北九州、東海学園大学DF前田紘基の加入内定を発表 「1日でも早くチームに貢献」

2020.11.03 10:47 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
ギラヴァンツ北九州は3日、東海学園大学に在学するDF前田紘基(22)の2021シーズン加入内定を発表した。愛知県出身の前田は大阪桐蔭高校から東海学園大学に進学した身長177cmのDF。クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「今まで両親をはじめ、支えてきてくださった全ての方々、そして応援してくださる方々に対して、感謝の気持ちを忘れず、謙虚にやっていきたいです。 1日でも早くチームに貢献できるように頑張ります。 ギラヴァンツ北九州に関わる全ての皆さん、応援よろしくお願いします!」
コメント
関連ニュース
thumb

新潟下した長崎が暫定2位に浮上! 4位北九州は追いつかれ3試合連続ドロー《J2》

明治安田生命J2リーグ第37節の2試合が28日に各地で行われ、V・ファーレン長崎(3位/勝ち点67)はアルビレックス新潟(6位/勝ち点56)とホームで対戦した。 立ち上がりからボールを支配して優位に進める長崎は30分、中央の氣田が相手を引きつけ、左サイドの江川に展開。その江川から正確な左足の低いクロスが送り込まれると、ゴール前の富樫が右足で4試合ぶりのゴールを決め、長崎が先制した。 新潟に攻め込まれる場面こそあるものの、守りの時間も凌いだ長崎は67分、ボックス右の大竹は縦に仕掛け、右足の浮き球パスを供給すると、エジガル・ジュニオが頭で押し込み、2-0。エジガル・ジュニオの4試合ぶり得点で新潟を突き放した。 結局、新潟の反撃も無失点で切り抜けた長崎が勝ち点を「70」に伸ばして、翌日に今節のアビスパ福岡と並び、得失点差でJ1自動昇格圏内の暫定2位に浮上した。 4位に位置するギラヴァンツ北九州はミクニワールドスタジアム北九州で15位のファジアーノ岡山と激突した。 21分に敵陣右サイドからそのままバイタルエリア右までドリブルを仕掛けた新垣の左足シュートで先制した北九州だが、1点ビハインドの岡山が66分に敵陣右サイドでボールをカットした齊藤が相手最終ラインの背後にスルーパス。これに反応した上門がGK永井を冷静に交わして、2試合連続弾をマークした。 互いに引かずの展開が続いた試合だったが、1-1でタイムアップ。3試合連続ドローの北九州は勝ち点1を加えて「59」に積み上げるにとどまり、昇格を争う上位の背中がさらに遠ざかる結果に終わっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第37節 ▽11/28(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 2</span>-0 アルビレックス新潟 ギラヴァンツ北九州 1-1 ファジアーノ岡山 ▽11/29(日) 《13:00》 FC琉球 vs 東京ヴェルディ 《14:00》 ジェフユナイテッド千葉 vs ジュビロ磐田 松本山雅FC vs 京都サンガF.C. ツエーゲン金沢 vs 徳島ヴォルティス 愛媛FC vs 水戸ホーリーホック アビスパ福岡 vs 大宮アルディージャ 《16:00》 栃木SC vs レノファ山口FC FC町田ゼルビア vs ザスパクサツ群馬 ヴァンフォーレ甲府 vs モンテディオ山形 2020.11.28 18:10 Sat
twitterfacebook
thumb

若手が輝く北九州、磐田MF針谷岳晃を期限付き移籍で獲得

ギラヴァンツ北九州は28日、ジュビロ磐田のMF針谷岳晃(22)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2021年1月31日までとなり、磐田と対戦する公式戦には出場できない。 針谷は昌平高校から2017年に磐田に入団。プロ1年目はYBCルヴァンカップと天皇杯でプレー。リーグ戦デビューはプロ3年目の2019年だった。 今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで7試合に出場していた。針谷は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ギラヴァンツ北九州 「ギラヴァンツ北九州のサポーターの皆さん、初めまして針谷岳晃です。早くチームの力になれるように頑張るので、応援よろしくお願いします!」 ◆ジュビロ磐田 「この時期に移籍させてくれるジュビロに感謝したいですし、自分にとって成長できる機会だと思うので、また成長した姿で戻って来られるように頑張るので、応援していただけたら嬉しいです」 2020.10.28 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

首位・徳島が甲府に敗戦…上位進出を狙った九州ダービーは痛み分けに《J2》

明治安田生命J2リーグ第27節の5試合が17日に各地で行われた。 首位の徳島ヴォルティス(勝ち点52)はホームに6位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点39)を迎え撃った。9戦負けなしと絶好調の徳島が優位に進めるかに思われたが、組織的な動きで堅い守備を築く甲府に苦戦を強いられる。 すると開始6分、ハイプレッシャーをかける甲府は徳島DFがGKに逃げたパスを奪ってビッグチャンスを演出。こぼれ球を泉澤がボックス中央から流し込みにかかったが、GK上福元がビッグセーブを見せた。 アウェイチームはさらに28分にも、左サイドに流れた泉澤のクロスから、味方の折り返しをドゥドゥが狙ったが、ここでもGK上福元が立ちはだかる。一方、徳島は40分過ぎにセットプレーからジエゴがネットを揺らしたが、オフサイドでゴールは取り消しに。 後半立ち上がりにもビッグチャンスを迎えた甲府は77分、味方のスルーパスで右サイドを突破した松田のクロスを、ドゥドゥが上手く合わせて先制。終盤に中塩が遅延行為を取られ、2枚目のイエローカードで退場するシーンや、アディショナルタイムに相手の河田のシュートが左ポストを叩くシーンなど、転機となりそうな場面が訪れたが、なんとか虎の子の1点を守り切り、2連勝を収めた。 ミクニワールドスタジアム北九州では、3位のギラヴァンツ北九州(勝ち点46)と、同勝ち点で並ぶ4位のV・ファーレン長崎が激突。今節屈指の注目カードだ。 開始30秒で北九州が初シュートを放った九州ダービーは、長崎もお返しに秋野がミドルシュートを浴びせるなど白熱した立ち上がりを見せる。4分には秋田の名倉のドリブルシュートがGKを強襲。その後は北九州が立て続けにシュートを狙っていくが、試合はゴールレスで後半へ折り返す。 長崎の攻勢で進む後半戦、それでも膠着状態が続く中で互いに交代カードを斬りながら活性化を図る。すると76分、北九州は途中出場の新垣から絶妙なスルーパスが前線に通ると、福森の折り返しをディサロ燦シルヴァーノが押し込んで先制に成功。ようやく試合が動いた。 だが長崎もさらに交代カードを切って迎えた88分、左サイドで得たFKの場面で途中出場のルアンがクロスを送ると、足をいっぱいに伸ばしたカイオ・セザールが爪先で合わせて同点に追いついた。 試合はそのまま終了。注目の九州ダービーは1-1の痛み分けに終わり、北九州は7試合未勝利となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第27節 ▽10/17(土) 東京ヴェルディ 1-1 栃木SC 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヴァンフォーレ甲府</span> ジェフユナイテッド千葉 0-0 FC町田ゼルビア ギラヴァンツ北九州 1-1 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-0 松本山雅FC ▽10/18(日) 《14:00》 モンテディオ山形 vs 愛媛FC 水戸ホーリーホック vs アルビレックス新潟 ザスパクサツ群馬 vs アビスパ福岡 ツエーゲン金沢 vs ジュビロ磐田 京都サンガF.C. vs レノファ山口 ファジアーノ岡山 vs 大宮アルディージャ 2020.10.17 20:26 Sat
twitterfacebook
thumb

逆転の群馬が最下位脱出! 首位北九州は5位新潟を下す《J2》

明治安田生命J2リーグ第19節の9試合が13日に各地で開催された。 最下位のザスパクサツ群馬は味の素スタジアムで上位追走を目指す7位の東京ヴェルディと対戦。立ち上がり5分に若狭のゴールで先制を許したが、左サイドでFKのチャンスを獲得した17分に田中の得点で追いつく。さらに、42分にも田中がネットを揺らして前半のうちに逆転すると、82分に大前からのパスを飯野が押し込み、群馬が3-1の逆転勝利。5試合ぶりの勝利を飾り、最下位を脱出した。 ミクニワールドスタジアム北九州では、前節に今季初めて首位に浮上したギラヴァンツ北九州と5位のアルビレックス新潟が激突した。11分に福森、49分に野口のゴールで北九州がリードしたが、54分にファビオの一発で新潟が1点差に。そこからオープンな展開が続いたが、北九州が2-1で逃げ切り、引き分けに終わった2位のV・ファーレン長崎と3ポイント差に広げた。 そのほか、京都サンガF.C.はFC琉球を1-0で下して3連勝を飾り、5位に浮上。シティライトスタジアムで行われた17位ファジアーノ岡山と4位・甲府の一戦は両GKの好守が光り、0-0のドローに終わっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第19節 ▽9/13(日) 栃木SC 1-1 松本山雅FC 東京ヴェルディ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ザスパクサツ群馬</span> ファジアーノ岡山 0-0 ヴァンフォーレ甲府 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 2</span>-1 FC町田ゼルビア V・ファーレン長崎 0-0 ジュビロ磐田 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 1</span>-0 FC琉球 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 4</span>-2 レノファ山口FC 大宮アルディージャ 1-1 モンテディオ山形 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 2</span>-1 アルビレックス新潟 ▽9/12(土) 徳島ヴォルティス 1-1 ツエーゲン金沢 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> 2020.09.13 21:40 Sun
twitterfacebook
thumb

好調の甲府に敗れた長崎が首位陥落…仕切り直しで白星の北九州が今季初の首位浮上!《J2》

9日、明治安田生命J2リーグ第18節の11試合が行われた。 山梨中銀スタジアムで行われたヴァンフォーレ甲府vsV・ファーレン長崎は、ホームの甲府が2-0で勝利した。 2連勝で4位に位置する甲府と、2戦連続ドローで足踏みが続く首位の長崎による上位対決は、雷の影響によってキックオフ時間が45分遅れるアクシデントの中でスタート。毎熊の右クロスに飛び込んだ氣田が先制点に迫るなど、アウェイチームが先にチャンスを作る。 だが、17分には右CKの場面でキッカーの藤田の右足アウトスウィングの絶妙なボールに反応した中村亮がドンピシャのヘディングシュートを流し込み、ホームの甲府が先制に成功する。 すると、その後は甲府が長崎の攻撃をうまく受け止めながら、山本の質の高いフィードに抜け出した金園が幾度か2点目に迫るなど、甲府ペースで前半は終了した。 迎えた後半は1点ビハインドの長崎が攻勢を仕掛ける立ち上がりとなるが、最後の場面で粘る相手の守備を崩し切れない。 すると、62分には右サイドで山本の縦パスを起点に一気にスピードアップした甲府が金園、松田とボックス付近で繋ぎ、最後はボックス左でパスを受けた泉澤がファーポストを匂わせながら鋭い腰の捻りでニア下を抜く技ありのシュートを決め切り、貴重な追加点を挙げた。 これで一気に厳しくなった長崎は畑に続きルアンなど攻撃的なカードを切り、猛攻を見せる。76分にはそのルアンのプレースキックから角田に絶好機も、枠を捉えたヘディングシュートはGK岡西の好守に遭う。 その後もリスクを冒した長崎の猛攻を、Jリーグ通算500試合達成のバンディエラ、山本を中心に無失点で凌ぎ切った甲府が、3試合連続クリーンシートで3連勝を飾った。一方、長崎は6戦ぶりの黒星で首位陥落となった。 今節、その長崎に代わって首位に浮上したのは、前節甲府相手に11戦ぶりの黒星を喫したギラヴァンツ北九州。愛媛FCのホームに乗り込んだ北九州は、前半は相手に決定機を許すなど、ペースを握り切れない。 それでも、0-0で折り返した後半の63分にカウンターからボックス右でルーズボールに反応した福森からの丁寧な折り返しに反応した町野が冷静にワンタッチで流し込み、先制に成功した。その後は完全にペースを握りながらも追加点が遠いアウェイチームだったが、10試合ぶりのクリーンシートで試合を締めくくって1-0の勝利。この結果、長崎を抜いて今季初めて首位に立った。 その他の試合では8位の栃木との上位対決に臨んだ3位の徳島が、小西のゴールを守り切って1-0の勝利。また、4連勝で6位に浮上したFC町田ゼルビアが11位のツエーゲン金沢のホームに乗り込んだ一戦は1-1のドローに終わり、連勝がストップ。一方、4連敗中のFC琉球は大宮アルディージャを相手に今季最多5ゴールを挙げて圧勝した。 ◆明治安田生命J2リーグ第18節 ▽9/9(水) モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アビスパ福岡</span> 栃木SC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 徳島ヴォルティス</span> ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 京都サンガF.C.</span> ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-0 V・ファーレン長崎 ツエーゲン金沢 1-1 FC町田ゼルビア ファジアーノ岡山 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 東京ヴェルディ</span> レノファ山口FC 2-2 松本山雅FC 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ギラヴァンツ北九州</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 5</span>-0 大宮アルディージャ ジュビロ磐田 0-0 水戸ホーリーホック 2020.09.09 22:23 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly