副審がハーランドにサインを求める!持参のイエローカードを取り出し…

2021.04.07 12:26 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントでの類な稀なスコアラーぶりから今夏の去就が最も注目されるノルウェー代表FWアーリング・ハーランド。その人気は審判にまで波及しているようだ。ドルトムントは、6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでマンチェスター・シティと対戦。フル出場したハーランドはさすがの存在感を見せつけ、FWマルコ・ロイスのゴールをアシストした。


そんなハーランドだが、試合終了直後、ピッチからドレッシングルームに戻る際に、この試合を担当したオクタビアン・ソブレ副審からあるお願いを受けた。

ハーランドを呼び止めたソブレ副審は、他の選手もいる中でポケットから持参したイエローカードとペンを取り出し、なんとハーランドのサインを求めたのだ。『BTスポーツ』のカメラには、ハーランドがサインに応じる姿が映っていた。

『ESPN』によるとこれを知ったシティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、問題ないことだと擁護している。

「私は見ていないが、そう聞いた。彼はハーランドのファンなんだろう。なぜダメなんだ?審判たちは素晴らしく、試合は問題なかった。VARではPKではないと言われたし、ベリンガムは思ったより足を上げていた。審判は完璧だったよ」

1 2
関連ニュース
thumb

PK成功でCLベスト4へ導いたマフレズ「PKの練習はかなり取り組んでいた」準決勝PSG戦は「特別」

マンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズが、チャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦を振り返った。UEFAがコメントを伝えている。 14日にCL準々決勝のドルトムント戦2ndレグに臨んだシティ。ホームでの1stレグを2-1で制し、突破に向けて優位に立っていたが、15分に失点し、一転して不利な状況に置かれてしまう。 だが、後半へ折り返した55分に相手のハンドでPKを獲得。これをマフレズが決めて再び優位性を取り戻すと、75分にはMFフィル・フォーデンが決定的な2点目を奪い決着。合計スコア4-2で準決勝進出を決めた。 突破へ導くPKを成功させたマフレズは試合後、勝利を喜ぶとともに、そのPKを回想。シティは比較的PK成功率の低さが以前から指摘されていたが、重要な場面で決めきった同選手は、その難しさを語った。 「序盤はあまり良くなかったけど、その後は非常に上手くゲームをコントロールし、より多くのゴールを決めて勝つことができた。PKは常にプレッシャーとの戦いだけど、チャンピオンズリーグの準々決勝では、その重圧はもっと大きい」 「経験を積めば積むほど、最後のPKで犯したミスが見えてくる。僕はキャリアの中で何度か失敗してきたけど、PKの練習はかなり取り組んでいるんだ。片側に強く蹴ったらGKは止めることができなかった。このゴールは僕たちにとって非常に重要なものだった」 「PKは誰かが蹴らなければならず、今日はそれが僕だったというだけさ」 そして、準決勝の相手は王者バイエルンを下したパリ・サンジェルマンとなったが、パリ育ちのマフレズにとっては特別な思いがあるようだ。 「僕はパリで生まれて育ったからとても特別なことだよ。彼らと対戦できることを嬉しく思うよ」 2021.04.15 15:24 Thu
twitterfacebook
thumb

17歳のベリンガム、CL決勝Tにおける初ゴールは史上2番目の若さに 18歳未満で大会10試合到達は歴代2人目

ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムがチャンピオンズリーグ(CL)の歴史に名を刻んだ。 ドルトムントは14日、CL準々決勝のマンチェスター・シティ戦2ndレグに臨んだ。アウェイでの1stレグを2-1で落として迎えたこの一戦では、15分にベリンガムのゴールで先制に成功。この時点でアウェイゴールを奪っているドルトムントが優位な状況となる。 しかし、試合を折り返した55分にPKで失点すると、75分にも追加点を許し万事休す。結局、合計スコア2-4でドルトムントの敗退が決まった。 敗戦の一方でスポットライトが当たっているがベリンガムだ。昨シーズンまでバーミンガムに在籍していた同選手は、多くのビッグクラブが獲得に動いた中で移籍金2500万ポンド(約34億7000万円)でドルトムントに移籍。期待に違わぬパフォーマンスで瞬く間に主力としての地位を確立すると、昨年11月には史上3番目の若さでイングランド代表デビューを果たした。 そして今回、17歳289日でCL初得点を記録したベリンガムだが、『Opta』によると、同大会のノックアウトステージにおいては史上2番目の若さでの初ゴールになったという。現在の最年少記録は、2008年4月、当時バルセロナに所属していた元スペイン代表FWボージャン・クルキッチがシャルケ戦で決めたゴール(17歳217日)となっている。 ベリンガムは他にも、18歳未満でCL10試合出場に到達した2人目の選手に。今大会が初出場だった17歳は、グループステージ初戦のラツィオ戦から出場を続け、今回のシティ戦2ndレグでちょうど10試合目を記録。1人目は、2014年に当時アンデルレヒトに所属していたベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスだ。 なお、イギリス人選手としては、元イングランド代表FWセオ・ウォルコットを抜く最年少記録に。同選手は当時アーセナルでプレーしていた2008年に、18歳341日でCL10試合出場に達していた。 ベリンガムはシティ戦後、自身のゴールを振り返り喜びを語ったが、コロナ禍でスタンド観戦できなかった家族に見てもらいたかったと心中を吐露。また、個人的な記録よりもチームの勝利が重要だとも話した。 「チャンピオンズリーグでの初ゴールを決められたことは素晴らしい気分だよ。チームメイトと一緒にお祝いするつもりだけど、母や父、兄弟にも来て欲しかった。個人的には素晴らしい瞬間だけど、勝利こそが重要で、今夜はそれができなかった」 2021.04.15 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントの面々が悔しさあらわ…CL初ゴールのベリンガムは「家族に見ていて欲しかった」

チャンピオンズリーグ(CL)敗退を受けて、ドルトムントの選手たちが悔しさを口にしている。 14日、CL準々決勝ドルトムントvsマンチェスター・シティの2ndレグが行われた。アウェイでの1stレグを2-1で落としていたドルトムントは、15分にMFジュード・ベルンガムのゴールで先制に成功。この時点でアウェイゴールを奪っているドルトムントが優位な状況となる。 だが、試合を折り返した55分にMFエムレ・ジャンが自陣のゴール前でハンドを犯してしまいPK献上。これを決められて、一転不利な状況に。さらに、75分にはMFフィル・フォーデンに鋭いミドルシュートを決められ万事休す。結局、合計スコア2-4でドルトムントの敗退が決まった。 試合後、メディアの取材に応じたドルトムントの選手たちが悔しさをあらわに。その各コメントをUEFAが伝えている。 ◆エムレ・ジャン 「全体的にはまずまずのプレーだったけど、最終的にはそれではどうにもならなかった。でも、自分たちを誇りに思うことはできる。世界最高のチームを相手についていくことができたんだからね。進出できるチャンスがあっただけに、ここで敗退するのはやっぱり辛いよ」 ◆マルコ・ロイス 「僕らは落ち着いていて、PKまでとても上手くいっていた。シティはセンセーショナルなポゼッションサッカーを展開し、相手にひたすら走らせる試合をするんだ。なかなかボールを奪うのに苦労したよ。今日のシティはより優れていて、よりスマートにプレーしていた。うらやむことなく、それを認めなければならない」 ◆ジュード・ベリンガム 「マンチェスター・シティは間違いなく優れたチームだった。おめでとう、彼らは素晴らしかった。でも、自分たちのパフォーマンスや、この試合に捧げたものを誇りに思うよ」 「チャンピオンズリーグでの初ゴールを決められたことは素晴らしい気分だよ。チームメイトと一緒にお祝いするつもりだけど、母や父、兄弟にも来て欲しかった。個人的には素晴らしい瞬間だけど、勝利こそが重要で、今夜はそれができなかった」 2021.04.15 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ベスト8敗退のドルトムント、テルジッチ監督がハンドの判定に苦言「シーズン前にハッキリと言われた」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、マンチェスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ドルトムントは14日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでシティと対戦。1stレグはアウェイで2-1と敗れており、ホームで逆転を目指すこととなった。 そのドルトムントは15分にジュード・ベリンガムのゴールが決まり先制。これで2戦合計2-2とし、アウェイゴール差でリードする形となる。 しかし、後半に微妙な判定のハンドでPKを与えると、リヤド・マフレズが決めて1-1となり、2戦合計2-3とシティがリード。75分にはフィル・フォーデンがダメ押しゴールを決めて、1-2となり、そのまま試合終了。ドルトムントはベスト8で敗退となった。 テルジッチ監督は試合を振り返り、最後の45分まではリードしていたため敗退を悔やむととともに、ハンドの判定について聞いていたことと違うと苦言を呈した。 「もちろん、我々はガッカリしている。4つのハーフで3つを終えた時点では我々はリードしていた」 「シティは両方の試合で素晴らしいプレーを見せ、当然のことながら次のラウンドに進んだ」 「しかし、重要なのは誰がより値するかではなく、誰が勝ち進むかだ」 「このような2つのゴールで次のラウンドを逃すのは腹立たしいことだ。シーズン前にハッキリと言われた。『ヘディングしたボールが自分の手に当たった場合は、ルール違反とはみなされない』とね」 「この7日間、レフェリーの判定では本当に運がなかった。この同点ゴールによって、我々は軌道修正を余儀なくされた」 「我々はできる限り試合を続けたかったし、長い間そうしていた。今、我々は水曜日にガッカリした。そして、明日からは蘇り、次の試合に向けた準備をする」 2021.04.15 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ドルトムント 1-2(AGG:2-4) マンチェスター・シティ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、ドルトムントvsマンチェスター・シティが14日に行われ、1-2でシティが勝利した。この結果、2戦合計スコアを2-4としたシティが準決勝進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ドルトムント採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210415_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 35 ヒッツ 5.5 2失点も好守を見せていた。フォーデンのシュートは相手を褒めるべき DF 2 モレイ 5.5 フォーデンの突破を制限。奮闘していた 16 アカンジ 6.0 冷静なプレーで守備を締める。惜しいヘディングシュートがあった 15 フンメルス 6.0 守備を統率。アカンジ同様に惜しいヘディングシュートが決まっていれば… 13 ラファエウ・ゲレイロ 5.5 マフレズをしっかりと監視 MF 22 ベリンガム 6.5 1stレグに続き躍動。高いキープ力、前線への絡みと質の高いプレーを連発。先制ゴールを奪った 23 ジャン 5.0 ゴールの起点となるフィードを供給も、やや厳しかったが痛恨のPK献上 8 ダフード 6.0 タイミング良くゴール前に絡んで攻撃にアクセントを付けた FW 36 クナウフ 5.5 1stレグに続く先発抜擢。守備面での規律を保った (→レイナ 5.0) 流れを変えるようなプレーはなかった 9 ハーランド 5.5 ゴールの起点になるも、シュートは1本に抑えられる 11 ロイス 5.5 プレースキック以外に見せ場は作れなかった 監督 テルジッチ 6.0 1stレグに続き質の高いパフォーマンスを見せたが、惜敗 ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210415_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 31 エデルソン 5.5 失点は仕方なくそれ以外に難しいシュートはなかった DF 2 ウォーカー 5.5 堅実な守備で勝利に貢献 5 ストーンズ 5.5 失点場面ではハーランドに起点を作られてしまったが、それ以外は無難だった 3 ルベン・ジアス 6.0 さすがの安定感で自身のエリアをやられることはなかった 11 ジンチェンコ 5.5 攻守にそつのないプレーぶり MF 20 ベルナルド・シウバ 6.0 高い位置を取ってデ・ブライネをサポート。守備面も相変わらず献身的 16 ロドリ 6.0 ポゼッション時の安定感はさすが 8 ギュンドアン 5.0 ベリンガムとのマッチアップで劣勢に。イライラを募らせる FW 26 マフレズ 6.0 全体的には凡庸もPKで貴重な勝ち越し弾 17 デ・ブライネ 6.5 最前線でのプレー。ドルトムントの脅威となるプレーをコンスタントに続けた 47 フォーデン 7.0 攻守に力強くプレー。質の高いパフォーマンスを続け、2点に絡む 監督 グアルディオラ 6.0 前半はヤキモキしたが、フォーデンの活躍に助けられる ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! フォーデン(マンチェスター・シティ) ベリンガムと共にイングランドの次代を担う逸材が輝きを放った。パンチ力あるシュートでシティを準決勝に導く。 ドルトムント 1-2 マンチェスター・シティ 【ドルトムント】 ベリンガム(前15) 【マンチェスター・シティ】 マフレズ(後10)【PK】 フォーデン(後30) ※2戦合計スコア2-4でシティがベスト4進出 2021.04.15 05:53 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly