10月MVPに走って狩って決めてのG大阪MF井手口陽介! 山形FWヴィニシウス・アラウージョと秋田MF江口直生も受賞《KONAMI月間MVP》

2020.11.13 16:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは13日、10月度における「2020明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」の受賞者を発表した。

輝いたのはガンバ大阪のMF井手口陽介、モンテディオ山形のFWヴィニシウス・アラウージョ、ブラウブリッツ秋田のMF江口直生。3選手ともに初受賞となる。

井手口は10月のJ1リーグ全7試合にフル出場して1ゴール。チームが今も続ける12試合負けなしの進撃を続けるなか、ボールを刈り取るタスクだけでなく、攻撃参加でも光り、攻守に抜群の存在感を誇った。
ヴィニシウス・アラウージョは10月のJ2リーグ全6試合に先発して5ゴール。第15節まで1ゴールにとどまったが、10月に入ってから量産体制に入り、チームの4勝1分け1敗という好成績に寄与した。

江口は10月の7試合すべてに出場して、3ゴールをマーク。確かなキック精度でチームの中盤を支えつつ、現在も続く26試合に更新中の開幕からの無敗記録とともに、首位独走体勢に大きく貢献した。

各選手のコメントと選考理由は以下のとおり。

◆MF井手口陽介(ガンバ大阪)
「今回、明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVPに選出していただきありがとうございます。率直にすごくうれしく思うと同時に、チームとしても調子が上がってきて、結果がついてきたことがよかったのかなと思います。この結果に満足することなく、これからも続けていきたいと思います」

●選考理由
原博実委員
「10月のG大阪の躍進の立役者。新卒の山本 悠樹と組む中盤はニューG大阪の象徴。相手のボールを奪う、シンプルなパス、そしてゴールを奪う。一段と成長中」

播戸竜二委員
「月間負け無しのキープレイヤー。彼がいる事で、チームがどれだけ助かっているか。パス、インターセプト、シュート。全てが高いレベル。本当の井手口 陽介が見られるようになりました!」

柱谷幸一委員
「月間で、すべてのゲームにフル出場して攻守にわたり、リーダーシップを発揮してチームの勝利に貢献した」

北條聡委員
「無敗街道を突っ走る宮本ガンバの心臓。ピッチの至る所で球を奪い、鋭い攻め上がりでゴールにも絡んだ。破竹の進撃もこの人のハードワークがあってこそ」

寺嶋朋也委員
「相手の縦パスを予測し、出た瞬間に一気に詰めるインターセプトは職人芸の域。中盤での仕事だけでなく、攻守に渡ってゴール前に顔を出しチームに勝ち点をもたらした」

◆FWヴィニシウス・アラウージョ(モンテディオ山形)
「皆さん、こんにちは! 明治安田生命JリーグKONAMI 月間MVPのモンテディオ山形のフォワード、ヴィニシウス アラウージョです。この賞を頂いたことを神様、チームメイト、モンテディオ山形に関わる全てのスタッフ、そして家族、愛妻と愛娘に感謝の気持ちを申し上げたいと思います。みなさんの支えがなければこの受賞はできなかったと思います」

「それからいつもスタンドから大きな声援を送っていただき、Instagramでもたくさんのメッセージをくださるファン・サポーターのみなさまにも感謝申し上げます。これからもチームがたくさん勝利出来るように、目標のJ1昇格に近づけるように毎試合全力を尽くし頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いいたします」

●選考理由
原博実委員
「万能型のストライカー。正確なキック、ゴールのみならず味方を活かすパスも出せる。山形の攻撃のリズムを作る」

播戸竜二委員
「10月の4勝1分1敗の立役者。5ゴールでチームを勝利に導く! さすがスペイン・バレンシアでプレーした男。クラシックなタイプのストライカー!」

柱谷幸一委員
「月間最多得点でチームの勝利に貢献した」

北條聡委員
「山形期待の大砲が見事覚醒。3戦連発を含む計5ゴールを量産し、勝利を呼び込む決め手に。裏抜け、ボレー、ヘッドと得点パターンも多彩だった」

寺嶋朋也委員
「6試合で5ゴールを記録。チームの戦い方をよく理解し、最前線でファーストディフェンダーとしても献身的にプレーした」

◆MF江口直生(ブラウブリッツ秋田)
「この度は、明治安田生命J3リーグ10月のKONAMI月間MVPに選出して頂いたことを大変光栄に思います。監督をはじめ、コーチングスタッフ、トレーナー、マネージャー、チームメイトに感謝しています。また私たちがピッチの上で少しでも良いパフォーマンスをできるようにと、社長をはじめフロントスタッフの方々が毎試合選手のために全力を尽くして下さっています。ブラウブリッツ秋田に関わる全ての方々の支えがあったからこそ、この賞を受賞することができました。感謝しています。結果で恩返しができるように、目の前の一戦に全てを懸けて戦います」

●選考理由
原博実委員
「無敗秋田の象徴。秋田の中盤を支える球際の強さ、正確なキック、状況判断。観ているだけで楽しい。岐阜戦のロングシュートは偶然ではない」

播戸竜二委員
「チームの中心の中の中心。高精度なキックを武器に、無敗秋田を引っ張っています!」

柱谷幸一委員
「月間ですべてのゲームに出場し3ゴール。チームの連勝に貢献した」

北條聡委員
「キックの魔術師が躍動。悪魔のような軌道を描くインスイングの一振りで次々とゴールにコミット。直接FKをねじ込み、鮮やかなロングシュートも決めた」

寺嶋朋也委員
「持ち前のキック精度を存分に発揮してセットプレーからチャンスを演出し、自身も3ゴールを記録。無敗を続ける秋田の欠かせぬ大黒柱」

関連ニュース
thumb

今季最後の月間MVPは川崎FのFWマルシーニョ、J2は横浜FCで得点王のFW小川航基が受賞

Jリーグは6日、10月・11月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 5日にJ1は全日程が終了。J2もすでにレギュラーシーズンは終了しており、J1参入プレーオフも決定戦を残すのみとなっている。 J1は川崎フロンターレのFWマルシーニョ、J2は横浜FCのFW小川航基が受賞した。マルシーニョは初受賞。小川は3回目となる。 マルシーニョは5試合に出場し、3ゴール3アシスト。最終節まで優勝争いを演じたチームを牽引するパフォーマンスを見せた。 Jリーグ選考委員会は「10・11月は5試合で3ゴール3アシストの大活躍。スピードあふれる左サイドの突破からの得点とチャンスメイクでチームの優勝争いに大きく貢献した」(窪田慎二委員)、「常に仕掛けることで相手の脅威となっている」(宮本恒靖委員)、「3ゴール3アシストでチームの勝利に大きく貢献した。左サイドからのドリブル突破は相手に脅威を与えた」(柱谷幸一委員)、「裏を取るスピードと圧巻の突破力で川崎Fの攻撃にアクセントを付ける。右からのクロスを受けてゴール&アシストも」(寺嶋朋也委員)と評価している。 小川は4試合に出場し5ゴールを記録。チームの1年でのJ1昇格に貢献。自身も26得点でJ2得点王に輝いていた。 Jリーグ選考委員会は、「10月の全4試合にフル出場し5得点の活躍。J1昇格にも大きく貢献した。今シーズンは年間26得点で、J2リーグ得点王にふさわしい得点能力を10月も発揮した」(窪田慎二委員)、「シーズンを通してゴールし続け得点王に輝く安定感は抜群」(宮本恒靖委員)、「月間4試合出場で5ゴールは最多得点。どんな形からでもゴールが決められる得点能力が素晴らしい」(柱谷幸一委員)、「いかにもJ2得点王にふさわしい4戦5発のゴールラッシュ。守備者との駆け引きを制し、やすやすとライン裏へ抜け出す動きは手練れのそれ。的を外さぬシュート技術も際立った」(北條聡委員)と評価した。 2022.11.06 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

9月の月間MVPに横浜FMの岩田智輝が選出!「妻にもこの賞を贈りたいです!」

Jリーグは11日、9月度の月間MVPを発表した。 J1からは横浜F・マリノスの岩田智輝が選出。選考委員会は9月の全5試合にフル出場した同選手について「ポリバレントな能力を発揮し、攻守にわたり数多くの場面でボールに絡んだ。守備のプレーは別格」などの評価が下されている。 最多パス数341本を記録した岩田は、スプリント数や空中線勝利数、ボール回収率など、その他のスタッツでも軒並みトップクラスの数字を誇り、北條聡委員は「まるで空母のようだった」と絶賛している。 岩田はクラブ公式サイトで今回の選出について喜びを語っている。 「とても名誉なことですし、嬉しく思います。しかし、チームのみんながあってこその今回の受賞だと思いますし、チームを代表して自分が受賞したというだけなので、本当にチームメイト、スタッフに感謝しています」 「そして、自分がMVPをもらえたということは支えてくれている妻もMVPだと思うので、そんな彼女にもMVPを贈りたいです!!」 また、J1の月間優秀監督にはケヴィン・マスカット監督が選ばれており、3勝2分け無敗の横浜FMからW選出となった。同監督はJリーグ公式サイトを通じて感謝の言葉を述べている。 「この度、月間優秀監督賞に選んでいただきありがとうございます。3度目の受賞となりますが、献身的な選手たちやスタッフの支えがなければ受賞することはできなかったでしょう。彼らの献身性と努力に感謝します」 なお、J2とJ3の月間MVPは、それぞれツエーゲン金沢の松本大弥と藤枝MYFCの内山圭が、月間優秀監督にはロアッソ熊本の大木武監督と藤枝MYFCの須藤大輔監督が選ばれている。 2022.10.11 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎Fの家長昭博が今季月間MVP初受賞! 2G3Aの活躍でチームを全勝に導く

Jリーグは13日、8月度の月間MVPを発表した。 J1からは川崎フロンターレの家長昭博が受賞。8月は4試合で2ゴール3アシストの活躍を披露し、チームも4戦全勝で首位の横浜FMに肉薄する成績を収めた。 今月の活躍には審査委員も舌を巻いており、北條聡委員は「ボールを持てば無双状態」と高く評価。家長は今季初受賞、通算では2度目の受賞となる。 「この度は明治安田生命J1リーグ8月度KONAMI月間MVPに選出頂きありがとうございます。喜びと同時に、共に戦ってくれた全ての方に感謝しておりま」 「この賞をこれからも受賞できるように、自分自身が少しでも成長できるように日々努力していきたいと思います」 「残りのシーズンもJリーグ、川崎フロンターレの応援を宜しくお願いします」 なお、J2からはチームの5連勝に貢献し、2アシストも記録したファジアーノ岡山のヨルディ・バイスが選出。J3は3ゴールで攻撃を牽引したいわきFCの有田稜が選ばれた。両選手とも初受賞となる。 2022.09.13 17:05 Tue
twitterfacebook
thumb

広島のスキッベ監督が2度目の月間最優秀監督に! 8月はリーグ戦全勝

Jリーグは13日、8月度の月間最優秀監督賞を発表した。 J1はサンフレッチェ広島のミヒャエル・スキッベ監督が受賞。8月はリーグ戦4試合で全勝。鹿島や柏、C大阪との上位戦でことごとく白星を重ねた。また、ルヴァンカップも含めると公式戦6連勝。まさに大躍進の1カ月だった。 「4月度に続き、明治安田生命J1リーグ8月度月間優秀監督賞に選出いただき、大変嬉しく思っています。この素晴らしい賞をいただけたのは決して私一人の力ではなく、チーム全員の成果です。サンフレッチェ広島が魅力的で良いサッカーをしていることが日本中に認められた証だと思っています」 「シーズンは残り少なくなってきましたが、今後も現状よりさらに上を目指し、チーム一つになって戦っていきたいと思います」 なお、スキッベ監督は4月度以来2度目の受賞となった。 J2はリーグ戦5試合で4勝を挙げたファジアーノ岡山の木山隆之監督が通算2度目となる今季2度目の受賞。J3ではいわきFCの村主博正監督が初受賞を果たした。 2022.09.13 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

7月の月間優秀監督賞に横浜FMのケヴィン・マスカット監督! 今季2度目の栄冠

Jリーグは16日、7月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督で、7月は5試合を3勝2分けの無敗。順位も首位を維持して、この8月に入っている。 今年5月に続く受賞となる49歳のオーストラリア人指揮官はJリーグ公式サイトで喜びを語った。 「まず、本受賞についてJリーグに感謝申し上げます。そして、我々のサッカーを表現するためにハードワークしている選手とスタッフにも感謝します。最後に、どんな時も変わらずサポートしてくれているマリノスファミリー全員にこの賞を捧げたいです。共に戦い続けましょう」 また、J2リーグではロアッソ熊本の大木武監督で、J3リーグからは藤枝MYFCの須藤大輔監督が選出。それぞれ受賞に際してコメントしている。 ◆大木武監督 「このたびは、2022明治安田生命J2リーグ7月の月間優秀監督賞に選んでいただき、ありがとうございます。この賞は、選手・スタッフをはじめ、クラブを支えてくださるパートナー企業の皆様、いつも応援してくださるサポーターの皆様、クラブに関わる全ての皆様がいただいた賞であり、心より感謝いたします。リーグも終盤戦となりますが、チーム一丸となり、皆様にまた見たいと思っていただけるようなプレーで、目標を達成できるよう頑張ります」 ◆須藤大輔監督 「この度の受賞に関しまして、藤枝MYFCのクラブとしてのフィロソフィーをクラブに関わる全ての人と共有し、共に歩むことができたことが良い結果に繋がり、この素晴らしい賞を受賞する運びとなったこと、支えてくださった方々に感謝申し上げます。今後も超攻撃的なエンターテイメントサッカーを表現し、観ている方に勇気や感動、そして心を震わせる至福の時間を提供できるよう日々精進して参りたいと思います。サッカーの力で多くの方を幸せにできますように」 2022.08.16 18:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly