映像チェックもPKなし…試合後に怒り露わのユナイテッドDFショーが耳にした主審とキャプテンの会話は聞き間違い

2021.03.01 21:54 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFルーク・ショーが大きな間違いをしていたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

2月28日に行われたプレミアリーグ第26節のチェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドの一戦。試合は0-0のゴールレスドローになったが、大きな話題を呼んだシーンがこの試合にはあった。

事件は14分、ユナイテッドがボックス手前でFKを獲得すると、マーカス・ラッシュフォードが直接シュート。このシュートはGKエドゥアール・メンディがパンチングする。

すると、そのこぼれ球を拾おうとMFメイソン・グリーンウッドとMFカラム・ハドソン=オドイが競り合うことに。最終的にチェルシーがボールを蹴り出しプレーが続行された。

その後、およそ1分間プレーが続行。ハキム・ツィエクがシュートを放ち、GKダビド・デ・ヘアがキャッチするところまで続いたが、突如として試合が止められることとなった。

インプレー中だったが、VARによりグリーンウッドとハドソン=オドイが競り合ったシーンのチェックが入り、主審のスチュアート・アトウェル氏がモニターでオンフィールド・レビューを実施する。

リプレー映像を見る限り、明らかにハドソン=オドイの手がボールに触れており、その後グリーンウッドの腕に触れているのが確認できたが、アトウェル氏は早々にチェックを切り上げPKなしの判定を下していた。

後々になってPKを取られると確信していたと思われるハドソン=オドイは、早くチェックを終えろという態度を取っていたが、まさかのPKなしに不思議な反応。一方のユナイテッドの選手たちも、わざわざインプレーを止めてのチェックだったにも関わらず、PKなしの判定となったため、両チームの選手たちは混乱。指揮官同士も言い合うなど、謎の判定が物議を醸していた。

ドロップボールから試合は再開することとなったが、その際にアトウェル主審とハリー・マグワイアが何やら会話。その会話を聞いたショーが、試合後に怒りを露わにしていた。

「僕はハンドを見た。それがメイソン(・グリーンウッド)なのかカラム(・ハドソン=オドイ)なのかわからなかった。僕らは続けただけだ。あとでチェックがあることも知らなかった」

「PKにならないのになぜ彼らがプレーを止めたのかわからない。レフェリーがハリー・マグワイアにも話していたのを聞いた。『もし私がそれをPKだと言ったら、後でたくさんの話題になってしまう』と言っていたのを聞いたから、もう何が起こったのかわからない」

「ハリーはそれがPKだと言われたと言っていた。彼はVARによるPKだと言われたので、何が起きたのかわからない」

「なぜ彼が試合を止めたのかもわからない。彼が止めるという事なら、PKを与えようとしていると思うだろう。僕たちがボールを持っていたし、僕たちは攻撃していたんだ」

「VARと混同しているのは、PKにならないのであれば試合の流れを止めずに続けた方が良いからだ。でも、僕もそうは思わないし、騒ぎ立てるつもりはない。チームは勝つために十分な事をしたんだ」

ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督も試合後にPKの判定が下されなかったことに激怒。一方で、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は「 どうなるとVARが介入するのか?」と苦言を呈していた。

観ている者だけでなく現場でも混乱を生んだ今回の判定。しかし、主審と話したマグワイアはショーが耳にしたという会話は完全に聞き間違いであるとし、ショーが怒りをぶちまけたこと自体が間違っていたとクラブに報告したとのこと。なんとも恥ずかしいショーだが、審判の対応が混乱を招いたことはいうまでもないだろう。


関連ニュース
thumb

カバーニがカタールW杯後の代表引退示唆 「もうひとつの夢を実現し、身を引きたい」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(34)が2022年カタール・ワールドカップ(W杯)後の代表引退を示唆した。『ESPN』が伝えている。 カバーニは2008年のフル代表デビュー以降、歴代3位の118試合に出場し、歴代2位の51ゴールを記録。長らくFWルイス・スアレスと共にラ・セレステの攻撃をけん引し続けている。 しかし、今年2月に34歳となったエル・マタドールは、来年に控えるカタールW杯が自身にとって最高の引き際になると考えているようだ。 「すべての人間の人生というものは、目的に基づいていて、ある場所に到達するための欲求、目標、目的があるものなんだ」 「フットボールの場合、代表チームでの僕の目標は、カタールでのワールドカップ出場になる。そのもうひとつの夢を実現し、その後は身を引いて家族や仲間、自分のことに専念したいと思っている。僕らはすでにそのラストダンスに参加している状態だね」 また、先日にユナイテッドとの契約延長にサインしたカバーニだが、依然としてボカ・ジュニアーズ行きの可能性が伝えられている。その点について34歳のベテランストライカーは、南米でキャリアを終える可能性を否定していない。 「いつかは南米に戻って、この地で戦うことになるだろうけど、今はその時ではないね」 なお、自身最後の参加となるコパ・アメリカに参戦中のカバーニは、18日にグループA初戦のアルゼンチン代表戦に挑む。 2021.06.15 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

マクトミネイ、存在感高まるも背番号変わらず 「39番は…」

マンチェスター・ユナイテッドのスコットランド代表MFスコット・マクトミネイがデビュー当時から同じ背番号を背負い続ける理由を説明した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドのアカデミー育ちで、2017年5月に1stチームデビューのマクトミネイ。守備的な役割が主なタスクだが、公式戦49試合に出場した今季はボックス・トゥ・ボックスの動き出しにも磨きをかけ、キャリアハイの7得点(2アシスト)を記録するなど、存在感は高まるばかりだ。 そんな身長193cmの大型MFはデビュー当時から背番号「39」のまま。イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードや同代表FWメイソン・グリーンウッドを典型例にアカデミー出身者はチームでの重要性が高まるにつれ、背番号も変わっていく傾向だが、マクトミネイは違う。 それは何故なのか。マクトミネイはファンとのQ&Aでその件を問う質問を受けると、背番号の変更を願い出るどころか、検討すらもしたことがないと述べ、39番に対する愛着を口にした。 「39番は初めてもらった番号だし、特別なんだ。誰からも背番号の変更を求められておらず、そういう話も一切ない。3年前も、2年前も、そして去年もね。何も言われないし、僕も満足だ」 2021.06.15 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

GKロメロら退団のユナイテッド、GKヒートンの復帰決定的に! 今週にもメディカルチェック&サイン

マンチェスター・ユナイテッドの新たなGK獲得が秒読みのようだ。 その新たなGKとは元イングランド代表GKトム・ヒートン(35)だ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッターで明かしたところによると、ヒートンは今週にもユナイテッドのメディカルチェックを受け、1年延長オプションが付いた2023年6月までの契約にサインする見込み。7月の公式発表が予想されるという。 ユナイテッドはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアとイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンを擁するが、先日に元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロとポルトガル人GKジョエル・ペレイラがそれぞれ契約満了で退団。今季が契約最終年のイングランド人GKリー・グラントとは延長交渉中だが、もう1枠を埋めるべくヒートンに白羽の矢を立てた模様だ。 3キャップのイングランド代表歴を持つヒートンは2002年に練習生としてユナイテッドのアカデミーに加わり、2005年にトップチーム昇格を果たしたが、出番に恵まれず、度重なるレンタルを経験。2010年のカーディフ移籍を機にユナイテッドを退団すると、ブリストル・シティ、バーンリーを経て、2019年夏からアストン・ビラに活躍の場を移した。 だが、昨季途中に負ったヒザの前十字じん帯損傷でしばらく戦線から遠ざかると、今季はアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスの加入でベンチを温める日々が続き、出番なしで終戦。アストン・ビラとの契約も今月いっぱいで満了となるなか、以前から古巣ユナイテッドとの交渉が取り沙汰されている状況だった。 2021.06.15 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

サンチョ狙うユナイテッド、ドルトとまだ隔たりか…選手側とは個人条件などで合意済みの見方も

マンチェスター・ユナイテッドがドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)の獲得に動いているが、クラブ間交渉でまだ隔たりがあるようだ。 昨夏に続いて、サンチョの獲得に本腰といわれるユナイテッド。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が明かしたところによると、ユナイテッドはサンチョ側と個人条件だけでなく、代理人手数料でも合意。ドルトムントとの協議という次のフェーズに入っているといわれる。 だが、イギリス『BBC』によると、そのクラブ間交渉はまだ合意点を探る段階にある様相。ユナイテッドは移籍金6700万ポンド(約103億8000万円)のオファーを出したが、ドルトムント側は移籍金7750万ポンド(約120億1000万円)+ボーナス425万ポンド(約6億5000万円)を求め、拒否した模様だ。 また、金額面の差以外にも完済期間を巡っても両者にズレがあり、ユナイテッドが5年間を提案したのに対して、ドルトムントは4年間しか求めていない様子。昨夏と同じ轍を踏みたくないユナイテッドはドルトムントの反応を受けて、オファーを修正するか否かの検討しているようだ。 今季も最終的に公式戦38試合出場で16得点20アシストを記録したサンチョについて、昨夏に2023年までの契約延長を公表したスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は5月に紳士協定の存在を明らかに。安くないものの、昨夏よりも低い移籍金額で交渉に応じる姿勢とみられる。 2021.06.11 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、来季最終年のポグバと新契約の協議開始か

マンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバ(28)と新契約の話し合いを始めたようだ。 2016年夏に当時の世界最高額となる8900万ポンド(現レートで約137億9000万円)の移籍金でユベントスから復帰したポグバ。しかし、必然的に周囲の期待値も高まるなかで、相次ぐケガや波の激しいプレーレベルなどで批判も少なくない。 今季もケガを強いられ、新型コロナウイルス感染で離脱を余儀なくされる時期もあったが、最終的に公式戦42試合でプレー。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスとともに中盤の軸を担ったが、来季が終われば、契約切れとなる。 渦中のポグバは先日、合流中の代表先で「具体的なオファーがない」と話したが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドは契約が残り1年を切るなか、選手代理人のミノ・ライオラ氏と延長交渉を開始したという。 ユナイテッドが1年の延長オプションが行使したことで、契約が2022年まで延びているポグバ。移籍となれば、以前からレアル・マドリーやユベントスが候補の筆頭に目されている。 2021.06.11 08:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly