「非常に厳しい」 マジョルカ久保建英、孤軍奮闘も敗戦悔やむ

2020.07.04 10:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マジョルカに所属する日本代表MF久保建英が3日に敵地で行われたラ・リーガ第34節のアトレティコ・マドリー戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。9試合連続のスタメン出場となった久保は得意のドリブルから強豪相手にチャンスメイクするも、得点には結びつかず。チームもFWアルバロ・モラタの2ゴールやMFコケの得点に沈み、0-3の敗戦を喫した。

【ハイライト】アトレティコ・マドリーvsマジョルカ

試合後にスペイン『Movistar』のインタビューに応じた久保は「非常に厳しい負けです。彼らはチャンピオンズリーグに出場したいと思っていますが、僕たちはそれよりももっと勝ち点を必要としています」と結果を悔やんだ。

今節の戦いを残す残留圏17位セルタと勝ち点5差のまま追い上げられず、今後の戦況次第でさらに背中が遠ざかる状況だが、「すごく重要な4試合があります。全てに勝てれば残留の可能性があると思います」と前を向いた。

今シーズンのここまで30試合3ゴール5アシストの結果を残す久保は「結果が出なければ、あまり価値がありません。今日の試合や、他の試合でもできる限りチームを助けられるように努めています。上手くいかない時もありますが、セルタ戦のように結果が出る時もあります。チームとしても個人としても残りの試合でうまく行くように努めていきます」とコメントしている。
コメント
関連ニュース
thumb

オサスナがマジョルカFWブディミルを買取OP付きのレンタル移籍で獲得、昨季は久保建英らとプレーし13ゴールを記録

オサスナは5日、マジョルカのクロアチア人FWアンテ・ブディミル(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、買い取りオプションがついているとのこと。金額は800万ユーロ(約9億7000万円)で、マジョルカは25%の保有権を持つとのことだ。 ブディミルは母国のNKラドニクでキャリアをスタート。その後オーストリアのLASKリンツへ完全移籍。その後は、母国のHNKゴリツァ、NKインテル・ザプレシッチ、NKロコモティヴァでプレー。2014年8月にザンクト・パウリへと完全移籍した。 その後はクロトーネやサンプドリアでプレーすると、2019年1月にマジョルカへレンタル移籍。2019-20シーズンは完全移籍で加入していた。 久保建英らと共にプレーした2019-20シーズンは、ラ・リーガで35試合に出場し13ゴール3アシストを記録。今シーズンはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)の開幕戦となったラージョ・バジェカーノ戦に出場していたが、第2節以降はメンバー外だった。 2020.10.06 10:12 Tue
twitterfacebook
thumb

久保の元同僚クチョ・エルナンデスがヘタフェにレンタル移籍

ヘタフェは14日、ワトフォードに所属するクチョ・エルナンデス(21)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 2017年夏にグラナダからワトフォードに移籍したストライカー兼ウインガーのクチョ・エルナンデスは2019-20シーズン、MF久保建英の所属したマジョルカにレンタル移籍。シーズン序盤は負傷により棒に振ったものの、ラ・リーガ22試合の出場で5ゴール1アシストを記録し、久保と共に存在感を示していた。 チームが2部に降格した中、1部昇格を果たした古巣のウエスカも獲得に興味を示していたとされるが、新天地はここ3シーズン上位争いに絡んでいるヘタフェとなった。 ヘタフェは新シーズンに向けてビジャレアルからトルコ代表FWエネス・ウナル(23)を完全移籍で獲得している。 2020.08.14 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英のビジャレアル移籍秒読み! まもなく正式発表と現地メディア

日本代表MF久保建英のビジャレアル移籍がまもなく正式発表に至りそうだ。 久保は2019年夏にFC東京からレアル・マドリーに完全移籍すると、トップリーグでの出場機会を求めてマジョルカにレンタル。公式戦36試合に出場して4得点5アシストの数字を収めた。 スペイン『アス』によると、ビジャレアルとレアル・マドリーは先週、久保の1年レンタルで合意。レアル・マドリーにレンタル料として250万ユーロ(約3億1000万円)が支払われるという。 そのビジャレアルは10日に選手のメディカルチェックを予定して、12日から始動。新たに指揮を執るウナイ・エメリ監督が初日からの合流を求めており、まもなく正式発表される模様だ。 また、久保は10日か、11日にも合流する可能性があるとも。ビジャレアルは当初、レアル・マドリーのMFオスカル・ロドリゲスを狙ったが、エメリ監督の意向で久保の獲得にシフトしたようだ。 そのビジャレアル入りが実現すれば、今季限りでの退団が決まり、アル・サッドに移籍した元スペイン代表MFサンティ・カソルラの穴埋め役としての活躍が期待されているとみられる。 なお、ビジャレアルは今季、ラ・リーガを5位フィニッシュ。来季のヨーロッパリーグ(EL)出場が決まっている。 2020.08.10 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

2部降格のマジョルカ、レバンテやヘタフェで指揮したルイス・ガルシア・プラサ監督を招へい

ラ・リーガ2部に降格したマジョルカは6日、ルイス・ガルシア・プラサ監督(47)の招へいを発表した。契約期間は2022年6月までとなっている。 1年で2部に降格したマジョルカでは、ビセンテ・モレノ前監督が退任し、エスパニョールの監督に就任していた。 ルイス・ガルシア・プラサ監督はこれまでエルチェやレバンテ、ヘタフェ、ビジャレアルなどを指揮。また、アジアでは中国の北京人和、UAEのバニーヤース、サウジアラビアのアル・シャバブ・リヤドなどで指揮を執ってきた経歴を持つ。 2020.08.07 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

エスパニョール、新監督に久保建英を指導したビセンテ・モレノ監督を招へい

セグンダ(スペイン2部)に降格したエスパニョールは4日、新監督にビセンテ・モレノ氏(45)を招へいしたことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなっている。 今シーズン、ダビド・ガジェゴ、パブロ・マチンという2人の指揮官の下で最下位に低迷していたエスパニョールは、2019年12月にアベラルド・フェルナンデス前監督を招へい。しかし、指揮を執ったラ・リーガ13試合の戦績は3勝5敗5分けと振るわず。そして、クラブは成績不振を理由に7試合を残した中で同監督を解任。 その後はスポーツ・ディレクター(SD)を務めていたフランシスコ・ルフェテ氏が、シーズン終了までの暫定監督を務めたが連敗を止められず、3節を残して27年ぶりのセグンダ降格が決定した。 後任に指名されたモレノ氏は、2011年に現役を引退。最後の所属クラブとなったヘレスで指導者の道をスタートさせると、ジムナスティックの指揮官を経て、2017年から当時セグンダB(スペイン3部)に沈んでいたマジョルカの監督に就任。 2年連続でチームを昇格させたことで知られ、ラ・リーガ初挑戦となった今シーズンはセグンダBから在籍するメンバーに加え、日本代表MF久保建英らを加えたメンバーでシーズンに臨んだが、惜しくも残留を逃していた。 2020.08.05 06:30 Wed
twitterfacebook