【DAZN欧州組応援部】2020-21シーズンのベストプレーヤーズを選出! 1位は22ゴールに絡んだ伊東純也!

2021.07.12 20:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、2020-21シーズンのベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。

この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰していたもののシーズン総括版となる。

対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ、ギリシャ・プレミアリーグだ。

2020-21シーズン最も活躍した日本人選手は誰だったのか!?

★参加10メディア ※順不同
DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー

「DAZN欧州組応援部」2020-21シーズンのTOP3選手はこちら!


3位:FW鈴木優磨(シント=トロイデン)
Getty Images

出場試合:34試合
出場時間:2857分
成績:17ゴール4アシスト


3位に輝いたのはシント=トロイデンのエースとして活躍した鈴木優磨。ジュピラー・プロ・リーグで全試合に先発出場し17ゴールを記録。欧州1部リーグ最多ゴール記録(後に浅野拓磨に抜かれる)を樹立した。

今夏の移籍が取り沙汰された中、シント=トロイデンでのプレシーズンに参加している。

2位:DF冨安健洋(ボローニャ)
Getty Images

出場試合:31試合
出場時間:2719分
成績:2ゴール


2位はセリエA2年目の冨安。日本代表でも不動のポジションを確保している冨安は、今シーズンはセンターバックでシーズンをスタート。しかし、チーム事情などもあり右サイドバックの他、左サイドバックでの出場も。シーズンで決めた2ゴールはいずれも豪快なもので攻撃面も高く評価された。

今夏はステップアップが噂されており、プレミアリーグのトッテナムへ移籍する可能性も。

1位:MF伊東純也(ヘンク)
Getty Images

出場試合:32試合
出場時間:2725分
成績:10ゴール12アシスト


栄えある年間1位はヘンクの伊東純也だ。シーズンを通してレギュラーとしてプレー。右ウイング、右サイドハーフをメインに左イングでもプレー。10ゴール12アシストは圧巻だ。

そのスピードとキレのあるドリブルはベルギーでは敵なし。エースのポール・オヌアチュとのコンビネーションも素晴らしく、伊東、オヌアチュ、テオ・ボンゴンダの3トップは脅威となった。



1 2
関連ニュース
thumb

古橋亨梧の復帰、10月の代表ウィーク明けか

復帰が待たれるセルティックの日本代表FW古橋亨梧だが、インターナショナルブレイク明けになるようだ。スコットランド『Daily Record』が報じた。 今夏にヴィッセル神戸から加わってから公式戦9試合で7ゴールとセンセーショナルな活躍を披露して、セルティックファンの心を早々に掴んだ古橋。だが、先の代表ウィーク中にヒザを痛めて以降、セルティックでも欠場が続いている。 もはやセルティックの攻撃に欠かせぬ存在だけに、早期復帰が願われるが、アンジェ・ポステコグルー監督は11日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第5節のロス・カウンティ戦に先駆けた会見で3〜4週間の離脱見込みを口にした。 そんな古橋だが、練習を再開。見込みよりも早い復帰が期待されたが、元横浜F・マリノス指揮官は「キョウゴがインターナショナルマッチウィークまでに戻ってこれるどうかは疑わしいところが、懸命に努力している」との見解を示した。 なお、セルティックの代表ウィーク前最終戦は10月2日に行われるリーグ戦第8節のアバディーン戦。インターナショナルブレイク明けの初戦は同月16日に行われる第9節のマザーウェル戦となる。 2021.09.25 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「驚きの連続」2試合でファンのハートを鷲掴みにした冨安健洋、アーセナルデビュー戦を振り返る「一生忘れない」

日本代表DF冨安健洋が、アーセナルでのデビュー戦について振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 今夏の移籍市場最終日にボローニャからアーセナルへと加入した冨安。若手主体に補強を行った今夏の締めくくりとなる補強となった。 その後日本代表の活動に参加した冨安は、チームに合流して1日半のトレーニングで、ノリッジ戦のピッチにスターティングメンバーとして立った。 開幕から無得点で3連敗と最悪のスタートを切っていたアーセナル。ミケル・アルテタ監督の手腕にも非難が集まる中、アーセナルファンにとっては馴染みがなく、名前もプレーもよく分からない日本人DFということもあり、冨安の獲得には懐疑的な目が向けられていた。 さらに開幕3試合でチームのウィークポイントとして見られていた守備陣を担うということもあり、スタメンに名を連ねた際にも、「誰だ?」という声が出るほど。全く期待を受けていなかった状態だった。 しかし、冨安は右サイドバックとして先発出場すると、攻守にわたって高いパフォーマンスを披露。あわやアーセナルのリーグ戦初ゴールとなりかけたボレーシュートを放つなど、プレーでファンの心を掴み、後半に途中交代する際にはスタンディングオベーションで見送られた。 その次のバーンリー戦では先発フル出場。空中戦の勝率100%という衝撃のスタッツを残すなど、一気にファンを虜にしている。 その冨安は、26日に行われるトッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”に向けたマッチデープログラムで自身のデビュー戦について振り返り、アーセナルファンの歓声に衝撃を受けたと語った。 「デビューの日は驚きの連続でした。プレミアリーグでプレーすることは僕の大きな夢だったので、僕にとっては特別な日でした」 「特に、エミレーツ・スタジアムでプレーできたことは、本当に素晴らしいことでした」 「あんな音は今まで聞いたことがありません。人生で初めてです。本当に特別なものでした。一生忘れないと思います」 「もちろん、あの音には驚かされました。あんなに多くのサポーターの前に立ったこともありません。でも、試合中はプレーに集中していました。自分のパフォーマンスに集中する必要があったので、そうしました」 「僕にとっては驚きの連続でした。ピッチに入った瞬間から、その声が聞こえてきました。そして、僕がボールを持ったり、プレーするたびに、その音が聞こえてきました。ゴールの時も良かったです」 <span class="paragraph-title">【写真】まるでナイスカップル! 冨安と岩渕のアーセナルコンビ2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUH9vrZD74Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUH9vrZD74Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUH9vrZD74Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 【動画】冨安健洋を探せ! アーセナル集合写真撮影の舞台裏 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJyTG1YazFCVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.25 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

負傷の久保建英、最低1カ月アウトか

マジョルカの日本代表MF久保建英はすぐにピッチに戻れなさそうだ。 今季からラ・リーガ昇格を果たしたマジョルカにレアル・マドリーからのレンタルで2年ぶりに復帰した久保。残留が第一目標のチームが開幕から2勝2分け1敗とまずまずのスタートを切るなか、日本の未来を背負って立つ20歳のレフティも開幕戦こそ途中出場だったが、それから先発が続き、主力の座を射止めている。 そのなか、22日に敵地で行われた第6節で保有元のレアル・マドリーを相手に先発したが、前半のみの出場で交代。今季最多6失点の大敗で2敗目を喫したルイス・ガルシア・プラサ監督は試合後、本人からヒザの痛みを直訴されたことを明らかにすると、久保も翌日に自身のインスタグラムで戦線離脱を報告した。 渦中の久保はマジョルカからの一時離脱とともに、10月の代表活動にも参加できない見通しも示唆しており、全治などが気になるところだが、現時点でクラブから音沙汰なし。そうした状況のなか、スペイン『COPE』が少なくとも1カ月の離脱になる模様だと報じた。 伝えられるところによれば、試合後に松葉杖姿も目撃されたという久保は現所属先のマジョルカだけでなく、保有権を持つレアル・マドリーの医療機関でも検査を受診。基本的に保存治療で回復を目指していくことになり、1カ月強でチームに合流する見通しだという。 マジョルカでゴール、アシストともにないものの、攻撃陣の軸として光るプレーを披露して、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合が行われる10月の代表活動でも活躍が期待された久保。早期復帰が待たれるところだ。 2021.09.25 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「感動している」 トッテナム戦前会見でも冨安健洋にアーセナル指揮官から賛辞続く

アーセナルの日本代表DF冨安健洋に対して、ミケル・アルテタ監督から惜しみない賛辞が続いている。クラブ公式サイトが伝えている。 今夏の移籍マーケット最終日にそれまでのトッテナム行きが一転して、ボローニャからのアーセナル入りが決定した冨安。まだ加入して間もないにもかかわらず、デビュー戦からプレミアリーグ2試合連続で右サイドバックとして先発起用され、3連敗スタートのチームもそこから2連勝と巻き返す。 移籍後後2試合目の18日に行われた第5節のバーンリー戦では空中戦&デュエルの勝率でともに100%という驚異的なスタッツを記録。新たなキャリアを華々しくスタートさせた冨安をこれまでも称賛してきたアルテタ監督が26日に行われる第6節のトッテナム戦前会見で働きぶりに改めて言及した。 「まあ、感動させてもらっているね。パフォーマンスも、落ち着きぶりもね。周囲からもすぐに評価されているところもだ。ノリッジ戦では準備の時間がなく、それからプレミアリーグの典型的な試合だったバーンリー戦に臨んだわけだが、ズバ抜けた活躍を披露した。難しかったはずだが、誇りを持ってそれをやり遂げたと思う。彼は常にフルでコミットし、集中している」 そんな日本の未来も背負って立つ冨安のさらなる活躍も期待されるアーセナルだが、今週末は同じくロンドンに拠点を置く宿敵トッテナムとの大一番。勝ち点もわずか3ポイント差での直接対決となり、勝敗が大きな意味を持つ。ホーム戦のアーセナルからしてみれば、是が非でも勝ちたい一戦だ。 3連勝がかかるアルテタ監督は「今季のホーム戦で最もスペシャルな一戦に違いない」と特別な試合であるのを認め、「ノースロンドン・ダービーだから、気持ち的にもいつもと違うものになる。サポーターにとっても大きな意味を持つものだと認識している」と気合を入れて挑む姿勢を示した。 2021.09.25 11:55 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤航、シュツットガルトの相棒に一目置かれる「改善できるところを見つけ、見習っていきたい」

シュツットガルトのドイツ人MFアタカン・カラソルが、相棒である日本代表MF遠藤航について語った。 カラソルはボーフムの下部組織で育ち、その後ドルトムントのセカンドチームに加入。2017年7月からホルシュタイン・キールでプレーすると、2019年7月にシュツットガルトへと加入した。 時を同じくしてシント=トロイデンから加入した遠藤とはボランチというポジションが重なることもあったが、遠藤がポジションを掴んだことで3バックの一角にポジションを下げていた。 昨シーズンはケガなどの影響もあり、出場機会が限られたが、今シーズンはボランチとして起用されることに。遠藤とダブルボランチを組むこととなっている。 2020-21シーズンのブンデスリーガのデュエル勝利数1位の遠藤とのコンビを組むカラソルは、ドイツ『ビルト』のインタビューで遠藤について言及している。 「ワタ(遠藤航)と一緒にプレーすることは、僕にとって大きなことなんだ」 「僕は6番(ボランチ)の選手だったけど、彼に先発のポジションを奪われてしまった」 「今はワタのプレーを見て、自分の改善できるところを見つけ、見習っていきたいと思う」 チームのキャプテンにまで就任した遠藤。ボランチでコンビを組む相棒からも一目置かれる存在だが、今季のチームはここまで苦しい状況に。カラソルとのコンビで相手の攻撃を封じ、チームに勝利をもたらせられるだろうか。 2021.09.24 21:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly