相模原DF小田島怜がJFLのいわきFCへ完全移籍「覚悟をもってきました」

2020.08.25 16:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
SC相模原は25日、DF小田島怜(24)がJFLのいわきFCへ完全移籍することを発表した。小田島は、東京ヴェルディの下部組織出身で、東京Vユースから桐蔭横浜大学を経て2019年に相模原へ入団。2019シーズンは明治安田生命J3リーグで14試合に出場していたものの、今シーズンは出場機会がなかった。

いわきFCは「足元の技術に長け、正確なフィードが魅力のCB」と小田島の特徴を紹介している。小田島は両クラブを通じてコメントしている。

◆いわきFC
「SC相模原から移籍してきました小田島怜です。覚悟をもってきました。チームに貢献できるように頑張ります」

◆SC相模原
「いわきFCに移籍する事になりました。自分が成長できると思い決断しました。ここで学んだことを次のステージで活かせるように頑張ります。1年半ありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

東北1部からJ1へ! 横浜FCがいわきFCのMF熊川翔を完全移籍で獲得!

横浜FCは25日、東北1部リーグのいわきFCからMF熊川翔(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 熊川は柏レイソル下部組織出身。2017年8月に流通経済大学からいわきFCに加入し、今シーズンは東北1部リーグで17試合2ゴールを記録した。 横浜FCへの移籍が決定した熊川は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆横浜FC 「いわきFCから加入することになりました。この歴史あるクラブの一員になれる事を大変嬉しく思います。感謝の気持ちを忘れず、謙虚にひたむきにプレーし、1日でも早くチームの勝利に貢献できるよう日々努力したいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆いわきFC 「2年5カ月という短い間でしたが、いつも応援して下さったファン、サポーターの皆様、本当にありがとうございました」 「いわきFCでは色々なことを学び、経験させていただくことができ、感謝しています。いわきFCの一員として闘えたこと、素晴らしいスタッフ、素晴らしい選手と出会えたことは僕の誇りであり、財産です。 「これからは違うチームになりますが、引き続き変わらぬご声援をよろしくお願いします。本当に今までありがとうございました」 2019.12.25 14:08 Wed
twitterfacebook
thumb

岡山退団のMF松本健太郎、いわきFCへ完全移籍

ファジアーノ岡山は23日、MF松本健太郎(23)が来シーズンから日本フットボールリーグ(JFL)に昇格するいわきFCへ完全移籍することを発表した。 松本は2018年に佐賀大学から岡山に加入。だが、プロ生活2年間で出場機会がなく、11月27日に岡山から契約満了が発表されていた。 来シーズンからいわきでプレーすることが決まった松本は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆いわきFC 「来シーズンからいわきFCでプレーさせていただく松本健太郎です。このクラブでプレーするチャンスをいただき本当にありがとうございます」 「大きな可能性を秘めるこのクラブで自分自身がどれだけ成長できるか楽しみであるとともに、身の引き締まる思いです。チームの目標達成の為、僕の全てを懸けて闘います。よろしくお願いします」 ◆ファジアーノ岡山 「子どもたちに夢を!」 「素晴らしい理念を掲げるこのクラブで、子どもの頃からの夢であったプロサッカー選手のキャリアをスタートさせていただいたこと、本当に感謝しています」 「このたび、ファジアーノ岡山を離れることになりましたが、どんな時でも声をかけてくださったサポーターの皆さまのご声援を、これから先もずっと忘れません」 「この2年間でサッカーができる喜びを今まで以上に大きく感じることができた反面、幾度となく悔しい思いを味わいました。この悔しさを大きな原動力に変え、必ず這い上がります」 「意志あるところに道は開ける! またどこかでお会いしましょう。ありがとうございました」 2019.12.23 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

いわきFC、高知ユナイテッドSCが来季からJFL入会が決定

JFL(日本フットボールリーグ)は5日、JFL理事会を行い、来シーズンの新入会チームを承認した。 来シーズンから入会するのは、福島県のいわきFCと高知県の高知ユナイテッドSCとなる。 いわきFCは東北社会人サッカーリーグに所属し、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2019で優勝。高知ユナイテッドSCは四国サッカーリーグに所属し、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2019で2位となっていた。 なお、今シーズンJFLに所属していたFC今治が来シーズンからJ3へと参加するため、今シーズンの16位だった流経大ドラゴンズ龍ヶ崎が関東サッカーリーグへ降格。15位の松江シティFCはJFL残留となった。 2019.12.06 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

盛岡がいわきFCからFW高柳昂平を完全移籍で獲得…今季は公式戦16試合出場32得点

▽グルージャ盛岡は15日、いわきFCのFW高柳昂平(23)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽高柳は愛知県出身で、名東高校、筑波大学を経ていわきFCに入団。今シーズンの福島県社会人サッカー1部リーグでは6試合に出場し20得点を記録。天皇杯では3試合に出場し3得点を記録した。2017シーズンの公式戦通算は16試合に出場し32得点だった。 ▽盛岡は高柳のプレーの特徴について「高い身体能力を生かした突破力を武器に、チームの縦への推進力を高めることができるストライカー。豊富な運動量で前線からのハードワークも厭わず、大学時代に務めた主将経験からキャプテンシーも持ち合せる」と紹介している。高柳はクラブを通じてコメントしている。 「グルージャ盛岡に入団することができ、とても嬉しく思います。今まで関わった全ての皆様に恩返しができるように、また、グルージャ盛岡の勝利に貢献できるように全力を尽くしますので応援の程よろしくお願い致します」 2017.12.15 20:59 Fri
twitterfacebook
thumb

京都GK永井建成がいわきFCへ完全移籍「生まれ育った京都でプレーができてとても幸せでした」

▽京都サンガF.C.は12日、GK永井建成(22)が東北社会人サッカーリーグ2部のいわきFCへ完全移籍することを発表した。 ▽永井は地元の京都府出身で、京都橘高校から2014年にロアッソ熊本へ入団。公式戦の出場がないまま、2017年に京都に完全移籍。しかし、京都でも出場機会はなかった。永井はクラブを通じてコメントしている。 「今年一年、自分が生まれ育った京都でプレーができてとても幸せでした。個人的には怪我が多く、なかなか自分の思うようにはいかなかったですが、それでもファン、サポーターの皆様の温かいご声援があったから苦しい時も頑張れたと思います」 「来年からはいなくなってしまいますが、他のチームに行っても自分らしく明るく元気に顔晴って(がんばって)いきたいと思いますので、これからも温かく見守っていただけたら幸いです。本当に今年一年、チームの関係者の方々、ファン、サポーターの皆様お世話になりました!ありがとうございました!」 2017.12.13 09:38 Wed
twitterfacebook