インテルが新エンブレムを発表!シンプルなデザインもSNSでは反発の声も…「前の方が好きだった」

2021.03.30 20:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
30日、インテルはクラブの新エンブレムを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。創立113周年に際してリニューアルされた新エンブレムは、白で描かれたインテルの「I」とミラノの「M」を円が囲う形に。バックグラウンドにはクラブ伝統の青と黒が使われている。


インテルは、このデザインについて、「スタイルと表現の一新により、クラブを新たな観点へと導く。革新、情熱、包括性こそがこの旅を形作る価値観」と説明している。

また「I」と「M」へのこだわりについては「新しいエンブレムはInternazionaleの“I”とMilanoの“M”という2つの要素にフォーカスし、インテルの価値観を体現する」「円形のデザインは、1908年に作られたデザインを守り、中央の”I”と”M”が重ね合わさったデザインは、これまでよりも大胆に」としている。

これまでとは変わったシンプルなデザインが採用された新エンブレムだが、SNS上のファンからはやや反発の声も多い。

イギリス『SPORTbible』はツイッター上でのリアクションをまとめており、「インテルの新エンブレムはバッタもんみたいだ」、「インテルの新エンブレム…4歳児を大人しくするためにマーカーを3本あげて数時間ほっといたら結果みたいだ」、「3時間寝てさっき起きた。インテルの新エンブレムを見た。また寝るよ…」など、ユニークな言い回しで新エンブレムを酷評するツイートが目立った。

他にも「前の方が好きだった」といった意見も多いが、何かを変える際に反発はつきもの。いずれファンの方たちも新しいデザインに慣れてくるのではないだろうか。

1 2
関連ニュース
thumb

インテルがESL構想からの脱退を発表!残るは4クラブのみに

インテルは21日、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想から撤退することを発表した。 18日に12クラブが一斉に参加を表明し、その詳細が明るみとなったESL構想。チャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして計画されたが、様々な方面からの批判が相次ぎ、20日にプレミアリーグの6クラブが挙って白紙に戻していた。 そして、これに追随するように、インテルも参加辞退を公表。その旨の声明文を公式サイトで掲載した。 「インテルは、当クラブがスーパーリーグプロジェクトに参加しないことを確認します。我々は常にファンへ最高のサッカー体験を提供することを心がけています」 「イノベーションとインクルージョンは、創業以来我々のDNAの一部です。すべてのステークホルダーに対して、サッカー業界をより良くするために尽力する姿勢は変わりません」 「インテルは、サッカーも他の産業と同様に、経済的に持続可能な枠組みの中で、世界中のあらゆる年齢層のファンを興奮させ続けるために、常に競技を向上させることに関心を持つべきだと考えています」 「このビジョンのもと、我々は、すべての人が愛するスポーツの未来のために、組織やすべてのステークホルダーと協力していきます」 なお、この発表と同時刻にアトレティコ・マドリーもESL構想からの脱退を公表しており、これでESL構想に参画しているクラブは、レアル・マドリー、バルセロナ、ユベントス、ミランの4クラブのみとなった。 2021.04.21 19:40 Wed
twitterfacebook
thumb

「インテルはもはやESLに関心はない」情報筋語る…ミランも辞退間近

18日にヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想が明るみとなってサッカー界に激震が走ってわずか2日、メガクラブの会長やオーナーたちによる夢は早くも崩れ落ちようとしている。 12クラブが一斉に参加を表明したことで、それまで噂程度だったものが現実味を帯び始めたESL構想。しかし、選手やOB、サポーターから大きな反感を買うと、12クラブの半数を占めていたプレミアリーグの6クラブがすぐに手のひらを翻し、20日に次々と辞退することを発表していった。 わずか48時間で脆くも亀裂が走ったESL構想。プレミアリーグのクラブに続いて、今度はセリエAのクラブも脱退に迫っているようだ。 イタリア『ANSA通信』によると、プレミアリーグが離脱した今、ESLにこれまでの魅力は失われているという。インテルに近い情報筋は「現状では、スーパーリーグプロジェクトはもはやインテルにとって関心のあるものとは見なされていない」と語る。 さらに、『アスレティック』によると、ミランもまたESL構想からの脱退を進めているようで、ユベントス、インテル、ミランのイタリア勢の中では最も早く抜けると見られている。 こうなると、残りは計画を主導したフロレンティーノ・ペレス氏が会長を務めるレアル・マドリーを始めとしたバルセロナやアトレティコ・マドリーのスペイン勢と、ユベントスの4クラブのみとなるが、スペイン方面では、ぺレス氏はまだESLの実現を諦めていないと主張するメディアもある。 2021.04.21 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリとドローで連勝ストップも…コンテ監督「方向性を見失うことはない」

インテルのアントニオ・コンテ監督がナポリ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 セリエAで首位を独走するインテルは18日、第31節で5位ナポリとアウェイで対戦。37分にオウンゴールで先制を許すと、55分にはMFクリスティアン・エリクセンのゴールで追いつくも、勝ち越せず、1-1の引き分けに終わった。 このアウェイでの引き分けによって、リーグ戦での連勝が「11」でストップしたが、試合後のコンテ監督は内容に満足感を示した。 「以前ならば、不運なビバインドを背負ったこのような試合では苦しんでいたことだろう。しかし、チームは良いリアクションを示していた。彼らは自分たちに何ができるかを知っていたし、方向性を見失うことはない」 「好調なナポリと対戦したが、私は常に彼らをスクデットの候補の一つと考えている。今日の試合、我々が彼らよりもハングリー精神を欠いて試合に臨むと思った人もいるかもしれないが、そうはならなかった。私が放つプレッシャーが選手たちに届いたのだろうかね」 「選手たちは追いかける者たちに希望を与えないことの重要性を理解していた。確かに、今日はミランとアタランタに差を2ポイントも縮められてしまったが、精神的な強さを見せることができたと思っている」 また、この試合で貴重な同点ゴールを決めたMFクリスティアン・エリクセンについても言及。「今、彼は調子を上げていて、もっと活躍できると確信している。素晴らしい資質を持っており、アグレッシブさと激しさを増しているクリスティアンは我々にとって大きな助けになるだろう」と好調ぶりを称えた。 2021.04.19 14:48 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング: ナポリ 1-1 インテル《セリエA》

セリエA第31節、ナポリvsインテルが18日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ナポリ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210419_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 メレト 5.5 セーブシーンはほぼなかった DF 22 ディ・ロレンツォ 6.0 攻守に存在感を発揮。惜しいヘディングシュートがあった 44 マノラス 6.5 要所での身体を張った守備が効いていた 26 クリバリ 6.5 ルカクとの重量級マッチアップは見応え十分。ルカクを抑え込めるのはセリエAではクリバリ位か 6 マリオ・ルイ 5.5 高い位置を取って攻撃に厚みを加えにかかった MF 21 ポリターノ 6.0 ボックス内での仕掛けでアクセントを付けた。バー直撃のシュートも (→ヒサイ -) 4 デンメ 6.0 エリクセンを監視。球際に強く行っていた 20 ジエリンスキ 6.0 ブロゾビッチを監視しながら攻撃にも絡む (→エルマス -) 8 ファビアン・ルイス 6.0 ゲームを作った。主導権を握れた要因に (→バカヨコ -) 24 インシーニェ 6.0 攻撃の起点に。オウンゴール誘発 FW 9 オシムヘン 5.0 前線でほぼ起点になれず (→メルテンス 6.0) オシムヘンとは違い起点になった 監督 ガットゥーゾ 6.0 首位相手に互角以上の戦いぶり ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210419_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 4.5 珍しい凡ミスで先制点を献上 DF 37 シュクリニアル 6.0 対人の局面でやられることはなかった 6 デ・フライ 6.5 さすがの読みで守備を締めた 95 バストーニ 5.5 さほど難しい対応を迫られることはなかった MF 2 ハキミ 6.0 終盤までスピードに乗ったプレーで脅威に 23 バレッラ 5.5 いつもの躍動感溢れるプレーは影を潜めた 77 ブロゾビッチ 5.5 ジエリンスキの監視に苦しみ、思うようにゲームは作れず 24 エリクセン 6.5 素晴らしいシュートで今季セリエA初ゴール 36 ダルミアン 5.5 攻守に及第点の出来 (→ペリシッチ 5.5) もっと仕掛けたいところだった FW 9 ルカク 6.0 バーとポストに嫌われる場面があった。クリバリに監視された中、できる限りのプレーはした 10 L・マルティネス 5.5 いつもよりはルカクとの関係で崩す場面が少なかった (→サンチェス 5.0) 見せ場を作れず 監督 コンテ 6.0 持ち前のカウンターを武器に戦ったが、守護神のミスもあってドローに ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クリバリ(ナポリ) 改めて能力の高さを示す。ルカクに密着マークを敢行し、仕事を制限した。 ナポリ 1-1 インテル 【ナポリ】 OG(前36) 【インテル】 エリクセン(後10) 2021.04.19 05:41 Mon
twitterfacebook
thumb

守護神ハンダノビッチ凡ミスのインテル、ナポリにドローで連勝が11でストップ《セリエA》

セリエA第31節、ナポリvsインテルが18日に行われ、1-1で引き分けた。 前節サンプドリアに辛勝とした5位ナポリ(勝ち点59)は、勝利すればユベントスに勝ち点で並び4位に浮上する中、最前線にオシムヘンを起用。2列目に右からポリターノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べた。 一方、後半終盤のダルミアン弾でカリアリを押し切り、11連勝とした首位インテル(勝ち点74)は、2位ミランとの11ポイント差を維持。残り8試合で4勝すれば11年ぶりのスクデット獲得が決まる状況となった中、ルカクとラウタロの2トップで臨んだ。 立ち上がりからボールを握ったのはナポリ。2トップのインテル相手にディ・ロレンツォ、クリバリ、マノラスのディフェンス3枚でビルドアップを図った。 それでも自陣に引きながらカウンターを狙うインテル相手にシュートに持ち込むことはできず、時間が経過していく。 すると29分、インテルに決定機。CKの流れからブロゾビッチのシュートをゴール前のルカクがコースを変えると、バーに直撃した。 助かったナポリは36分に先制する。ボックス左からインシーニェがクロスを上げると、GKハンダノビッチがデ・フライと接触してファンブル。ボールがゴールラインを割った。 失点後、インテルは38分に同点のチャンス。左サイドからのエリクセンのFKがルカクに当たってボールが左ポストに直撃した。 迎えた後半、インテルが前がかる中、55分に追いつく。サイド攻撃で揺さぶり、ルーズボールをボックス手前左のエリクセンが左足で一閃。強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 追い付かれたナポリは64分に勝ち越しのチャンス。右サイドからのポリターノのFKにディ・ロレンツォが頭で合わせたが、シュートはわずかに枠の左に外れた。 勝ち越しを目指す両チームは75分に動き、ナポリはオシムヘンに代えてメルテンスを、インテルはラウタロに代えてサンチェスを投入した。 すると80分、ナポリに勝ち越しのチャンス。ポリターノがボックス内で仕掛け、右足でのシュートがバーに直撃した。さらに81分、ジエリンスキがボックス内でデ・フライに倒されてPK判定が下ったが、VARの末にノーファウルに覆った。 終盤にかけては互いにゴールに迫れず1-1のままタイムアップ。勝ち点1を分け合い、インテルの連勝が止まっている。 2021.04.19 05:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly