連勝ザルツブルクが首位キープ! セビージャは決め手欠き3戦連続ドロー《CL》

2021.10.21 06:39 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第3節、レッドブル・ザルツブルクvsヴォルフスブルクが20日に行われ、ホームのザルツブルクが3-1で勝利した。1勝1分けでグループ首位に立つザルツブルクが、2試合連続ドローで3位のヴォルフスブルクをホームで迎え撃った一戦。

試合は開始早々にホームチームがスコアを動かす。3分、自陣深くからのロングカウンターの場面で中央をドリブルで持ち上がったゼイワルドが背後を狙うアデイェミにスルーパス。このパスはDFムバブの守備範囲だったものの、うまくボールをかっさらったアデイェミがそのままボックス内に持ち込み左足で流し込んだ。

軽率な形から先手を奪われたアウェイチームは以降もバタつく状態が続くが、15分には右CKの場面でアルノルトの右足インスウィングのクロスをゴール前のルーカス・エンメチャが頭でわずかにコースを変えて左隅へ流し込み、早々にスコアをタイに戻した。

以降は互いに勝ち越すチャンスがあったものの、相手の粘りの守備を崩し切れず、均衡が保たれたままハーフタイムを迎えた。

後半は再びザルツブルクペースで試合が進む中、その流れ通りに勝ち越しゴールが生まれる。65分、右CKの場面でゴール前に混戦が生まれると、こぼれ球に反応したオカフォルが冷静に流し込んだ。

その後、互いに交代カードを切って試合の流れに変化を加えていくと、ザルツブルクが3点目を奪い切る。再びCKの場面で途中出場のベルナルドが競り勝ったボールを、ゴール前のオカフォルが胸トラップから冷静に蹴り込んだ。

そして、このまま危なげなくリードを守り切ったザルツブルクが2連勝で首位キープに成功した。

また、同日行われたリールvsセビージャは0-0のドローに終わった。

ここまで2試合連続ドローでグループ2位に位置するセビージャは、1敗1分けで最下位に沈むリール相手にグループステージ初勝利を目指した。

試合は立ち上がりからボールを握ったセビージャペースで進んでいき、前半はラファ・ミル、スソ、オカンポスの3トップを中心にアウェイチームがより多くの決定機を創出。しかし、相手DFの見事なゴールカバーに阻まれるなど、最後のところでうまくいかない。

ゴールレスで折り返した試合は後半も拮抗。互いに前線を中心にメンバーを入れ替えながらゴールを目指す。完全に1点勝負の様相を呈した中、後半はホームチームがよりゴールに迫る場面を作ったが、セビージャの堅守を脅かすまでには至らず、痛み分けのドローに終わった。

関連ニュース
thumb

ザルツブルクと対戦のバイエルン、ナーゲルスマン監督は警戒 「非常に若くハングリーなチームだ」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督がチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16への意気込みを示した。クラブ公式サイトが伝えている。 バイエルンは今季のCLグループステージで6試合全勝を飾り、首位で決勝トーナメントに進出。グループステージ最終節は完全に消化試合だったにもかかわらず、突破がかかったバルセロナを3-0で圧倒するなど、その強さを見せつける形となった。 そして、13日に行われたCLラウンド16の組み合わせ抽選会の結果、オーストリアのレッドブル・ザルツブルクとの対戦が決まっている。 抽選会後の会見に出席したナーゲルスマン監督は優れたチームとの対戦になったとコメント。また、欧州サッカー連盟(UEFA)のミスによりCLラウンド16の組み合わせが再抽選となった前代未聞のトラブルについては、こうしたことは起こり得るものだと理解を示している。 「ミスは起こり得ることだ。もう一度抽選が行われたことは誰にとっても公平かつ公正だったと思う」 「ザルツブルクは良い意味で厄介な相手であり、古典的なレッドブル・サッカーとしてハイプレスの場面も多く見られるね。彼らは非常に若いチームであり、とてもハングリーだ。彼らと対戦するのは愉快ではないね。彼らはヨーロッパで活躍しており、マティアス・ヤイスレという非常に優れた指揮官がいる。彼はいつもチームをうまくまとめていると思う」 「ザルツブルクはトップレベルの対戦相手であり、我々にすべてを要求してくるだろう。彼らは若い才能をたくさん持っており、2試合とも最初から集中して臨まなければならない。彼らはハイプレッシャーの中で我々に大きなプレッシャーをかけてくるから、良い解決策が必要になるだろう」 2021.12.14 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

逸材FWアデイェミが残留を明言! 「僕の頭はザルツブルクのことでいっぱい」

レッドブル・ザルツブルクのドイツ代表FWカリム・アデイェミ(19)が残留を明言した。オーストリア『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えている。 バイエルンやウンターハヒンクなどの下部組織で育ち、2018年夏にザルツブルク入りしたアデイェミ。セカンドチームのリーフェリングへでプレーした後、2019年12月にトップチームに昇格し、今季は公式戦28試合で18ゴール4アシストを記録。クラブ史上初となるチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ突破にも貢献している。 この19歳には多くのチームが関心を示しており、その筆頭がドルトムントだと言われている。すでにクラブが代理人に接触したと報じられており、ドイツ『スカイ・スポーツ』のマックス・ビーレフェルト氏は同選手のドルトムント入りは90~95%実現すると予測した。 そのなかでアデイェミは、直近のWSGスワロフスキー・ティロル戦後のインタビューにて来季のザルツブルク残留を明言。「来年も残る」と言い放ち、加えてCLの決勝トーナメントに向けた意気込みを語った。 「まだ何も決まっていないし、僕は来年もザルツブルグにいる。それが僕の目標なんだ。今は何の動きもないよ」 「僕の頭はザルツブルクのことでいっぱいだよ。このクラブで戦うCLを楽しみにしている。すべてを手に入れたいね」 2021.12.13 21:28 Mon
twitterfacebook
thumb

【CLグループG総括】本命不在で大混戦…フランス王者とオーストリア王者が突破、セビージャは得意のELへ

最後まで突破チームが決まらない大混戦となったグループG。絶対的本名不在の同グループを勝ち抜いたのは、フランス王者のリールと、オーストリア王者のザルツブルクだった。戦力的には有利と予想されたセビージャは1勝にとどまりヨーロッパリーグ(EL)に回ることになった。 ■グループG順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.リール[11/3/2/1/3] 2.ザルツブルク[10/3/1/2/2] 3.セビージャ[6/1/3/2/0] 4.ヴォルフスブルク[5/1/2/3/-5] ◆後半怒涛の3連勝で首位通過~リール~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211211_101_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はフランスのパリ・サンジェルマン王朝を打ち砕き、10年ぶりのリーグ優勝を果たしたリール。9年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)参戦となったが、優勝に導いたガルティエ監督の退任や、メニャンやブバカリ・スマレといった主力の退団で戦力ダウンは否めず、グループ突破は難しいと思われた。 事実、リーグ・アンでは王者であるにもかかわらず、17試合を終えた時点で6勝6分け5敗の12位に沈んでおり、やはり昨季の勢いはほとんど感じられない。このCLでも開幕3試合で1分け2敗と出遅れたが、第4節のセビージャ戦で逆転勝利を挙げると、グループステージ後半戦で3連勝を収めて首位通過を決めた。 戦力ダウンの中で気を吐いたのが、リールが誇る逸材FWジョナサン・デイビッド。昨夏にクラブ最高額の移籍金3000万ユーロで加入したカナダの至宝は、後半戦で3試合連続ゴールを挙げ、グループ突破の立役者に。国内戦でもトップの11ゴールを挙げており、さらなる猛者が立ちはだかる次のステージを勝ち抜くためには、この21歳の活躍が不可欠となる。 なお、リールがCLで決勝トーナメントへ進んだのは、2006-07シーズン以来2回目のこと。当時はラウンド16でマンチェスター・ユナイテッドに敗れている。 ◆ヤングタレントの勢いで史上初の決勝Tへ~ザルツブルク~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211211_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 国内8連覇中のオーストリアの絶対王者は、プレーオフでブレンビーを下して3大会連続の出場となった。今季も国内リーグでの圧倒的な強さは健在で、勢いそのままに大舞台でも開幕3試合で2勝1分けとスタートダッシュに成功。リールとは対照的に、後半戦はやや失速したものの、最終節で強敵セビージャを下して2位通過。クラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たした。 そのセビージャ戦で決勝点を挙げたノア・オカフォルは、チームトップタイの3ゴールで攻撃を牽引。また、オカフォルと2トップを組むカリム・アデイェミも同じく3ゴールを挙げており、こちらは国内リーグでは11ゴールと量産中だ。それぞれ21歳と19歳という発展途上にある選手で、今後のさらなる成長にも期待だ。 ◆課題が露呈し3位敗退…EL制覇に路線変更~セビージャ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211211_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> チーム力的にグループ突破最有力と見られていたセビージャだが3位という結果に。国内リーグでは2位と好調なものの、CLでは初勝利が第5節のヴォルフスブルク戦と大苦戦。懸念されていた得点力不足が露呈し、3試合連続ドローで幕を開けると、折り返しのリール戦では逆転負け。最終節のザルツブルク戦ではビッグチャンスをモノにできず、逆に最初の決定機をゴールに結び付けられる形で敗戦となった。2年連続の決勝トーナメント進出は叶わなかったが、得意のELで借りを返すことになった。 ◆監督交代も好転せず~ヴォルフスブルク~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211211_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季のブンデスリーガで4位に入り、7シーズンぶりのCL参戦となったヴォルフスブルク。だが、立役者のグラスナー監督がフランクフルトに旅立ち、代わってオランダ代表のレジェンドであるファン・ボメル監督が就任した。しかし、10月末にリーグ戦4連敗を喫していた中で解任の憂き目に。CLでも開幕3試合未勝利だった。 その後、元ブレーメン指揮官のコーフェルト氏を招へい。CLでは第4節のザルツブルク戦で勝利するなど、就任から公式戦3連勝を収めた。だが、就任ブーストも長くは続かず、現在は再び低迷。最後は2連敗で欧州の舞台から去ることになった。 2021.12.11 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ザルツブルク史上初のCL決勝Tへ! 33歳のドイツ人指揮官「選手たちが報われ、嬉しい」

レッドブル・ザルツブルクのマティアス・ヤイスレ監督がクラブ初となるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ突破の快挙に喜びの心境を語った。『UEFA.com』が報じている。 5試合を消化して全チームに突破の可能性がある大混戦のなか、8日に運命の最終節を迎えたグループG。2位のザルツブルクはその最終節で3位のセビージャをホームに迎え撃ち、1-0で勝利した。 そのザルツブルクは勝ち点を「10」に伸ばして、2位が確定。セビージャを3位でヨーロッパリーグ(EL)に追いやり、同じく今節を勝利した首位のリールとともに決勝トーナメント進出を決めた。 クラブ史上初の快挙をやってのけた33歳のドイツ人指導者は試合後、『Servus TV』で「純粋な喜びを感じる。今は非常に感情的だ。このグループステージでの選手たちが報われ、嬉しく思う」と話した。 続けて、試合も回顧。「オール・オア・ナッシングのゲームだったが、リードが本当に救いとなった。終了のホイッスルまでよく守れたね。素晴らしい試合だった」と感想を述べた。 また、決勝ゴールをアシストしたFWカリム・アデイェミは「何とも言い難い気持ちだ。歴史を作ったんだ。グループステージの全6試合で良い戦いをしたのが報われたね」と振り返っている。 2021.12.09 14:15 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ撃破のザルツブルクが初の決勝T進出! 3連勝リールが首位通過《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループG最終節の2試合が8日に行われ、リールとレッドブル・ザルツブルクが決勝トーナメント進出を決めた。 本命不在となったグループGは今グループステージで唯一最終節までに全チームの順位がひとつも確定していない、近年稀に見る大混戦に。 そして、この最終節では最下位のヴォルフスブルク(勝ち点5)と、首位のリール(勝ち点8)。2位のレッドブル・ザルツブルク(勝ち点7)と、3位のセビージャ(勝ち点6)が運命の大一番に臨んだ。 レッドブル・アレーナで行われたザルツブルクvsセビージャは、ホームのザルツブルクが1-0で勝利した。 オーストリア勢史上初の決勝トーナメント進出を目指したザルツブルクと、グループ本命に挙げられながらも苦戦続きだったセビージャによる直接対決。 試合は引き分けでも勝ち抜けるホームチームが慎重な入りを見せたことで、ボールを握るセビージャが攻勢を仕掛ける展開に。ザルツブルクの集中した守備を前に流れの中で攻撃の糸口を見つけられないセビージャは、セットプレーに活路を見いだすが、クンデのヘディングシュートが枠を外れるなど、前半の内にゴールをこじ開けられない。 それでも、迎えた後半立ち上がりにはセビージャにビッグチャンス。48分、右サイドからのクロスをボックス内のラキティッチがヘディングでコースを変えると、これをゴール前のムニルがダイビングヘッドで合わすが、惜しくもクロスバーを叩いた。 このピンチを凌いだザルツブルクは逆にこの試合最初の決定機をゴールに結びつける。50分、カウンターからボックス左に抜け出したアデイェミが高速のグラウンダークロスを入れると、ゴール前にタイミング良く走り込んできたオカフォルがワンタッチで蹴り込んだ。 拙い試合運びで逆転突破には2点が必要となったセビージャだが、ターゲットマンのラファ・ミルをムニルに代えて反撃に打って出た中でアクシデントが発生。64分、すでに1枚カードをもらっていたジョルダンがアデイェミのカウンターをファウルで止めて2枚目のカードを受け、無念の退場となった。 これでビハインドに数的不利まで背負ったセビージャは積極的に交代カードを切っていくが、完全に逃げ切り態勢に入ったホームチームを前にゴールをこじ開けることができなかった。 この結果、本命セビージャとの直接対決を制したザルツブルクがクラブ史上初の決勝トーナメント進出を決めた。 また、フォルクスワーゲン・アレーナで行われたヴォルフスブルクvsリールは、アウェイのリールが1-3で勝利した。 グループ最下位からの逆転突破を図ったヴォルフスブルクと、引き分け以上で突破が決まる首位のリールによる一戦。 試合はリールが早い時間帯にスコアを動かす。相手CKのロングカウンターから右サイドをドリブルで独走したイコネがボックス内にフリーで走り込む味方へ丁寧なラストパスを送ると、これを主砲ブラク・ユルマズがきっちりゴールネットへ流し込んだ。 以降はホームチームの反撃に晒されるも1点リードで試合を折り返したリールは、68分に投入したアンヘル・ゴメスの投入が完璧に嵌る。まずは72分、ペナルティアーク付近で味方から足元にパスを受けた元ユナイテッドMFは冷静にワンタッチでゴール前に走り込むデイビッドに繋ぐと、若きエースが右ポストの内側を叩くシュートを流し込んで追加点を奪取。さらに、アンヘル・ゴメスは78分にもオナナの高い位置でのボール奪取からイコネを経由したボールをボックス内で冷静に流し込み、トドメの3点目を奪って見せた。 その後、後半終了間際にシュテフェンに1点を返されたが、2点差を維持して逃げ切ったリールが3連勝での首位通過を決めている。 2021.12.09 07:18 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly