WBA、ハマーズからスノッドグラスを完全移籍で獲得! ビッグ・サムもその経験と左足に期待

2021.01.09 01:14 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
WBAは8日、ウェストハムから元スコットランド代表MFロバート・スノッドグラス(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの1年半となる。これまでリーズ・ユナイテッド、ノリッジ、ハル・シティを渡り歩いてきたスノッドグラスは、2017年1月にウェストハムに加入。2017-18シーズンは当時チャンピオンシップ(イングランド2部)のアストン・ビラに1年間のレンタルに出されたものの、ハマーズでの在籍期間に公式戦85試合11ゴール17アシストの数字を残していた。

今シーズンはEFLカップ3試合で2ゴール1アシストの活躍を見せた一方、プレミアリーグでは出場3試合でわずか2分のプレータイムとポジション争いに苦しんでいた。

それでも、屈強なフィジカルを生かした縦への推進力、高精度の左足のプレースキックに加え、豊富な運動量と攻守にわたる献身性を高く評価するサム・アラダイス率いるバギーズが、プレミア残留に導く切り札の一人として33歳のベテランMFを獲得することになった。

アラダイス監督はクラブ公式サイトを通じてスノッドグラスへの大きな期待を口にしている。

「彼が我々と共に挑戦することを選んだことを、心から喜んでいる」

「彼はプレミアリーグでの経験とクオリティを我々のチームに加えてくれるはずだ。その能力に加えて、ロッカールームの中でも並外れて優れていると、多くの人から聞いている」
コメント
関連ニュース
thumb

英2部QPR、“元エース”オースティンをWBAからレンタル 「色々な思い出が蘇ってきた」

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のQPRは9日、WBAに所属するイングランド人FWチャーリー・オースティン(31)のレンタル加入を発表した。期間は今季終了まで。背番号は「45」を着用する。 レンガ積み職人として働く傍ら、イングランドの下部リーグを渡り歩くなかで、着実にステップアップを図ってきたオースティン。2019年夏にサウサンプトンから当時チャンピオンシップのWBAに加わり、プレミアリーグ昇格に貢献したが、今季はここまで公式戦7試合の出場で無得点だった。 2013〜2016年までを過ごした古巣への復帰を決断したオースティンはクラブ公式サイトで「嬉しいよ。そのチャンスがあると聞いたとき、両手で掴みにいったぐらいだ。今日、グラウンドに足を踏み入れると、色々な思い出が蘇ってきた。僕にとっても、家族にとっても特別なことさ」と話した。 なお、かつて89試合の出場で47得点をマークした元エースを連れ戻したQPRはチャンピオンシップ22試合を消化した現時点で、4勝9分け9敗の20位に位置。オースティンは12日に敵地で行われるルートン・タウン戦から出場できる見通しのようだ。 2021.01.10 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

WBA、昨季リバプール在籍のベテランGKロナーガンを獲得!

WBAは9日、ストーク・シティからイングランド人GKアンディ・ロナーガン(37)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 プレストンでキャリアをスタートさせたロナーガンは、リーズやボルトン、フルアムにウォルバーハンプトン、ミドルズブラなど多くのクラブを渡り歩いてきた百戦錬磨のベテランGK。 昨シーズンはブラジル代表GKアリソン・ベッカーの負傷離脱を受け、リバプールに短期契約で加入し、公式戦の出場機会こそなかったものの、プレミアリーグ優勝を経験していた。 今シーズンここまではリバプールとの契約満了後にフリーで加入したストークでEFLカップ1試合に出場していた。 2021.01.10 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

躍動アーセナル、快勝で新年初戦を飾り3連勝《プレミアリーグ》

アーセナルは2日、プレミアリーグ第17節でWBAとのアウェイ戦に臨み、4-0で快勝した。 2020年最終戦となった前節ブライトン戦を辛勝して2連勝とした13位アーセナル(勝ち点20)はブライトン戦のスタメンからマルティネッリに代えて決勝点を挙げたラカゼットを起用した。 19位WBA(勝ち点8)に対し、[4-2-3-1]で臨んだアーセナルは最前線にラカゼット、2列目に右からサカ、スミス=ロウ、オーバメヤンと並べた。そのアーセナルが徐々にポゼッションを高めていくと、23分に先制する。左サイドからカットインしたティアニーが右足でのシュートでゴール右上を射抜いた。 さらに28分、アーセナルが素晴らしい連係から加点する。ラカゼットのポストプレーを起点にボックス右のスペースを突いたスミス=ロウの折り返しをサカが押し込んだ。 ハーフタイムにかけてもアーセナルが攻勢に出たまま2点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、開始2分にカラム・ロビンソンにネットを揺らされたアーセナルだったが、その前にオフサイドがあってノーゴールに。 助かったアーセナルはその後も守勢に回っていたものの、61分に決定的な3点目。スミス=ロウのシュートのこぼれ球をラカゼットが押し込んだ。さらに65分、左サイドからのティアニーのクロスをラカゼットがボレーで押し込んだ。 勝負を決めたアーセナルはサカやスミス=ロウをお役御免とし、終盤にかけては流し気味にプレー。新年初戦を快勝で飾り、3連勝としている。 2021.01.03 06:52 Sun
twitterfacebook
thumb

アンフィールドで勝ち点1獲得に満足の“ビッグ・サム”「素晴らしい守備だった」

WBAのサム・アラダイス監督が難しい敵地でのドローを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 WBAは27日に行われたプレミアリーグ第15節でリバプールとアウェイで対戦。ここまでリーグ19位に沈んでいるWBAは16日に就任したアラダイス監督の初戦である第14節のアストン・ビラ戦で完敗を喫しており、今節も厳しい戦いが予想された。 アラダイス監督は試合開始からフィールドプレーヤー全員を深く守らせる、徹底した戦術を敢行。リバプールの卓越した個の力によって失点したが、試合終盤には緩んだ相手チームの隙に付け入り、追いつくと、1-1のドローで試合を終えた。 アラダイス監督は試合後、難攻不落のアンフィールドで勝ち点1を奪い、リバプールの今季リーグ戦ホーム全勝記録をストップさせたチームに対して、高い満足感を示している。 「今日、我々が試合を終わらせないための回復力を示し、正しいことをしようとしている姿は、誰もが目にしたと思う。守備は失点シーンを除けば、素晴らしいパフォーマンスだった」 「(前半)30分になる前に、(カーラン・)グラントをより前線に配置したんだ。その結果、全員が後ろに釘づけになるのではなく、ロングボールを使えるようになった。グラントが相手エリアに入ることで、少しずつ効果が出てきたよ。後半はそれがさらに顕著になった」 「ハーフタイムで、グラントをサポートするため多くの選手に前へ出るよう言った。それができれば、敵陣でボールをより頻繁に得られるともね。1-1で引き分けるか、0-2や0-3で負けるかのどちらかだと思ったが。時間が経過すればするほど、我々は勝つためより攻撃的になる必要があった」 「グラントがGKとの一対一を決めていれば、もっと早い時間で同点になっただろうね。だが、その後でもチームは少しずつ前進していた。同点シーンでは質の高いボールが蹴られ、ビッグ・セミ(セミ・アジャイ)が力強いヘッドを決めたね。素晴らしい結果だった」 試合の満足感を語ったアラダイス監督は2日後に行われる第16節のリーズ・ユナイテッド戦についても言及。「選手たちができるだけ早く疲労から回復できるようにしたい」と語っている。 2020.12.28 11:58 Mon
twitterfacebook
thumb

南野欠場のリバプールがホームで痛恨ドロー… WBA相手に猛攻も2点目が奪えず《プレミアリーグ》

南野拓実の所属するリバプールは27日、プレミアリーグ第15節でWBAとホームで対戦し、1-1の引き分けに終わった。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節のクリスタル・パレス戦を7-0で圧勝した首位リバプール(勝ち点31)は、その試合からプレミア初ゴールを飾った南野に代えてサラーを起用した以外、同じメンバーを起用して臨んだ。 <div id="cws_ad">◆【ハイライト】リバプール vs WBA<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=11kbk4gbvy01s14zla4c3uutw2" async></script></div> 4試合勝利のない19位WBA(勝ち点7)に対し、いつも通りの[4-3-3]で臨んだリバプールが立ち上がりから押し込む展開となると12分、マティプのピンポイントパスをボックス中央で受けたマネが胸トラップからボレーシュート。これがゴール左に突き刺さった。 先制に成功したリバプールは、21分と23分にもマネがWBAゴールに迫ったが共にシュートはゴール右に外れた。その後も8割近いポゼッションでWBAを釘付けにするものの、引いた相手をなかなか崩し切れず、前半は1-0で終了した。 迎えた後半もボールを保持するリバプールだったが、57分にアクシデント。プレー中に右内転筋を痛めたマティプがプレー続行不可能となり、リース・ウィリアムズが緊急投入された。 後半半ばを過ぎても膠着状態が続く中、リバプールは相手のロングカウンターからピンチを迎える。72分、ソウヤーズのロングフィードに反応したグラントにボックス左からシュートを許したが、これはGKアリソンの好セーブで難を逃れた。 一度はピンチを凌いだリバプールだったが、82分にセットプレーから失点を許す。ショートコーナーの流れからマテウス・ペレイラが右クロスを上げるとS・アジャイがヘディングシュート。これは右ポストに弾かれたが、回転のかかったボールがピッチに落ちるとそのままゴールに吸い込まれた。 追いつかれたリバプールは、83分にC・ジョーンズを下げてオックスレイド=チェンバレンを投入。すると90分、バイタルエリア中央右でパスを受けたチェンバレンのクロスからゴールエリア左手前に抜け出したフィルミノが決定機を迎えたが、ヘディングシュートはGKジョンストンのファインセーブに阻まれた。 その後、オリジを投入するも最後まで2点目を奪えなかったリバプールは、格下相手のホームゲームで痛恨のドロー。2位以下を引き離すことができなかった。 2020.12.28 03:31 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly