ご意見番がコロナ禍のヴェルナー獲得を不安視「ユナイテッドへの影響を見れば…」

2020.05.22 18:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのレジェンド、ジェイミー・キャラガー氏が、コロナ禍によるクラブへの経済的損出が移籍戦略に影響するのではないかとコメントした。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。

リバプールの関心が噂されて久しいライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(24)。本人もリバプールについて「世界最高のクラブ」とコメントしており、相思相愛が噂されている。

今夏の移籍市場でのリバプール加入の噂が報道されていたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でリーグが中断。これにより多くのクラブが収入源を絶たれている状態にあり、移籍市場に大きな影響を及ぼすことが予想されている。

マンチェスター・ユナイテッドのファイナンス部門の責任者であるクリフ・バティ氏が19日に発表したところによると、コロナ禍によりクラブに2300万ポンド(約30億円)の損出が出ており、この数字は今後も増えていくと見られている。

リバプールで行われた国民保健サービス(NHS)の支援のための募金イベントに出席したキャラガー氏は、イベント後の取材に応えると、コロナ禍によるクラブへの経済的損出について言及。今夏のヴェルナー獲得が失敗に終わっても「文句は言えない」とコメントした。

「感染拡大が起きる前には、ヴェルナーを獲得できるチャンスが充分にあったと思う」

「しかし、各クラブが経済的にどのような状況にあるのか、不透明な部分がある。少し前ツイッター上でユナイテッドの経済的状況に関する情報を目にしたが、リバプールも似たような影響を受けていると予想される。これが移籍市場に影響を及ぼすことは確実だろう」

「リバプールのチームについて特に問題があるわけではない。昨シーズンを通してリーグ戦では1度しか負けていないし、今シーズンもまだ1敗だけだ」

「大きな変化の必要がないことは確かだが、トップクラスのアタッカーがもう1人必要だと感じる。しかし、それに必要な資金がないのであれば、それを受け入れるしかない」
コメント