今年は混戦模様?C・ロナウドとメッシが出遅れたCL得点王争いの行方は?

2020.12.14 17:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
8、9日にかけてチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節が行われ、決勝トーナメントに駒を進める16チームが出揃った。ラウンド16の組み合わせは14日に抽選会が行われて決定する中、個人成績でも熾烈な争いが繰り広げられている。


◆C・ロナウドがCLディナモ・キエフ戦でキャリア750ゴールを達成


グループステージ(6試合)が終わった段階で、アーリング・ハーランド(ドルトムント)、アルバロ・モラタ(ユベントス)、マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)、ネイマール(パリ・サンジェルマン)が6ゴールを挙げて得点ランキングトップに並んでいる。

しかし、ラッシュフォードが所属するマンチェスター・ユナイテッドはグループステージでの敗退が決定。得点王獲得はなくなったと考えて良いだろう。また、PSGのネイマールも13日のリーグ戦で負傷交代しており、心配が集まるところだ。

その4人に続いて、オリヴィエ・ジルー(チェルシー)、チーロ・インモービレ(ラツィオ)、アラサン・プレア(ボルシアMG)の3人が5ゴールで並んでいる状況だ。

昨シーズンの得点王であるバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、チームが早々に首位通過を決めたこともあってか、4試合の出場に終わりゴールも「3」とここまでは大人しい状況だ。

また、レヴァンドフスキが得点王に輝いた昨シーズンまで、12年にわたって得点王をほぼ独占してきたユベントスのクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのリオネル・メッシは、それぞれ4試合出場で、C・ロナウドが4ゴール、メッシが3ゴールとなっている。

チームの成績にも左右されるCL得点王だが、今シーズンも新たな名が刻まれることになるのか。それとも、実力者が決勝トーナメントで巻き返すのか。

◆2020-21シーズンのCL得点ランキング
【6ゴール】
アーリング・ハーランド(ドルトムント)
アルバロ・モラタ(ユベントス)
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)※
ネイマール(パリ・サンジェルマン)

【5ゴール】
オリヴィエ・ジルー(チェルシー)
チーロ・インモービレ(ラツィオ)
アラサン・プレア(ボルシアMG)

【4ゴール】
メルギム・ベリシャ(ザルツブルク)※
クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
ジオゴ・ジョタ(リバプール)
ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)※
カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)
ロメル・ルカク(インテル)※
フェラン・トーレス(マンチェスター・シティ)
ユセフ・エン=ネシリ(セビージャ)
※はグループステージ敗退

◆2006-07シーズン以降のCL得点王
2006-2007:カカ:10ゴール
2007-2008:クリスティアーノ・ロナウド:8ゴール
2008-2009:リオネル・メッシ:9ゴール
2009-2010:リオネル・メッシ:8ゴール
2010-2011:リオネル・メッシ:12ゴール
2011-2012:リオネル・メッシ:14ゴール
2012-2013:クリスティアーノ・ロナウド:12ゴール
2013-2014:クリスティアーノ・ロナウド:17ゴール
2014-2015:クリスティアーノ・ロナウド/リオネル・メッシ/ネイマール:10ゴール
2015-2016:クリスティアーノ・ロナウド:16ゴール
2016-2017:クリスティアーノ・ロナウド:12ゴール
2017-2018:クリスティアーノ・ロナウド:15ゴール
2018-2019:リオネル・メッシ:12ゴール
2019-2020:ロベルト・レヴァンドフスキ:15ゴール
関連ニュース
thumb

ドルトムント、遠藤先発ウニオンに勝利で4位フランクフルトを追走《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第30節、ドルトムントvsウニオン・ベルリンが21日に行われ、2-0でドルトムントが勝利した。ウニオンのMF遠藤渓太は58分までプレーしている。 前節ブレーメンに4発快勝としてチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位フランクフルトとの勝ち点差を4ポイントに縮めた5位ドルトムント(勝ち点46)は、ハーランドを最前線に、2列目に右からレイナ、ロイス、T・アザールと並べた。 一方、前節シュツットガルト戦を制し、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得が現実的となってきた8位ウニオン(勝ち点43)は遠藤がフラットな[4-4-2]の左MFの位置で2試合ぶりに先発となった。 開始1分に遠藤がシュートに持ち込んだウニオンだったが、徐々にドルトムントが攻勢を強めると、10分に決定機。T・アザールのスルーパスに反応したボックス中央のロイスがシュートに持ち込んだが、枠の右に外れた。 それでもロイスやレイナのミドルシュートでゴールに迫ったドルトムントが25分にPKを獲得する。T・アザールのスルーパスを受けたロイスがボックス内でGKルセに倒された。キッカーのハーランドはシュートをGKに止められるも、ロイスが押し込んでドルトムントが先制した。 ハーフタイムにかけてもドルトムントが主導権を握った中、迎えた後半の58分に遠藤が交代を命じられる。 ドルトムントがケガ明けのサンチョを投入して攻勢を続ける中、ウニオンは66分、クルーゼの直接FKでゴールに迫るも、終盤にかけてもドルトムントが主導権を渡さない。 そして88分、決定的な2点目がドルトムントに生まれる。カウンターに転じた流れからブラントのラストパスを受けたラファエウ・ゲレイロがGKとの一対一を制した。 2-0で勝利したドルトムントが4位フランクフルトとの4ポイント差を維持している。 2021.04.22 05:41 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントの90年代風デザインユニフォームが大人気で完売!追加販売が決定

ドルトムントは18日、クラブが初めてブンデスリーガのトロフィーを掲げてから25周年を祝うスペシャルユニフォームを発表した。 ドルトムントはマティアス・ザマーやシュテファン・ロイターなどを擁した1994-95シーズンにブンデスリーガ初優勝を飾ると、翌シーズンも連覇を達成。さらに、1996-97シーズンにチャンピオンズリーグ優勝を果たすなど、黄金期を迎えていた。 今回のユニフォームは90年代のユニフォームデザインを現代風に落とし込むことで、当時に敬意を払うものとなっており、袖の部分のイエローが、当時のユニフォームで使用されていた蛍光イエローになっている。 18日に行われたブンデスリーガ第29節のブレーメン戦で早速選手たちが着用したユニフォームは、同日にクラブの公式オンラインストアで販売開始されたものの、その人気ぶりは凄まじく、一瞬で完売してしまった。 ドルトムントは同時接続15万人以上を記録したことを明かすとともに、追加でユニフォームを作ることを決定している。 「親愛なるファンの皆様、私たちの#NULLN90Nジャージは、膨大な量のアクセスを引き起こしました」 「同時に15万人以上がお店にいました。 ジャージは完売いたしました。 技術的な問題とその結果として待たせてしまったことをお許しください」 「前回のスペシャルユニフォームと比較して、5倍の量が生産されました。このジャージは限定版ではないため、プーマ フットボールとキットの製造に同意しました。 私たちはすべての情報を最新に更新していきます」 <span class="paragraph-title">【画像】ドルトムントが発表した実際のユニフォーム画像</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> 本日着用の特別ユニフォームご購入はこちらから <a href="https://t.co/n4UzqlK6lB">https://t.co/n4UzqlK6lB</a><a href="https://twitter.com/hashtag/NULLNE90N?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NULLNE90N</a> <a href="https://t.co/B1xIw8ApeB">pic.twitter.com/B1xIw8ApeB</a></p>&mdash; Borussia Dortmund (@BVBjpn) <a href="https://twitter.com/BVBjpn/status/1383775485428076553?ref_src=twsrc%5Etfw">April 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.21 05:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが欧州スーパーリーグ不参加を表明

ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケ会長が19日、欧州スーパーリーグ構想に反対する立場であることを明らかにした。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画される欧州スーパーリーグ。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任チームに加わった上で、前季成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になる見込みだ。 だが、批判が相次ぎ、本格稼働に向けて“大揉め"必至。UEFAと国際サッカー連盟(FIFA)はともに全面的に反対する声明を発表している。 そんな中、残りの3クラブの中に含まれると噂されるドルトムントのヴァツケ会長は、UEFAを支持する立場であることを公式サイトで発表した。 「欧州クラブ協会(ECA)の理事会メンバーは、日曜日の夕方にバーチャルミーティングを開き、そこで先週金曜日の理事会決定が依然として有効であることを再確認した」 「この決定は各クラブが、チャンピオンズリーグの改革を望んでいることを示すものであり、スーパーリーグの創設案を却下するものだ。我々はバイエルンとともにECA理事会の構成員としてその方針を支持する」 2021.04.19 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

4発快勝のドルトムント、3試合ぶり2ゴールのハーランドに監督「自分にご褒美を与えていた」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、ブレーメン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ドルトムントは18日、ブンデスリーガ第29節でブレーメンと対戦。日本代表FW大迫勇也が先発した試合は、ブレーメンが先制する展開となる。 しかし、ドルトムントは前半のうちにジョバンニ・レイナのゴールで追いつくと、アーリング・ハーランドが2ゴールを決めて逆転に成功。終盤にはマッツ・フンメルスもゴールを奪い、4-1で勝利を収めた。 試合後テルジッチ監督は相手に苦しめられたとしながらも、勝利に値したと語った。 「我々にとって良い試合だった。しかし、全てのフェーズで綺麗に終えることができず、反撃を多く受けすぎた。そして、対戦相手に得点チャンスが多すぎた」 「もちろん、それは避けたいとは思うが、それでも我々のサイドはとても支配しており、多くの得点チャンスがあった。最終的にはそれに値するものだった」 「勝利したことは、目標に3ポイント近づかせてくれた」 また、中2日で第30節のウニオン・ベルリン戦を迎えることになるが、「水曜日までしっかりと仕事をし、道が続いていることを示す必要がある」と語り、トップ4フィニッシュに向けた上位対決の前にしっかりと勝利を収めて可能性を残したいと語った。 この試合では、ブンデスリーガで2試合ノーゴールだったハーランドが2ゴールを記録したが、テルジッチ監督はハーランドのゴールにも満足感を示した。 「ハーランドは今日、2つのゴールで自分にご褒美を与えていた。これは彼にとって良いことであり、我々はとても満足している」 2021.04.19 16:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが大迫15試合ぶり先発のブレーメンに4発逆転勝利、4位フランクフルトと4ポイント差に《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第29節、ドルトムントvsブレーメンが18日に行われ、4-1でドルトムントが逆転勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也は59分までプレーしている。 前節シュツットガルトに3-2と打ち勝った5位ドルトムント(勝ち点46)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグのマンチェスター・シティ戦では1stレグに続き1-2と惜敗し敗退が決まった。前日の試合で4位フランクフルトが敗れたため勝利すれば4ポイント差に縮めることができる中、シティ戦のスタメンから2選手を変更。クナウフとジャンに代えてブラントとレイナを起用した。 一方、前節ライプツィヒ戦を完敗した13位ブレーメン(勝ち点30)は、大迫が[3-5-2]の2トップの一角でリーグ戦15試合ぶりに先発となった。 立ち上がりからボールを握って攻勢に出たのはドルトムントだったが、先制したのはブレーメン。14分、M・エッゲシュタインのスルーパスに抜け出したラシツァがボックス右からシュートを決めた。 それでも29分、ドルトムントが個人技で追いつく。モレイの横パスを受けたレイナがペナルティアーク右からゴール右上へ強烈なミドルシュートを叩き込んだ。 さらに32分、ドルトムントがPKを獲得する。ロイスがボックス内でモフワルドに倒された。このPKをハーランドが決めて逆転したドルトムントは38分、3点目挙げる。ボックス右でレイナが仕掛けてクロスボールを送ると、ファーサイドに流れたルーズボールをハーランドが押し込んだ。 3-1として迎えた後半、攻め手のなかったブレーメンは59分に大迫らに代えてサージェントとゼルケを投入。 すると63分にはM・エッゲシュタインのミドルシュートが左ポストに直撃した。その後もサージェントに決定機があったが、GKヒッツが好守を見せて凌ぐと、終盤の87分にCKからフンメルスがヘッドで決めてドルトムントが4-1で勝利。フランクフルトとの勝ち点差を4に縮めている。 2021.04.19 00:34 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly