「ゴチ」で見事100万円ゲットの内田篤人が語る“ピタリ賞”の使い道は?

2020.11.11 14:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
内田篤人が“ピタリ賞”の使い方に言及した。内田は、『DAZN』で毎週木曜夜に配信中の新番組「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME(内田篤人のFOOTBALL TIME)」の収録に臨んだ。

先日放送された、日本テレビ『ぐるぐるナインティナイン』の人気コーナーである「ゴチになります」にゲストとして出演。その際、見事に設定金額(今回は1万6000円)ピッタリとなる“ピタリ賞”を的中させ、賞金100万円をゲットしていた。

その内田は「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」最新回の収録前にスタッフに“ピタリ賞”について聞かれると、「あの100万円もここの何かに使いたいと思います」と番組のために使うとコメント。「日本サッカー発展のためにね」と、サッカー界に還元すると語っていた。

最新回のゲストは元日本代表であり、鹿島アントラーズでも内田と共にプレーした岩政大樹氏が登場。岩政氏も「俺の出演料も上がっているな」と後輩である内田の“ピタリ賞”を狙っている発言をしていた。

内田は岩政について「鹿島の先生なので、若手はみんな岩政塾に通っていたので、そこを小出しにしながら…」と、番組内でも当時の話に触れると語っていた。

「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」は毎週木曜夜に『DAZN』で配信している内田篤人初の冠番組!

ヨーロッパで活躍する日本人選手を応援しながらもはっきりと意見していく新番組となっており、ボードを使っての選手目線カメラではサッカーをやる上でも必要な知識をしっかりと解説。その他、現役選手とリモート対談するなど、ヨーロッパで戦う選手達の魅力を視聴者のみなさんにわかりやすく伝えルものとなっている。

関連ニュース
thumb

「DAZN」の人気コンテンツ「FREAKS」がリニューアル! 各MCが集う「FOOTBALL FREAKS」を毎月配信!

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、2月1日(水)より「SerieA FREAKS」、「Premier League FREAKS」、「LaLiga FREAKS」の各MCが一挙に出演する「FOOTBALL FREAKS」を毎月配信することを発表した。 また「SerieA FREAKS」、「Premier League FREAKS」、 「LaLiga FREAKS」では新たに、DAZNJapanでは初の試みとなる音声コンテンツ「FREAKSVoice」も配信する “FREAKS”シリーズではこれまで「SerieA FREAKS」(出演:北川義隆、細江克弥)、「Premier League FREAKS」(同:野村明弘、ベン・メイブリー)、「LaLiga FREAKS」(同:桑原学、小澤一郎)とリーグごとに各節の試合にフォーカスした深い情報を届けていた。 また各FREAKSのMC6人が全員出演する「FOOTBALL FREAKS」は、新シーズン開幕時やオフシーズンに不定期で配信していたものの、多くのファンの「もっと見たい」という声に応え、同番組を定期配信することとなった。 また、3つのFREAKSは週替わりで順番に1つのFREAKSが水曜日配信となり、その他2つのFREAKSは音声コンテンツ「FREAKSVoice」として木曜日に配信に。音声コンテンツの特性を生かしてマニアックな話題も盛りだくさんの内容で、各リーグの魅力が伝えられる。 通勤通学はもちろん、仕事の合間、ドライブ中、掃除や料理をしながらなど、ラジオ感覚で楽しめる新コンテンツとなっている。 2月 1日(水)「FOOTBALL FREAKS」 8日(水)「SerieA FREAKS」 9日(木)「Premier League FREAKSVoice」、「LaLiga FREAKSVoice」 15日(水)「LaLiga FREAKS」 16日(木)「Premier League FREAKSVoice」、「SerieA FREAKSVoice」 22日(水)「Premier League FREAKS」 23日(木)「SerieA FREAKSVoice」、「LaLiga FREAKSVoice」 3月 1日(水)「FOOTBALL FREAKS」 2023.02.02 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和MF宮本優太がレンタル中のベルギー2部デインズの試合をDAZNのYouTubeでライブ配信決定、1月27日には本間⾄恩のClub NXTと対戦

ベルギープロリーグ2部のKMSKデインズは18日、「DAZN Japan」のYouTubeチャンネルにて、2022-23シーズンのリーグ戦をライブ配信することを発表した。 デインズは、2022年10月にりマーク・グロジャン新監督が就任。チャレンジャー・プロ・リーグを戦っており、現在12チーム中8位につけている。 6位以内が出場できる上位プレーオフに進出する可能性を残している中、今月からは浦和レッズのMF宮本優太(23)がレンタル移籍中だ。 ベルギー2部ではクラブ・ブルージュのBチームに当たるClub NXTも参加し、アルビレックス新潟から加入したMF本間至恩もプレーしている。 そのデインズの試合がDAZNの公式YouTubeチャンネルでライブ配信。また、デインズのオーナー企業であるACAフットボール・パートナーズが運営するビデオストリーミングサービス「PlaysiaTV Football」でもクラブの情報が配信されている。 ◆2022-23シーズン試合日程 1⽉21⽇16:00(⽇本時間24:00) RWDモレンベーク vs KMSKデインズ 1⽉27⽇20:00(⽇本時間28⽇4:00) KMSKデインズ vs Club NXT(本間⾄恩選⼿所属) 2⽉5⽇19:15(⽇本時間6⽇3:15) FCVデンデル vs KMSKデインズ 2⽉11⽇20:45(⽇本時間12⽇4:45) KMSKデインズ vs RSCAフューチャーズ 2023.01.18 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

日向坂46の影山優佳さん、内田篤人も「渋いところから持ってきたね」と驚く今年最も注目する選手は?

アイドル界きってのサッカーフリークとして知られる日向坂46の影山優佳さんが、今年推していきたい日本人選手を発表し話題となっている。 カタール・ワールドカップ(W杯)では「ABEMA」でW杯の中継や関連番組に出演。日本代表を応援する姿はもちろん、サッカー愛溢れるトークや試合結果を見事的中させるなど、多くの人に知られることとなった。 また、「あなたのハートにゲーゲンプレス」という挨拶を解説を務めた本田圭佑にイジられるなど、やりとりも話題となっていた。 その影山さんは、13日に『DAZN』で配信された「内田篤人のFOOTBALL TIME」の2023年初回放送に出演。内田氏からは「影山大先生」と言われるなど、久々の出演となった。 番組冒頭では、アルゼンチン代表と予想した影山さんのフリップを投げ捨てたことを謝罪する内田氏の動画も配信された。 番組の中では、影山さんが2023年に最も注目する推し選手を紹介。多くの選手がいる中で、1人に絞ったとのこと。その選手は、アタランタに所属するイタリア代表DFジョルジョ・スカルヴィーニ(19)だった。 内田氏は「また渋いところから持ってきたね」と驚き。19歳のセンターバックと紹介すると「サイドのウインガーとやボランチを持ってこないのが渋いわ」と称賛した。 スカルヴィーニは、アタランタのアカデミー育ち。2021年7月にファーストチームに昇格すると、アタランタではここまで公式戦34試合で2ゴールを記録。既にイタリア代表デビューも果たし、3試合でプレーしている。 影山さんが推す理由を説明。「身長194cmで右利きなんですが左足も得意で、身長を生かした空中戦の強さもありますし、ビルドアップ能力もあって、現代的なセンターバックに必要な要素を全て兼ね備えていると言っても過言ではない」とスカルヴィーニを絶賛した。 <span class="paragraph-title">【動画】内田篤人の謝罪動画</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="vbG0CE3CqyY";var video_start = 176;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】CBとは思えないスカルヴィーニの今季ローマ戦でのゴール</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="6csJwwZJZOs";var video_start = 15;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.14 09:55 Sat
twitterfacebook
thumb

前回の値上げは「それなりの衝撃もあった」2年連続で値上げの「DAZN」、価格変更の背景にあるフェーズの変化とコンテンツ維持「価格変更の幅は抑えたつもり」

12日、都内で「DAZN Japan 2023メディアラウンドテーブル」が開催された。 「DAZN」は、明治安田生命Jリーグをはじめ、ヨーロッパのサッカー、プロ野球、モータースポーツ、ゴルフなど様々なスポーツコンテンツを配信するほか、オリジナル番組も充実させ、スポーツ好きにとっては欠かせない存在となっている。 2016年8月にローンチしてから6年が経過。今年2月14日からは、新プランを導入することが発表され、「DAZN Grobal」と「DAZN Standard」の2つのプランで楽しむことができる。 今回のイベントでは、DAZN Japan エグゼクティブバイスプレジデントの山田学氏が、2022年の取り組みと今後の展開についてプレゼンテーションを実施。2021年まではコンテンツとテクノロジーに対して投資を続けてきた中、2022年からは投資だけではなく、収益化に向けて舵を切るタイミングだとし、様々なビジネスとしての拡大を図った年だったと振り返った。 その中で、2022年に最も試聴されたコンテンツは、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表vs日本代表の一戦。独占配信だったこと、勝てば日本のW杯出場が決まる試合だったということもあり、圧倒的な視聴数となり、過去最高を記録したと振り返った。 2023年からはプランを2つに変更。「DAZN Grobal」では、日本以外でもサービスを展開する「DAZN」の力を活かし、世界的なスポーツ、日本ではあまり見られてこなかったスポーツを配信。ローンチ当初はボクシングや格闘技などのコンテンツが主体となるという。 一方で、これまでのサービスは「DAZN Standard」と変更。「DAZN Grobal」のコンテンツも視聴できることとなる。 その中で1つ大きな変更点は値段の改定だ。2022年2月にも月額1925円(税込)から月額3000円(税込)に値上げとなっていたが、1年が経過し、月額3700円(税込)へと値上げされた。 1年前にも大きなインパクトを与えた値上げだったが、山田氏は当時について「初回値上げをして、ある一定のお客さんの解約はあった。ただ、想定よりは結果として少なかったというのが2022年初回の値上げの結果です」とコメント。前回の値上げでは想定したほどの会員減少はなかったという。 今回の値上げの理由については「だからもう1回というわけではなく、最初の5年は投資フェーズ、次の2.0は収益化のフェーズだと思っているので、プレミアムなコンテンツを維持する、増やしていくためにはそれなりの投資が必要であり、テクノロジーも大きな投資をしているので、全てがいきなり回収できて収益化、黒字化できるわけではないが、収益化するにはプレミアムコンテンツに則した価格を検討していきたい」とコメント。より良いサービスを安定的に供給するためだと語った。 その中で、プランごとに値上がりは違うが「価格変更の幅は抑えたつもり」とコメント。前回の値上げについて「結果は想定よりは良かったが、それなりの衝撃もあったと思う」と振り返り、「現実的な範囲で、どこだったら受け入れてもらえるかを社内で検討し、3000円を3700円にしましたが、年間契約をすれば変わらないというものを用意することで、選択肢を与えられていればと思う」と、一括支払いや年間契約をすることで、変わらない値段で楽しめるパターンを用意したと語った。 今回新たにスタートする「DAZN Grobal」では、世界のマイナースポーツが多く配信されることに。この点については「マイナーなスポーツにもファンはいる。そういうスポーツ団体もここからどういう形で成長するかを考える」と語り、「グローバルでやることは一斉にスイッチが入る。ライツホルダーからもすごく魅力的なことで、多くの声をもらっている」と、世界の多くの国と地域でサービス展開する「DAZN」での配信に大きなメリットを感じるライツホルダーは多いとコメントした。 なお、ローンチ時点ではボクシングや格闘技がメインとなるとした一方で、「2月14日までには日本のファンにとってもわかりやすい、より知っているコンテンツもおそらく提供できると思う」と、目玉になるコンテンツの確保も語った。なお、Jリーグや海外サッカーなどを配信する予定は「現状は考えていない」とのことだ。 2023.01.12 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「DAZN」が新プラン「DAZN Global」を導入、現在のプランは「DAZN Standard」としてコンテンツ増加も値上げ

スポーツ・チャンネル「DAZN」は12日、新プランの導入を発表した。 2016年8月にローンチした「DAZN」。6年が経過し明治安田生命Jリーグやプロ野球、様々な欧州サッカー、モータースポーツ、ゴルフなどの多種多様のスポーツを配信している。 その「DAZN」は、2月14日(火)に世界の様々なスポーツがより手軽な金額で楽しめる「DAZN Global」のプランを導入。月額980円(税込)で世界のユニークなスポーツが手軽に楽しめるプランとなっている。 これまでのプランを引き継ぐ「DAZN Standard」は月額3700円(税込)、年間プランの月々払いは月3000円(税込)/年額36000円(税込)、一括支払いは年30000円(税込)/月額換算で2500円(税込)と3つからプランを選ぶことができる。 なお、「DAZN Standard」は、「DAZN Global」プランのコンテンツが視聴可能。全世界のプレミアムスポーツを視聴することが可能となる。 プランが変わったことにより、月額料は3000円(税込)から3700円(税込)、年間プランの月々払いは2600円(税込)から3000円(税込)、一括払いは27000円(税込)から30000円(税込)へと料金が改訂。2月14日から適用されることとなる。 「DAZN Global」ではボクシングや格闘技のコンテンツがローンチ時に試聴が可能。これまであまり馴染みのないながらも、世界で人気を博すスポーツを視聴することができ、今後も配信コンテンツは増えていくこととなる。 2023.01.12 16:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly