横浜FCに痛手、MF佐藤謙介がトレーニング中の負傷で全治6週間

2020.10.30 12:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜FCは30日、MF佐藤謙介の負傷を発表した。クラブの発表によると、佐藤は21日(水)のトレーニング中に負傷していた。

佐藤は28日に右ヒザ関節 関節鏡視下検査を実施し、右ヒザ関節外側半月板損傷と診断されたとのこと。全治は6週間とのことだ。

横浜FC一筋でプレーしている佐藤は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで18試合に出場し1得点を記録。自身初のJ1の舞台で、チームを支えるプレーを見せていた。
コメント
関連ニュース
thumb

立ち上がりに畳み掛けた清水が横浜FCの追い上げをしのいで大敗を払拭《J1》

25日、明治安田生命J1リーグ第29節の横浜FCvs清水エスパルスがニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-3で清水が勝利した。 前節から中10日での試合となった横浜FC。アウェイでのサンフレッチェ広島戦で1-1のドローとなっており、そこからスタメンを4名変更。袴田裕太郎、マギーニョ、手塚康平、斉藤光毅が外れ、武田英二郎、中山克広、松浦拓弥、安永玲央が起用された。 対する清水は平岡宏章監督就任後に連勝を記録していたが、前節は北海道コンサドーレ札幌を相手に5-0と完敗。その試合から7名と大幅に選手を変更。1トップにジュニオール・ドゥトラを5試合ぶりに起用した。 試合は開始早々からアウェイの清水が攻勢に出る。5分、左サイドをドリブルで仕掛けた鈴木がボックス内に侵入し深い位置からマイナスのクロス。これをニアサイドに入った金子が右足の面で合わせてネットを揺らし、清水が先制する。 先制した清水は勢いのままに追加点を奪う。6分、横浜FCがGKからビルドアップをすると、安永に入ったボールをジュニオール・ドゥトラがプレスをかけてボール奪取。そのままボックス手前で左足を振り抜くと、ゴール左に綺麗に決まり、清水が追加点を奪う。 ミスから連続失点となった横浜FCは9分、左CKを獲得するとクロスをニアサイドで一美がヘッド。しかし、GK大久保が鋭い反応でセーブする。 清水は35分にもビッグチャンス。ジュニオール・ドゥトラがドリブルで独走。ボックス内から左足でシュートを狙うが、GK南が左足でなんとかセーブし得点を許さない。 攻勢が止まらない清水は38分にも追加点。右サイドを金子が持ち上がるとオーバーラップした奥井へパス。奥井がマイナスのクロスを送ると、ボックス手前に走り込んだ竹内がフリーでシュート。これが決まり、リードが3点となる 前半だけで3点のリードを奪った清水。ハーフタイムに横浜FCは武田、志知、松浦に代えて、マギーニョ、袴田、斉藤光毅を投入。反撃に出る。 すると56分、ボックス手前で相手のクリアボールを拾った瀬古がシュートフェイントで相手をかわすと、そのまま右足一閃。ミドルシュートを突き刺し1点を返す。 徐々にペースを握り、清水陣内でのプレーが続く横浜FC。しかし、アタッキングサードでの決定力を欠いて得点を奪えない。 清水も押し込まれる時間が増える中で、カウンターから横浜FCゴールに迫るが、こちらも追加点を奪えない展開が続く。それでも横浜FCのプレスを掻い潜り、マイボールの時間を増やすことに成功し時計を進める。 横浜FCは何度となく清水ゴールに迫るが決定力を欠いて最後までゴールが遠く、反撃は瀬古のミドルのみで試合終了。1-3で清水が勝利を収めた。 横浜FC 1-3 清水エスパルス 【横浜FC】 瀬古樹(後11) 【清水】 金子翔太(前5) ジュニオール・ドゥトラ(前6) 竹内涼(前38) 2020.11.25 20:55 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:横浜FCvs清水】例年ならシビアな残留争い、下位対決を制するのは

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年11月25日(水) 19:00キックオフ 横浜FC(15位/28pt) vs 清水エスパルス(17位/20pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆中10日、対策と休養は十分か【横浜FC】 前節はアウェイでのサンフレッチェ広島戦で1-1のドロー。先制しながらも追いつかれてしまうという展開となった。 ここ数試合は安定した戦いが見せられていない横浜FCだが、週末に試合がなかったために前節からは中10日。コンディション面では大きなアドバンテージがある状況だ。 J2から昇格して1年、試合内容とは裏腹に結果があまりついてこないシーズンとなり、気がつけば残留ラインギリギリに位置している。 今シーズンは特別なシーズンとなり降格がない状況だが、来季は4チームが降格となるだけに、今季もしっかりと残留圏でシーズンを終えたいはずだ。 その意味でも下位チームに敗れるわけにはいかない。しっかりと改めた目標を達成するためにも、まずは勝利を収めたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:南雄太 DF:マギーニョ、伊野波雅彦、小林友希、志知孝明 MF:瀬古樹、安永玲央、齋藤功佑 FW:中山克広、一美和成、斉藤光毅 監督:下平隆宏 ※六反勇治は契約上出場不可 ◆止められた流れ、残留圏フィニッシュへ【清水エスパルス】 3連勝を目指した前節だったが、アウェイでの北海道コンサドーレ札幌戦で5-1と大敗。乗りかけた波が一気に引いていった形となった。 しかし、これまで繰り返した大型連敗を避けるにはまずは負けた後の試合が大事となる。しっかりと結果を残せるかが重要だ。 前回対戦はホームで2-3と敗れている相手。清水も降格はないが、例年であれば自動降格圏に位置しており。残り6試合の戦いはかなりシビアになる。 下位対決がこの横浜FC戦を含めて、湘南ベルマーレ、ベガルタ仙台と残っているだけに、まずはしっかりと勝利しておきたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:梅田透吾 DF:エウシーニョ、ヴァウド、立田悠悟、ファン・ソッコ MF:西澤健太、ヘナト・アウグスト、竹内涼、中村慶太 FW:カルリーニョス・ジュニオ、後藤優介 監督:平岡宏章 2020.11.25 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

広島vs横浜FC、今季3度目の対戦は1-1のドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第27節、サンフレッチェ広島vs横浜FCが14日にエディオンスタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 前節は前線からのプレスが機能し、らしい戦い方で名古屋グランパス相手に快勝を収めた広島。ここ4試合は2勝2分けと好調で、暫定順位も8位に上げた。中2日となる今節はスタメンを名古屋戦から5人変更。ワントップにはドウグラス・ヴィエイラが入り、2シャドーにはエゼキエウと永井が起用された。 一方の横浜FCは、8日に行われたヴィッセル神戸戦で4試合ぶりの白星。立ち上がりの失点をすぐに取り返し、後半アディショナルタイムの安永玲央のJ初弾が決勝点となり逆転勝利を収めた。こちらは中5日、先発の入れ替えは3人で、布陣が4バックから3バックに変更された。 両者の対戦はルヴァンカップ含めて今季3度目。ここまで2度の対戦はいずれも広島が2-0で白星をあげているが、この日はアウェイの横浜FCが先制する。10分、右CKの場面でショートコーナーを選択した手塚は、もう一度パスを受けて右サイドから左足でクロスを供給。ファーサイドで荒木のマークを外した小林がヘディングシュートを叩き込んだ。 その直後、広島もCKから佐々木がヘディングシュートを突き刺すが、GK南に対するエゼキエウのファウルがあったとして、ゴールは認められなかった。 だがそのエゼキエウは28分、自陣に下がっていたドウグラス・ヴィエイラの狙いすましたロングボールを受けてチャンス到来。後ろからの難しいボールを上手く胸でコントロールしGKとの一対一の場面を作ると、最後はボックス左から冷静に左足で流し込んで同点に追いついた。 その後は広島のペースで試合が進む中、エゼキエウがボックス手前からミドルシュートを狙うシーンも。対する横浜FCも前半アディショナルタイムに一美が際どいヘディングシュートを放ったが、試合は1-1のまま後半へ折り返した。 広島は後半から、3試合ぶり先発出場だった土肥を下げて青山を投入。これで中盤の安定感が増したホームチームはさらに前線のプレスを強め、ショートカウンターを狙っていく。55分にはボックス手前でパスを受けたドウグラス・ヴィエイラがワントラップから反転シュート。これはボール一つ分右に外れた。 58分に同時に交代カードを切った両チーム。広島は浅野と東の主力組をピッチへ。横浜FCはマギーニョを下げて中山を投入しテコ入れを図る。逆転を狙う広島はさらに、65分にドウグラス・ヴィエイラを下げて4試合連続ゴール中のレアンドロ・ペレイラを送り、明らかなメッセージを伝える。 だが、次にゴール迫ったのは横浜FC。69分、途中出場中山が右サイドから速いクロスを送ると、合わせたのは一美。しかし、シュートは右ポストを直撃。跳ね返りも押し込めず、勝ち越しのチャンスを逃してしまった。 徐々に攻勢を強めていく横浜FCは終盤に一気に4人入れ替える。神戸戦でプロ初ゴールを決めた安永や、9月の川崎フロンターレ戦以来今季3試合目の出場となる松井がピッチへ。 後半アディショナルタイムにかけては、レアンドロ・ペレイラや青山のミドルシュートなど、広島がゴールに迫る。さらにCKでは森島のクロスを野上が完璧に合わせるが、ヘディングシュートはGK南の正面に。 ラストプレーではレアンドロ・ペレイラと森島が立て続けにシュートを放ったが、結局1-1のまま試合終了。痛み分けの結果に終わった。 サンフレッチェ広島 1-1 横浜FC 【広島】 エゼキエウ(前28) 【横浜FC】 小林友希(前10) 2020.11.14 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:横浜FCvs神戸】互いに課題は守備と試合運び、改善を見せるのは?

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2020年11月8日(日) 14:00キックオフ 横浜FC(14位/24pt) vs ヴィッセル神戸(11位/36pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆逆転負けの傷は癒えているか【横浜FC】 前節はホームに大分トリニータを迎え、2-3と敗戦。リーグ戦3連敗となってしまった。 前半に2ゴールを先行する良い試合運びを見せていたものの、88分に知念慶のゴールで追いつかれるとアディショナルタイムに田中達也に逆転ゴールを許してしまう展開となった。 10月10日に行われたアウェイでの鹿島アントラーズ戦でも同様の失態を繰り返しており、約1カ月が経過しても改善されていないのは痛い部分だろう。 今節も攻撃力には定評のある神戸が相手だけに、まずはしっかりとした守備から入りたいところ。リードしても相手の圧力に屈することなく守りきれるか。4試合ぶりの勝利を目指す。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:六反勇治 DF:瀬古樹、伊野波雅彦、袴田裕太郎、志知孝明 MF:中山克広、安永玲央、手塚康平、齋藤功佑 FW:斉藤光毅、一美和成 監督:下平隆宏 ◆課題は守備の改善、バランスを保って戦えるか【ヴィッセル神戸】 前節はアウェイでの清水エスパルス戦となったが、3-1で敗戦。新体制の清水に白星をプレゼントしてしまった。 33分に山口蛍のゴールで先制するまでは良かったが、後半に入り3失点。波に乗り切れないチーム状態を表す敗戦となった。 攻撃陣に注目が集まる神戸だが、失点の多さは試合数にバラツキがありながらもワースト2位。いくら点を取っても失点が多くては白星は続かない。 この先に待つAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に向けても、まずはチーム全体での守備改善を図るとともに、本領発揮とまでいっていない攻撃陣の活性化が重要となるだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:西大伍、ダンクレー、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:山口蛍、セルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタ FW:郷家友太、ドウグラス、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 2020.11.08 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

キッカケは“キング・カズ”、ギネス記録の74歳最年長プロ選手がインタビューで明かす

ギネス世界記録に認定された公式戦でプレーした最年長のプロサッカー選手が、記録達成に向けた思いなどを語った。 その名は、エゼルディン・バハダー。74歳と125日での試合出場が10月17日にギネス世界記録に認定された。 今年1月にエジプト3部の「6th October」というクラブとプロ契約を結んだことが大きなニュースとなっていたバハダー。ギネス記録で最年長プロ選手となるには90分間の試合に2試合出場する必要があった。 これまでのギネス記録はイスラエル人のイサーク・ハイク氏の73歳であり、2試合に出場すれば記録が更新される中、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大などでその挑戦が上手く進んでいなかった。 それでも3月の試合で初出場しゴールを記録する偉業を達成すると、コロナによる中断後の10月に2試合目に出場。これにより見事ギネス記録に登録されたのだ。 バハダーは、『FIFA.com』のインタビューに応じ、今回の記録挑戦への思いや、今後の活動について語った。 まず、今回の挑戦に当たって、そのキッカケを問われたバハダーは、先日53歳でJ1最年長出場記録を作った元日本代表FW三浦知良(横浜FC)を知ったことだったと明かした。 「私はいつだってビッグクラブでプレーすることを望んでいましたが、それはただの夢に終わりました。そこで、プロとしてプレーする最年長の選手が53歳のストライカー(三浦知良/横浜FC)であることがわかった時、私は別の目標を追い求め始めました」 「私と彼の間には大きな年齢差があったので、私は今回のことを試してみることにしました」 「最初は誰にも自分の目的を言わず、やる気を出していましたが、家族がこのことを知った時にとても励まされました」 <div id="cws_ad">◆今から31年前、コリチーバ時代のカズのプレー集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6dmY0SERPaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 20歳も年下でありながら、遠く離れた日本でプレーする“キング・カズ”こと三浦知良を知った事がキッカケと明かしたバハダー。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が大きな障壁となったとした。 「パンデミックは私に悪影響を及ぼしました。特に、私がプレーする(2つ目の)試合のちょうど2日前にリーグが中断されたのです」 「これは私にとってショックなことでしたが、その中断の間、私は息子と一緒にトレーニングし、自宅で行えるようにオンラインで多くのトレーニングを見ました」 「クラブでのトレーニングは自宅でのトレーニングと大きく異なるため、この期間は私の試合に向けた準備に影響を与えました」 90分の試合に2試合出ることが記録認定の条件だったが、選んだクラブは3部クラブ。そこまでレベルが低いわけではない。初めてチームに合流したときのことをバハダーは回想した。 「彼らは私を温かく歓迎してくれました。たくさん話したり、笑ったりしましたが、「子供みたいに扱ってくれるお年寄りを期待していたのに」と言っていました」 「早速ゴールに向かってシュートを打ってくれと頼まれ、やってみたら良い感じでした。最後は喜んでくれていました」 チームメイトにも受け入れられたバハダー。最初の試合に出るときはとても緊張したという。そして、そのゴールでは運良くゴールも記録した。 「とても緊張していて、ヒザとハムストリングの筋肉が腫れて辛かったですが、チームメイトがたくさん励ましてくれました。試合が始まると、雰囲気に飲まれ、緊張は消えました」 「確かに私はゴールを決めたいと思っていましたが、それは簡単なことではありませんでした」 「降格を避けるために戦っていたタフな相手との対戦でした。最後の数分でPKが与えられ、ゴールを決めることができました」 初出場から中断があり半年以上経過した10月、2試合目の出場となったが、バハダーは健康状態に問題があったとした。 「試合の2週間前に中耳炎にかかったので、簡単ではありませんでした。バランスが崩れ、動きに影響が出たため、トレーニングをやりきることができず、試合に出られないかと心配しました」 「試合中、少しめまいを感じました。さらに2つのチームが似たようなユニフォームだったため、さらに難しい状況となりました」 「しかし、私のチームメイトとテクニカルチームの全員が、私が試合でフル出場することを主張しました。トレーニングで練習したセットプレーから、チームの2点目を決めることができました」 見事90分間の試合で2試合プレーしたバハダー。ワールドカップに出場した最年長選手はエジプト代表のGKエサム・エル=ハダリの45歳161日(2018年ロシアW杯)だが、エジプト代表入りについて聞かれると、おどけながらも意気込んだ。 「それは長い道のりになるね(笑)これからも一生懸命トレーニングを続け、スキルとフィットネスを向上させていきます。機会があれば、絶対にそれを掴みたいです」 偉大な記録を達成したバハダーだが、将来の野心についてコメント。誰でも達成できる記録とかたり、さらに記録を伸ばすことに意気込みを語った。 「強い意志と決意を持った人間なら、誰でもできることを成し遂げたと思います。特にこの年齢では、良いレベルとフィットネスを維持することは困難で、健康を維持することもとても難しかったです」 「私はサッカーをとても楽しんでいて、将来がどうなるか誰にもわかりません。これからもプレーとトレーニングを続けていきます」 <div id="cws_ad">◆74歳のPKを目に焼き付けろ!<br/><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This man is proving you&#39;re never too old to fulfil your sporting dreams!<br>More here: <a href="https://t.co/YzR778PerP">https://t.co/YzR778PerP</a> <a href="https://t.co/UjDgls8W0c">pic.twitter.com/UjDgls8W0c</a></p>&mdash; BBC Breakfast (@BBCBreakfast) <a href="https://twitter.com/BBCBreakfast/status/1237293880414011392?ref_src=twsrc%5Etfw">March 10, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.11.06 14:20 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly