【2022年カタールへ期待の選手㊷】「重視するのは数字より貢献度」。3度目延期にめげず持ち前の雑草魂で戦うアタッカー/江坂任(柏レイソル/MF)

2020.04.02 21:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
新型コロナウイルスの感染拡大が深刻度を増し、Jリーグも再々延期されるに至った。J1の次なる再開目標は5月9日だが、東京の観戦者数が増加の一途を辿り、首都封鎖もささやかれる中、本当にその通りにJ1の試合が行われるのか不安が募るばかりだ。

それは選手たちも同じ。1年でJ1復帰した柏レイソルの面々も、サッカーのできる環境を守りたいと切実に願っているはずだ。

2月23日の開幕・北海道コンサドーレ札幌戦で2ゴールを叩き出し、4-2の勝利の原動力となったアタッカー・江坂任も「コロナ対策のためあんまり外に出ないようにしています。基本は家にいることが一番」と自らの健康とコンディションを守るべく、自制ある行動に努めている。

試合が延び延びとなり、柏は27日から5連休を取っているが、「公式戦がないのでコンディションだけは落とさないようにしないといけない。再開後は連戦が多くなるので、そこに向けて練習でケガをしないこと。それが大事かなと思います」と意識を高めて、今後のトレーニングに臨んでいくつもりだ。

流通経済大学からザスパクサツ群馬、大宮アルディージャを経て、柏へとステップアップした苦労人の江坂は多少の困難にも負けないタフさと粘り強さを持った選手だ。生まれ育ったのは兵庫県三田市。小学校2年から通っていたウッディSCという町クラブで同学年の小川慶治朗(ヴィッセル神戸)と出会い、しのぎを削ってきた。小川は中学入学時点でヴィッセル神戸のアカデミーに受かったが、自分は不合格。そこから雑草の人生が始まったという。

「慶治朗は92年生まれの『プラチナ世代』の1人として2009年U-17ワールドカップ(ナイジェリア)にも出ましたけど、僕は地元の中学から神戸弘陵高校に進んだ。高校のこと、神戸ユースと対戦してボコボコにされたことがあって本当に悔しかった。『慶治朗には絶対に負けたくない』って気持ちが強くなりましたね」と彼は述懐する。

流通経済大学に奨学金を借りてまで進んだのも、小川に追いつき追い越したいという思いがあったから。大学時代も順風満帆とは言い切れない日々だったが、2013年の総理大臣杯と2014年の大学選手権で得点王に輝いた。それがプロへの扉を開くことにつながり、当時J2の群馬入り。1年で当時J1だった大宮へ個人昇格を果たし、2年後の2018年に柏へ引っ張られ、エースナンバー10を与えられた。長年のライバルだった小川と同じ土俵に立てただけでなく、活躍度では江坂の方が上回っているといっても過言でないほどのパフォーマンスを見せている。諦めずに努力してきたからこそ、今があるのだ。

そうやって紆余曲折を経て迎えた2020年J1。開幕の札幌戦で2ゴールというインパクトの大きな仕事を見せ、彼への注目度は一気に高まった。年齢は27歳と決して若くないが、森保一監督は年齢にこだわらずに日本代表に相応しい選手を選ぶ監督だ。しかも今年は代表活動がいつ再開できるか分からず、ここまでのチーム作りもいったんゼロに戻して考えなければならないかもしれない。となれば、新戦力にとっては大きなチャンス。爆発的なパフォーマンスを見せていれば、小川でさえも手が届いていない大舞台に立てる可能性もゼロではない。そういう意味でも再開後が楽しみなのだ。

「正直、想像がつかないくらいの連戦になるだろうけど、ムダに走らされないようにというのはネルシーニョ監督もよく言っている。そういう連戦の戦い方も今から準備していきたいと思っています。チームとしては優勝が目標ですけど、僕としてはそこに貢献したい。数字がどうこうよりも貢献度の方が重要だと考えているので、そこを意識しながら戦っていきたいです」と江坂は自分の役割を確実にこなしていくつもりだ。

柏にはオルンガやクリスティアーノといった傑出した決定力のあるFWがいる。そこに江坂が加わってくれれば、ネルシーニョ監督にとっても鬼に金棒だろう。J1昇格1年目でいきなりタイトルを取った2011年の再現も叶うかもしれない。そうなれば江坂のキャリアにも泊がつく。

「レイソルの場合、いろんな選手に攻撃の特徴があって、それがバラバラなんで、相手はすごく嫌だと思います。自分たちがその特徴を出しあえる関係性は去年から築いているので、J1の舞台で発揮できるかが大事になってくると思います。守備も組織的にやれれいる。札幌戦でも攻め込まれる時間帯はありますけど、逆にそこが自分たちのチャンスにもなっていた。そういうメンタリティを持ち続ければ苦しいゲームでもゴールを取れる。そういうしぶといチームになるように心掛けていきます」

長い長い中断期間に江坂がいかにして自分のエネルギーを蓄えるのか。それを楽しみに待ちつつ、予定通りにJ1が再開されることを心から祈りたいものだ。

【文・元川悦子】
長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。
コメント