ストライカー補強の浦和、西野努TDが経緯を説明「フェイエノールトでメディカルチェック」、「来年は得点王」と期待

2021.04.01 18:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
浦和レッズの西野努テクニカルダイレクター(TD)が、1日に囲み取材に応じ、元U-21デンマーク代表FWキャスパー・ユンカー(27)の獲得経緯などを明かした。浦和は1日、エリテセリエン(ノルウェー1部)のボデ/グリムトからユンカーを完全移籍で獲得することでクラブ間合意に達したと発表した。


ユンカーは2020シーズンのエリテセリエン(ノルウェー1部)で25試合に出場し27ゴール11アシストを記録。リーグ得点王に獲得した他、チームは初優勝を果たしMVPも獲得していた。

ユンカー獲得の経緯について西野TDは「常に来年2022年にどんな布陣を作れるかを頭に、去年の夏からこの冬のウインドーに向けて、そして今年の夏、来年の冬という戦力補強する期間について考えてきました」と、補強に向けた考え方を説明した。

浦和は、FWレオナルドが開幕直前に中国スーパーリーグの山東泰山へと完全移籍した他、DF橋岡大樹がシント=トロイデンにレンタル移籍。さらに、キャンプ中の規律違反の影響でMF柏木陽介がFC岐阜へと完全移籍するなど、主力選手が退団していた。

その点については「正直今年に入ってチームを離れた3名の部分は予想外の部分がたくさんあったので、穴埋めという要素も大きいです」と語ったが、「ただ、100%それがあったから行こうとなったわけではありません。この3月の補強に関しても、この夏、この冬にどうするかを考えて決断した結果の行動です」と説明し、レオナルドの退団が決まったことで動いたわけではないとコメント。それでも「部分的にはレオナルド選手がチームを離れたことは理由の1つです」と、前線の補強は必要性があったと語った。

ユンカーの評価したポイントについては「今チームで求められているのは、杉本健勇を見てもわかるように一番前の選手から守備のスイッチを入れることが大きな役割になっている。ボックス内での得点力はストライカーとして絶対に必要ですが、それと同じぐらいにチーム全体のディフェンス力に関しても、点が取れるからディフェンスしなくて良いわけではなく、その点も大きな要素になっている」とし、前線からの守備に関しても期待ができる選手であると語った。

今回のユンカーとの契約に向けては、提携先のクラブであるオランダのフェイエノールトが協力したとのこと。「国内に戻ってからだと隔離があるので、隔離の後でしかメディカルチェックが受けられません」と、メディカルチェックのタイミングに問題があったとし、「早く契約を結ぶためにヨーロッパで受けられないかを相談したら、うちで是非という形になった」と、ユンカーのメディカルチェックに協力してくれたことを明かした。

ユンカーはフェイエノールトの協力のお陰でオランダでメディカルチェックを受け、契約合意に至ったと言う。「今オランダの提携しているフェイエノールトのクラブの協力を得て、ロッテルダムでメディカルチェックを受けています。ビザの申請も同時にしています」と語り、「申請が降りて、ヨーロッパから東京に来れるのが4、5日から1週間以内。成田に到着したらそのままJリーグの隔離措置を受ける機関で2週間の隔離され、希望的な観測を含めて4月20日前後には浦和に来てもらえたらと読んでいます」と語り、3週間程度でチームに合流するのではないかとスケジュール感を明かした。

厳しいコロナ禍で新たな国へ移籍するユンカーだが、日本へ来る意欲を感じたとのこと。異国の地での不安については「そういった不安はあるのかも知れませんが、微塵も感じさせず、本当に日本、Jリーグ、浦和でサッカーをしたいという気持ちを持ってくれているようなので、そういった部分も乗り越えてくれると思います」と語り、隔離措置や感染防止対策にも適応してくれるだろうと期待を寄せた。

今回のユンカー獲得に関して、リカルド・ロドリゲス監督の意向については「優先順位としてはそれほどありません」と特にストライカーを獲得するために動いていた訳ではないとコメント。「その時々で、今はこことか、トーマス(・デン)と(藤原)優大がケガした際はCBが必要だというタイミングがありましたし、(興梠)慎三がケガでレオがいなくなったらトップとかはあります」と、その時のチームの状況によって求められるポジションは違うとコメント。「今年の後半戦、来年の編成を見据えたことを今しなければいけないと思っているので、今ストライカーという要望は監督からはないです」とし、監督の強い要望があった訳ではないとした。

それでもノルウェー1部リーグで得点王を獲得したほどの得点力を持ったストライカー。チームとして期待するところ「今シーズンに関しては時間がかかると思っています」と、シーズン途中加入ということ、コロナ禍で難しい状況あり、適応に時間が掛かると想定しているとのこと。また「得点を取るためにはそこにボールを運ぶ、正確なクロスも必要。そういった状況が確立したら、リーグトップスコアラーになる力があると思います」と語り、「来年はリーグ得点王をとってもらいたい」と、来シーズンでの本領発揮に期待を寄せていた。
関連ニュース
thumb

日本サッカー界にホペイロ広めたベゼーハ氏が逝去…古巣東京Vが訃報伝える

東京ヴェルディは13日、かつてクラブでホペイロ(用具管理担当スタッフ)を務めていたブラジル人のルイス・ベゼーハ・ダ・シルバ氏(享年65)の逝去を明かした。 東京Vはベゼーハ氏の逝去に際して、クラブ公式サイトを通じて哀悼の意を表している。 「ご逝去の報に接し、前身の読売クラブ時代に来日されて用具を専門に取り扱うホペイロという職業の概念を日本に定着させた同氏の功績を偲び、クラブの選手及びスタッフ一同、謹んで哀悼の意を表するとともに心よりご冥福をお祈りいたします」 ベゼーハ氏は1991年に前身の読売クラブで監督を務めていたペペ氏に招聘されて来日。選手が使用する用具の管理を専門で行うホペイロという職業の存在を日本に広めた。 Jリーグ開幕後は、数々のタイトルを獲得したヴェルディ川崎を裏方としてサポートし、1998年まで在籍。2001年には浦和レッドダイヤモンズでもホペイロを担当した。 2021.04.13 22:23 Tue
twitterfacebook
thumb

リカルド・ロドリゲス監督初の古巣戦、関根のヘディング弾で徳島下した浦和が3連勝!【明治安田J1第9節】

明治安田生命J1リーグ第9節、浦和レッズvs徳島ヴォルティスが11日に埼玉スタジアム2002で行われ、1-0で浦和が勝利した。 開幕から調子が一向に上がらず、わずか1勝しかできていなかった浦和だが、ここ2試合は複数得点を奪い連勝。前節は岩波と杉本のゴールで清水エスパルスに勝利した。3連勝を目指す今節のスタメン変更は前節から1人。柴戸が外れ、伊藤敦樹が入った。 対する徳島も好調だ。7シーズンぶりのJ1となった今季は開幕から5試合未勝利が続いたが、第6節の横浜FC戦で初勝利を挙げると、そこから前節のベガルタ仙台戦まで3連勝。クラブとしてはJ1初の快挙で、2014年の勝利数に早くも並ぶことになった。こちらのスタメン変更は2人。田向、岩尾の代わりに鈴木大誠と藤田譲瑠チマが起用された。 浦和のリカルド・ロドリゲス監督としては4シーズン率いた古巣との初対決。まずはその浦和が開始1分に、武田がクロスのこぼれ球をボックス手前からダイレクトシュート。枠には飛ばなかったがゴールに迫った。 しかし、9分に武田が相手との競り合いの際に左足を捻り負傷。担架に乗って運ばれ、代わりに杉本がスクランブル投入された。 一方の徳島は11分、ボックス手前の渡井のシュートがGK西川を強襲。ゴール左隅の際どいコースに飛んだが、西川もさすがのセービングを見せた。 34分には決定機。渡井のチェイシングから高い位置でボールを奪った徳島は、垣田がボックス中央へラストパスを供給。走り込んだ宮代がフィニッシュに持ち込んだが、至近距離のシュートをGK西川に止められてしまった。 勢いに乗る西川はさらに、39分の藤原がボックス左からコースを狙ったシュートも左手一本でセーブ。獅子奮迅の活躍を見せる。 一方で攻撃では43分、西のクロスに頭で合わせた武藤のシュートがクロスバーを直撃。45分の明本のヘディングシュートは相手に当たって枠の外へ。そのCKの流れから明本に再びゴールチャンスが訪れるが、徳島GK上福元も西川に負けじとファインセーブを見せた。 後半から徳島は垣田と鈴木大誠を下げて、河田と岩尾を投入。その立ち上がりは静かな内容となった中で、試合は60分に動いた。 浦和の左CKのシーン。キッカーの小泉のショートコーナーを山中がダイレクトでクロス。これをマークを外した関根が頭で叩き込み、先制に成功した。 その後は中盤での攻防が目立つ展開となるが、アウェイの徳島がやや優勢。84分に左サイドからジエゴが上げたクロスのセカンドボールを宮代が押し込みにかかるが、シュートは相手DFにブロックされた。 続く86分の浜下のシュートも決まらない徳島。後半アディショナルタイムに、左サイドから藤田譲瑠チマが右足で上げたクロスをジエゴが合わせるが、枠を捉えらずタイムアップ。関根のゴールを守り切った浦和が3連勝を上げた。徳島は3連勝がストップした。 浦和レッズ 1-0 徳島ヴォルティス 【浦和】 関根貴大(後15) 2021.04.11 18:18 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:浦和vs徳島】リカルド監督初の古巣対決、連勝を伸ばして勢い付くのはどちらか?

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2021年4月11日(日) 16:00キックオフ 浦和レッズ(11pt/10位) vs 徳島ヴォルティス(11pt/9位) [埼玉スタジアム2002] 勝ち点で並ぶ両者の対決。リカルド・ロドリゲス監督としては4シーズン率いた古巣との初対決でどんな結果を残すのか。徳島は“恩師”を相手にどう戦う。 ◆指揮官が初の古巣対決で何を見せる【浦和レッズ】 開幕から調子が一向に上がらずわずか1勝しかできていなかった浦和。復権を目指してチームを構築している中とはいえ、危機感を持って臨まなければいけない状況となっていた。 しかし、この2試合はついにゴールを奪えるようになり連勝。復調の兆しを見せはじめている状況だ。 リカルド・ロドリゲス監督が掲げるスタイルを継続して来たことが結果につながっとも言えるが、それでもまだまだ課題は山積。ポゼッションはどの試合でも相手を上回っている一方で、とにかく決定機が作れないという攻撃の迫力を欠いている。 アタッキングサードの精度は極端に低く、ポゼッションしているだけの状態が続いて結果が出ていなかった。その中でゴールを奪えるようになったことは明るい材料だが、まだまだスムーズな展開は作れていない。その精度を上げる必要はあるが、同じ戦い方をしてくる相手にどう準備するかは注目が集まる。 ★予想スタメン[4-1-4-1] GK:西川周作 DF:西大伍、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔 MF:柴戸海 MF:明本考浩、武田英寿、小泉佳穂、汰木康也 FW:武藤雄樹 監督:リカルド・ロドリゲス ◆勢いに乗り恩師を下し4連勝へ【徳島ヴォルティス】 前節はホームにベガルタ仙台を迎え、1-0で勝利を収めた徳島。J1で3連勝を達成するとともに、前回J1に在籍していた2014年の勝利数「3」に並んでしまったというから驚きだ。 チームとしては戦い方が安定し、しっかりと得点を奪えるようになっている。その中で白星が3つ続いたことは選手たちにとっても大きな自信となっているはずだ。 一方で不安材料も。DF石井秀典がその仙台戦のウォーミングアップ中に負傷。守備陣が入れ替わる可能性がある状況となっている。 今節の相手は今のチームの形を作ったリカルド・ロドリゲス監督率いる浦和。甲本偉嗣ヘッドコーチとしても楽しみにしていた一戦となるだろう。戦い方で言えば完全に浦和よりも精度が高い徳島だが、どこまで優位を保って試合を進められるか。指揮官に土をつけ、4連勝を目指したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、福岡将太、安部崇士、田向泰輝 MF:藤田譲瑠チマ、岩尾憲 MF:浜下瑛、宮代大聖、藤原志龍 FW:垣田裕暉 ヘッドコーチ:甲本偉嗣 <span class="paragraph-title">【動画】徳島MF岸本武流がCKから今季2点目をマーク</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1v7x6seddipan1cf1xug111gwi" async></script> 2021.04.11 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「ずっと待ってた」浦和FW杉本健勇の高難度ボレーにファンも感動「このゴールをきっかけに…」

明治安田生命J1リーグ第8節、清水エスパルスvs浦和レッズの一戦が7日に行われ、アウェイの浦和が0-2で勝利した。 前半にDF岩波拓也のヘディングで先制した浦和は、1点をリードしたまま、76分にFW杉本健勇を投入する。 そして試合終了間際の89分、MF伊藤敦樹がボックス左手前まで侵入すると、そこから左足でクロス。ボールはボックス際の杉本のもとへと飛んでいき、右足でダイレクトボレー。上手く抑えながらも、強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 杉本にとってこれがJ1通算50得点のメモリアルゴールに。杉本は3月の横浜FC戦でもPKでゴールを決めていたが、流れの中からの得点は昨年9月13日の北海道コンサドーレ札幌戦以来となる。 浦和は今季初の2連勝となったが、杉本のスーパーボレーには、「これめっちゃ難しいやつ」「今まで焦らしてたのか」「ずっと待ってた」「このゴールをきっかけにゴール量産してくれる事に期待」など、杉本のゴールを待ち焦がれたサポーターからの反応が多く集まっている。 浦和は先日元U-21デンマーク代表FWキャスパー・ユンカー(27)の獲得を発表。1トップの定位置争いはさらに激しさを増すだけに、杉本のさらなる奮起に期待が懸かるところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】「これめっちゃ難しいやつ」杉本が放った技ありのボレーシュート(4:15~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=5xsgjfjr9oiy18yxmebzouf3u" async></script> 2021.04.08 11:52 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和、新型コロナウイルス陽性判定が出た選手含めた全員が陰性判定

浦和レッズは5日、チーム内で実施したPCR検査の結果、当該選手を含めた全員の陰性判定が出たことを発表した。 浦和では、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性判定。これは1日に受けたJリーグ公式のPCR検査での結果だった。 3日には明治安田生命J1リーグ第7節で鹿島アントラーズをホームに迎えたが、その選手はメンバーに含まれず無症状だったとのこと。4日の午前中には、当該選手を含めて全選手とスタッフがPCR検査を実施。陽性判定が出た選手以外の全員が陰性だったと発表していた。 5日の午前中に再び全選手とスタッフがPCR検査を受けたが、その結果は全員が陰性に。しかし、当該選手は当面の間経過観察を行い、全体練習には参加しないとのことだ。 なお、チームは感染症対策を徹底した上でクラブハウスも使用し、全体練習を再開する。 2021.04.05 20:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly