またしても愚行、ユナイテッドの18歳MFグリーンウッドが女性連れ込みに続き笑気ガスを吸う写真が出回る

2020.09.13 21:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFメイソン・グリーンウッドが、またしても愚行を謝罪した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。グリーンウッドは、9月のUEFAネーションズリーグに臨むイングランド代表に初招集。しかし、アイスランドでの合宿中に、マンチェスター・シティのMFフィル・フォーデンとともに女性を連れ込んだとしてイングランド代表を追放。謝罪をしていた。

しかし、その後笑気ガスを吸っている動画がSNSのSnapchatで出回り、またしてもピッチ外での問題行動が見つかってしまった。

この動画は数週間前に撮影されたものだとされているが、グリーンウッドはこの件について謝罪声明を発表。自分の判断が間違っていたと事実を認め、謝罪した。

「私は今、この習慣に関連する健康上のリスクを認識しており、これらの事実に基づく写真に示されているように、それを試すことは、僕の悪い判断だったと認めます。僕は他の人が、僕の例に従わないことを強く求めます」

「18歳の僕はいつも学んでいますが、今週はサッカー選手としてのキャリアのおかげで、より高い基準で審査されることを学びました。今後もそれを尊重する必要があります。私の監督とコーチによって示された信頼を返すために」
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、望み薄もサンチョ獲得にラストアタック? 移籍金は最大122億円超

マンチェスター・ユナイテッドが、ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)の今夏獲得にラストアタックを仕掛けるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今夏の移籍市場でサンチョをトップターゲットに定めながらも、ことごとく失敗に終わっていたユナイテッド。その他ウェールズ代表FWガレス・ベイル(31)やイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)の獲得も噂されていたものの、前者はレアル・マドリーからトッテナムへレンタル、後者はアストン・ビラと新契約の締結に至っている。 アヤックスからオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(23)の獲得には成功したものの、わずか1名にとどまっている今夏の補強にサポーターも不満を示している模様。 そこで、10月5日の閉幕までにサンチョ獲得に向けて6500万ポンド(約88億3000万円)、ボーナスを含めると最大9000万ポンド(約122億3000万円)に達するオファーを準備しているようだ。 しかし、サンチョは8月に契約を延長したばかり。ドルトムントの最高経営責任者(CEO)を務めるハンス=ヨアヒム・ヴァツケ氏も、しきりに残留を強調してきたが、果たして勝算はあるのだろうか。 2020.09.28 21:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがポルトのブラジル代表DFアレックス・テレスの獲得に迫る

マンチェスター・ユナイテッドが、ポルトのブラジル代表DFアレックス・テレス(27)の獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 かねてから左サイドバックの獲得を目指しているユナイテッド。レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・レギロンの獲得に動いていたが、トッテナムへと移籍していた。 その後はテレスの獲得を追いかけていたユナイテッドだが、ポルトは1800万ポンド(約24億2700万円)を要求。しかし、ユナイテッドは27歳の選手に対しては高すぎるとし、アヤックスのアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(28)にターゲットを変更したとも報じられていた。 そんな中、移籍に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッター(@FabrizioRomano)でユナイテッドがテレス獲得に近づいているとの見解を述べている。 「アレックス・テレスとポルトとの話し合いはまだ続いている。取引はゆっくりしているが、マンチェスター・ユナイテッドは取り組んでいる」 「左サイドバックの選択肢は彼だけではない。しかし、マンチェスター・ユナイテッドは、すぐにポルトとの合意に持っていけると確信しているだろう」 一方で、ユナイテッドに関してはサイドバックよりもセンターバックを補強すべきとの声が挙がっている状況。専門家や解説者は、スウェーデン代表DFビクトル・リンデロフにパフォーマンスに不満。コートジボワール代表DFエリック・バイリーはケガから復帰したが、どのようなパフォーマンスを出せるのかだ。 何れにしても、補強に動いているユナイテッドだが、テレスの獲得はなるだろうか。 2020.09.28 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

値千金PK決勝弾のブルーノ・フェルナンデス「ビッグチームには今日みたいな試合も必要」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが劇的な展開での白星を振り返り、決勝ゴールに繋がった自らのPKシーンにも言及した。 ユナイテッドは26日に敵地で行われたプレミアリーグ第3節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。3-2で勝利。相手のシュートが5度もクロスバーやポストを叩いたほか、2-2で試合終了のホイッスルが鳴った後のVAR判定でラストプレー時に相手のハンドが認められ、PKのチャンスが巡ってくる運も味方につけ、今季初勝利を手にした。 そのPKのチャンスを確実に決め切り、チームを劇的勝利に導いたB・フェルナンデスは試合後、イギリス『BT Sport』のインタビューで「すごく難しいゲームだった。ブライトンがすごく良いチームで、良いクオリティを持っているのも承知済みだったんだ」と語ると、こう続けた。 「僕らは相手にプレーのスペースを許し過ぎて、思うような形で攻撃的にもいけず、2失点を喫した。僕が許したPKのシーンはもっと早く止めるべきだった。2失点目の場面ももっと良い対応が必要。いくつかのミスを冒したが、ビッグチームには今日みたいな試合も必要になってくる。最後まで信じる気持ちを持っていないとね」 また、後半アディショナルタイム10分に獲得したPKのチャンスにも「試合が終わっても、VARの判定を確認しないといけないとわかっていた。明らかにハンドだったと思う。映像でもチェックしたんだ」と正当性を主張すると、PKのキッカーを務めた場面もついてもクラブ公式チャンネル『MUTV』でコメントした。 「PKが与えられるかもしれないから、すべきことに集中しないといけなかった。もちろん、今日のようなPKのキッカーを務めるときは気持ちの強さも必要。チームメイトが信頼してくれているからね。前にも言ったように、PKは試合の鍵を握るもの。今日もそうで、ゴールを決めることができた。別に僕じゃなくても、ほかの選手でも構わない。どちらにせよ、3ポイントがホームに持ち帰る最高の結果に繋がるわけだからだ」 2020.09.27 10:50 Sun
twitterfacebook
thumb

“思わぬ形”で今季初勝利のスールシャール、安堵も苦戦認める クロスバー&ポストの恩恵にジョークも

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が今季のプレミアリーグ初白星に胸を撫で下ろした。 開幕黒星スタートのユナイテッドは26日に敵地で行われた第3節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。後半アディショナルタイム5分に追いつかれ、万事休すかに思われたが、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが最後の最後に獲得したPKのチャンスを決勝ゴールに繋げ、3-2の劇的勝利を収めた。 相手のシュートが実に5度もクロスバーやポストを叩いただけでなく、試合終了のホイッスルが鳴った後のVAR判定で相手のハンドによるPKチャンスが思わぬ形で巡ってくるなど、運も味方につけて今季初白星を掴み取ったスールシャール監督。試合後、イギリス『BT Sport』のインタビューで振り返った。 「試合終了のホイッスルが鳴った後にゴールを決めたことなんてないと思う。だが、ハンドは笛が鳴る前に起きたものなのだから、たぶん正しい判定だった。そして、その判定は我々にとって、大きなものだった」 「今季はもっと終盤のゴールが必要だという趣旨の話をしていたんだ。昨季はリバプールを除けば、負け数が最も少ないチームだったが、引き分けが多過ぎた。終盤に追いつかれた後、さらに2ポイントを手にできたのは大きな後押しになる」 「正直、相手の方がかなりのチャンスを作ったと言わざるを得ない。ポゼッションはほぼ互角だったが、相手の方がかなりのシュートを放ち、大きなチャンスもあった。これからの数週間でもっと改善が必要だ」 また、ポストやクロスバーの恩恵を受けた勝利についても触れ、トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が先日に行われたヨーロッパリーグ(EL)3回戦のシュケンディヤ戦でゴールマウスの小ささを指摘した話題を出して、こう話した。 「今日の我々は1ポイントが妥当か、あるいはそれ以上の結果に値しなかったかもしれない。ジョゼがゴールポストの長さを測りに来なかったのを喜ばなければならないね」 2020.09.27 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが“試合終了後”の劇的PK弾で今季初勝利! 内容は劣勢も勝負強さ発揮《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節、ブライトンvsマンチェスター・ユナイテッドが26日に行われ、アウェイのユナイテッドが3-2で勝利した。 今季の初陣となったクリスタル・パレス戦で新戦力ファン・デ・ベークにデビューゴールが生まれたものの、ホームで1-3の完敗となったユナイテッド。ミッドウィークのEFLカップで格下ルートン・タウンを退け、公式戦初勝利を手にした中、ブライトンとのアウェイゲームで今季プレミア初勝利を目指した。 ルートン戦からはマグワイア、ワン=ビサカ、マティッチを除く先発8人を入れ替え、ポグバやブルーノ・フェルナンデス、マルシャルなど、昨季終盤戦のベストメンバーがスタメンに名を連ねた。 試合は立ち上がりからハイプレスを仕掛けるブライトンがサイドを起点にユナイテッドを押し込む入りに。9分にはボックス手前左でアルザテからパスを受けたトロサールが強烈な左足のシュートを放つが、これは左ポストを叩く。 一方、守勢の入りとなったユナイテッドも15分を過ぎて徐々に押し返していく。17分には相手のビルドアップのミスを突きボックス左に侵入したグリーンウッドがファーストシュート。その直後にもB・フェルナンデスが際どいクロスで相手ゴールを脅かす。 その後は再びブライトンペースが続く中、32分にはユナイテッドがグリーンウッドのシュートで先にゴールネットを揺らすが、ここはラストパスを出したラッシュフォードがオフサイドを取られ、ゴールは認められず。すると、40分にはボックス右に抜け出したランプティをB・フェルナンデスが後方から倒してPKを献上。これをキッカーのモペイにパネンカで決められ、先制を許した。 しかし、すぐさま反撃に転じたアウェイチームは43分、ショーの果敢な仕掛けから相手陣内左サイド深くでFKを獲得。キッカーのB・フェルナンデスがファーへ鋭いボールを入れると、大外でフリーのマティッチがワンタッチで折り返したボールがマグワイアと競ったDFダンクのオウンゴールを誘い、前半のうちに試合を振り出しに戻した。 迎えた後半、立ち上がりにコノリーのPK、グリーンウッドのゴールがそれぞれVARで取り消されるオープンな入りを見せた中、ユナイテッドが個の力で逆転に成功する。55分、自陣からのロングカウンターでB・フェルナンデスの絶妙なミドルスルーパスに反応したラッシュフォードが左サイドを独走し、そのままボックス内に切り込む。戻ったDFに囲まれたものの、細かい切り返しとフェイントで守備網をかいくぐって放った右足のシュートがDFにディフレクトしてゴールネットを揺らした。 これで一気にユナイテッドペースに傾くかに思われたが、ブライトンは前半同様簡単に流れを渡さない。60分にはボックス付近での細かい崩しからボックス左のマーチが左足のシュートを放つが、これは惜しくも右ポストの内側を叩く。 その後もブライトンの攻勢が続く中、トロサールらの決定機においてポストやクロスバーが最後の砦としてユナイテッドを助ける。この劣勢を受けて、スールシャール監督はグリーンウッドに代えてバイリー、マルシャルに代えてファン・デ・ベークをピッチに送り込み、割り切って守備を固める逃げ切り態勢に入る。 だが、試合終了間際の95分には相手のパワープレーに屈し、ウェブスターからの右クロスをファーでフリーのマーチに頭で叩き込まれて土壇場で追いつかれる。 これで万事休すと思われたユナイテッドだったが、最後の最後に勝負強さを発揮する。後半ラストプレーとなった左CKの場面でマグワイアの枠を捉えたヘディングシュートはDFのゴールカバーに遭い、主審はタイムアップのホイッスルを吹いた。 だが、ユナイテッド陣営が執拗に相手のハンドをアピールすると、VARのレビューの結果、モペイのハンドでのPKが与えられる。これを名手B・フェルナンデスがきっちり決め、“試合終了後”の劇的勝ち越しゴールで苦しみながらも今季リーグ初勝利を手にした。 2020.09.26 22:44 Sat
twitterfacebook