モウリーニョ、レギロンに生ハムをおごる! 賭けの代償は…

2020.11.24 23:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がスペイン代表DFセルヒオ・レギロンとの賭けに敗れたようだ。スペイン『Cadena SER』が伝えている。

モウリーニョ監督は24日、自身の公式『インスタグラム』にひとつの投稿を行った。

その投稿には「約束は約束だ。それは私に500ポンド(約7万円)の支払いを生じさせたが、私は自分の約束を守る」とのコメントと共に、スペイン産の高級生ハム、ハモンイベリコと思われる立派な腿の原木の後ろでレギロンとのツーショット写真を上げていた。

『Cadena SER』によると、賭けの内容は不明なものの、モウリーニョ監督がレギロンとの賭けに敗れたことで、今回生ハムを御馳走することになったとようだ。

モウリーニョ監督にとっては思わぬ出費となったが、直近4連勝でプレミアリーグ首位に立つ絶好調のチーム状況の中、選手たちとの関係も非常に良好なようだ。



コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド戦はターニングポイント? クロップは冷静にあしらう

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が直面する不調について自論を述べている。クラブ公式サイトが伝えた。 リーグ戦では直近5試合未勝利で前半戦を折り返した王者リバプール。後半戦に臨む前に、FAカップ4回戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦したが2-3で惜敗し、大会から姿を消した。 だが、リーグ戦5試合でわずか1ゴールだったチームが2得点を挙げたことをポジティブに捉える声もあり、28日の第20節トッテナム戦に向けて「ターニングポイントになったのでは」と、試合前会見で記者から質問が及んだ。 しかし、クロップ監督はターニングポイントになったかどうかにかかわらず、いつも通り試合に向けて準備し、勝利のために一生懸命戦うだけであることを強調した。 「質問の意図は分かっているよ。皆、私に『あれがターニングポイントだった』と言わせたいのだろう。私だってあれをターニングポイントにしたかった。だが、ターニングポイントは良い結果でなければならない」 「(ユナイテッド戦は)ポジティブな点がたくさんあった。だがもちろん、3失点は良い結果ではないし、望んでいたものではない。私は常に『これがターニングポイントだったとか、あれがターニングポイントだった』などど言えるわけではない。通常はチャレンジばかりで、私もそれが良いと思っている」 「私は座したまま、人生は完璧でなければならないとか、全ての試合に勝たなければならないと考える人間ではない。何か悪いことが起これば、人はその上で努力しなければならないし、我々が取り組んでいることがまさにそれだ」 「我々はその状況に直面しており、次の試合はトッテナム戦だ。もし私が『(ユナイテッド戦が)ターニングポイントだった』と言ったとして、トッテナム戦で良いプレーができなければ、誰かは『またここからだ』と言うのだろう」 「全く一から始めるなんてできるはずがない。我々は少し前から物事を変化させ、向上させる努力を始めている。これをひたすら続けていくつもりだ」 「本当にイライラさせることもあるだろうが、我々は一生懸命戦う。ポジティブなことがあればポジティブになるだろうし、そうでなければ危機的な状況に陥る可能性もあるかもしれない。だがそれが我々の仕事だ」 2021.01.28 18:55 Thu
twitterfacebook
thumb

【プレミア注目プレビュー】後半戦初戦でスパーズとリバプール激突! 絶好調マンチェスター勢を追走するのは?

プレミアリーグ第20節、トッテナムvsリバプールが日本時間28日29:00にトッテナムホットスパー・スタジアムでキックオフされる。絶好調マンチェスター勢を追走する強豪2チームによる、後半戦初戦のビッグマッチだ。 現在、1試合未消化ながら5位に位置するトッテナム(勝ち点33)は、前節のシェフィールド・ユナイテッド戦の3-1の勝利によってリーグ4戦無敗。ただ、ここまで連勝がわずかに1度(4連勝)と、上位浮上、リーグタイトル獲得に向けては後半戦での連勝が必須だ。 そういった中、今季2度目の連勝を目指す後半戦初戦では昨季王者をホームで迎え撃つ。直近の公式戦6連敗中とここ数年で最も苦手とする天敵だが、絶好調のマンチェスター勢追走に向けては不振にあえぐ相手にきっちり勝ち切りたい。 一方、首位で2021年を迎えたものの、直近5戦未勝利で4位に転落したリバプール(勝ち点34)。前節は格下バーンリーに競り負けてアンフィールドでのリーグ無敗記録が68試合でストップ。さらに、主力を起用した直近のFAカップではマンチェスター・ユナイテッドに競り負けて公式戦2連敗となった。そのユナイテッド戦では2ゴールを奪うも、リーグ戦では4戦連続無得点と得点力不足にあえいでおり、リーグ2位の堅守を誇るトッテナムとのアウェイゲームでは攻撃陣の奮起で5戦ぶりのゴール、6戦ぶりの白星を目指す。 なお、昨年12月にアンフィールドで行われた前回対戦はリバプールが2-1で勝利している。立ち上がりから押し込んだホームチームが前半半ばにFWサラーのゴールで先制に成功も、トッテナムが得意のカウンターからFWソン・フンミンのゴールですぐさま同点に追いついた。以降は攻めあぐねるホームチームに対してトッテナムがカウンターから幾度かゴールに迫るが、1-1で終了かに思われた試合最終盤にセットプレーからFWフィルミノが決めた渾身のヘディングシュートが劇的決勝点となった。 ◆トッテナム◆ 【4-2-3-1】 ▽トッテナム予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210127_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ロリス DF:オーリエ、アルデルヴァイレルト、ダイアー、レギロン MF:ムサ・シソコ、ホイビュルク MF:ベルフワイン、エンドンベレ、ソン・フンミン FW:ケイン 負傷者:DFドハーティ、ベン・デイビス、MFデレ・アリ、ロ・チェルソ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはいずれも軽傷を抱えるドハーティ、デレ・アリ、ロ・チェルソが引き続き起用できない。さらに、直近のウィコム戦でふくらはぎを痛めたベン・デイビスに関しても欠場の可能性がある。 前節のブレイズ戦では相手のスタイルに合わせて[3-4-3]の布陣を採用したが、今回の試合では本来の[4-2-3-1]に戻す可能性が高い。スタメンに関してはダイアー、ホイビュルクの相棒、右ウイングの人選に注目したい。通常であれば、アルデルヴァイレルトとムサ・シソコ、ベルフワインの起用が濃厚だが、ロドンとウィンクス、ベイル辺りにも起用の可能性がありそうだ。 ◆リバプール◆ 【4-3-3】 ▽リバプール予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210127_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:アリソン DF:アレクサンダー=アーノルド、マティプ、ファビーニョ、ロバートソン MF:チアゴ、ヘンダーソン、ワイナルドゥム FW:サラー、フィルミノ、マネ 負傷者:DFファン・ダイク、ジョー・ゴメス、MFナビ・ケイタ、ヘンダーソン、FWジョタ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者の顔ぶれに大きな変化はないが、直近の公式戦2試合を欠場していたヘンダーソンがチームトレーニングに復帰しており、今回の試合で復帰できる見込みだ。 スタメンに関してはヘンダーソンの状態次第だが、直近のユナイテッド戦のメンバーをベースに、リース・ウィリアムズ、カーティス・ジョーンズに代わってマティプとマネのスタメン復帰が濃厚だ。ヘンダーソンが間に合わない場合、カーティス・ジョーンズかシャキリが代役を担う。 ★注目選手 ◆トッテナム:MFタンギ・エンドンベレ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210127_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> トッテナムの注目プレーヤーは絶好調のエンドンベレ。鳴り物入りでの加入も、どん底を味わったデビューシーズンを経て、加入2シーズン目でようやく真価を発揮し始めた24歳。ここまではトップ下を主戦場に前線と中盤のリンクマンとしてアシストやゴールの一歩手前の仕事を担ってきた。しかし、前節のブレイズ戦では圧巻の個人技から右足アウトを使ったループシュートで今季リーグ3点目を挙げると、直近のウィコム戦では途中出場から2ゴールを奪って公式戦2試合連続ゴールを達成。より決定的な仕事を見せている。 そして、自身初出場が見込まれるリバプール戦ではベルフワインやベイルらと共にケイン、ソン・フンミンに続く新たな攻撃の刃としてリバプールの守備陣を脅かす役割が期待される。 ◆リバプール:FWモハメド・サラー <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210127_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> リバプールの注目プレーヤーは得点力不足解消に向け奮起が期待されるエース。今季開幕戦でハットトリックを記録し、昨年12月初旬から4試合連続ゴールを挙げたサラーは、目下得点ランクトップの13ゴールと2シーズンぶりの得点王獲得に向けて好位置につける。ただ、現在は5戦連続無得点とスランプに陥っており、エースの不振がそのまま未勝利というチームの結果に繋がってしまっている。それでも、直近のFAカップではリーグの対戦で封じ込まれたユナイテッドを相手に2ゴールを挙げる活躍をみせ、スランプ脱出のキッカケを掴んだ印象だ。 リーグ6戦ぶりのゴールを狙う今回の対戦相手は、リバプール加入後の公式戦8試合で6ゴールを挙げている相性の良い相手だ。マッチアップが予想されるレギロン、ダイアーに対して強さ、速さを見せつけてチームを勝利に導くゴールを決めたい。 2021.01.28 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、絶不調のリバプールにもメリット感じず「大きな違いはない」

トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、28日に控えるリバプールとの大一番を前に相手の印象について語っている。クラブ公式サイトが伝えた。 折り返しとなるプレミアリーグ第20節でリバプールと対戦するトッテナム。ここまで9勝6分け3敗で暫定6位に位置し、なんとか上位陣に食らいついているといった印象だ。一方、昨季王者であるリバプールは、順位表でこそトッテナムより上位にいるものの、リーグ戦では直近5試合未勝利で、連覇に向けて暗雲が立ち込めている。 そんな状況で迎えるリバプール戦だが、モウリーニョ監督は相手の不調がメリットになるとは微塵も思っていないようだ。 「今だろうが後だろうが大きな違いはない。開幕から19試合でリバプールと2回対戦するのに、アストン・ビラとは一度も対戦していないのが少し奇妙なだけだ。だが、リバプールとの対戦はいつだって熱がこもるものだ。特にここ数年は彼らがリーグを支配していたわけだからね。ヨーロッパも制覇したアメージングなチームだ」 また、この5試合で1得点にとどまっているリバプールだが、ポルトガル人指揮官は「チャンスは作っていた」と警戒。直近のマンチェスター・ユナイテッド戦を引き合いにして、素晴らしいチームであることを強調した。 「(第14節の)クリスタル・パレス戦では7得点を挙げている。その後の数試合はゴールを挙げられていないが、チャンスは作っていた。チームが決定機を作っていない時にゴールがないのは当然の結果だ。だが、チャンスを演出している時は、いつでも得点できると思っておかなければならない」 「実際に、彼らは前回のマンチェスター・ユナイテッド戦(FAカップ4回戦)ではリスクを犯さず、ジョーダン・ヘンダーソンやジョエル・ マティプ、サディオ・マネと何人かの選手を温存し、少しリラックスした状態で臨んでいた。明らかに次の試合に備えていたよ。次の我々との試合に向けてね」 「リバプールは素晴らしいチームだ。マンチェスターに行って2ゴールを決めてきているのだからね。3、4ゴールも奪えた可能性もある。私にとって彼らはトップチームだ」 2021.01.28 15:49 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズがディ・マリアに接触、来夏のフリーでの獲得を目指す? デレ・アリは恩師の下に?

トッテナムがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(32)に接触したようだ。イギリス『talkSPORT』が報じている。 2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドからPSGへ移籍して以降、主力として活躍を続けているディ・マリア。今シーズンもここまで公式戦22試合に出場して4ゴール10アシストをマーク。新指揮官に就任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督からもスタメンに選出され、変わらず信頼を寄せられている。 しかしながら、PSGは現行契約が今シーズン終了までとなっているディ・マリアと未だ新契約締結に至っていない。フランス『レキップ』によると、この状況にトッテナムがフリートランスファーでの獲得に向けて同選手に接触を図っているという。 PSGもまた以前よりスパーズで燻るイングランド代表MFデレ・アリ(24)に興味を抱いているとの噂が浮上。先日、ジョゼ・モウリーニョ監督は「どのチームにも不幸な選手はいる」とコメントしており、苦しいシーズンを過ごすことは変わらなくなりそうだ。 元イングランド代表FWのダレン・ベント氏は『talkSPORT』で古巣トッテナムで出場機会を得られないデレ・アリに関して「何よりもまずローンで出て行ってから完全移籍に移行する必要があると思う。彼が行きたいのであれば、PSGに行ってポチェッティーノの下で良いプレーをして、それが完全移籍に繋がることを願っている」と後輩にエールを送った。 自身が飛躍した恩師の下にデレ・アリが行き、ディ・マリアがスパーズに来るのだろうか。 2021.01.27 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

遊びから闘志全開!スパーズの面々がトレーニングで本気度MAXの姿を見せる「最も激しいサッカーテニス」

トッテナムは25日、チームのトレーニング映像を公開。その中で選手たちがサッカーテニスに興じる場面があった。 欧州クラブでは練習の一環で行われることもあるサッカーテニスだが、トッテナムの選手は6人ずつに分かれ、11点マッチで試合を行った。 <div id="cws_ad">◆スパーズ面々のサッカーテニス<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzc2c3RGVCRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> メンバーはAチーム(ジョー・ハート、ウーゴ・ロリス、エリク・ラメラ、ピエール=エミール・ホイビュルク、ダビンソン・サンチェス、パウロ・ガッサニーガ)、Bチーム(ソン・フンミン、エリック・ダイアー、セルヒオ・レギロン、ルーカス・モウラ、マット・ドハーティ、カルロス・ヴィニシウス)に分けられた。 レギロンのオーバヘッドシュートが飛び出すなど、ハイレベルな戦いとなった試合展開に選手たちはヒートアップ。Bチームのルーカス・モウラがネットから身を乗り出してヘディングしたシーンがファウルとみなされ、Aチームの得点となった時には、判定に不服の声を挙げてコーチに詰め寄り、公式戦さながらの熱量を見せた。 試合は、このファウルで流れを掴めなかったのか、Aチームが11-8で勝利。身長が高いGK3人が入った事も功を奏したのか、Aチームが強さを見せた。 トッテナムは28日にホームで昨季王者リバプールとプレミアリーグで対戦する。 2021.01.27 16:32 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly