スカッとゴール! ボックス外からのテクニカルなループシュート

2021.01.19 07:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。

2021年1月19日にご紹介するのは、今から8年前にブラジル代表DFアレックス・サンドロが決めたゴールです。


◆ポルト時代のサンドロが決めた美しいチップシュート

◆ここがスカッと!
GKが前に出ている時に有効なループシュート。決まればテクニカルなゴールとして称賛されますが、ミスした時の精神的ダメージも少なくありません。ループシュートはゴールまでの距離が近い場所で選択されることが多いですが、今回のアレックス・サンドロはボックスの外から決めています。

◆攻撃的な左サイドバック
ダイナミックな攻撃参加を武器に、その左足の威力にも定評があるアレックス・サンドロは2015年からユベントスでプレーしていますが、その前はポルトでプレーしていました。

ポルト時代からその攻撃力を評価されていたアレックス・サンドロですが、2013年1月19日に行われたプリメイラ・リーガ第15節のパソス・デ・フェレイラ戦ではテクニカルなゴールを決めました。

0-0で前半を折り返し、後半開始早々の47分、ゴール正面のボックス手前でボールを持ったMFルチョ・ゴンサレスが左サイドを駆け上がるサンドロにパスを送ります。ボックス左の際でボールに追いついたサンドロは、なんとここからクロスに見せかけてチップシュート。ボールは美しい放物線を描きながら見事にGKの頭上を超えると、ゴール右に決まりました。

左足に絶対の自信があるからこそ選択できたこのシュート。相手GKも反応が遅れており、誰にも予想できないスーパーゴールでした。

関連ニュース
thumb

スカッとゴール! 強烈なノビとブレる軌道、元仏代表レフティーの圧巻シュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月24日にご紹介するのは、今から19年前に元フランス代表MFのジェローム・ロタン氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆黄金の左足!ロタンの無回転ミドルシュートがかっこいい<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2Wm41eFdnViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 相手陣内中央から放たれたシュートは強烈に伸び、無回転のボールはブレながら進んでいきます。見るだけで爽快なミドルシュートです。 ◆左足が最大の武器 左足の精度の高さを武器にキャリアのほとんどをフランスで過ごしたロタン氏。2002年に加入したモナコでは、不動の左サイドハーフとして数々のチャンスメイクをこなし、2003-04シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝の原動力にもなりました。 2002年2月23日に行われたリーグ・アン第27節のギャンガン戦ではその左足から素晴らしいゴールを決めています。 1-1で迎えた45分、ロタンは敵陣中央でボールを受けます。一歩踏み出すと、ロタンはそこから左足を一閃。強烈な無回転シュートは、綺麗な弾道でゴール左上へと突き刺さりました。 フィジカルの弱さを指摘されながらも、左足1本でフランス代表にまで登り詰めたロタン氏の凄さを象徴するようなゴールです。 2021.02.24 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ワンツー、シザース、チップキック…ロナウジーニョのビューティフルゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月22日にご紹介するのは、今から18年前に元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆これぞファンタジスタ!PSG時代のロナウジーニョが華麗なドリブルで次々と相手を抜き去って決めた圧巻のゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCemhQeXhhRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! サッカー史に残るファンタジスタとして世界中を虜にしたロナウジーニョ氏。バルセロナ加入前のパリ・サンジェルマン(PSG)時代からその輝きは圧倒的でした。 ◆欧州デビューとなったPSG 母国ブラジルのグレミオでのプロデビューを経て、2001年夏に加入したPSGで欧州デビューを果たしたロナウジーニョ氏。2003年2月22日に行われたリーグ・アン第28節のギャンガン戦では、素晴らしいゴールを決めています。 0-0で迎えた20分、ハーフウェイライン付近でロナウジーニョがボールを持つと、ドリブルを開始。タックルに来たFWディディエ・ドログバを一瞬の加速で振り切ると、味方とのワンツーで前線に侵入します。 ロナウジーニョがリターンパスを受けるところを狙ってスライディングして来た相手を華麗なフリックで抜き去り、そのままボックス内へ。必死にコースを切りに来るDFをシザースで鮮やかに抜き去ると、GKの頭上を華麗に抜くチップシュートを沈め、スーパーゴールを決めてみせました。 PSG時代には監督との確執もあったロナウジーニョ氏ですが、シーズン終了後にバルセロナへと移籍。スペインで素晴らしい活躍を見せることになります。 2021.02.22 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ファルカオの本能から生まれた絶妙ループシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月21日にご紹介するのは、今から4年前にコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆2戦合計12発の打ち合い!モナコのCLベスト8を手繰り寄せるファルカオのループ<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxMjFRU3hZSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! チャンピオンズリーグの決勝トーナメント、2-2の同点の状況というプレッシャーのかかる場面で、完璧なループシュートを決めるファルカオのストライカーらしさが見事です。 ◆完全復活 プレミアリーグではケガもあり結果を残せなかった中、ファルカオは2016年夏にモナコに復帰すると、2016-17シーズンは公式戦43試合で30得点を記録し、完全復活を遂げます。 中でも、2017年2月21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16のマンチェスター・シティとの1stレグでのゴールは圧巻でした。 FWキリアン・ムバッペ(現パリ・サンジェルマン)と2トップを組んだファルカオ、両者ともに得点を奪い、2-2で迎えた61分にファルカオが2点目を奪います。 MFトマ・レマル(現アトレティコ・マドリー)からのパスを受けたファルカオは、ボックス左端でDFジョン・ストーンズと対峙。切り返しでかわし、中へ侵入すると、飛び出してきたGKウィリー・カバジェロ(現チェルシー)の頭上を越すループシュートで、ゴールネットを揺らします。 この試合は、ここからシティが3点を奪い、5-3でシティが勝利。しかし、ファルカオ不在で迎えた2ndレグでは、モナコがムバッペやMFファビーニョ(現リバプール)らのゴールで3-1と勝利し、2戦合計6-6という壮絶な打ち合いの末に、アウェイゴール差でモナコがベスト8へと進出しています。 2021.02.21 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ユベントスラストシーズンのピルロが決めたブレ球ミドルシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月20日にご紹介するのは、今から6年前に元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆止められない一撃!世界最高のレジスタ、ピルロが決めた豪快な30ヤード弾<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI5WlFyaEtiZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 相手陣内中央でボールを持つと、軽く相手ディフェンダーを剥がしてからミドルシュート。相手守備陣はしっかりとブロックを作って守っていたものの、それを完全に無力化してしまいます。 ◆世界最高のレジスタ ミランで世界最高のレジスタとしての地位を確立したピルロ氏、2011年にユベントスに移籍した後もチームを数々のタイトルに導きました。 そのキック精度は随一でしたが、2015年2月20日に行われたセリエA第24節のアタランタ戦では、強烈なロングシュートでチームを勝利に導いています。 1-1と同点で迎えた45分、アタランタ陣内中央辺りの位置でボールを持ったピルロは、そこから豪快なロングシュートを放ちます。無回転気味のボールはブレながらゴール右上に突き刺さりました。 ピルロ氏は、このシーズン終了後にユベントスを退団し、MLSのニューヨーク・シティに移籍。2年後に現役を引退すると、今シーズンからはユベントスの指揮官として凱旋しています。 2021.02.20 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ミリクの吸い込まれるようなコントロールショット

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月19日にご紹介するのは、今から6年前にポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆アヤックス時代のミリクが放った美しいコントロールミドル<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtNGFTVlJxMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 完璧なファーストタッチで相ディフェンダーの位置をずらし、ここしかないというコースにコントロールショットを決めきるミリクの決定力の高さが圧巻です。 ◆FKも蹴れる左足 ポーランド代表でロベルト・レヴァンドフスキに次ぐストライカーであるミリク。186cmの長身ながら、その左足の精度は非常に高く、これまで在籍したクラブでゴールを量産してきました。 今シーズンは移籍問題からナポリで干され、1月にマルセイユへの移籍が決まったミリクですが、ナポリの前はアヤックスでプレー。2015年2月19日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32、レギア・ワルシャワとの1stレグでは、美しいゴールを決めています。 0-0で迎えた34分、右サイド深部のアヤックスのスローインから、FWリカルド・キシュナがボールを得ると、ドリブルで中央へ仕掛けてから、ボックス手前のミリクにパスが送られます。 ペナルティーアーク付近でボールを受けたミリクは、素早いターンで前を向くと、相手ディフェンダーをずらして左足でシュート。カーブのかかったシュートは、GKのリーチを避けるように変化しながらゴール左の完璧なコースに決まりました。 2月3日にはマルセイユ移籍後初ゴールを決めたミリク。新天地フランスでの心機一転の活躍が期待されます。 2021.02.19 07:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly