ラムジー、セリエA再開を心待ち! 「無観客開催も楽しみ」

2020.05.30 17:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジーが無観客でのセリエA再開を「楽しみだ」と語った。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月中旬から中断に入ったセリエAだが、沈静化傾向に伴う国の段階的な規制緩和に乗じて、徐々にリーグ再開の動きが具体化。各クラブも検疫ルールに遵守して再始動したなかで、28日に行われたイタリアサッカー連盟(FIGC)と政府の会議で6月20日からのセリエAリスタートが決まった。

イタリア『スカイ』のインタビューに応じたラムジー。再開に批判的な声を挙げる者もいるが、ロックダウン中もイタリアにとどまり、自宅待機に努めたというウェールズ代表MFは「すごく良い気分だ」と述べ、前向きなコメントを残した。

「ピッチに戻れて、最高の気分さ。僕自身はイタリアが早い段階でロックダウンに動いたから、ここにとどまることにした」

「隔離生活は簡単じゃなかった。巣ごもりもね。でも、幸運にも家族と一緒に過ごす時間ができた。普段だと、それはなかなかできない」

「シーズンの再開は嬉しいよ。イタリアは全体的にみても、パンデミックに対して最善策を講じたと思う」

「全ての措置が正しいものだった。だから、こうやって全てが正常な姿を取り戻しつつあるんじゃないかな」

「リスタートも当然だ。プロトコルに沿うとしても、再開できて嬉しい。ファンがいない無観客での試合も楽しみだ」

「僕らはまずシーズンを終わらせることを考える。何が起こるのかを見るのはそれからだ」
コメント
関連ニュース
thumb

攻守に光るダイナミズム MFケディラが頭で決めたユベントス初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元ドイツ代表MFサミ・ケディラがユベントスで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ケディラが決めたユベントス初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJma0ZvcnduaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> シュトゥットガルトでプロキャリアをスタートさせたケディラは、2010年夏にレアル・マドリーに移籍。主力として活躍した後、2015年夏にユベントスに移籍している。 ボックス・トゥ・ボックスタイプのMFとして攻守に良さを見せるケディラは、ここまでユベントスで公式戦145試合21ゴール13アシストを記録している。その記念すべき初ゴールは、2015年10月4日に行われたセリエA第7節のボローニャ戦で決めたゴールだった。 前半早々にリードを許しながらも、2-1と逆転に成功して迎えた63分、左サイドを攻めたユベントスにチャンスが訪れる。 ボックス左手前でボールを受けたFWアルバロ・モラタがインスイングのクロスを上げると、このボールに後方からの攻撃参加で前線に上がってきていたケディラがファーポストでヘディングを合わせ、見事なユベントス初ゴールを決めた。 相手を突き放す3点目を奪ったユベントスは、そのまま3-1で試合に勝利している。 2020.09.30 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリに痛手…ユベントスとの大一番を前にインシーニェが戦線離脱

ナポリは29日、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが負傷したことを発表した。 インシーニェは27日にセリエA第2節のジェノア戦(6-0で勝利)に先発出場するも、20分に左モモ裏を押さえてピッチに倒れると、メディカルスタッフの治療を受けたがそのままエルマスとの交代を余儀なくされた。 クラブの発表によれば、精密検査を受けたインシーニェは左ハムストリングにグレードⅠの損傷が見られたことが判明。現時点でクラブは離脱期間を明かしていないものの、フランス『レキップ』は最低でも20~30日の離脱になると報じている。 なお、ナポリはインターナショナルブレーク前に王者ユベントス(10月4日)との大一番を控えており、絶対的主力の一人であるインシーニェの離脱は大きな痛手となる。 2020.09.30 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、最終ライン強化に向けルガーニ&フォイスの獲得を画策

バレンシアが残り少なくなった今夏の移籍市場でイングランドとイタリアからセンターバック2選手の獲得に動いているようだ。スペイン『Cadena COPE』が伝えている。 今夏、バレンシアでは財政難によるチーム崩壊が進んでおり、マンチェスター・シティに移籍したFWフェラン・トーレスをはじめ、MFフランシス・コクランやMFダニエル・パレホ、FWロドリゴ・モレノを売却せざるを得ない事態に陥っている。 特に最終ラインではアタランタへレンタル移籍したDFクリスティアーノ・ピッチーニやレンタルバックとなったDFアレッサンドロ・フロレンツィら5選手がチームを離れており、今夏での補強が急務となっていた。 そこで白羽の矢が立ったのが、ユベントスに所属するイタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(26)とトッテナムに所属するアルゼンチン代表DFフアン・フォイス(22)だ。 ルガーニは2015年の冬にエンポリからユベントスに加入。ユベントスでは在籍5年半で公式戦101試合の出場しているが、近年では熾烈なレギュラー争いに苦しみ、マウリツィオ・サッリ前監督が就任した昨季はセリエAで10試合の出場にとどまっていた。 また、すでに開幕した今季もアンドレア・ピルロ新監督の構想外となっており、放出候補に名前が挙げられている。 一方、2017年夏にエストゥディアンテスからトッテナムに加入したフォイス。2018-19シーズンは同胞マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の下、公式戦17試合に出場。しかし、更なる飛躍が期待された昨シーズンは公式戦7試合の出場にとどまっていた。 とりわけ、昨年11月に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を勝ち取れず、今シーズンもここまでベンチ外が続いている。 2020.09.29 00:47 Tue
twitterfacebook
thumb

スアレスの不正疑惑、ユベントスの責任者は潔白を主張

ユベントスのフットボール部門の最高責任者であるファビオ・パラティチ氏が、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス の不正行為を否定した。 今夏にバルセロナを退団し、アトレティコ・マドリーに移籍したスアレス。27日に行われたラ・リーガ第3節のグラナダ戦では、途中出場から2ゴール1アシストの鮮烈デビューを果たした。 だが同選手は以前にユベントス移籍が報じられており、実際にパスポート発行に必要なイタリア語試験にも合格していた模様。しかし、そのパスポート発行に時間を要することもあり、アンドレア・ピルロ監督も「難しい」と獲得を断念していた。 だが問題はここで終わりではなく、その試験でスアレスが不正を働いていたと各メディアに伝えられた。情報によれば、スアレスは試験内容を事前に知らされていたばかりではなく、受ける前から合格が決まっていたという。 現在も調査が行われている中、パラティチ氏はスアレスの潔白を主張。ユベントスに対する訴訟の可能性もあったがクラブは調査対象外にあるとしている。 「我々は何も不正はしていない。スアレスがバルセロナを離れる機会があり、我々はルールの範囲内で青天白日の下に行動してきた。何も心配することはない」 「私は裁判官でも警察でもないため、どういった状況なのかわからないし、彼らがどのように調査に取り組んでいるかなんて考えてもいない」 2020.09.28 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

王者に善戦もフォンセカ監督は不満「勝てる試合だった」

ローマのパウロ・フォンセカ監督は、ユベントス戦の結果に満足していないようだ。 ローマは27日、セリエA第2節で王者ユベントスを本拠地スタディオ・オリンピコに迎え撃った。開幕ヴェローナ戦はMFアマドゥ・ディアワラの未登録起用の違反により敗戦扱いとされた中、この日はMFジョルダン・ヴェレトゥのPKで先制する展開に。 その後、ローマもPKを献上してしまい、FWクリスティアーノ・ロナウドに同点とされるものの、前半アディショナルタイムに再びヴェレトゥがゴール。1点リードで試合を折り返す。 後半には相手MFアドリアン・ラビオが2枚目のイエローカードで退場し、ローマは数的優位に。しかし、69分にまたもC・ロナウドの得点を許し2-2のドローに終わった。 王者ユベントスと互角以上に渡り合ったローマだが、イタリア『スカイ』のインタビューでフォンセカ監督は勝てる試合だったと結果に不満を漏らした。また、ユベントス移籍が噂されながらも先発出場したFWエディン・ジェコにも言及した。 「我々は良い試合をしたと思う。だが、結果には満足していない。チャンスを作り出し、勝てる試合をしていたからね」 「ジェコは集中し、モチベーション高く、一生懸命チームに貢献していた。ゴール前でのミスはあったが、全員にも言えること。今夜はよくやってくれたよ」 「(移籍の可能性について)私はクラブを完全に信頼している。新しい会長はまだここに来たばかりで、このチームにとっての最善の解決策について定期的に話し合っているところだ。ジェコは我々が把握している通常の状況に置かれている。我々は取るべきアプローチについて合意しているよ」 フォンセカ監督は加えて、5人の交代が許可されているにもかかわらず、ユベントス戦の交代を2人に留めた理由も説明した。 「チームは快適でソリッドな守備でユーベにそれほどチャンスを与えていなかった。ロレンツォ・ペッレグリーニは疲れが見えたから交代させたんだ」 「確かに5人まで交代可能だが、チームが上手くいっていると感じれば、それは必要ないことだ。ヘンリク・ムヒタリアンやペドロ、ジェコには交代するかどうか尋ねたが、彼らは揃ってノーと答えた。それなら交代はいらないだろう」 2020.09.28 14:51 Mon
twitterfacebook