C・ロナウドとベイルの超高速カウンター! たった2人でアトレティコ守備陣を粉砕!/2016-17【スーパーゴール図鑑/レアル・マドリー編】

2021.03.08 18:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
クリスティアーノロナウド(当時31歳)
国籍:ポルトガル
所属:レアル・マドリー
ポジション:FW
身長:187cmC・ロナウドは、2009年夏にマンチェスター・ユナイテッドからマドリーに加入して以降、圧倒的な攻撃センスでシンボルスターの座を射止め、公式戦438試合に出場して451ゴール131アシストを記録。チャンピオンズリーグ4度の優勝、リーガエスパニョーラ2度の優勝、コパ・デル・レイ2度の優勝、クラブ・ワールドカップ3度の優勝に貢献した。


【試合詳細】
日程:2016年11月19日
大会:ラ・リーガ第12節
対戦相手:アトレティコ・マドリー
時間:後半32分(2-0)

◆クリロナとベイルの超速攻でアトレティコを粉砕!

ビセンテ・カルデロンでの最後のダービーとなったこの試合だが、前半23分にFK、後半26分にPKでC・ロナウドが2得点を奪う。ハットトリックまであと1点のC・ロナウドは、後半32分に仕事をやってのける。

カウンターからMFイスコが前線にロングボールを送ると、これに抜け出したFWガレス・ベイルが、持ち前のスピードで相手DFフアンフランを振り切り、ボックス内に侵入。グラウンダーのクロスを入れると、逆サイドで並走していたC・ロナウドが待ち構え、少し難しいバウンドも物ともせず、冷静に右足で抑えをきかせたシュートを放ち、ゴールネットを揺らしてみせた。

ハーフウェイライン付近からたった2人でアトレティコの守備陣を崩壊させたベイルとC・ロナウド。エースであるC・ロナウドは、この大一番で見事ハットトリックを達成した。

関連ニュース
thumb

ヘタフェ戦無失点のクルトワ、マドリーは離脱者続出も…「逆境でこそ強みが出る」

レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが、ヘタフェ戦を振り返った。 レアル・マドリーは18日、ラ・リーガ第33節で日本代表MF久保建英所属のヘタフェと対戦。リーグ優勝を争う上で勝利を掴みたい一戦だったが、ゴールレスドローに終わっている。 この試合にも先発出場し、チームの無失点に大きく貢献したクルトワは試合後、スペイン『マルカ』のインタビューに応対。「1ポイントしか獲得できなかったのは少しがっかりだね」とした一方で、「これだけ多くの試合をこなすのは簡単ではない」と過密日程の影響を話した。 また、DFフェルラン・メンディやMFカゼミロ、MFフェデリコ・バルベルデなど多くの離脱者を抱えるチームの厳しい状況についても言及。「逆境でこそ、このチームの強みが出る。離脱者が出たと嘆いている場合ではなく、向き合わなければならないんだ。マドリーにいる選手たちは皆、理由があってそこにいる」と力強く語った。 2021.04.19 18:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘタフェと痛恨ドローのマドリー、ジダンは攻撃面の課題挙げる 「何かが欠けていた」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がヘタフェ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 レアル・マドリーは18日、ラ・リーガ第33節で日本代表MF久保建英所属のヘタフェと対戦。リーグ優勝を争う上で勝ち点3が欠かせない一戦だったが、両チームとも得点を奪うことはできず、ゴールレスドローに終わった。 ジダン監督は試合後、「簡単な試合ではなかったので、選手たちを祝福しなければならない。守備面ではとても良かった一方、攻撃面では何かが欠けていた。まだ、獲れる勝ち点は多く残っているので、戦い続けなければならない。それが我々の使命だと思っている」とコメント。無得点に終わった試合を振り返って、攻撃面に課題があると分析した。 また、8分におけるFWマリアーノ・ディアスのシュートがゴールラインを割ったものの、VAR レビューの結果、わずかにオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールが認められなかったシーンについても言及。「レフェリーについて何も言うことはない。彼はジャッジをするためにそこにいて、オフサイドだと判断しただけだ」と理解を示した。 1ポイントを上積みした2位マドリーだが、22 日にヘタフェ戦を控える3位バルセロナが勝利すると、順位が入れ替わる展開に。優勝争いはなお混戦を極めている。 2021.04.19 13:07 Mon
twitterfacebook
thumb

欧州スーパーリーグ初代会長にレアルのペレス会長が就任 「ファンの願望に応えるのが我々ビッグクラブの責任」

レアル・マドリー会長のフロレンティーノ・ペレス氏が欧州スーパーリーグの初代会長に就任した。 まことしやかに新設の動きが囁かれながら、具体的な部分がベールに包まれた欧州スーパーリーグ構想。18日に各国メディアで一斉に全容が報じられ、参戦合意済みの12クラブに3クラブを追加した計15クラブが中心になり、最終的に5クラブを招待した計20クラブで争われる大会になるという。 UEFAから先んじて反対の意思が示され、参戦したクラブに対する処分も科すとの警告も出されたが、18日に欧州スーパーリーグ創設が正式発表。様々な方面から賛否両論の声が飛ぶなか、ペレス氏はレアル・マドリーの公式サイトを通じて、欧州スーパーリーグの初代会長就任に伴う声明を出した。 「我々はあらゆるレベルのフットボールを支援するとともに、世界のなかで相応しい位置を占められるようサポートしていく。フットボールは40億人以上のフォロワーを持つ世界で唯一のグローバルスポーツ。ファンの願望に応えていくのが我々ビッグクラブの責任だ」 なお、欧州スーパーリーグ参戦が決定しているクラブは現時点で、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、リバプール、アーセナル、チェルシー、トットナム、レアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリー、ユベントス、ミラン、インテルの12クラブだ。 2021.04.19 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

欧州スーパーリーグ構想明るみに! 12クラブの参戦同意リークもUEFAは徹底抗戦の構え

これまでまことしやかにささやかれ続けてきたヨーロッパのビッグクラブによるヨーロッパ・スーパーリーグ構想が現実味を帯びてきたことが判明した。『ESPN』が『ロイター通信』のレポートを基に伝えている。 『ESPN』が伝えるところによれば、現在ヨーロッパの15のビッグクラブが2023-24シーズンのヨーロッパ・スーパーリーグ設立に向けた協議を行っているという。 この緊急事態を受け、欧州サッカー連盟(UEFA)は現行のチャンピオンズリーグ(CL)の存在意義を脅かしかねない新リーグ設立を阻止するために各国協会と共に動きを見せている。今後に向けては有力クラブの脱退を食い止める意味でも36チームに拡大したCLの新フォーマットの発表を予定している。 各国メディアの情報をまとめると、現時点でヨーロッパ・スーパーリーグへの参加に同意しているのは、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナル、チェルシー、トッテナムのイングランドのビッグ6と、バルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーのスペイン3クラブ、ユベントス、インテル、ミランのイタリア3クラブの計12クラブだという。 そして、新リーグのフォーマットに関しては20チーム制を構想しており、前述の中心クラブを含め15クラブが降格のない常任クラブに入り、残りの5クラブは各国リーグの成績に応じて入れ替え制での参戦が見込まれているようだ。 また、ニューヨークの投資銀行『JPモルガン』が今回のプロジェクトに関わっており、60億ドル(約6530億円)の融資を請け負う模様。そしてこの資金は各クラブに分配されるという。 こういった具体的な情報が表に出てきたことを受け、UEFAは19日のCL新フォーマットの発表を控える中、ヨーロッパ・スーパーリーグ構想を非難する公式声明を発表している。 「UEFA、イングランドサッカー協会(FA)とプレミアリーグ、王立スペインサッカー連盟(RFEF)とラ・リーガ、そしてイタリアサッカー連盟(FIGC)とレガ・セリエAは、イングランド、スペイン、イタリアの一部のクラブが、閉鎖的な、いわゆるスーパーリーグの創設を発表しようとしている可能性があることを認知している」 「仮にこのような事態が発生した場合、UEFA、FA、RFEF、FIGC、プレミアリーグ、ラ・リーガ、レガ・セリエA、そしてFIFAとすべての加盟団体は、社会がかつてないほど連帯を必要としている時期に、少数のクラブの私利私欲に基づいたこの皮肉なプロジェクトを阻止するために、一致団結して努力していくことを繰り返し伝えていく」 「我々はこのような事態を防ぐために、司法とスポーツの両面から、あらゆるレベルで利用可能なあらゆる手段を検討する。フットボールは開かれた競争とスポーツの実力に基づいており、それ以外の方法ではあり得ない」 「すでにFIFAと6つの連盟が発表しているように、当該クラブは国内、ヨーロッパ、世界のあらゆる大会への出場が禁止され、所属プレーヤーは代表チームへの出場機会を失う可能性もある」 「我々は他国のクラブ、特にフランスとドイツのクラブがこれに署名することを拒否したことに感謝している。我々はフットボールを愛するすべての人々、サポーター、政治家に呼びかけ、このようなプロジェクトが発表された場合には、我々と共に反対運動を展開する。このような少数者の執拗な利己主義は、あまりにも長い間続いている。もういい加減にしてほしいと考えている」 なお、ヨーロッパ・スーパーリーグ設立阻止を目的に変更が見込まれる2024年に向けたCL新フォーマットでは、36チームが従来のグループステージ6試合制から10試合制に変更。マッチデー収入、放映権料を増やすと共に、ビッグクラブへの分配率を上げることを念頭に置いているという。 2021.04.19 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

主力多数不在のマドリー、ヘタフェ相手に劣勢のドロー…久保建英は4戦ぶりに出番なし《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第33節、ヘタフェvsレアル・マドリーが18日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、0-0のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF久保建英はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節、バルセロナとのエル・クラシコを2-1で制した2位のマドリー(勝ち点66)は、首位のアトレティコ・マドリーとの勝ち点差を1ポイントに縮めた。そして、ラ・リーガ5連勝を狙う今節は15位のヘタフェ(勝ち点30)との自治州ダービーに臨んだ。 直近のチャンピオンズリーグ(CL)では敵地アンフィールドで0-0のドローに持ち込み、リバプールを破ってベスト4進出を決めたジダン率いるチーム。だが、重要な3連戦を無敗で終えたチームは、その代償にルーカス・バスケス、メンディが相次いで負傷離脱。さらに、今節ではカゼミロとナチョをサスペンションで欠く上に新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者となったバルベルデが起用不可に。 この緊急事態を受け、急造の最終ラインはオドリオソラ、ミリトン、チュスト・ガルシア、マルセロとなり、クロースとベンゼマのベンチスタートを受け、マリアーノとイスコが代役を担うことになった。 対して5戦未勝利と低迷が続くヘタフェは、保有元相手に2試合連続スタメン起用が期待された久保がベンチスタートとなり、2トップにはマタとウナルが並んだ。 飛車角抜きのマドリーに対して予想外に攻撃的な入りを見せたヘタフェが先にチャンスを作り出す。立ち上がりに続けてセットプレーを得た中で6分にゴール前のマタがファーストシュートを放つと、直後の7分にもマティアス・オリベラとニョムがゴール前に飛び込んで決定機に絡む。 一方、何とか序盤の劣勢を撥ね返したマドリーは8分にミリトンからの縦パスに抜け出したマリアーノがボックス内でGKをかわして無人のゴールへシュートを流し込む。だが、VARのレビューの結果、わずかにオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは認められず。 以降は連動性と運動量、アグレッシブさで上回るヘタフェが急造布陣でしっくりいかない相手の隙を突いて押し込む形に。10分にアランバリが枠のわずか左に外れる際どいシュートを放てば、23分にはマクシモビッチのクロスにゴール前で反応したマタが巧みなバックヘッドシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩いた。 対するマドリーも28分にはマルセロからの絶妙なクロスに反応したマリアーノにこの試合2度目の決定機が訪れるが、これはDFティモルの見事なゴールカバーに掻き出されて先制点とはならず。さらに、徐々に盛り返した前半終盤の39分にはオドリオソラからの好クロスをゴール前のヴィニシウスが頭で合わせるが、枠の左を捉えたシュートはGKソリアにキャッチされた。 0-0のイーブンで折り返した後半も試合展開に大きな変化はなし。それでも、全体の動き出しの少なさ、距離感の問題を抱えてボール回しが停滞するマドリーに対して、ヘタフェの高い位置でのボール奪取が嵌りショートカウンターからフィニッシュの場面を創出。59分にはその形からマタとパス交換したウナルがペナルティアーク付近から決定的な右足のシュートを放つが、これはGKクルトワのビッグセーブに阻まれた。 後半も流れが悪いマドリーは65分、マリアーノに代えて切り札のベンゼマ、ロドリゴに代えてこれがトップデビューとなる20歳MFアントニオ・ブランコを投入。この交代によって[4-3-3]に並びを代えて、ピボーテにブランコ、ドブレピボーテのイスコとモドリッチがインテリオールにポジションを上げた。 前半からのハイペース、相手の3トップが主力に入れ替わったことを受けボルダラス監督は、マタに代えてすでに投入したアンヘルに続き76分にはアレーニャを下げてダミアン・スアレスを投入。本職サイドバックのウルグアイ代表DFを右サイドハーフに置き、引き分け良しの戦い方にシフト。それでも、78分にはククレジャのボール奪取からショートカウンターに転じると、マクシモビッチが放ったミドルシュートがDFにディフレクトしてゴールに向かう。しかし、これもGKクルトワのビッグセーブに阻まれる。 その後も膠着状態が続く中、ヘタフェは試合終了間際にウナルを下げて前節トップデビューのホセテ・ミランダを最後のカードとして投入。これにより、久保の古巣対戦は実現せず。 そして、試合はこのまま0-0でタイムアップを迎え、多数の主力を欠いたマドリーは格下相手に守勢を強いられながらも、守護神の活躍もあって最低限の勝ち点1を持ち帰ることになった。 なお、今節先に試合を行っていたアトレティコが勝利していたため、両者の勝ち点差は再び3ポイントに広がっている。 2021.04.19 05:59 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly