着々補強のセビージャ、ブレーメンからアウグスティンソンを獲得! クラブ初のスウェーデン人選手に

2021.08.15 20:32 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャは15日、ブレーメンからスウェーデン代表DFルドヴィグ・アウグスティンソン(27)を獲得したことを発表した。契約は4年間となる。

2011年に母国のブロマポイカルナでプロデビューしたアウグスティンソンは、ヨーテボリやコペンハーゲンを経て、2017年夏にブレーメンに加入。左サイドバックで1年目から主力として活躍し、在籍4年間で公式戦115試合3ゴール15アシストを記録した。

また、2015年にはスウェーデン代表デビューもしており、ここまで36キャップを数えている。先のユーロ2020ではラウンド16までの全4試合に先発出場し、スペイン戦でもフル出場で引き分けを演じていた。

現地メディアによると、移籍金は550万ユーロ(約7億円)。セビージャではスペイン人DFセルヒオ・エスクデロが契約満了で今夏に退団していたため、左サイドバックの補強は急務となっていた中、クラブ初のスウェーデン人選手がその穴を埋めることとなった。

同クラブは、先日にはリーベル・プレートのアルゼンチン代表DFゴンサロ・モンティエル(24)の獲得を発表しており、これで両サイドバックを確保したことに。また、ポルトのメキシコ代表MFヘスス・コロナ(28)獲得にも迫っているようだ。

関連ニュース
thumb

セビージャ、バイエルンDFニアンズを完全移籍で獲得

セビージャは17日、バイエルンのU-20フランス代表DFタンギ・ニアンズ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月までの5年間となっている。ドイツ『キッカー』によれば移籍金は2000万ユーロ(約27億5000万円)、バイエルンは買い戻しオプションを付けているとのことだ。 コートジボワールにルーツを持ち、センターバックでプレーするニアンズはパリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身で、2019年7月にファーストチームに昇格。1年後の2020年7月にバイエルンへとフリーで完全移籍した。 バイエルンでは公式戦28試合に出場。世代別のフランス代表ではU-20フランス代表でキャプテンを務め、10試合に出場し1ゴールを記録している。 セビージャでは昨季までセンターバックの主力を担っていたDFジュール・クンデとDFジエゴ・カルロスの両選手が移籍していた。 2022.08.18 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、PSGのドイツ代表DFケーラー獲得を決定的に!

ウェストハムがパリ・サンジェルマン(PSG)のドイツ代表DFティロ・ケーラー(25)獲得を決定的なものとしたようだ。フランス『RMC Sport』が伝えている。 ケーラーは2018年夏にシャルケからPSGへと加入。主力という立場ではないものの、本職のセンターバックに加えて両サイドも対応可能というユーティリティ性を武器に昨季はリーグ・アンで27試合に出場した。 だが、移籍市場を通して今季に向けては戦力外という見方が強まっており、実際にシーズン開幕からここまで出場機会はない。また、クリストフ・ガルティエ監督が今夏中の新たなセンターバックを要望していることもあり、ケーラーの立ち位置はますます危うくなっているという。 選手自身も今秋に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー入りを見据えて安定した出場機会を切望。先月に行われたプレシーズンの日本ツアーから帰国してまもなく、退団希望をクラブに伝えていたようだ。 そんななか、ウェストハムがケーラー獲得に漕ぎ着けたとのこと。同選手はセビージャとの合意も報じられていたが、ウェストハムでメディカルチェックを受診するため、16日にもロンドン入りするとみられている。 2022.08.16 21:27 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャがバイエルンの若手DF獲得か? デンマーク代表DFからターゲット変更

セビージャがバイエルンのU-20フランス代表DFタンギ・ニアンズ(20)の獲得に近づいているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ニアンズはパリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身で、2019年7月にファーストチームに昇格。1年後の2020年7月にバイエルンへとフリーで完全移籍した。 コートジボワールにルーツを持つニアンズは、PSGで公式戦13試合に出場し3ゴール1アシスト。バイエルンでは、ここまで公式戦28試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。 センターバックでプレーするニアンズは、世代別のフランス代表を経験し、U-20フランス代表ではキャプテンを務め、10試合に出場し1ゴールを記録していた。 セビージャはガラタサライのデンマーク代表DFビクトル・ネルソン(23)の獲得を目指していたが、交渉が進まずにチームは痺れを切らしている状況。そこで目をつけたのがニアンズとのことだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏も、交渉が終わりに近づいているとし、ニアンズの移籍決定は間も無くだとしている。 191cmの上背に右利きのCB。バイエルンとの契約も2024年6月までという状況で、移籍金は1000万ユーロ(約13億6000万円)程度とのこと。ネルソンには1500万ユーロ(約20億4000万円)のオファーを出したものの、ガラタサライに拒否されたこともあり、ターゲットは完全に切り替わったとみられている。 2022.08.16 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

クンデが重傷を負った元相棒D・カルロスにエール! 「僕らはいつでも君と共に…」

バルセロナのフランス代表DFジュール・クンデがセビージャ時代の元相棒の重傷を受け、励ましのメッセージを届けた。 アストン・ビラは15日、ブラジル人DFジエゴ・カルロスの負傷を発表した。今夏にセビージャから加入した新ディフェンスリーダー候補は開幕から2試合続けて先発出場。しかし、13日に行われたプレミアリーグ第2節のエバートン戦の試合終盤にアキレス腱断裂の重傷を負い、離脱期間は最低でも6カ月以上が見込まれる。 そのジエゴ・カルロスの悲劇を受け、共にリーグ・アンから2019年夏にセビージャへ加入し、リーグ屈指のセンターバックコンビを形成してヨーロッパリーグ制覇を成し遂げた相棒のクンデは、自身の公式インスタグラムのストーリーを通じて同選手に励ましのメッセージを届けた。 「頑張れ、兄弟」 「この試練が君をより強くしてくれるはずだ。僕らはいつでも君と共にあるよ」 現在、クンデはラ・リーガのサラリーキャップの問題でリーグ登録が認められない難しい状況にあるが、自身よりも辛い状況にある元相棒への思いやりを見せている。 2022.08.15 23:08 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャ、オサスナとの開幕戦で競り負け黒星スタート《ラ・リーガ》

セビージャは12日、ラ・リーガ開幕戦でオサスナとのアウェイ戦に臨み、1-2で競り負けた。 昨季4位のセビージャはクンデがバルセロナに移籍した中、本職中盤のグデリがセンターバックで先発。前線は最前線にラファ・ミル、2列目に右からテカティート、パプ・ゴメス、オカンポスと並べた。 昨季10位のオサスナがアグレッシブな入りを見せてきた中、セビージャは9分に失点する。右サイドを持ち上がったペーニャのクロスをファーサイドのチミ・アビラにヘッドで決められた。 それでも11分にすかさず追いつく。左サイド高い位置でアクーニャのフィードを受けたパプ・ゴメスが送ったクロスをラファ・ミルが合わせた。 試合を振り出しに戻したセビージャがボールを持つ中、24分にパプ・ゴメスがGK強襲のシュートを浴びせると、39分には逆転のチャンス。中央からデラネイの放ったミドルシュートが右ポストに直撃した。 1-1で迎えた後半もセビージャが押し込む展開が続くが、好機を生み出すには至らない。 そこで63分にはテカティートに代えてラメラ、ラファ・ミルに代えてエン=ネシリを投入した。すると67分、エン=ネシリがヘディングシュートでGKを強襲。 しかし72分、CKの流れでパプ・ゴメスがボックス内のモンカジョーラを倒したとしてPKを献上。これをアイマル・オロスに決められて勝ち越しを許した。 再び追う展開となったセビージャはラキティッチや新戦力のテレスを投入するも、反撃できずに1-2で敗戦。黒星スタートとなっている。 2022.08.13 05:56 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly