ヘッド2発のDF板倉滉「建英から凄く良いボールが入ってきた」、田中碧とのコンビは「邪魔するより一個前の位置に」

2021.03.30 02:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
U-24日本代は29日、SAISON CARD CUP 2021でU-24アルゼンチン代表と対戦。3-0で快勝を収めた。26日に東京スタジアムで行われた試合では0-1で敗れていたが、この日はスタメン9名を入れ替えてプレー。前半から出しの早い、インテンシティの高いプレーを見せると、45分にDF瀬古歩夢(セレッソ大阪)のフィードに抜け出たFW林大地(サガン鳥栖)が初ゴールを奪い先制する。


後半はアルゼンチンも選手を変えて強度を高めた中、68分と73分にMF久保建英(ヘタフェ)のCKからMF板倉滉(フローニンヘン)がヘディングで2ゴールを奪取。そのまま逃げ切って勝利を挙げた。

試合後のメディア取材に応じたMF板倉滉(フローニンヘン)は2ゴールについて「本当に建英から凄く良いボールが入ってきたのが1つと、あとは凄く相手のマークが激しく自分を掴みたがっていたので、僕と相手のマークの間に(古賀)太陽に入ってもらって、ブロックしてもらいました」と振り返り、「そのおかげで自分が走るコースを見つけることができましたし、建英から毎試合毎試合良いボールが入ってくるので、2つゴールに繋げられたのは良かったです」とコメント。2ゴールを喜んだ。

1戦目で負けた状態で臨んだこの試合については「前回の試合は負けてしまったんですけど、守備のところをどうやっていこうかという声掛けはできていましたし、今回はさらに試合中からみんなで声を掛けながら、行くところ行かないところ、球際の一対一もそうですし、そういったところは前の試合と比べて修正できたと思います」と語り、チームとして修正できていたと手応えを語った。

また、久々のボランチでの出場となり、川崎フロンターレの下部組織で共に育ったMF田中碧とのコンビだったが「碧が基本真ん中に入って、ボールをさばけていましたし、碧自身はボールが持てる選手で、周りもよく見えて、チームを回してくれる存在でした」と後輩のプレーぶりを評価。「僕はいつもあの位置に入りますが、今日は前目のポジションに立って、相手も嫌がっていましたし、なるべくボランチとディフェンスの間に立とうと意識していて、そうすることで碧がフリーになる時間もありました」と語り、田中を生かすためにポジションどりを変えていたとコメント。「碧があそこで結構ボールを持てていたので、自分はそこを邪魔するというよりは一個前の相手が嫌がるポジションを取ろうと意識していました」と語った。

また「碧自身のことは小学校から知っていますし、ユースの時も一緒にやっていますけど、碧は上手い選手ですし、周りが見えている、凄く気がきく選手なので、邪魔しないようにというか、碧自身があそこでプレーできるので、1つ前の相手が嫌なポジションを取ることだけを意識していました」と成長を大きく感じていたとし、「守備も試合前に碧と確認していましたし、そこを上手くボランチから中盤に伝えるとか、中盤からFWに伝えることができていたので、そこは良かったと思います」と、チームとしての意思疎通も問題なくできていたと語った。

前回の試合では失点シーンでクロスを上げさせてしまった板倉。この試合に向けては「前の試合で負けていますし、僕自身ずっと言っていますが、東京五輪では金メダル以外考えていないので、強豪相手にしっかり勝っていかないといけないというのがその気持ちの部分に出たと思います」とコメント。「今回こうやってコロナのある中でアルゼンチンという良い相手と2試合できたのは凄く良いですし、負けて終わりじゃなく、勝って追われたのも良かったと思います」と語り、目標に掲げている金メダルへ良い2試合だったと語った。

今日はボランチで出場したが、本来はCBでプレーしている板倉。「CBに入っても相手にやらせないようにしないといけないですし、自チームではCBをやっているのでそこに自信は持っていますし、今日は凄く久々のボランチだったので、多少心配はありましたけど、碧が真ん中に入って、ボールを受けて、チームのリズムを作ってくれていたので、自分はその1つ前のポジションに入ってチームを助ける動き、あとは守備のところで自分が潰せるようにと考えていました」と語り、CBとしての気概は高まったと語った。

チームへの意識付けについても「チーム全員が東京五輪で金メダルというのは絶対意識していると思いますし、自分自身練習からとにかくこういう相手に勝たないといけない、負けちゃいけないというのを見せてきたつもりですし、今日も本当に試合の入りから全面に出て、一対一の激しい競り合いだったりで勝てていたので、それが勝利に繋がったと思っています」と語り、プレーで意識付けができていると語った。

攻撃でうまくいっていた部分についても「初戦はなかなか縦パスが入らなかったり、2列目に凄く良い選手がいる中で、その選手たちに預けることができていなかったので、そこをちょっと意識はしていました」と1戦目からの修正をコメント。「自陣というより高い位置でボールを回せていたと思いますけど、繋ぐところとハッキリ相手の裏に出すことはできていたので、前の選手もハードワークして戦ってくれていたので、セカンドボールを中盤の自分たちが回収しながらと意識していました」と語り、「ボールを回しながらも縦パスで建英や(相馬)勇紀、(食野)亮太郎のところもそうですけど、そこを上手く使えていたところが前と違って良かったところだと思います」と1戦目よりも2列目の選手を有効に使えていたと語った。

チームで組織的に対抗したことについても「組織的に戦うところは日本の良さでもありますし、みんなで攻撃してみんなで守るというのは引き続きやらないといけないところです」と語り、「今日の試合では一対一の局面でも負けていないというところが凄く多かったし、そこでマイボールにできるシーンも多かったので、帰ったところで個々でレベルアップして集まれればと思います」と、個々の成長が必要だとした。
関連ニュース
thumb

アルゼンチンとモンゴル戦でのゴールラッシュの要因/六川亨の日本サッカーの歩み

3月29日、U-24日本は親善試合でU-24アルゼンチンを3-0と撃破。翌30日は日本が22年カタールW杯アジア2次予選で、モンゴルを14-0の記録的大差で圧勝した。 新型コロナの影響で、海外から呼べない選手もいた。それでも日本代表では山根、守田、稲垣、古橋が代表初ゴールを決めるなど収穫があった。 そしてU-24日本である。3月26日のアルゼンチンとの第1戦は0-1で敗れたが、しっかりと反省点を修正するリカバリー能力の高さを見せた。1対1の球際での競り合い、いわゆるフィジカルコンタクトで互角に渡りあったのだ。 ともすれば目前のボールに先にコンタクトしたくなるところ、相手が寄せて来ている(体をぶつけに来ている)ことを察知して、ボールにアプローチしつつ自分から体をぶつけに行くことで互角の勝負に持ち込んだ。ボールを失えば奪いに行くのは当然の責任だし、FWもプレスバックで味方をフォローした。 アルゼンチンがスピードのあるレフティーのフェルナンド・バレンスエラ(背番号7)と、ドリブラーのマティアス・バルガス(背番号10)をベンチスタートにしたのにも助けられたが、日本は町田と瀬古のCBコンビが第1戦で決勝点を決めた192センチの長身FWアドルフォ・ガイチを完封。相手にほとんど決定機を作らせず完勝した。 だからと言って、東京五輪で「金メダルが獲得できる」と断言はできない。しかし、「可能性がないわけではないよね」と言えるくらいまでにはなった。 これが1年前なら、まず間違いなく「絶対に無理!」と言っていただろう。なにしろ昨年1月にタイで開催されたAFC U-23選手権では、2連敗であっけなくグループステージでの敗退(1分2敗)を目の当たりにしていたからだ。 東京五輪のアジア予選を兼ねていたため、他チームは完成度が高い。それに比べて日本は、いま思い返すと代表メンバーすら固まっていなかった。いくら地元開催とはいえ、メダルなんて口にすること自体おこがましいと思っていた。ところが……。 新型コロナは忌むべき人類の敵だが、東京五輪の延期はU-24日本にとって「プラスに作用した」と小声で囁きたい。それほどアルゼンチン戦のパフォーマンスは素晴らしく、チームの完成度も高まっていた。OA枠も含めて、選手選考は熾烈を極めるに違いない。 そしてA代表である。モンゴル戦は5-0で終えた前半から、もしかしたら二桁得点の可能性があるかもしれないと思った。なぜなら前回対戦した19年10月10日の試合でも、前半を4-0とリードして終了し、後半も猛攻を仕掛けたからだ。 遠藤と鎌田が代表初ゴールを決めた試合でもあり、吉田が「決めきるところで決めていれば8-0にはできたんじゃないかと思います」と振り返ったものの、結果的に後半は7度の決定機のうち2回しか決められず試合は6-0で終了した。このためチャンスを確実に決められれば二桁得点は不可能ではないと思った。 そしてフクアリでの試合は後半の20分過ぎから日本のゴールラッシュが始まり、伊東のこの試合2ゴール目で日本は二桁得点を記録。しかし、日本の猛攻はここで終わらなかった。 もしも森保監督がメンバー交代をせずにレギュラー組で戦っていたら、選手は負傷を避けるため無理はしなかったかもしれない。ワンタッチ、ツータッチでパスをつないで時間を稼ぐなど、負傷の可能性がある相手ゴール前でのプレーは避けただろう。 しかし指揮官は積極的に交代カードを使った。そして起用された国内組の選手は、年齢的に代表入りをアピールする数少ない機会のため貪欲にゴールを狙った。その結果、残り5分からアディショナルタイムでの6分間で4ゴールを奪い、W杯予選における最多ゴールを記録した。 モンゴルとは明らかに実力差がある。それを差し引いても後半に起用された選手は、肩の力を抜けたプレーをしつつ結果でアピールしたのはさすがだった。国内組が意地を見せたモンゴル戦の完勝劇。これも3月にインターナショナルマッチを開催した収穫と言える。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.03.31 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ついに先発の座を射止めたGK谷晃生、経験積んだ湘南に感謝「勝ち続けるところに貢献できるGKになりたい」

U-24日本代は29日、SAISON CARD CUP 2021でU-24アルゼンチン代表と対戦。3-0で快勝を収めた。 26日に東京スタジアムで行われた試合では0-1で敗れていたが、この日はスタメン9名を入れ替えてプレー。前半から出しの早い、インテンシティの高いプレーを見せると、45分にDF瀬古歩夢(セレッソ大阪)のフィードに抜け出たFW林大地(サガン鳥栖)が初ゴールを奪い先制する。 後半はアルゼンチンも選手を変えて強度を高めた中、68分と73分にMF久保建英(ヘタフェ)のCKからMF板倉滉(フローニンヘン)がヘディングで2ゴールを奪取。そのまま逃げ切って勝利を挙げた。 試合後のメディア取材に応じたGK谷晃生(湘南ベルマーレ)はこの世代で初先発となった試合について「まず、この五輪世代の代表に何度か呼んでもらってはいたんですが、なかなか試合に絡むことができていなくて、僕自身こういった試合で初めてスタメンで出るというところで、自分のプレーを思い切ってしようと思いましたし、アグレッシブに自分の良さを出して最後尾からしっかりと声掛けて統率すればできると思ったので、そこは自信を持ってやりました」と語り、初先発にも落ち着いてパフォーマンスを出せたと語った。 また、守備範囲の広さも見せ、ハイラインの裏へのボールに対応していたが「代表チームとなると普段とやっている選手は違いますし、よりアラートになるというか、声を掛け合って、コミュニケーションをとってやっていたので良かったと思います」とし、コミュニケーションを取れたことが良かったと語った。 試合ではアルゼンチンがほとんどシュートを打てていない中、64分には FWアドルフォ・ガイチがボックス手前からミドルシュート。強烈なシュートにも上手く対応した。このシーンについては「チームが良い状態でゲームを進める中で、あまりシュートが飛んで来ずに自分がプレーすることがない中で、絶対に来るだろうなと思っていましたし、そこで集中切らさずにやっていたことが、あのプレーに繋がったと思います」と語り、しっかりと準備できていたと語った。 昨シーズンはガンバ大阪から湘南へと期限付き移籍。そこでポジションを掴み、J1の舞台で経験を積んだ。「試合を重ねるにつれて色々な状況をリーグ戦でも経験できているので、そこを代表戦にも繋げられたというのは自分の経験値にもなりました」とコメント。「前に負けて相手の特徴もわかっていましたし、チーム全体でよく守ってできたのかなと思います」と語り、自身の経験とチームとしての意思統一が上手く働いたとした。 また、「ディフェンスラインを高く保つということで相手も放り込んでくるし、ハイボールのところは絶対に自分のプレーするところが出てくるだろうなと思っていたので、常に良いポジジョンを取りながら、自分が行けるのか行けないのか、難しい部分はあったんですがシンプルにプレーしようと思っていました」と試合終盤まで高いポジションを取っていた理由を明かした。 今シーズンも湘南でプレーし、本大会に向けてもクラブでの成長が求められるが「今まで通り湘南でもそうですけど、チームを勝たせるGKになりたいと思っていますし、勝ち続けるところに貢献できるGKになりたいと思っています」と語り、チームを勝たせられるGKになりたいとコメント。湘南でのプレーは「J1という舞台で自分が試合に出るということを目標に湘南に移籍して、それを去年は実現できた中で、このチームに繋げていきたいという思いは自分自身強かったですし、それが今日こうやってデビュー戦を迎えられたということは湘南ベルマーレにも感謝しています」と自身が成長できた湘南への感謝も述べた。 しかし「ただ、まだ始まったばかりなので、ここからもっともっと自分を良くして、ここでも試合出場の機会を増やせるようにやっていきたいと思います」とし、正守護神になることへ邁進するとした。 2021.03.30 14:12 Tue
twitterfacebook
thumb

先制点を引き出したDF瀬古歩夢のフィード「常に狙っていこうと思っていた」、試合前のスカウティングが生きた結果に

U-24日本代は29日、SAISON CARD CUP 2021でU-24アルゼンチン代表と対戦。3-0で快勝を収めた。 26日に東京スタジアムで行われた試合では0-1で敗れていたが、この日はスタメン9名を入れ替えてプレー。前半から出しの早い、インテンシティの高いプレーを見せると、45分にDF瀬古歩夢(セレッソ大阪)のフィードに抜け出たFW林大地(サガン鳥栖)が初ゴールを奪い先制する。 後半はアルゼンチンも選手を変えて強度を高めた中、68分と73分にMF久保建英(ヘタフェ)のCKからMF板倉滉(フローニンヘン)がヘディングで2ゴールを奪取。そのまま逃げ切って勝利を挙げた。 試合後のメディア取材に応じたDF瀬古歩夢(セレッソ大阪)は試合を振り返り「第1戦に出れていなくて、負けた中で、2戦目は非常にチームとして大事な試合になると思いますし、その中で自分が出たことに関しては絶対勝利しようとう気持ちもありましたし、チャンスを掴まないといけない、自分をもっとアピールしないといけないということで試合に臨みました」と、強い意気込みを持って試合に臨んでいたことを明かした。 この試合では、DF町田浩樹(鹿島アントラーズ)とCBでコンビを組んでいたが相手FWとのデュエルでは負けず、しっかりと対応できていた。その点については「球際のバトルになることは試合前から想像していましたし、監督からも『絶対に負けない』ということを言われていたので、今日は全員が非常に戦っていて勝っている部分が多かったので、それが今日の勝利に繋がったと思います」と語り、チーム全体の意識が高まっていたと語った。 瀬古は先制点につながるロングフィードを見せたがその点については「試合前から(林)大地とは話していたので、あそこは自分の特徴でもありますし、常に狙っていこうと思っていました。その中でコースが見えたのでそれが通って良かったかなと思っています」と語り、狙い通りだったとコメント。この試合では丁寧にパスを繋いでいた中での一発ロングフィードだったが「シンプルにやりながら揺さぶりながらどこか空いてくるのを試合をやりながら感じていたので、その瞬間に空いたので、自分自身良いボールを配球できたかなと思います」と語り、出すタイミングを含めても狙いがハマった形となったようだ。 狙ったポイントについては「相手のDFの映像は試合前から自分自身も確認していて、背後の対応がちょっと雑なところが何シーンかあったのが事実で、それを試合前に頭に入れながら狙っていけたので、そこがアシストになって非常に良かったと思います」とコメント。「大地の特徴を生かす上でも、大地はああいったところで受けるのが上手なので、あっちからも要求がありました」と語り、互いに求めあったフィードと動き出しだったと語った。 また「ああいったボールを狙うときは結構アウトにかけるので」と蹴り方について解説し、「CBの間の方がアウトにかけた方が大地の利き足も右なのでトラップしやすいかなというのを感じてやったというのはあります」とし、直感で判断したと語った。 今回の活動については「海外組がこういう形で来たことでよりチームが引き締まりましたし、オリンピックまで残り数カ月を切った中で、やっぱり自分たちが結果にこだわらないといけないですし、それを今日自分自身体感できたことによって、よりオリンピックに対しての思いというのはチーム全体が強くなったと思います」とし、「日本で開催するからこそ金メダルというのはチーム全体が目標にしているところなので、より個人のレベルアップをこれからしていかないといけないとより感じました」と、世界トップクラスを体感できてより課題が見つかったとした。 アルゼンチンとの対峙については「FWとの駆け引きであったり、あっちの選手は上手いなというのもありました。上手く対応できたことは自分にとっても自信になりました」と手応えを感じながらも「もっともっと潰しに行ける部分も何本かありましたし、判断ミスも多々あったのも事実なので、そこを直していかないと本番であったりこれからやられる部分はあると思うので、今回見つけた課題をチームに帰って修正できればと思います」とさらなる成長を誓った。 2021.03.30 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

2アシストのMF久保建英「本当に文句ない勝利」、FW林大地とのコンビも「やりやすい」

U-24日本代は29日、SAISON CARD CUP 2021でU-24アルゼンチン代表と対戦。3-0で快勝を収めた。 26日に東京スタジアムで行われた試合では0-1で敗れていたが、この日はスタメン9名を入れ替えてプレー。前半から出しの早い、インテンシティの高いプレーを見せると、45分にDF瀬古歩夢(セレッソ大阪)のフィードに抜け出たFW林大地(サガン鳥栖)が初ゴールを奪い先制する。 後半はアルゼンチンも選手を変えて強度を高めた中、68分と73分にMF久保建英(ヘタフェ)のCKからMF板倉滉(フローニンヘン)がヘディングで2ゴールを奪取。そのまま逃げ切って勝利を挙げた。 試合後のメディア取材に応じたMF久保建英(ヘタフェ)は2つのアシストを記録したが「結果という形でチームが少し苦しい時間帯に2点目、3点目とアシストできたのは良かったと思います」とコメント。「1本目は板倉選手を狙って、2本目は空いているスペースに蹴って、誰かが入ってきてくれればという感じで、2本ともしっかりと決めてくれて良かったと思います」と語り、しっかりとゴールに繋がるプレーができたことを喜んだ。 セットプレー以外でもポジションを流動的に変えて、日本の攻撃を活性化していたが「全然悪くなかったかなと思いますし、打撲とか色々あって、治るかどうかのところで無理はするなと言われていましたけど、結局試合に間に合って、トレーナーやドクターの方々がケアしてくれて、その結果試合に出れて、個人としてもチームとしてもリベンジすることができて本当に文句ない勝利だったと思います」と語り、危ぶまれたケガも特に問題はないと満足感を示した。 この試合では1トップに入ったFW林大地(サガン鳥栖)とのコンビも機能していたが、「正直初対面で、選手としてもニュースで見るぐらいで点を獲っているというぐらいの印象でしたけど、今日組んでみて大体分かりましたし、個人的にもやりやすいというか、しっかり選手として成熟しているというかやることがハッキリしていて、あそこまで意図が見えやすい選手はいないので、やりやすいです」と語り、手応えを感じたようだ。 1戦目で負けている相手に対し連敗は許されない中での2戦目。そのメンタリティとしては「同じ相手にホームで負けるのはありえないですし、本気で勝ちにいって1戦目負けているので、2戦目で借りを返して、自分は前半終わった時にあと1点は欲しいねと話していて、トータルで1-1でしたし、結果2戦合計でも勝っていますし、良かったと思います」と語り、2試合合計で上回れたことは良かったと語った。 また1戦目からの改善点については「チームとしても落ち着いてボールを支配することができたと思いますし、守備で相手のロングボールだったり、ビルドアップにしっかり対応できたことが自分たちの攻撃にも繋がります」と守備面がハマったことを語り、「守備は最大の攻撃という人もいますが、今日はそこが攻撃への一歩目というか、守備で相手に良いプレーをさせないことで、自分たちの攻撃にもスムーズに入れたかなと思います」と攻撃がうまくいった要因に守備を挙げた。 またこの北九州スタジアムでは初めて代表クラスの試合が開催されたが、スタジアムについては「スタンドの方にはコロナ禍なので上がってないですけど、印象として入り口から凄く綺麗で、新しいスタジアムという印象もありましたし、スタジアム自体もすごくコンパクトで、サッカーをするのに観客の声も間近で聞こえると思いますし、サッカーをやるためだけのスタジアムはやっていて気持ちがいいです」とコメント。「グラウンドもコンパクトで、無駄なスペースもなく、ピッチもすごく良かったですし、ギラヴァンツ北九州はすごく良いスタジアムを持っているなと思いました」と語り、好印象を持ったと語った。 2021.03.30 01:38 Tue
twitterfacebook
thumb

持ち味発揮で初ゴールのFW林大地「チームのために走る」、瀬古のボールは「常に準備して待っていた」

U-24日本代は29日、SAISON CARD CUP 2021でU-24アルゼンチン代表と対戦。3-0で快勝を収めた。 26日に東京スタジアムで行われた試合では0-1で敗れていたが、この日はスタメン9名を入れ替えてプレー。前半から出しの早い、インテンシティの高いプレーを見せると、45分にDF瀬古歩夢(セレッソ大阪)のフィードに抜け出たFW林大地(サガン鳥栖)が初ゴールを奪い先制する。 後半はアルゼンチンも選手を変えて強度を高めた中、68分と73分にMF久保建英(ヘタフェ)のCKからMF板倉滉(フローニンヘン)がヘディングで2ゴールを奪取。そのまま逃げ切って勝利を挙げた。 試合後のメディア取材に応じたFW林大地(サガン鳥栖)はこの試合に向けて「まずはチームのために代表活動であれ、チームのために走るということを優先して、試合に入ろうと思っていました」とコメント。いつもと変わらないスタンスで試合に臨んだという。 その試合では、前半終盤には貴重な先制ゴールを記録。初招集を受けて2試合目で結果を残した。ゴールについては「(瀬古)歩夢から凄く良いボールが来ましたし、その前もしっかり味方同士つないで僕の所に来たので、良いボールが来たので決めないといけない責任がFWにあるので、しっかりゴールにつなげられて良かったです」と語り、良いアシストを決められて良かったと語った。 また、瀬古とのコミュニケーションについては「具体的にこれを言ったというのは無いんですが、『常に見てるから、常に準備しておいて』という感覚でした」と語り、「凄く良いボールを出すのは練習からわかっていたので、常に準備をして待っていました」と、瀬古から来るボールを予測していたと語った。 試合での手応えについては「ミスした場面もありましたし、ボールロストしたシーンもあったので、そういったのを減らしていければと思いますけど、デュエルの部分や競り合いの部分で、多少無理な体勢でもマイボールにしたり、自分の所に持ってくることが持ち味なので、そういったところをどんどん磨いていければと思います」とし、さらに特徴を磨きたいと意気込んだ。 短期間であまりプレーしたことない選手とのコンビも光ったが、「代表に選ばれている選手は凄いボールを出してくれるので、それを準備していないのは全部自分の責任になるので、いつどんなボールが来ても良いようにというのは練習でも心掛けていました」とコメント。「そういう心構えが試合で良い形で表現できたと思います」と、準備が結果につながったようだ。 得点の前にはMF田中碧(川崎フロンターレ)からの縦パスをトラップミスしたが「あれは完全にコントロールミスで、碧にも狙っているからって言われていて、俺も狙っているから常に見ておいてと言っていて、完璧なボールが来ました。あれは100%自分のミスです」と反省した。 また2列目の選手との連携についても「タケ(久保建英)は技術が凄くあるので、僕が前で張ってガチャガチャやるので、僕の周りをうろちょろして欲しいとは言ってありました」とコメント。その中でプレーした手応えには「代表活動に来て、凄いレベルの高いチームメイトがいるので、個人的な自信というより、そういった仲間が味方にいるというのは自分にとってはプラスになっているので、今日も自信を持って試合に臨めたかなと思います」と、チームメイトがいることが自信に繋がった様だ。 一方で、大阪体育大学の同期でもあり、今回招集されるもケガで離脱したMF田中駿汰(北海道コンサドーレ札幌)については「駿汰と一緒に代表のピッチでやりたいという思いは正直あったんですけど、ケガはつきものなので」と同じピッチに立てなかったことを語ったが「離脱するとなった時も頼むぞと言ってくれたので、それも含めてチームのために走ろうと思いました」と、後押ししてくれたと語った。 大会4カ月前に初招集。一方で、クラブでは結果を残している林にとっての東京オリンピックは「常に意識はしてましたし、選ばれる前もずっと意識していましたけど、今も変わらず出られるチャンスがあるならそこを目指してサッカーしたいし、代表活動に初めて呼んでもらって、初めて会う仲間に刺激をもらって、また一緒にサッカーしたいなと思ったので、また呼んでもらえるようにチームでしっかり頑張りたいと思います」とコメント。次のタイミングでも招集される様に努力すると誓った。 2021.03.30 01:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly