ルカク1G1Aのインテルがコンテ体制100戦目でローマに勝利! ホーム15連勝&20戦無敗!《セリエA》

2021.05.13 05:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第36節、インテルvsローマが12日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが3-1で勝利した。前々節に11年ぶり19度目の優勝を決めた首位のインテル(勝ち点85)は、主力を多数温存した前節のサンプドリア戦を5-2で圧勝し、ホーム14連勝を飾ると共にリーグ戦無敗を19試合に更新。ホーム15連勝と20戦無敗を狙う今節はルカクやブロゾビッチ、バレッラを復帰させた一方、前節に続き主力と控えを混合した布陣で臨んだ。

一方、すでに来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得の可能性が潰えた7位のローマ(勝ち点58)は、シーズン残りの目標をヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に下方修正。前節、最下位のクロトーネを5-0で一蹴し、リーグ5戦ぶりの勝利を挙げたチームは今季王者相手に連勝を狙った。クロトーネ戦からは先発3人を変更。イバニェスに代えてサスペンション明けのマンチーニを復帰させたほか、レイノルズに代えて古巣対戦のサントン、マジョラルに代えてジェコを最前線に置いた。

直近6戦連続ドロー中と拮抗した名門対決は、見慣れない4thキットに身を包む今季の王者が力強い入りを見せる。立ち上がり数分こそローマに押し込まれる入りとなったが、ファーストチャンスをモノにする。

11分、相手を押し込んで右サイド深くで浮いたダルミアンにパスが渡ると、ダルミアンが最終ラインと中盤の間のスペースへ丁寧な折り返しを入れる。3列目からの飛び出しを見せたブロゾビッチがうまく力が抜けた右足のダイレクトシュートをゴール右下隅に突き刺した。

幸先よくリードを手にしたインテルはローマを自陣に引き込みながら得意のロングカウンターを繰り出す。そして、20分にはロングカウンターでボックス右まで持ち込んでボールをキープしたルカクがマイナスに丁寧に落とすと、これをヴェシーノが冷静に右足のダイレクトシュートで右下隅に流し込み、今季初ゴールとした。

拙守で2点を追う展開となったローマは失点直後の24分にクリスタンテの強烈なミドルシュートで反撃の狼煙を上げると、30分過ぎに1点を返す。31分、最後尾のマンチーニが持ち出しながら絶妙な斜めのクサビのパスをペナルティアーク付近のジェコに通すと、ジェコは反転しながらボックス中央に走り込むムヒタリアンへ絶妙なラストパスを供給。これをムヒタリアンが豪快な右足のシュートで決め切り、2戦連続ゴールとした。

このゴールによって以降はよりオープンな展開に。その中で35分過ぎには足首を痛めたサンチェスが続行不可能となり、ラウタロ・マルティネスのスクランブル投入を余儀なくされる。その後はインテルがヴェシーノ、ペリシッチ、ローマがムヒタリアンと互いに際どいシュートでゴールに迫ったが、ラドゥ、フザートと両GKの好守もあって前半はインテルの1点リードで終了した。

迎えた後半、ローマはペドロを下げて負傷明けのエル・シャーラウィを投入。この交代でムヒタリアンが右、エル・シャーラウィが左にポジションを移した。後半はビハインドを追うローマが押し込む入りを見せ、56分にはボックス手前で足元にパスを受けたジェコが強烈な左足の反転シュートを放つが、ゴール左上隅を捉えたシュートは惜しくもポストを叩く。続く58分にはエル・シャーラウィのスルーパスに抜け出したジェコに再び決定機も、ここはDFの寄せとGKの果敢な飛び出しに阻まれて同点ゴールとはならず。

一方、守勢が続くインテルは60分にヴェシーノ、ペリシッチを下げてセンシ、ハキミを同時投入。ハキミは右ウイングバックに入り、ダルミアンがペリシッチのいた左ウイングバックにポジションを移した。

その後もローマが押し込む展開が続くが、ラノッキアやシュクリニアルを中心とする守備陣が最後の局面で高い集中力をみせ、水際で2失点目を凌ぐ。すると、最後の最後に後半は沈黙していた攻撃陣が試合を決定づける仕事を果たした。

90分、自陣深くからのロングカウンターでルカクの絶妙なフリックに反応したハキミが完璧に相手の背後を取ってそのままボックス付近まで独走。相手GKとDFを引き付けて右に走り込んできたルカクにプレゼントパスを送ると、これを豪快な左足のシュートで決め切った。

そして、ルカクの1ゴール1アシストの活躍によって7戦目にしてローマとのドロースパイラルに終止符を打ったインテルがコンテ体制100戦目を白星で飾り、ホーム15連勝とリーグ20戦無敗を達成した。
関連ニュース
thumb

ベジェリンはやはりインテル? 代理人がアーセナル説得に直談判か

アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(26)が、改めてインテル移籍を求めるようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。 2011年7月にバルセロナのカンテラからアーセナルのアカデミーへと加入したベジェリン。ワトフォードへのレンタル移籍を経験すると、2014年7月にファーストチームへと昇格した。 昇格以降はケガなどで戦列を離れることも少なくなかったが、持ち前のスピードと攻撃力を生かし、公式戦239試合に出場し9ゴール29アシストを記録していた。 そのベジェリンだが、予てからインテルへの移籍が浮上。パリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍したモロッコ代表DFアクラフ・ハキミの代役として獲得に動いているという。 しかし、インテルは資金不足のため、買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したい意向がある状況だ。 ただ、アーセナル側はレンタルでベジェリンを放出するつもりはないとのこと。ベジェリンの代理人がアーセナルの幹部と会談し、インテルからのオファーを受け入れることを要望するという。 ベジェリン自身にはインテルへの移籍の意思があり、すでにミケル・アルテタ監督にも伝えているという状況だが、28日に行われたプレシーズンマッチにも後半から出場。アルテタ監督としては完全移籍以外は認めずに戦力として考えているということだろうか。 2021.07.29 22:20 Thu
twitterfacebook
thumb

王者インテル、チャルハノールの1G3AでPSMに圧勝! 指揮官は新司令塔と若手FW称賛

インテルは28日、セリエBのクロトーネとのプレシーズンマッチに臨み、6-0で圧勝した。 シモーネ・インザーギ監督新体制でセリエA連覇と共に結果が出ていないチャンピオンズリーグ(CL)で躍進を目指すインテル。 今回の一戦ではプリマヴェーラ所属のウルグアイ人FWマルティン・サトリアーノとレンタルバックのMFラジャ・ナインゴランを除き、GKサミル・ハンダノビッチ、DFステファン・デ・フライ、DFミラン・シュクリニアル、MFマルセル・ブロゾビッチなど、トップチームの主力や準主力クラスがスタメンから起用された。 試合は序盤から一方的な展開に。まずは開始10分、右CKの場面でミランからの新戦力MFハカン・チャルハノールからの正確なクロスをサトリアーノが頭で合わせてインテルが先制に成功する。 さらに、22分にはチャルハノールのミドルスルーパスに抜け出したDFフェデリコ・ディマルコ、27分にはカウンターから中央を持ち上がったチャルハノールが見事な右足のコントロールシュートを突き刺し、前半を3点リードで終えた。 後半はサトリアーノに代えて主砲FWロメル・ルカクを頭からピッチに送り出すと、56分には三度チャルハノールのお膳立てからFWアンドレア・ピナモンティが後半最初のゴールを奪った。 その後、ブロゾビッチが1ゴール1アシストの活躍を見せて試合を決定づけると、以降は主砲ルカクにゴールこそ生まれなかったものの、危なげなく無失点で試合をクローズした。 同試合後、クラブ公式チャンネルのインタビューに応じたインザーギ監督は、1ゴール3アシストの活躍を見せたチャルハノール、プレシーズンマッチで積極アピールが続くサトリアーノを称賛している。 「個人的に満足しているよ。3週間の集中的なトレーニングの後、チームはとても良い試合をした」 「チャルハノールは、我々が契約した目的を果たしており、今日はチームメイト全員と同様に非常によくやってくれた。すぐに相手を把握し、効果的に前向きなプレーを展開してくれた」 「サトリアーノは興味深い若者で、毎日一生懸命トレーニングに励んでいる。彼は面白い子で、毎日一生懸命働いている。日々のトレーニングにおけるパフォーマンスによってプレータイムを獲得している」 インテル 6-0 クロトーネ 【インテル】 サトリアーノ(10分) ディマルコ(22分) チャルハノール(27分) ピナモンティ(56分) センシ(58分) ブロゾビッチ(65分) 2021.07.29 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

エリクセンが心停止原因究明のため来週ミラノへ

インテルのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが来週ミラノに訪れるようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 同メディアによれば、ユーロ2020初戦のフィンランド代表戦で心停止を起こして倒れたエリクセンは、ミラノで原因究明のため詳しい心臓検査を受けるとのことだ。 インテルのチームメートに会うことを楽しみにしているとも言われるエリクセンだが、心臓発作の再発を防ぐための植え込み型除細動器(ICD)を手術により装着しているため、現状ではイタリアでのプレーが認められない状況にある。 来週の検査によって今後、エリクセンがインテルで再びプレーができるかどうかの判断がなされるとのことだ。 2021.07.28 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

S・インザーギ体制を楽しみにするルカク「弟からいろいろ聞いたんだ」

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクが、シモーネ・インザーギ新監督の下で迎える新シーズンへの意気込みを語った。 2019年夏にマンチェスター・ユナイテッドから加入し、ここまで公式戦95試合に出場し64ゴール16アシストを記録しているルカク。2年目の昨季はリーグ戦24得点を挙げ、チームの11年ぶりのスクデット獲得に貢献した。 財政難による経営規模縮小の影響から恩師のアントニオ・コンテ監督が去り、自身もプレミアリーグ復帰の噂が浮上している中、休暇明けの26日からプレシーズンに参加。その際のクラブ公式インタビューで「僕たち選手は、みんなの夢を叶えるために一生懸命頑張るよ」と忠誠心を示すとともに、新シーズンへ向けた意気込みを語った。 「ワクワクした気分でチームに戻ってきたよ。僕たちは歩み始めた道を進み、勝ち続けられることを願っている」 「休暇は満喫できたよ。ニューヨークで数日過ごしてからマイアミに向かい、母と息子と一緒にタークス・カイコスを楽しんだ後、またマイアミに戻ってきたんだ」 「多少は羽を伸ばすこともできたし、体調を整えて良いスタートが切れるようにトレーニングもした。これから数週間かけてリーグ戦に向けた準備をする。昨季以上に良い結果を出したいと思っているよ」 休暇中にしっかり英気を養えたというベルギー代表FWはまた、S・インザーギ監督についてもコメント。ラツィオで師弟関係にあった弟のジョルダンにも尋ねていたことを明かした。 「彼が新監督に就任することがクラブから発表された日にたくさん話をしたんだ。それからユーロ中にもね」 「(ジョルダンが)監督についていろいろなことを教えてくれたよ。良い監督で、チームが素晴らしい結果を残せるよう力を貸してくれるはずだ。一緒にこの道を歩んでいきたいね」 2021.07.27 18:36 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルが新アウェイユニフォームを発表!ホームに続き“蛇” の姿が

インテルは26日、2021-22シーズンのアウェイユニフォームを発表した。 白基調のユニフォームには、背中から前面にかけて、インテルの愛称にもなっている“Il Biscione(イル・ビショーネ)”の蛇が青と黒の2色で描かれている。 左胸には4月に新しくなったクラブのエンブレムが採用され、胸スポンサーには22日に契約締結が発表されたばかりの『Socios.com』によるファントークン、「$INTER FAN TOKEN by Socios.com」が入っているほか、背面の下部にはLENOVOのロゴが施されている。 ショーツとソックスは白基調で、シャツの袖口とソックスには青と黒のラインが入っている。 インテルが14日に発表したホームユニフォームも蛇柄が採用されており、統一感のあるデザインとなった。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】蛇が描かれたインテルの新アウェイユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> | MAGLIA<br><br>La nuova pelle di un&#39;icona, made of Milano. Siamo entusiasti di svelare la nostra Away Jersey 2021/22, la prima con il nostro nuovo logo!<a href="https://twitter.com/hashtag/IMInternazionale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#IMInternazionale</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/IMMilano?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#IMMilano</a> <a href="https://t.co/i7uKlIp8Qz">pic.twitter.com/i7uKlIp8Qz</a></p>&mdash; Inter (@Inter) <a href="https://twitter.com/Inter/status/1419568168016637955?ref_src=twsrc%5Etfw">July 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> ■全盛期の“怪物”ロナウドがインテルで見せたキレキレのハットトリック <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKbnN2NDdMSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> | NEW: Inter Milan have released their new away kit, which includes their new crest and The Scudetto <a href="https://t.co/dEkEQS46Cx">pic.twitter.com/dEkEQS46Cx</a></p>&mdash; Football For All (@FootballlForAll) <a href="https://twitter.com/FootballlForAll/status/1419636339318812675?ref_src=twsrc%5Etfw">July 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.27 05:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly