日本代表戦にも出場したセルビア代表DFミトロビッチがヘタフェに完全移籍

2021.07.06 18:56 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェは6日、ストラスブールのセルビア代表DFステファン・ミトロビッチ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年間となる。

ミトロビッチはツルヴェナ・ズヴェズダの下部組織出身。ファーストチームに昇格することなくスロベニアのペトルチャルカへと完全移籍。その後、チェコのズブロヨフカ・ブルノ、セルビアのメタラツを経て、2012年にベルギーのコルトレイクへと加入する。

その後、ベンフィカやレアル・バジャドリー、フライブルク、ヘントでプレーすると、2018年7月からストラスブールでプレーしていた。

リーグ・アンでは89試合に出場し3ゴール1アシスト。ジュピラー・プロ・リーグでは84試合で6ゴールを記録。ストラスブールでは日本代表GK川島永嗣と、ヘント時代はFW久保裕也とチームメイトとしてプレーしていた。

また、セルビア代表としても26キャップを記録。6月に行われた日本代表との試合にもキャプテンとして出場していた。

関連ニュース
thumb

ヘタフェがベンフィカMFフロレンティーノ・ルイスをレンタル

ヘタフェは31日、ベンフィカからU-21ポルトガル代表MFフロレンティーノ・ルイス(22)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 リスボン生まれのフロレンティーノは、2010年に地元ベンフィカの下部組織に入団。アンダー世代のポルトガル代表の常連はアンカーとして高い身体能力を生かしたボール奪取能力、カバーリング能力に加えて、的確なポジショニングと判断力が評価されている大器だ。 昨シーズンはモナコにレンタル移籍したものの、コンディションの問題などもあり、公式戦11試合の出場に留まっていた。 2021.08.31 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

東京五輪で日本を苦しめたククレジャがブライトンに完全移籍!

ブライトンは31日、ヘタフェからスペイン人MFマルク・ククレジャ(23)を獲得したことを発表した。契約は5年で、イギリス『アスレティック』によると、ブライトンが1800万ユーロ(約23億2000万円)の契約解除金を支払った格好のようだ。 バルセロナ下部組織育ちのククレジャは、トップチームデビューまで到達するものの厚い選手層に阻まれ、2019年夏からヘタフェでプレー。この2シーズンで公式戦85試合に出場し、4ゴール8アシストを記録した。 また、今年6月にスペインA代表デビューも果たしている同選手は、先の東京オリンピックにもU-24スペイン代表として参加。左サイドバックとして5試合に出場し、銀メダル獲得に貢献した。 なお、バルセロナはヘタフェに売却する際、将来的な移籍金の10%を手にできる条項を盛り込んでいたようだ。 2021.08.31 19:44 Tue
twitterfacebook
thumb

元バルサBのDFクエンカがビジャレアルからヘタフェにレンタル移籍

ヘタフェは30日、ビジャレアルのスペイン代表DFホルヘ・クエンカ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アルコルコンの下部組織で育ったクエンカは、2017年7月にバルセロナBへと加入。2020年9月にビジャレアルへと完全移籍した。 そのままアルメリアへとレンタル移籍したクエンカ。アルメリアでは公式戦37試合に出場し3ゴール1アシストを記録。2020-21シーズンはセグンダ・ディシオン(スペイン2部)で35試合に出場し3ゴール1アシストを記録していた。 世代別のスペイン代表を経験しているクエンカは、U-21スペイン代表として今年のU-21欧州選手権にも出場。また、デビューは果たしていないものの、ユーロ2020前の国際親善試合に臨むスペイン代表に招集されリトアニア代表戦でベンチ入りを果たしていた。 2021.08.30 21:18 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン五輪代表ククレジャのブライトン移籍が秒読み!

ヘタフェのU-24スペイン代表MFマルク・ククレジャ(23)がプレミアリーグ挑戦を果たすようだ。 バルセロナ下部組織育ちのククレジャはそのままトップチームデビューを果たすが、厚い選手層にも阻まれ、2019年夏からヘタフェでプレー。先の東京オリンピックでも左サイドバックとして5試合に出場して、銀メダルの獲得に貢献した。 そんなククレジャを巡ってはローマの関心も取り沙汰されたが、イングランドが新天地になる様子。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、同じく興味が囁かれてきたブライトン&ホーヴ・アルビオンに移籍するという。 ブライトンは契約解除金1800万ユーロ(約23億2000万円)の支払いが完了。ククレジャはブライトンと契約を結ぶため、本日にもイングランドに向かう模様だ。 なお、2019年夏にバルセロナからククレジャをレンタルしたヘタフェは昨夏に1000万ユーロ(約12億9000万円)の買い取りオプションを行使。バルセロナは将来的に選手が売却時、その移籍金の10%を手にできる権利をつけて放出している。 2021.08.30 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナがデパイ2戦連続弾で今季2勝目! 内容低調もヘタフェを振り切る《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第3節、バルセロナvsヘタフェが29日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-1で勝利した。 アスレティック・ビルバオとのアウェイゲームを1-1のドローで終えて開幕連勝を逃したバルセロナ。開幕連敗中のヘタフェ相手に2戦ぶりの白星を目指した一戦では、先発5人を変更。 負傷明けの守護神テア・シュテーゲンがネトに替わって今季初出場を飾り、最終ラインではジョルディ・アルバを除く3人を変更。デストに替わってエメルソンが初スタメンに入り、出場停止のエリック・ガルシアと負傷のピケに替わってアラウホとラングレがセンターバックでコンビを組み、特別休暇を与えられたペドリに替わってセルジ・ロベルトが代役を担った。また、コウチーニョとミンゲサが初のベンチ入りを果たした。 試合は互いの出方を窺う暇もなくいきなり動く。開始2分、最後尾からのラングレの縦パスが相手陣内左のハーフスペースで待つデパイに入ると、デパイはすぐさま左サイドの高い位置に走り込むアルバに展開。アルバが得意の形からグラウンダーで折り返したボールに対して、ニアのブラースヴァイトがスルー。後方に走り込できたセルジ・ロベルトがワンタッチで流し込んだ。 今季初先発となったセルジ・ロベルトの今季2点目で最高の滑り出しを見せたバルセロナは、以降もアスレティックに比べてプレスの強度が緩いヘタフェに対してストレスなくボールを動かしていく。 しかし、畳みかける姿勢を見せずに漫然と試合を進めてしまうと、エアポケットに入ったような一瞬の緩みからあっさりと試合を振り出しに戻される。19分、右サイドで連続したデュエルで後手を踏むと、ウナルとオリベラに突破を許す。そして、ボックス中央でサンドロ・ラミレスにアレーニャとのパス交換で前向きな仕掛けを許すと、ゴール左下隅に強烈なシュートを流し込まれた。 元カンテラーノの連携から3試合連続で失点を喫したバルセロナは、これで目を覚ましたか、ここから攻撃のギアを上げていく。先制点以降はなかなか決定機まで持ち込むことができずにいたが、個人技でゴールをこじ開ける。 30分、デ・ヨングからパスを受けたデパイがボックス左でDF2枚を相手に仕掛けると、細かなフェイントで一瞬相手を外して右足のシュートをニア下に突き刺し、2試合連続ゴールとした。 以降は落ち着きを取り戻したバルセロナが冷静にボールを動かしながらゲームをコントロール。40分過ぎにはアランバリのシュートのこぼれ球をキャッチにいったGKテア・シュテーゲンに対して、やや無謀に詰めたサンドロ・ラミレスが交錯。頭部の負傷が懸念されたものの、テア・シュテーゲンは無事プレーに復帰した。 効率良い攻めによって1点リードで試合を折り返したバルセロナだが、後半の入りはヤンクトに際どいミドルシュートを許すなど守勢を強いられる。 失点こそ免れるものの、前半以上にビルドアップや崩しの精度が低調なバルセロナは、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。61分にはラングレからの柔らかなフィードに反応したセルジ・ロベルトがボックス中央でヘディングシュートを狙うが、これはGKの守備範囲。この直後にはエメルソンを下げてデストを最初の交代カードとして切った。 その後、ヘタフェの一時の勢いを止めたバルセロナは、いずれも負傷したセルジ・ロベルトとブラースヴァイトを下げて、74分にニコ・ゴンサレスと、これがトップチームデビューとなる17歳MFガビを同時投入。さらに、84分にはグリーズマンを下げて今季初出場のミンゲサを投入し、逃げ切り態勢に入った。 この交代直後には右サイドでポジションを一列上げたデストの正確なクロスをファーに飛び込んだデパイが右足のボレーで合わすが、これはわずかに枠の上に外れた。 それでも、何とか相手の反撃を凌ぎ切ったバルセロナは内容面に大きな課題を残したものの、今季2勝目を手にしてインターナショナルマッチウィークの中断期間を迎えることになった。 2021.08.30 02:01 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly