バイエルン、ザルツブルクの19歳ドイツ代表FWを獲得か…練習場で代理人が目撃される

2021.10.18 16:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンが、ザルツブルクのドイツ代表FWカリム・アデイェミ(19)との交渉を開始したようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。

昨季、前人未到のブンデスリーガ9連覇を成し遂げたバイエルンは今夏にRBライプツィヒからフランス代表DFダヨ・ウパメカノ、オーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーを獲得。さらに、指揮官であるユリアン・ナーゲルスマン監督をも引き抜いており、近年国内でライバルであったライプツィヒの主要人物の引き抜きが目立っている。

そんなバイエルンが、次に関心を示すとされているのは、ライプツィヒと同じ『レッドブル・グループ』の1つである、ザルツブルクに所属するアデイェミ。バイエルンの練習場に同選手の代理人と父親の姿が目撃されたことから、移籍交渉が始まったと見られている。

また、19歳ながらドイツ代表に招集され、初得点も記録しているアデイェミにはヨーロッパ中のトップクラブから視線が集中。同グループのライプツィヒに加え、ドルトムント、リバプールも関心を持っていると伝えられている。

なお、『スカイ・スポーツ』によれば、アデイェミ本人はブンデスリーガでのプレーを希望しているとのこと。ミュンヘン出身であり、2年間と短い間ではあるがバイエルンのアカデミーでもプレーした同選手には、バイエルンへの入団は有力な選択肢となるだろう。


関連ニュース
thumb

ゴールデンボーイ賞に続きペドリがコパ・トロフィーを受賞!

フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は29日、バルセロナ所属のスペイン代表MFペドリ(19)が2021年度の“コパ・トロフィー”を受賞したことを発表した。 21歳以下の選手を対象にしたいわゆる“若手版バロンドール”。その記念すべき初代受賞者にはパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ、2代目にはユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが選ばれた。 そして、今年度のゴールデンボーイ賞にも選ばれたペドリが3代目の受賞者となった。バルセロナのロナルド・クーマン前監督の下でトップチームデビューを果たした18歳は、2020-21シーズンは夏のユーロ2020や東京オリンピックにも出場し、驚異の公式戦75試合に出場。 今やクラブでも代表でも欠かせない存在となり、10月には2026年までの新契約を締結。契約解除金は破格の10億ユーロ(約1316億円)に設定された。 なお、2位にはドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム、3位にはバイエルンのドイツ代表MFジャマル・ミュージアラが選ばれている。 2021.11.30 05:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ミュラー、同僚レヴァンドフスキのバロンドール受賞を熱望 「絶対にレヴィが獲らないと…」

バイエルンのドイツ代表MFトーマス・ミュラーがポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのバロンドール受賞を熱望した。ドイツ『スカイ』が伝えている。 29日に『フランス・フットボール』によって、2年ぶりに発表されるバロンドール。今年の候補者30名の中でも、最も受賞を有力視されている選手の1人がレヴァンドフスキだ。 同選手は昨季のブンデスリーガで29試合に出場し、41得点をマーク。ドイツ代表のレジェンドであるゲルト・ミュラー氏のシーズン最多得点記録を49年ぶりに更新し、今季も公式戦ここまで20試合の出場で25得点と驚異的なペースで量産している。 同僚であるミュラーもそんなレヴァンドフスキの受賞を期待しているようだ。ラ・リーガで素晴らしい活躍を見せ、同じく有力候補の一人であるレアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマと比較しても、圧倒的な活躍を残していると主張した。 「絶対にレヴィ(レヴァンドフスキ)が獲らないといけない。彼はそれに値する」 「もちろん、スペインの人々はベンゼマが素晴らしいパフォーマンスをしたと言うだろう。だけど、レヴィは僕たちと一緒にすべてを勝ち取った。去年は投票がなかったけどね。そして、次のシーズンにはドイツで得点記録を作ったんだ」 「さらに、ポーランド代表での活躍も加わる。それはトップレベルのチームでの活躍と比べてはるかに難しいことだよ」 「今のところ、彼ほど個人でとてつもない活躍をしている選手は一人もいないし、チームの残した結果も優れていた。ベンゼマの個人成績は確かに優れているけど、レアル・マドリーやフランス代表ではあまり結果を残せていないね」 2021.11.29 18:37 Mon
twitterfacebook
thumb

サネの決勝弾でリーグ年間最多ゴール記録樹立! バイエルンが奥川フル出場のビーレフェルトに競り勝つ!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第13節、バイエルンvsビーレフェルトが27日にアリアンツ・アレーナで行われ、ホームのバイエルンが1-0で勝利した。なお、ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場した。 現在、首位のバイエルン(勝ち点28)は前節、キミッヒやジューレらコロナ関連による欠場者が居た中、アウグスブルクに痛恨の敗戦。今季2敗目を喫した。それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではディナモ・キエフ相手に勝利し、バウンスバックに成功。 来週に勝ち点1差の2位ドルトムントとのデア・クラシカーを控える中、今節は奥川が2戦連続ゴール中と一人気を吐く降格圏の17位ビーレフェルト(勝ち点9)と対戦した。ディナモ・キエフ戦からはタンギ・ニアンズに代えてウパメカノを起用した以外、同じスタメンを継続した。 戦前の予想通り、地力で大きく勝るバイエルンが相手陣内でハーフコートゲームを展開していく。開始7分にはボックス内での混戦からミュラーが右足のジャンピングボレー、11分にはサネの左足のミドルシュートでいきなりゴールに迫るが、いずれもGKオルテガの横っ飛びのセーブに遭う。さらに、16分にはミュラーとのパス交換でボックス左に抜け出したアルフォンソ・デイビスがGKと一対一を迎えるが、ここもオルテガにうまくコースを消されて先制点とはならず。 以降も相手を自陣深くに押し込めて多彩な崩しで局面の打開を試みるバイエルンだが、オルテガを中心とするビーレフェルトの集中した守備に苦戦。頼みのレヴァンドフスキもなかなかボールタッチのフィーリングや周囲との呼吸が合わず、決定機に絡むことができない。 一方、キックオフ直後から我慢の戦いが続くビーレフェルトは幾度か良いボール奪取から前がかりな相手の背後を突くカウンターでチャンスを窺ったが、能力の高い相手守備陣とのマッチアップを制することができず。28分には好調の奥川が相手の背後を取ってGKノイアーとの一対一に持ち込む見せ場が訪れたが、シュートを防がれた上に抜け出しのタイミングでオフサイドを取られた。 前半のうちにゴールを奪えなかったバイエルンは早い時間帯にゴールを奪おうと、後半もアグレッシブに入る。 開始直後の46分にはウパメカノからのクサビのパスをミュラー、トリソとワンタッチで繋ぎ、3人目の動きでゴール前に飛び出したサネがダイレクトシュート。だが、ここはGKオルテガにうまくコースを消されてシュートは枠の左に外れた。さらに、58分にはゴレツカを下げてミュージアラを投入し、より攻撃的な布陣にシフト。 一方、後半も守勢が続くビーレフェルトでは奥川がチームの攻撃をけん引。67分にはペナルティアーク付近に持ち込んで強烈なミドルシュートを放つが、これは惜しくも枠の右に外れた。 ゴールが遠いバイエルンだが、後半半ば過ぎにようやくゴールをこじ開ける。71分、後半立ち上がりの決定機と似たような形からミュージアラのクサビをミュラーが丁寧に左へ落とすと、サネが強烈な左足のミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。 なお、バイエルンにとってこのゴールは2021年のブンデスリーガでの102ゴール目となり、1977年にケルンが記録したリーグ記録を更新した。 このゴールによってここから一気にバイエルンペースかに思われたが、ビーレフェルトも士気を落とさずに守備面で粘る。畳みかける攻めで追加点を奪いたいホームチームは、77分にコマン、78分に途中出場のニャブリがゴールへ迫るが、GKオルテガのビッグセーブとクロスバーに阻まれた。 それでも、守備の局面では終始安定したパフォーマンスを見せていたバイエルンは、奥川らビーレフェルトの攻撃陣をきっちり封じ込めて1-0の勝利。相手の堅守に苦しみながらもアウグスブルク戦の敗戦を払しょくする勝利を収め、次節のデア・クラシカーを首位で迎えることになった。 2021.11.28 04:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ナーゲルスマン監督が奥川雅也を警戒 「ボールコントロールと俊敏性に優れている」

ビーレフェルト戦に挑むバイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が、MF奥川雅也への警戒心を示している。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 バイエルンは27日に行われるブンデスリーガ第13節でビーレフェルトと対戦する。前節はアウグスブルク相手に不覚を取り今季2敗目。2位ドルトムントとは1ポイント差という状況だ。 今節は、ここまでわずか1勝で17位に沈むチームが相手だが、ナーゲルスマン監督は明確なプロセスを持ったチームであると警戒。また、リーグ戦2試合連続ゴール中の奥川に対しても注意を向けた。 「ビーレフェルトは昨年に比べて成長している。彼らは非常に明確なプロセスを持っており、また、相手にスペースを開けさせて浮き球などを使ってチャンスを作る方法について、常に良いアイデアを持っている。ファビアン・クロスは空中戦で素晴らしい活躍を見せているよ」 「オクガワはとても良いシーズンを過ごしており、ボールコントロールと俊敏性に優れている。彼らのゲームモデルはすばらしく、常に深みを追求している」 「私はクラマー監督のことを知っており、彼の大まかなアイデアも理解している。フィジカル的にも、プレーの仕方にしても、彼らは進歩しているのだ。非常に献身的で情熱的なディフェンスをしていて、それはアウグスブルクと似ている」 「キックオフの時点から、勝利への絶対的な貪欲さを持って臨む準備をしなければならない。4ポイントのリードがなくなったため、我々にとって非常に重要な試合だ。自分たちのパフォーマンスの限界を発揮する必要がある」 2021.11.27 20:03 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第13節プレビュー】奥川、バイエルン相手に3戦連発なるか

前節はバイエルンが格下アウグスブルクに敗れる波乱があり、2位ドルトムントとの勝ち点差が1に縮まった。そしてMF奥川が2戦連続ゴールを決めている。迎える第13節、バイエルン(勝ち点28)と奥川のビーレフェルト(勝ち点9)が対戦する。 バイエルンは前節、MFキミッヒやDFジューレらコロナ関連による欠場者が居た中、アウグスブルクに痛恨の敗戦。今季2敗目を喫した。それでも火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・キエフ戦では2-1と勝利して首位通過を決めた。コロナ陽性によりキミッヒが欠場となるが、リーグ戦に完全に集中できる環境となった中、勝利を取り戻して首位キープとなるか。 一方、前節ヴォルフスブルク戦で先制ゴールを挙げ、2戦連発とした奥川。チームは2点のリードを守れず引き分けに持ち込まれてしまい連勝とはならなかったが、チーム状態は悪くない。バイエルン相手にはザルツブルク時代にCLでゴールを挙げたことのある奥川だが、3戦連発となるか。 シュツットガルトに競り勝ち、バイエルンに1ポイント差とした2位ドルトムント(勝ち点27)は、6位ヴォルフスブルク(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。シュツットガルト戦で公式戦連敗を止めたドルトムントだが、水曜に行われたCLスポルティング・リスボン戦では1-3で敗れ、最終節を前に敗退が決定。厳しい敗戦を喫した後、気持ちを切り替えてヴォルフスブルク戦に臨めるかがポイントとなりそうだ。 今節はMF鎌田、DF長谷部フランクフルトとMF原口、MF遠藤渓太のウニオン・ベルリンによる日本人対決が開催される。フランクフルトは前節、3位と好調なフライブルクとのアウェイ戦をシャットアウトで制し、リーグ戦3勝目を挙げた。共に先発した鎌田と長谷部は勝利に貢献しており、引き続きスタメン起用が期待される。ピッチを縦横無人に動き回る原口とのマッチアップに注目だ。 一方、古巣ヘルタ・ベルリンとのダービーでも相変わらずの豊富な運動量で勝利に貢献した原口。フランクフルト戦でも泥臭くプレーできる原口の運動量がチームの生命線となるだけに原口のパフォーマンスに注目したい。 ドルトムントに惜敗して3連敗となった16位シュツットガルト(勝ち点10)は、8位マインツ(勝ち点18)とのホーム戦に臨む。先発出場を続けている遠藤と伊藤だが、とりわけ伊藤は前節、3バックの左を任されて攻撃面でも良い働きを見せた。遠藤はもちろん、成長を続ける伊藤にも注目したい。 前節レバークーゼンに惜敗した13位ボーフム(勝ち点13)は3位フライブルク(勝ち点22)とのホーム戦に臨む。右MFでスタメンを続けている浅野は、レバークーゼン戦では決定機があったものの決めきれなかった。ゴールには近づいているだけに、好調な相手に対して待望の今季初ゴールを決められるか。 ◆ブンデスリーガ第13節 ▽11/26(金) 《28:30》 シュツットガルトvsマインツ ▽11/27(土) 《23:30》 グロイター・フュルトvsホッフェンハイム ボーフムvsフライブルク ケルンvsボルシアMG ヘルタ・ベルリンvsアウグスブルク ヴォルフスブルクvsドルトムント 《26:30》 バイエルンvsビーレフェルト ▽11/28(日) 《23:30》 フランクフルトvsウニオン・ベルリン 《25:30》 ライプツィヒvsレバークーゼン 2021.11.26 18:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly