C・ロナウドが投げ捨てたキャプテンマークがオークションに!拾ったスタッフが難病の子供のために出品

2021.03.31 12:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが着けていたキャプテンマークがオークションに出品された。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。ポルトガル代表は27日に敵地ベオグラードで行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第2節でセルビア代表と対戦。


2-2で迎えた後半アディショナルタイムにC・ロナウドがシュートを決めたと思われたが、審判団はゴールを認めず、試合を続行。猛抗議でイエローカードを受けたC・ロナウドは怒りが収まらず、キャプテンマークを投げ捨て、ホイッスルが鳴る前にピッチを去っていった。

その時にC・ロナウドが投げ捨てたキャプテンマークだが、スタジアムのスタッフの誰かが持ち帰り、人道的な理由でオークションに出品していたことが分かった。

オークションサイト『Limundo』に出品されたキャプテンマークのページには、次の説明文が書かれている。

「クリスティアーノ・ロナウドのキャプテンマーク。ライコ・ミティッチに残されたものです」

「これまでのどのキャプテンマークよりも注目を集めているこのキャプテンマークは、チャリティオークションに参加してオファーすればあなたのものになります」

「オークションにかけられた金額は、脊髄性筋萎縮症に苦しんでおり、治療に250万ユーロ(約3億2400万円)を必要とするクラグイェバツ(セルビアの都市)の生後6カ月のガブリロ・ジュルジェビッチの治療を目的としています」

「クリスティアーノ・ロナウドのキャプテンマークは、幼きガブリロの治療のためにオークションにかけられ、支払いの証明がされた後、オークションの勝者に引き渡されます」

なお、現時点での入札額は128万セルビア・ディナール(約140万円)を超えている。

1 2
関連ニュース
thumb

C・ロナウドが2021年の代表初ゴール!これで何年連続?

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2021年の代表初ゴールを決めた。 ポルトガル代表は30日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第3節でルクセンブルク代表と対戦し、3-1で勝利した。 [4-2-3-1]の最前線で起用されたC・ロナウドは、1-1で迎えた50分にボックス右手前まで切り込んだDFジョアン・カンセロのクロスにゴール前で合わせ、右足ボレーでゴールネットを揺らした。 C・ロナウドにとってこのゴールは通算103ゴール目(170試合)となったが、同時に2021年の代表初ゴール。2004年からゴールし続けているため、18年連続での得点となった。 2月に36歳となったC・ロナウドだが、この記録をどこまで伸ばしていけるだろうか。 ◆C・ロナウドのポルトガル代表でのゴール数(年別) 2004年:7 ゴール 2005年:2 ゴール 2006年:6 ゴール 2007年:5 ゴール 2008年:1 ゴール 2009年:1 ゴール 2010年:3 ゴール 2011年:7 ゴール 2012年:5 ゴール 2013年:10 ゴール 2014年:5 ゴール 2015年:3ゴール 2016年:13 ゴール 2017年:11 ゴール 2018年:6 ゴール 2019年:14 ゴール 2020年:3 ゴール 2021年:1ゴール <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウドの2021年の代表初ゴールはこちら!!</span><span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=18ktw5w44fylq1vrwimlicv1st" async></script> 2021.03.31 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

デル・ピエロが腕章投げ捨てのC・ロナウドを批判「オーバー過ぎる」

ユベントスのレジェンド、アレッサンドロ・デル・ピエロが、先のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの姿勢を批判している。 C・ロナウドは、27日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選セルビア代表戦で、2-2で迎えた試合終了間際に自身のゴールが認められず大激怒。ボールは明らかにゴールラインを越えており、猛抗議したC・ロナウドにはイエローカードが提示される羽目に。 あまりに受け入れ難い大誤審を食らったC・ロナウドは、腕章を投げ捨て、ホイッスルが鳴る前にピッチを後に。さすがにサッカーファンからの同情の声は大きく、ポルトガル代表代表キャプテンの振る舞いも致し方ないという見方が強かった。 しかし、デル・ピエロ氏は逆の意見。『ESPN』のインタビューでオーバー過ぎる行動だったと述べ、サッカー界を代表するC・ロナウドのような選手であれば、なおさら自粛すべきだと、理解を示しつつも批判の声を挙げている。 「オーバーリアクションだった。あの状況であのような振る舞いはすべきではない」 「怒りは理解できる。レフェリーに対する批判もわかる。だが、アームバンドを投げ捨てるのはやり過ぎだ。チームのキャプテンでアイコン的な存在である彼のような人物ならなおさらね」 「一方であの状況、試合の重要性、そして彼が自分の行動の全てに捧げる個人的な情熱も理解できるよ」 2021.03.31 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

格下相手に苦戦のポルトガル、指揮官は「70時間ごとの試合は難しい」と過密日程に嘆き

ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督が、チームの勝利に安堵した。ポルトガルサッカー連盟(FPF)が伝えている。 30日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第3節で、ポルトガルはルクセンブルク代表と対戦。前節疑惑の判定によりセルビア代表と引き分けたチームは、この日も格下相手に先制される不穏なスタートに。しかし、FWジオゴ・ジョタのゴールで同点に追いつくと、その後も得点を重ね3-1で勝利した。 この結果、ポルトガルはこの予選3試合で2勝1分けの成績を残し、グループ首位に立っている。試合後のインタビューでサントス監督は、前半のパフォーマンスに苦言を呈しつつ、その後立ち直ったチームを称えた。 「我々は前半、一進一退の攻防を繰り返していた。強度がなく形も不安定だったと思う。技術的なクオリティで上回るだけでは不十分だと、選手たちには伝えた」 「選手たちもそれは理解しているはずだ。強度、ダイナミズム、ボール配球のバランスをとりつつ、相手にプレッシャーをかけなければならない。そこで初めて、技術的な質が違いを生むのだ」 「失点後、我々は目を覚まして反応し、攻勢を強めゴールを決めた。ハーフタイムで選手には態度を変え、ピッチ上で技術的なクオリティを維持する必要があると言ったのだ。後半の我々はピッチ上でどうあるべきか知っており、懸命に戦い、よく働いた。より点差が開く結果でもおかしくなかっただろう」 また、サントス監督は厳しい日程の中で、常に安定したパフォーマンスを発揮することの難しさに言及。その中でも試合で良い時間帯を作った選手たちを称賛している。 「私が問題を解決できれば、こんな試合にはならなかったかもしれない。しかし、70時間ごとに試合をプレーするのは簡単ではなく、指示を受ければうまくいくものでもない。選手たちの60分間の活躍は、称賛に値する。我々は激しさを維持しつつ、情熱と組織力を持ち続けなければならない。質の高さは、これまでもこれからも変わらないだろう」 2021.03.31 10:36 Wed
twitterfacebook
thumb

ジョタの2戦連発弾&パリーニャの代表初弾などでポルトガルがルクセンブルクに逆転勝利!《カタールW杯欧州予選》

ポルトガル代表は30日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第3節でルクセンブルク代表と対戦し、3-1で勝利した。 前節のセルビア代表戦を1-1のドローで終えたポルトガルは、その試合から先発メンバーを5人変更。ブルーノ・フェルナンデスやダニーロ、セルジオ・オリベイラらに代えてフェリックスやレナト・サンチェス、ネヴェスが先発で起用された。 C・ロナウドを最前線に据えた[4-2-3-1]で試合に臨んだポルトガルは、 立ち上がりからボールを保持するもソリッドな守備を見せる相手を崩せず、なかなかシュートまで持ち込むことができない。 それでもポルトガルは、24分にボックス左横で獲得したFKからC・ロナウドが直接FKでゴールに迫ると、29分にも右サイドをオーバーラップしたカンセロの折り返しからレナト・サンチェスがダイレクトシュートを放ったが、共にシュートはGKモリスのセーブに阻まれた。 先制点の遠いポルトガルは、30分にセットプレーの二次攻撃から失点する。左CKのこぼれ球をチャーノットが右に展開すると、これを受けたシナニのクロスをゴール前に走り込んだロドリゲスがダイビングヘッドで流し込んだ。 先制を許したポルトガルは、38分にアクシデント。右足に違和感を訴えたフェリックスが一度ピッチを離れ、治療を受けるも続行不可能となりペドロ・ネトが緊急投入された。 試合は0-1のまま前半アディショナルタイムに突入。このまま終了かと思われたが、ポルトガルはアディショナルタイム2分に試合を振り出しに戻す。右CKのこぼれ球から二次攻撃を仕掛けるとボックス左付近でパスを受けたペドロ・ネトのクロスをゴール前のジョタがヘディングで決めた。 同点で迎えた後半、再びスコアを動かしたのはポルトガルだった。50分、中央をドリブルで持ち上がったC・ロナウドが右サイドに展開すると、これを受けたカンセロがボックス右手前まで切り込みクロスを供給。最後はゴール前まで上がったC・ロナウドが右足ボレーでゴールネットを揺らした。 勝ち越したポルトガルは、52分にもオーバーラップしたメンデスがボックス左まで切り込みシュート。さらに59分には、左CKからジョタがヘディングシュートを放ったが、これはクロスバーを叩いた。 後半の主導権を握ったポルトガルは、71分にピンチを迎える。バイタルエリア右でFKを与えると、セバスティアン・ティルの直接FKが枠を捉えたが、これはGKアントニー・ロペスが弾き出し、難を逃れた。 守護神の好守に応えたいポルトガルは80分、ペドロ・ネトの左CKをニアに走り込んだパリーニャがヘディングで流し込み、試合を決定づける3点目を奪取。 試合終盤にはルクセンブルクのチャーノットがこの試合2枚目のイエローカードで退場となるなど、数的優位を得たポルトガルがそのまま逆転勝利を飾り、今予選2勝目を挙げている。 ◆欧州予選グループA第3節結果 ルクセンブルク 1-3 ポルトガル 【ルクセンブルク】 ロドリゲス(前30) 【ポルトガル】 ジョタ(前47) C・ロナウド(後5) パリーニャ(後35) アゼルバイジャン 1-2 セルビア 2021.03.31 06:32 Wed
twitterfacebook
thumb

元セルビア代表のマティッチがポルトガル代表MFブルーノに痛烈なイジり! 代表戦での誤審問題をネタに…

マンチェスター・ユナイテッドの元セルビア代表MFネマニャ・マティッチが、同僚であるポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスに対して、先日の代表戦での誤審問題をイジった。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 ユナイテッドで良好な関係を築くマティッチと、B・フェルナンデスの母国であるセルビアとポルトガルは、27日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第2節で対戦。試合が2-2のドローに終わった中、大きな物議を醸したのが、ポルトガルの劇的決勝点が取り消された誤審問題。 この試合の後半アディショナルタイムには、左サイドからのフィードに反応したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが右足ダイレクトで合わせたボールがゴールラインを割ったように見えたが、セルビア代表FWアレクサンデル・ミトロビッチがかき出し、審判団はゴールを認めず、試合を続行。結局、試合は2-2のドローに終わっていた。 その後、激昂したC・ロナウドがキャプテンマークを投げつける不適切な行為や、試合後の主審の謝罪も大きな話題となっていた。 その一戦をピッチで戦い、誤審の被害者の1人となったB・フェルナンデスに対して、自身は2019年に引退も判定の恩恵を受けた側のマティッチは、「あれは不運だったな」と同僚のサポートを行うかに思われたが、ブラックユーモアを好む男は逆のアプローチを実行した。 マティッチは30日午前にキャリントンのロッカールームにあるB・フェルナンデスのロッカーに前述の誤審場面のキャプチャー画像を引き延ばしたポスターを貼り付けた。そして、SNS上に投稿した画像には「(ボールは)ライン上にある。これでハッキリしたか?」とのキャプションが付け加えられていた。 なお、このポスターはボールがラインを割る寸前の場面を切り取ったものであり、SNS上には丁寧にC・ロナウド、B・フェルナンデスの名前がタグ付けされるという、鬼畜じみた投稿となった。 なお、かつてベンフィカでプレーしたマティッチと、スポルティング・リスボンでプレーしていたB・フェルナンデスに関しては、昨年6月にもマティッチがソーシャル・ディスタンスと互いの古巣の戦績をかけた「ベンフィカとスポルティングの間ではいつも適切な距離が保たれてるな」という、痛烈なジョークをかましたことが話題になっていた。 <span class="paragraph-title">【画像】傷心の同僚に鬼畜の所業?</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Nemanja Matic leaves a nice surprise on Bruno Fernandes&#39; locker for when he returns to Manchester <a href="https://t.co/5SzRcFYsXX">pic.twitter.com/5SzRcFYsXX</a></p>&mdash; Serbian Football (@SerbianFooty) <a href="https://twitter.com/SerbianFooty/status/1376865616288743428?ref_src=twsrc%5Etfw">March 30, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.30 23:58 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly