気を出してボックスの中に入り、1対1のプレーをする必要がある。全体的に見れば、満足しているがね」 「我々は自陣から相手を制圧したいと思っており、それはできていると思うが、試合では得点を決めなければ勝てない」 「ビジャレアルに勝てばターニングポイントになるだろうが、我々は急を要する状況にあり、明日の試合をはじめ、すべての試合に勝たなければならない」 「エスパニョールもベンフィカも低いブロックで守っていたが、ビジャレアルはより攻撃的なチームだ。難しい試合になると思うが、通常よりも狭い相手のピッチではなおさらだ。そして彼らには、スペインにおける最高の監督の一人であるウナイ・エメリがいる。非常に難しい相手となるだろう」 2021.11.27 21:22 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly