「一生忘れない」、コロナを克服したリュシュトゥ氏が古巣バルサに感謝!

2020.04.16 16:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新型コロナウイルス(COVID-19)感染による生命の危機を見事に脱した元トルコ代表GKのリュシュトゥ・レチベル氏(46)が古巣バルセロナのサポートに感謝した。リュシュトゥ氏は3月29日に新型コロナウイルスの感染が疑われ病院へ入院。その後、陽性反応が検出された。約10日間におよぶ入院期間においては一時息切れの症状が出て、危篤状態にも陥ったという。だが最終的にはウイルスとの戦いに勝利し、無事に退院している。

現在、自宅療養が続くリュシュトゥ氏はスペイン『AS』のインタビューに応対した。

「(人生で最も厳しい戦いに勝利したか?)その通りだと言えるね。地元の医療チームによって非常に良く治療を受けることができた。10日間は、トルコ保健省が規定するウイルスの治療を受けたよ」

「その間には常に傍にいてくれた最愛の妻からのサポートが非常に大きかったと思っている。私たちは、必ずこの戦いに勝利すると信じていたし、結果的にその通りになった。それでも、とてつもない恐怖を感じていたし、ウイルスを克服できてとても嬉しく思っているよ」

さらに、治療の最中に受け取った多くのサポートに対する感謝の言葉を口に。とりわけ、1年という短い期間を過ごした古巣からの支援に感謝している。

「入院中と退院後も含め、バルセロナからのサポートは心強かったよ。(主務の)カルロス・ナバルと(広報の)チェミ・テレスの二人が、会長とクラブのみんなからの励ましのメッセージを伝えてくれたんだ」

「そういった細かな気遣いは苦しい状況において本当に重要なことなんだ。私が死にかけていた時にバルセロナから受けたサポートを一生忘れないよ」

「私が常にバルセロナのことを気にかけていることを彼らにも知ってもらいたい。この場を借りてクラブに関わるすべての人たち、とりわけバルトメウ会長に感謝を伝えたい」

リュシュトゥ氏は2003年にフェネルバフチェからバルセロナへ移籍。在籍した1年間は4試合の出場に留まるなど、苦いシーズンを過ごした。そういった背景にも関わらず、古巣から受けた心温まる支援に大きな感謝を抱いているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

デンベレがまた遅刻 規律に厳格なクーマン新体制下でも変わらず

バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレがまたしても遅刻魔ぶりを露呈してしまったようだ。 スペイン『マルカ』によると、バルセロナは28日、午前10時からトレーニングを実施。今季から指揮を執るロナルド・クーマン監督はそもそも1時間前に到着しておくよう求めているが、このたびのデンベレは定刻時間の15分後にトレーニンググラウンドに姿を現したという。 2017年にドルトムントから鳴り物入りでバルセロナの門を叩いたデンベレだが、度重なる故障によるコンディション不良だけでなく、度々の遅刻で自己管理能力の低さが指摘され、バルセロナ加入3年目の昨季はわずか公式戦9試合1得点という不甲斐ない成績に終わった。 なお、今夏も売却の憶測が取り沙汰されたデンベレだが、今季初戦の27日に行われたラ・リーガ第3節のビジャレアル戦に70分から出場。しかし、規律を重視する指導者であるクーマン監督の下でも、今回に限らず、すでにトレーニングを遅刻した日があった模様だ。 2020.09.29 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、デパイ獲得に向けユムティティを差し出すもリヨンは拒否

リヨンが、バルセロナからの申し出に対して拒否する姿勢を貫いた。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 バルセロナは今夏の移籍市場でロナルド・クーマン監督が希望するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)の獲得を画策。この移籍には、バルセロナのフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(26)の譲渡が含まれるとされていた。 しかし、この移籍については実現しないとリヨンのジャン=ミシェル・オラス会長がフランス『Canal+』でコメント。ユムティティがリヨンにこないことを明言していた。 ユムティティは、チームを改革しているクーマン監督の構想外となっており、アルトゥールやネウソン・セメド、イバン・ラキティッチ、アルトゥーロ・ビダル、そしてルイス・スアレスに続いて、退団が認められている選手だった。 ユムティティを手放したい理由の1つは高額な給与が挙げられているが、リヨン側もこの点を懸念。数週間前には、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏も懸念があると語っていた。 「契約のレベルが我々のものではない。我々にとって良いことではない。ユムティティの給与を支払うのは無理だ。選手が複数年契約のプロジェクトを見つけ、家に帰りたいと思えば、考慮する」 デパイ獲得の際の移籍金引き下げに動いていたバルサだが、リヨン側がユムティティを受け入れないと決断したことで破談に。残り1週間で獲得に漕ぎ着けることはできるだろうか。 ユムティティは、2016年7月にリヨンからバルセロナに移籍金2500万ユーロ(約30億6500万円)で完全移籍。これまで公式戦116試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 2020.09.28 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

シーズン初戦で2ゴールのバルサFWアンス・ファティが同僚メッシを語る「一緒にプレーするのは子供の頃からの夢」

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティがビジャレアル戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 バルセロナは27日、ラ・リーガ第3節でビジャレアルと対戦。ロナルド・クーマン監督を迎えた今シーズン最初の公式戦となったが、15分にジョルディ・アルバのアシストからアンス・ファティがネットを揺らし先制。19分にはロングカウンターからフィリペ・コウチーニョのパスを受けたアンス・ファティが2点目を決める。 35分にはPKを獲得するとリオネル・メッシが冷静に決めて3点目。終了間際にはオウンゴールで追加点を挙げて、前半だけで4点リード。そのまま逃げ切って勝利した。 アンス・ファティはシーズン初戦を振り返り、メッシとともにプレーしたことについて改めてコメント。大きな助けとなっていると語った。 「メッシとプレーすることは子供の頃からの夢だったけど、今ではそれが実現できるようになった」 「彼はいつも僕を助けてくれるし、アドバイスをくれる。僕はとても幸せだよ。彼はピッチでもピッチ外でもトレーニングでも僕を大いに助けてくれる」 「僕は最高の選手とプレーしている。真実は、すべての試合とすべてのチャンスで、僕はイリュージョンに遭遇するんだ」 今シーズンの公式戦初ゴールを決めたアンス・ファティだが、貪欲にゴールを求めていくとコメント。チームとしては常に改善していきたいと語った。 「ストライカーがそれを手にした時、もっと欲しがるものだ。最初のゴールはジョルディ(・アルバ)のパスがとても良かった。僕はそれに合わせるだけだった」 「前半にも見られたと思うけど、僕たちは本当に改善し続けたいと思っている。これは前に進むための方法だよ」 「僕が望んでいるのは日々改善し続け、最高のチームメイトから学び続けルコとだ。彼らはいつだって最高だし、僕を毎日助けてくれる」 2020.09.28 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「とても満足。印象は良い」公式戦初戦で4発快勝に満足のクーマン監督、2ゴールの17歳アンス・ファティには注文「一貫性を求める」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、シーズン初戦となったビジャレアル戦での快勝に満足感を示した。スペイン『マルカ』が伝えた。 27日にラ・リーガ第3節で日本代表MF久保建英が所属するビジャレアルと対戦したバルセロナ。FWアンス・ファティの2ゴールや、FWリオネル・メッシのPK成功などで前半に4ゴールを奪い、4-0の白星発進を飾った。 バルセロナでの公式戦初陣で快勝したクーマン監督は、前半のパフォーマンスについて良い印象だと評価。このパフォーマンスが今後の基準になると述べている。 「とても満足しているよ。前半はとても良かった。後半は試合がゆっくりになってしまった。だが、今季初戦。印象は良いね」 「(上手くスタートを切れたことは)非常に重要だ。前半の結果は我々が何を改善して、何を望んでいるのかを明確にするのは役に立つだろうね」 「我々が与えたプレッシャーは良い試合をするための結果に役立つ。ボールを保有して、たくさんのチャンスを作り出すのは良いことだ。ゴールにはとても満足している」 また、2ゴールを記録し、PKを獲得するなどチームを勝利に導いたファティを賞賛。ただ、パフォーマンスの一貫性を要求している。 「彼の試合、パフォーマンスは明るい。私はとても満足している。彼はまだ17歳で改善しなければいけないことは我々もわかっている。試合とパフォーマンスの一貫性を求める。彼は良い選手だ。耳を傾け、改善するために前向きだ」 「ただ、たまに集中力を欠いている。(ジョアン・ガンペール杯2020の)エルチェ戦はそれほど良くなかったが、今日は良かった。彼は素晴らしい試合をした。素晴らしいグループだ。彼とペドリにはとても満足している。どちらとも素晴らしい未来が待っている」 2020.09.28 10:35 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサに大敗もビジャレアル指揮官は久保建英のプレーを評価「全ての試合で貢献」「上手くプレーしている」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、試合を振り返ると共に、日本代表MF久保建英のプレーについても言及した。スペイン『アス』が伝えた。 ビジャレアルは27日、ラ・リーガ第3節でバルセロナと対戦。シーズン初戦となったバルセロナに対し、アンス・ファティに2ゴールを許すなど、前半だけで4失点。そのまま4-0で敗れた。 開幕から2試合を1勝1分けとしていたビジャレアルは、エメリ監督就任後の公式戦で初黒星。これまでの試合と同じでは勝てなかったと、敗戦を振り返った。 「これまでの試合をプレーしてきたチームに継続性を与え、自信と同じ戦術があった。我々はボールを保持したかったが、それが正確にできず、攻撃の時に急いでしまい、避けなければいけないことをしてしまって自分たちで傷つけてしまった」 「最初の45分間は割と順調にスタートしたので、ミスを犯してしまった。ここで勝つためには、もっと多くのことを行わなければいけない」 「前半の出来に関してファンのみんなには謝罪する。これを取り戻していきたい」 また、74分から途中出場し、古巣との対戦となった久保についても言及。一定の評価を下した。 「タケは全ての試合で色々と貢献してくれている。彼は攻撃するためにどのポジションでもプレーすることが可能だが、右サイドではとても快適にプレーしている」 「ボックス内に入ること、いつ突破するのか、いつ動かし始めるのかをやって欲しいと思う。彼はとても上手くプレーしていると思う」 2020.09.28 09:58 Mon
twitterfacebook