ウィルシャーが古巣ボーンマスと今季終了までの短期契約を締結

2021.01.19 01:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスは18日、元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(29)と今季終了までの短期契約を結んだことを発表した。

ウィルシャーはボーンマスと短期契約に至ったことについて「戻ってきたのは最高の気分だし、プレーするのが待ち遠しい。3週間前にトレーニングに参加した時から自然に馴染むことができた。ボーンマスには選手やスタッフに多くの知人がいる。彼らがトレーニングへの参加を許可してくれたことに感謝している。クラブがプレミアリーグ復帰を目指すという野心に満ち溢れており、そこに感銘を受けた」とコメント。

昨年10月にウェストハムとの契約を解消して以降、フリーの状態が続いていたウィルシャー。コンディション維持のため、古巣ボーンマスのトレーニングに参加していたが、ジェイソン・ティンダル監督の目に留まり、短期契約に至った。
ウィルシャーは2016-17シーズンにレンタルで1年間ボーンマスに所属しており、4年半ぶりの古巣復帰となった。

1年でのプレミアリーグ復帰を目指すボーンマスは現在、24試合を消化したチャンピオンシップで3位に付けている。



関連ニュース
thumb

チェルシーで活躍した元イングランド代表DFギャリー・ケイヒルが引退…「全てを出し尽くしたと素直に言える」

元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(36)が、16日に自身のSNSを通じて現役引退を発表した。 「フットボールは僕に多くの喜びと成功を与えてくれた。ここでスパイクを脱ぐ決断ができたのは、全てを出し尽くしたと素直に言えるからだ」 「かつて夢見たことを実現し、信じられないような思い出を作ることができた。で優勝したような最高の瞬間から、母国とチェルシーのFAカップ優勝チームのキャプテンを務めた特権まで、永遠に私の中に残り続けるだろう」 「また、チームメイトや監督、裏方のヒーローたちなど、サッカー界全体で素晴らしい友情を育んできたことに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいだ」 「プレーをやめるという決断は簡単なことではない。20年間、毎日トレーニングに励み、試合当日に最高のコンディションでプレーできるように努力し、所属していたチームの成功に貢献してきた」 「自分の選択肢を考える時間があり、熟考した結果、今が自分のキャリアの次のステージに進む時だと感じたんだ」 「これまで私を支えてくれた素晴らしい家族に、特別な感謝の気持ちを伝えなければならない。これからは家族と充実した時間を過ごすことができるから、それが楽しみだよ」 「この先も、サッカーは常に僕の一部であり、僕が愛しているものだ。僕にとって、人生の新しい章が始まるときに、後ろ向きになるのではなく、前向きになることが重要なんだ」 アストン・ビラの下部組織出身だったケイヒルは、バーンリーやシェフィールド・ユナイテッドへのレンタル移籍を経て2008年1月に加入したボルトンで頭角を現し、2012年1月にチェルシーに完全移籍した。 チェルシーでは在籍7年半で公式戦290試合に出場し、プレミアリーグを2回、チャンピオンズリーグ1回、ヨーロッパリーグ2回、FAカップ2回、EFLカップ1回と、数々の優勝をに貢献。また、この間にイングランド代表での地位も確立し、2014年と2018年のワールドカップや2016年のユーロに出場した。 2019年夏のチェルシー退団後は、クリスタル・パレスとボーンマスに在籍。概ね主力としてプレーしたが、今夏にフリーになると、およそ半年後のこのタイミングで引退を決断した格好だ。 2022.11.16 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

不屈スパーズがベンタンクール劇的後半AT弾で2点差引っくり返す逆転勝利! リーグ連敗をストップ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第14節、ボーンマスvsトッテナムが29日にヴァイタリティ・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが2-3で逆転勝利した。 3位のトッテナムは前節、圧倒的な強さを見せるホームでニューカッスルに1-2と競り負けて今季ホーム初黒星と共に、初のリーグ連敗となった。また、同じくホームで戦ったチャンピオンズリーグ(CL)では試合終了間際のケインの劇的逆転ゴールが微妙なオフサイド判定で取り消された影響もあり、スポルティングCPと1-1のドロー。最終節を前に決勝トーナメント進出を決めることができなかった。 週明けにマルセイユとのグループリーグ突破を懸けた大一番を控える中、14位のボーンマスを相手に公式戦4試合ぶりの白星を目指した。コンテ監督はこの一戦で先発6人を変更。バックラインではダイアー、ロメロに代えてラングレ、ダビンソン・サンチェスを起用。中盤ではフル稼働のベンタンクールをベンチに置き、並びを[3-5-2]に変更。スキップとビスマをホイビュアの相棒に据えた。 開始直後からアグレッシブな姿勢を打ち出したボーンマスの攻勢に晒されるトッテナム。4分には右サイド深くに抜け出したタベルニエにカットインからの枠内シュートを許す。 以降はボールを握って押し込む形を作り出すが、慣れないメンバー構成に相手のコンパクトな[5-4-1]の守備ブロックに手を焼き、不用意な縦パスを引っかけられる場面や球際で競り負けてのボールロストが目立つ。 すると、22分には優勢に試合を進めるボーンマスのカウンターが発動。ソランケが見事なポストワークから右サイドのスペースを狙うタベルニエに完璧なスルーパスを供給。そのままボックス付近まで運んだタベルニエからの丁寧な折り返しをボックス中央に走り込んだムーアが右足のダイレクトシュートでゴール右隅へ流し込んだ。 相手に自分たちが得意とするロングカウンターでゴールを奪われたトッテナムは、そのショックもあったか、以降も急造のバックラインがチャレンジ&カバーの鉄則を徹底できず、相手の鋭いカウンターを浴びる。それでも、GKロリスの好守で何とか傷口を広げない。 前半半ばから終盤にかけてはようやくビルドアップ、球際の部分で改善を見せたアウェイチームは、36分にボックス右でエメルソンの落としを受けたスキップが鋭い右足のシュートでGKにファインセーブを強いると、直後のセットプレーではソン・フンミンの右クロスがDFに当たってあわやオウンゴールという場面を誘発。さらに、前半終了間際にもソン・フンミンのカットインからの左足シュートでゴールへ迫ったものの、これはGKの好守に阻まれた。 迎えた後半、スキップを下げてルーカスを投入して前がかるトッテナムだが、いきなり出ばなを挫かれる。50分、自陣左サイドでのボールロストからスミスに正確なクロスを入れられると、サンチェスとエメルソンの間に勢いを持って飛び込んできたムーアに豪快なダイビングヘッドを叩き込まれた。 これで2点を追うことになったアウェイチームは、なかなかうまくいかない中で交代選手をベンチサイドに準備させていた中で1点を返す。57分、中央のホイビュアからのダイレクトパスにタイミング良く抜け出したセセニョンがDFに寄せられながらもボックス左で左足を振ると、グラウンダーのシュートが右ポストの内側を叩いてゴールネットに吸い込まれた。 この直後にビスマ、ダビンソン・サンチェスを下げてダイアー、ベンタンクールと主力を同時投入したトッテナム。さらに、64分にはエメルソンを下げてペリシッチをピッチに送り込む。 一連の交代で相手を押し込んだコンテのチームは70分過ぎにここまで再三得ていたセットプレーからようやくゴールをこじ開ける。73分、右CKの場面でキッカーのペリシッチが滞空時間の長いボールを入れると、GKトラバーズの拙い飛び出しのミスもあってファーのベン・デイビスがヘディングシュートを叩き込んだ。 伏兵2人の2ゴールで試合を振り出しに戻したトッテナムはここから完全に相手を押し込む。その中でソン・フンミンやホイビュアがボックス内で決定的なシュートを放っていくが、GKの好守や相手守備陣の身体を張ったブロックに阻まれてゴールをこじ開けることができない。 その後、スポルティング戦で躍動したブライアン・ヒルを投入し、ルーカスを右ウイングバックに移す攻撃的な布陣でゴールを目指す。試合終盤にかけては勝ち点1やむなしと前線を削ってセンターバックを投入したボーンマスの粘りの守備に手を焼くトッテナムだったが、得意のセットプレーから最後の最後に劇的ゴールを奪い切った。 92分、左CKの場面でソン・フンミンの右足インスウィングのクロスをゴール前のベンタンクールが頭で合わせる。これはDFのブロックに阻まれるが、自身の足元に戻ってきたボールを右足でゴールネットに突き刺した。 そして、ベンタンクールの公式戦2試合連続ゴールで2点差を引っくり返したトッテナムが、リーグ連敗を止める公式戦4試合ぶりの勝利。週明けに行われるマルセイユ戦へ大きな弾みを付けた。 2022.10.30 01:22 Sun
twitterfacebook
thumb

ボーンマスに買収話が浮上? NHLゴールデンナイツのオーナーが動き進める

ボーンマスにアメリカ人実業家による買収話が浮上しているようだ。 1890年に創設されたボーンマスは、2011年にロシア人実業家のマキシム・デミン氏がクラブ株式50%を購入し、共同オーナーに。その後は、若き智将エディ・ハウ監督(現ニューカッスル)の下で着実に力を付け、2014-15シーズンにはチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝を果たし、クラブ史上初のプレミアリーグ昇格を成し遂げた。 直近2シーズンはチャンピオンシップでの戦いを強いられたが、スコット・パーカー前監督の下で3シーズンぶりのプレミア昇格。開幕からの低迷によってパーカー監督は早期解任の憂き目を味わったが、ギャリー・オニール暫定監督の下でチームは12位まで順位を上げている。 イギリス『デイリー・メール』などの複数現地メディアによると、現在そのボーンマスには、NHL(ナショナルホッケーリーグ)のベガス・ゴールデンナイツのオーナーであるアメリカ人実業家のビル・フォーリー氏が、1億5000万ポンド(約245億円)でのクラブ買収に向けた動きを進めているという。 フォーリー氏はクリスタル・パレスの共同オーナーで、ブラジルのボタフォゴやベルギーのRWDモレンベークも所有するアメリカの実業家ジョン・テクストル氏とビジネスパートナーの関係にある。 現在、両者はフランスの名門リヨンの買収に動いており、フォーリー氏はテクストル氏に対して最大4億5000万ポンド(約737億円)相当の信用枠を提供しているという。 また、フォーリー氏は『シティ・フットボール・グループ』のようなマルチクラブモデルに関心を持っており、リヨンと並行してボーンマスの経営に参画する考えを持っているようだ。 2022.09.20 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ボーンマスがセインツDFスティーブンスをレンタル! かつて吉田麻也とコンビ形成

ボーンマスは1日、サウサンプトンからイングランド人DFジャック・スティーブンス(28)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「3」に決定している。 プリマス・アーガイルでキャリアをスタートしたスティーブンスは、2011年にサウサンプトンに加入。スウィンドンやミドルズブラなどへの武者修行を経て、2016–17シーズン以降はセンターバックの準主力に定着。日本代表DF吉田麻也(現シャルケ)ともコンビを組んでいた。 クラブ通算151試合に出場しているスティーブンスだが、直近2シーズンはチーム内での序列が下がっており、昨季はケガの影響などもあり、リーグ戦の出場は11試合にとどまった。今季は味方の負傷によって開幕戦の後半からプレーしたが、以降は試合終了間際の時間稼ぎのための交代のみに終わっていた。 一方、ボーンマスは開幕から大量失点が続いており、センターバックのテコ入れが急務となっていた。 2022.09.01 23:18 Thu
twitterfacebook
thumb

開幕4試合でボーンマスがパーカー監督を解任…リバプールに9-0敗戦で終焉

ボーンマスは30日、スコット・パーカー監督(41)の解任を発表した。 現役時代はチャールトンやノリッジ・シティ、チェルシー、ニューカッスル、ウェストハム、トッテナム、フルアムでプレーしたパーカー監督。引退後、トッテナムU-18の監督として指導者キャリアを歩む。 その後フルアムでアシスタントコーチになると、2019年2月に監督就任。2021年7月にボーンマスの監督に就任していた。 チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したボーンマスを率いると、チームは見事に1年での昇格を掴み、今シーズンからプレミアリーグに復帰していた。 今シーズンは開幕戦でアストン・ビラを2-0で下して良いスタートを切ったかに思われたが、第2節でマンチェスター・シティに4-0で敗戦。すると、第3節ではアーセナルに0-3、第4節ではリバプールに9-0という歴史的大敗を喫してしまい、無得点で3連敗という厳しいスタートとなってしまった。 とはいえ、昨季のプレミアリーグ1位と2位、そして5位とリーグの中でも力のある3クラブを相手の結果だったが、あまりにも酷い試合内容が引き金となったようだ。 2022.08.30 17:03 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly