フェネルバフチェ、ラス・パルマスからDFレモスを完全移籍で獲得!

2020.08.26 23:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フェネルバフチェは26日、ラス・パルマスから元ウルグアイ代表DFマウリシオ・レモス(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までの3年間となる。

2014年に母国のデフェンソールでプロデビューしたレモスは、ルビン・カザンでのプレーを経て、2016年の1月にラス・パルマスへレンタルで加入すると、同年の夏に完全移籍。在籍2年半で公式戦54試合に出場した。

その後、2018年冬から1年半サッスオーロへレンタルされると、復帰した2019-20シーズンは、主力のセンターバックとしてセグンダで26試合に出場し1ゴールを記録していた。
また、過去にレアル・マドリーやバルセロナも獲得に関心を示した逸材は、2017年10月にウルグアイのフル代表デビューも飾っている。

関連ニュース
thumb

キム・ミンジェに続いて? ナポリがフェネルバフチェDFを注視… ミランも接触か

ナポリとミランが、フェネルバフチェのトルコ代表DFフェルディ・カディオグル(23)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 カディオグルはトルコ代表の中心選手で、プロデビューを生まれ故郷のオランダで飾ったのち、2018年夏にフェネルバフチェへと移籍。身長は173cmと小柄だが、本職の右サイドバックのみならず、サイドならどの位置でもこなすというユーティリティ性能が売りのひとつだという。 フェネルバフチェでは通算120試合10得点14アシストを記録。現在は、昨季までの同僚DFキム・ミンジェが所属するナポリ、そしてミランの2クラブから関心を寄せられており、獲得には2000万ユーロ(約28億3000万円)前後が必要とのことだ。 選手の父親もトルコメディアのインタビューで両クラブからの接触を明言。同時に、「息子はフェネルバフチェでリーグのトロフィーを掲げる野望を持つ」とも口にしており、移籍が実現するのは来夏以降になる見込みのようだ。 2022.12.04 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェがバチュアイ獲得を正式発表!

フェネルバフチェは2日、チェルシーのベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(28)の獲得を正式発表した。契約期間は2年間で1年の延長オプションが付随している。 カタール・ワールドカップ(W杯)出場のために今夏の移籍を検討していたバチュアイは、昇格組のノッティンガム・フォレストへの移籍が目前迫っていたが、移籍期限最終日までに書類が間に合わず破談に終わっていた。 これを受け、バチュアイは8日まで移籍市場の開いているトルコのフェネルバフチェに移籍先を変更。フェネルバフチェは2日にイスタンブール入りした同選手と合意に至ったことを発表していた。 バチュアイはスタンダール・リエージュの下部組織出身で、2011年7月にファーストチームへ昇格。2014年7月にマルセイユへと完全移籍すると、2016年7月にチェルシーへと完全移籍で加入。 しかし、各国代表クラブのストライカーが毎年目まぐるしく入れ替わりる一方で、ポジションを掴めないバチュアイは、ドルトムント、バレンシア、クリスタル・パレス、ベシクタシュへとレンタル移籍を経験する。 チェルシーでは公式戦77試合で25ゴール6アシストに終わったが、2021-22シーズンにレンタル移籍で加入したベシクタシュでは、スュペル・リグで33試合に出場し14ゴール5アシストを記録していた。 なお、ベルギー代表としては45試合に出場し25ゴールを記録している。 2022.09.03 06:40 Sat
twitterfacebook
thumb

書類間に合わずフォレスト移籍破談のチェルシーFWバチュアイ、フェネルバフチェ移籍で合意

フェネルバフチェは2日、チェルシーのベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(28)を完全移籍で獲得することで合意したと発表した。 なお、バチュアイはメディカルチェックを受けるためにイスタンブール入り。合格後に契約を結ぶこととなる。 バチュアイはスタンダール・リエージュの下部組織出身で、2011年7月にファーストチームへ昇格。2014年7月にマルセイユへと完全移籍すると、2016年7月にチェルシーへと完全移籍で加入した。 しかし、各国代表クラブのストライカーが毎年目まぐるしく入れ替わりる一方で、ポジションを掴めないバチュアイは、ドルトムント、バレンシア、クリスタル・パレス、ベシクタシュへとレンタル移籍を経験する。 チェルシーでは公式戦77試合で25ゴール6アシストに終わったが、2021-22シーズンにレンタル移籍で加入したベシクタシュでは、スュペル・リグで33試合に出場し14ゴール5アシストを記録していた。 なお、ベルギー代表としては45試合に出場し25ゴールを記録している。 カタール・ワールドカップ(W杯)出場のために移籍を求めていた中、ノッティンガム・フォレストへの移籍が迫っていたが、チェルシーが移籍期限最終日にバルセロナの元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン、ユベントスのスイス代表MFデニス・ザカリアを獲得したことに加え、スペイン代表DFマルコス・アロンソの退団、スコットランド代表MFビリー・ギルモアのブライトン&ホーヴ・アルビオン移籍など案件が立て込んだため、書類の処理が終わらずに移籍が実現していなかったとされている。 2022.09.02 21:19 Fri
twitterfacebook
thumb

元シャルケのマックス・マイヤーがスイスへ、近年は鳴かず飛ばずの成績が続く

スイス1部のルツェルンは24日、元ドイツ代表マックス・マイヤー(26)の加入を発表した。契約は2024年6月までとなる。 かつて内田篤人氏が在籍していた頃のシャルケで頭角を現したマイヤー。年間40試合前後に出場し、通算では192試合22ゴール23アシストを数えた。また、その間にはドイツ代表にも何度か招集されていた。 ところが2018年夏のクリスタル・パレス移籍をきっかけにキャリアは下降線を辿ることに。3シーズン在籍も56試合の出場にとどまり、3シーズン目は戦力外で冬の移籍市場でケルンに活躍の場を求めた。 しかし、ケルンやその半年後に加入したフェネルバフチェ、今年1月からレンタル加入したデンマークのミッティランでもインパクトを残すことができず、フェネルバフチェとは今夏に双方合意の下で契約を解除していた。 新天地のルツェルンは、昨季のスイス・スーパーリーグで10チーム中9位で昇降格プレーオフに回ることになったが、命辛々残留となり、今季は開幕から4試合で7位に位置している。 2022.08.24 18:21 Wed
twitterfacebook
thumb

イカルディ代理人のワンダ・ナラがトルコに、同国トップ2と交渉へ

パリ・サンジェルマン(PSG)の元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(29)の妻で代理人のワンダ・ナラ氏が、交渉のためトルコへ向かったようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 今夏の放出候補筆頭として取り沙汰されているイカルディ。新監督に就任したクリストフ・ガルティエからも直々に「場所を変えれば、キャリアの軌道を戻せる」と移籍を勧められ、ここまではイタリア復帰を望んでいるという同選手にモンツァがアプローチ。しかし、サラリー面で折り合いがつかず、交渉は成立しなかった。 マンチェスター・ユナイテッドも非公式に問い合わせを行っていると言われる中、代理人を務めるナラ氏は現在、ガラタサライとフェネルバフチェと交渉するため、トルコへ赴いているという。ただ、イカルディの条件はヨーロッパの都市に本拠地を置くメジャークラブ。イスタンブールが29歳のお眼鏡に適うかどうかは不明だ。 2019年夏にインテルからPSGに加入したイカルディ。1年目は新型コロナウイルスの影響でリーグ戦は中止に追い込まれながらも、20試合で12ゴール3アシストと上々の成績を残した。だが、2年目以降はケガやリオネル・メッシ加入の影響で出番が減少。過去24カ月の前コンペティションにおいて18得点にとどまっている。 2022.08.19 14:52 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly