フラメンゴ、サンパウロのレジェンドGKロジェリオ・セニが新指揮官就任!

2020.11.11 13:32 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フラメンゴは10日、ロジェリオ・セニ氏(47)を新指揮官に任命した。契約期間は2021年12月末までとなっている。フラメンゴでは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の右腕として知られていたドメネク・トレント前監督が今年7月に新指揮官に就任。ここまで10勝5敗5分けの戦績を残し、首位のインテルナシオナウと勝ち点1差の3位とまずまずの順位にいた。

しかし、直近のサンパウロ戦、アトレチコ・ミネイロ戦での2試合連続の大敗(1-4、0-4)などを受けて、今月9日に解任されていた。

なお、GKの世界最多ゴール数記録(131得点)を持つ元ブラジル代表GKのセニ氏は、2015年に現役引退。以降、古巣サンパウロ、フォルタレーザ、クルゼイロの指揮官を歴任。2019年9月から今月9日まではフォルタレーザで2度目の指揮を執っていた。
コメント
関連ニュース
thumb

技ありアシストで相手を無力化してしまう“カビゴル”ことガブリエウ・バルボサの不意打ちスルーパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はフラメンゴのブラジル代表FWガブリエウ・バルボサが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ガビゴルが決めた意表を突く技ありスルーパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJLcWZsTlJLZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> “ガビゴル”の愛称でも知られるガブリエウ・バルボサは、サントスでのデビューを経て、若くしてインテルに引き抜かれたものの、欧州で満足な結果を残せないまま、2019年1月にフラメンゴに移籍し母国へ復帰。同クラブのエースとして再び輝きを取り戻している。 フラメンゴではエースとして活躍するガビゴルだが、2020年7月5日に行われたカンピオナート・カリオカ準決勝のヴォルタ・レドンダ戦では素晴らしいアシストを記録している。 0-0で迎えた21分、左サイドでボールを持ったDFフィリペ・ルイスが中央へ鋭いグラウンダーのパスを送る。これをゴールと反対方向に動きながら受けたガビゴルは、相手の意表を突く、ダイレクトスルーパス。 柔らかなパスは、相手のディフェンスラインをすり抜け、ボックス内のFWブルーノ・エンリケにピンポイントで収まると、エンリケがGKとの1vs1を冷静に沈め、見事な先制ゴールとなった。 後半も追加点を奪ったフラメンゴは2-0で勝利。決勝進出を果たしていた。 2020.10.16 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

19人のコロナ感染者を出したフラメンゴ、平均20歳のスカッドでパルメイラスとドロー!

フラメンゴは27日、ブラジル・セリエA第12節でパルメイラスと対戦し、1-1で引き分けた。 クラブ内部で新型コロナウイルスが流行しているフラメンゴでは、試合当日までにトップチームで19名の選手が感染。スタッフにも18人の感染者を出し、よもや試合を行える状態ではないとして、パルメイラス戦の延期を要求していた。 ブラジル『globoesporte』によると、リオの裁判所は26日に延期を決定したが、高等裁判所は決定を覆し、試合を敢行するよう命じた。 そして、パルメイラス戦がキックオフとなったのはその決定からわずか10分後。フラメンゴのトップチームでは4名の負傷者を抱えていたため、ノンプロのリザーブチームから選手をかき集め、なんとか試合を決行した。 スカッドの平均年齢は20歳から21歳。しかしながら、当然相手が手加減してくれるはずもなく、先発にはチーム内得点王のFWアドリアーノや元ブラジル代表MFフェリペ・メロが顔を揃えていた。 だが、意外にもフラメンゴボーイズたちは善戦。55分に先制を許してしまうものの、直後の56分に数少ないトップチーム登録のFWペドロが反撃。そして、試合はそのまま1-1で終了した。 暫定4位の強敵相手に互角に戦った若者たちを国内メディアは賞賛。『globoesporte』は「勇敢で組織化された素晴らしい選手たちの素晴らしいパフォーマンスだった」と最大限の賛辞を送っている。 2020.09.28 20:47 Mon
twitterfacebook
thumb

フラメンゴで選手16名がコロナ感染…試合延期求めるも…

ブラジルのフラメンゴで、16名もの選手が新型コロナウイルスに感染してしまったようだ。ブラジル『globo』が伝えている。 感染が発覚したのは22日に行われたコパ・リベルタドーレスのバルセロナ戦後に実施された検査だった。敵地のエクアドルでの一戦を終えた選手らを対象に検査を行ったところ、16件もの陽性反応が確認されたという。 この結果を受けてフラメンゴは選手10名の追加登録を求めたが、南米サッカー連盟(CONMEBOL)は登録期間外だとし、要求を拒否。さらに27日に予定されている国内リーグのパルメイラス戦の延期も、ブラジルサッカー連盟(CBF)や相手側から反対されているようだ。 フラメンゴのロドリゴ・ダンシー副会長は「パルメイラスが延期に反対しているのは不思議ではない。それ自体にリスクがあるかもしれないが、我々は延期を要求する。私が望むのはCBFが全ての人々の健康を念頭において、問題を公平に分析することだ」とツイッターで声明を発表した。 現在、フラメンゴは34名の選手がチーム登録されているが、今回のコロナ感染等により、起用可能な選手はGK3名を含めた12名のみ。この壊滅的な状態で、一試合行うことなど出来るのだろうか。 世界で3番目に多い約460万人の感染者と、2番目に多い約14万人の死者を出しているブラジル。24日付けの検査報告でも全国で3万2000人以上の感染者が確認されるなど、減少傾向にはあるものの、依然として大量の新規感染が続いている状態だ。 以前には、新型コロナウイルスの影響で2部リーグのCSAとシャペコエンセの試合が延期されたケースはあるが、今回は果たして。 2020.09.25 18:24 Fri
twitterfacebook
thumb

レアル期待の若き天才、ヴィニシウスがフラメンゴ時代に決めたプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールがフラメンゴ時代に決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆若き天才ヴィニシウスがフラメンゴで決めた初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJLM1RWMENzbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名門フラメンゴの下部組織で育ったヴィニシウスは、若くして才能を開花させ、“ニューネイマール”と評されるほどの活躍を見せる。そして2018年夏にレアル・マドリーに加入した。 マドリーでも周囲の期待を上回る速度で活躍を見せているヴィニシウスだが、記念すべきプロ初ゴールは2017年8月10日に行われた、コパ・スダアメリカーナ2回戦、チリのCDパレスティーノとの2ndレグで記録している。 4-0と大量リードして迎えた72分、ヴィニシウスが途中出場を果たす。すると直後の73分、スルーパスで裏に抜け出したヴィニシウスがボックス深部からクロスを上げる。これは中央の味方に合わなかったが、ファーポストで味方がヘディングで折り返す。中に走り込んだヴィニシウスがこれに合わせると、豪快なプロ初ゴールとなった。 ダメ押しの5点目を挙げたフラメンゴは5-0の大勝を収めている。 2020.09.10 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、今冬にレンタル加入のマリ&セドリックを完全移籍で獲得

アーセナルは24日、今年1月にフラメンゴからレンタル加入していたスペイン人DFパブロ・マリ(26)とサウサンプトンからレンタル加入していた元ポルトガル代表DFセドリック・ソアレス(28)の2選手が完全移籍で加入したことを発表した。 マジョルカ下部組織出身のマリはトップチーム昇格後、17歳の時にマジョルカでラ・リーガデビュー。その後は、ヒムナスティック・タラゴナを経て、2016年夏にマンチェスター・シティへ移籍。しかし、加入後すぐにジローナへとレンタルとなり、その後もNACやデポルティボ・ラ・コルーニャなどをレンタルで渡り歩き、2019年夏にフラメンゴへ加入した。 そのマリは、今年1月に買い取りオプション付きのレンタル移籍でアーセナルへ移籍。プレミアリーグ2試合とFAカップ1試合に出場していた。 一方、スポルティング・リスボン下部組織出身のセドリックは、2011年にトップチームデビューを果たした後、2015年夏にサウサンプトンに完全移籍。ポルトガル代表として通算33キャップを誇る右サイドのスペシャリストはインテルにレンタル加入した昨冬を経て、2019年の夏から再びセインツに復帰。 2019-20シーズンは3バックと4バックを併用するチームの中で右サイドバックを主戦場にプレミアリーグ16試合に出場していたが、今年1月にレンタル移籍でアーセナルに加入。アーセナルではプレミアリーグ5試合に出場していた。 なお、アーセナルは契約期間などを明かしていないが、『トランスファーマーケット』によると両者共に契約期間は2024年6月30日までとのことだ。 2020.08.25 00:10 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly