マルセイユがU-24ブラジル代表MFジェルソン獲得で原則合意! フラメンゴ主力が2度目の欧州挑戦へ

2021.06.10 06:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユは9日、U-24ブラジル代表MFジェルソン(24)の完全移籍での獲得に関して保有元のフラメンゴと原則合意に至ったことを発表した。なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は2000万ユーロ(約26億7000万円)程度となり、ジェルソンはクラブと5年契約を結ぶ予定だ。

2016年夏にフルミネンセからローマに加入したジェルソンは、当初“左利きのポグバ”として大きな期待を集めていた。しかし、ローマとレンタル先のフィオレンティーナでは大きなインパクトを残せず、2019年夏にフラメンゴへ完全移籍し、志半ばで母国に帰還した。

それでも、慣れ親しんだ母国で完全復活を果たしたレフティーは、2019シーズンの公式戦36試合に出場し2ゴール4アシストの数字を残すなど攻守両面で躍動。コパ・リベルタドーレスとカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAの2冠、FIFAクラブ・ワールドカップ準優勝に大きく貢献していた。

また、2020シーズンも中盤の絶対的な主力に君臨し、U-24ブラジル代表として東京オリンピック参戦も期待されている。

なお、マルセイユを率いるホルヘ・サンパオリ監督はサントス、アトレチコ・ミネイロを率いた際に、対戦相手としてジェルソンのプレースタイルを把握しており、2度目の欧州挑戦をよりスムーズに導いてくれるはずだ。
関連ニュース
thumb

エメリがPSMで退席処分…去り際に敵将サンパオリ挑発で一触即発の場面も

ビジャレアルを率いるウナイ・エメリ監督がマルセイユとのプレシーズンマッチで大暴れを見せた。スペイン『アス』が伝えている。 昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)で優勝を果たし、今月11日には新シーズンの公式戦初戦となるチャンピオンズリーグ(CL)王者のチェルシーとのUEFAスーパーカップを控えるビジャレアル。 その重要な一戦に向けて調整を進めるチームは7月31日にマルセイユとのプレシーズンマッチに臨んだ。試合は後半終了間際にDFアルベルト・モレノのゴールで一矢を報いるも、前半のオウンゴールと後半のMFディミトリ・パイエのゴールによって2失点を喫し、ビジャレアルの敗戦に終わった。 しかし、試合よりも話題を集めてしまったのは、エメリ監督の振る舞いだった。 ビジャレアルは1点ビハインドの後半立ち上がりにMFジェルソンを後方から引き倒したDFフアン・フォイスに2枚目のイエローカードが掲示され、後半のほとんどを10人で戦うことに。 この退場を受けて自身のゲームプランが大きく崩れ激高したエメリ監督は、ベンチサイドのフォースオフィシャルらに執拗な抗議を行い、最終的にピッチ内の主審からレッドカードを掲示された。 しかし、怒りが収まらないスペイン人指揮官は全く騒ぎに関与していなかったホルヘ・サンパオリ監督が目に付いたのか、叫んでいた言葉は不明もマルセイユ指揮官を執拗に挑発。 すると、ピットブルのようないかつい風貌のサンパオリ監督もいわれのない挑発に怒りのスイッチが入ったか、ロッカールームに引き上げようとするエメリ監督に詰め寄り、慌てて制止に入ったスタッフが何とかなだめすかしてベンチに戻した。 エメリ監督のプレシーズンマッチに対する真剣な姿勢は理解できるが、退場自体が妥当な判定だったこともあり、さすがにやり過ぎだったと言わざるを得ないところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】両指揮官が一触即発の状況に…</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Sampaoli il va monter en l’air Emery d’une force et l’enfanter <a href="https://twitter.com/hashtag/teamOM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#teamOM</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Sampaoli?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Sampaoli</a> <a href="https://t.co/Mya8ZShGZb">pic.twitter.com/Mya8ZShGZb</a></p>&mdash; khal (@khal4ever) <a href="https://twitter.com/khal4ever/status/1421563591384309763?ref_src=twsrc%5Etfw">July 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.08.01 20:29 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセイユが本職不在の右SBに2選手を補強か?

マルセイユが右サイドバック2選手の補強に迫っているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 今夏の移籍市場で日本代表のDF酒井宏樹、DF長友佑都が退団したマルセイユではサイドバックのポジションが手薄となっている。とりわけ、酒井が長らく主力を務めた右サイドバックに関しては本職の選手が不在となっている。 そういった中、同ポジションの補強を最優先事項として進めていたクラブはようやく2選手の獲得に近づいているという。 一人目は今年1月にフィオレンティーナから半年間のレンタル移籍で加入し、公式戦22試合2ゴール4アシストの数字を残していたスペイン人DFポル・リロラ(23)。 マルセイユとフィオレンティーナはレンタル契約の際、1500万ユーロ(約19億5000万円)の買い取りオプションを契約に組み込んでいたが、マルセイユがオプション行使を見送ったことで、リロラは一度フィレンツェに戻ることになっていた。 しかし、マルセイユは1000万ユーロ(約13億円)の買い取り義務付きの1年間のレンタルという条件で改めて交渉を行い、合意に近づいている模様だ。 また、2人目はバレンシアに所属するデンマーク代表DFダニエル・ヴァス(32)だ。 2018年にセルタからバレンシアに加入したヴァスはここまで右サイドバックを主戦場に公式戦131試合に出場し、8ゴール14アシストを記録。昨シーズンも主力として活躍したが、バレンシアとの契約は今シーズン限りとなっている。 マルセイユとヴァスはすでに個人間で合意に至っており、現在はクラブ間での交渉が進んでいるようだ。 エビアン時代に3年間リーグ・アンを経験しているヴァスは右サイドの全ポジションに加え、左サイドやセントラルMFでもプレー可能な万能型で、その優れたキック精度はプレースキックの局面でも違いを生むはずだ。 2021.07.26 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、ゲンドゥージに続きアーセナルからDFウィリアム・サリバをレンタルで獲得

マルセイユは15日、アーセナルに所属するU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 サリバは2019年夏にサンテチェンヌから移籍金2700万ポンド(現レートで約41億4000万円)でアーセナル入り。そのシーズンはレンタルでサンテチェンヌに残留し、昨シーズンから本格合流を果たした。 しかし、最初の半年間は出場どころかベンチ入りすらできず、リザーブチームで8試合に出場したのみ。苦境からの逆転を期して今年1月にレンタル移籍したニースでは、リーグ戦20試合に出場し主力として活躍した。 なお、マルセイユは13日にもアーセナルのフランス代表MFマテオ・ゲンドゥージ(22)のレンタル移籍を発表しており、アーセナルから2人目の獲得となった。 2021.07.16 02:45 Fri
twitterfacebook
thumb

積極補強のマルセイユ、サントスからDFルアン・ペレスを完全移籍で獲得! 今夏8人目の新戦力

マルセイユは14日、サントスに所属するブラジル人DFルアン・ペレス(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、フランス『レキップ』によれば移籍金は450万ユーロ(約5億9000万円)とのことだ。 ルアン・ペレスは母国ブラジルのポルトゥゲーザでキャリアをスタートし、サンタ・クルス、レッドブル・ブラガンチーノ、ポンチプレッタといった国内クラブを渡り歩いてきた。2018年にはクラブ・ブルージュに完全移籍しヨーロッパ初上陸も、思うような活躍を見せられず、翌シーズンにはサントスへのレンタル移籍で母国に帰還。その後、完全移籍に移行し、ここまで公式戦89試合に出場し5ゴールを挙げている。 前述のように190cmの恵まれた体躯の持ち主だが、フィジカル自慢の“古風なザゲイロ”ではなく左サイドバックでもプレー可能なスピードと足元のテクニックを備えたモダンなタイプで、積極的な持ち出しや高精度の左足のキックで後方からゲームを作れる最後尾の司令塔だ。 今夏の移籍市場で大幅なスカッド刷新に動いているマルセイユは今夏、GKパウ・ロペスや、MFマテオ・ゲンドゥージ、FWジェンギズ・ウンデルらの積極補強を敢行しており、ルアン・ペレスが8人目の新戦力となる。 2021.07.15 01:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ストラスブール、マルセイユから若手CBペランをレンタル!

ストラスブールは14日、マルセイユからフランス人DFリュカ・ペラン(22)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 地元出身で幼少期からマルセイユの下部組織に在籍していたペランは、2019年9月に行われたディジョン戦でトップチームデビュー。ここまでトップチームで公式戦13試合に出場し、今年4月のモンペリエ戦では待望のリーグ・アン初ゴールも挙げていた。 また、昨シーズンまでマルセイユに在籍していた日本代表DF酒井宏樹(現浦和レッズ)は187cmのセンターバックに関して、「とても若い選手ですが、落ち着いていて、安定感があって安心感もあります」と、そのパフォーマンスを評価していた。 そして、新シーズンは日本代表GK川島永嗣の同僚として昨季15位のストラスブールの最終ラインを支えることになる。 2021.07.14 18:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly