G大阪DF三浦弦太が自動車接触事故…双方にケガなし

2020.03.21 21:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ガンバ大阪は21日、日本代表DF三浦弦太の自動車乗車中における交通事故を報告した。

三浦は同日の18時45分頃に豊中市内を自動車で移動中、渋滞で停止したところ、後方を走行する自動車が追突する事故が発生。双方にケガはなく、事故発生を受けて速やかに警察等、関係各所に連絡をして対応したという。

昨季に引き続き主将を務める三浦は今季のここまで行われた公式戦2試合にいずれもフル出場している。

関連ニュース
thumb

不振極めるG大阪に追い討ち…小野裕二&レアンドロ・ペレイラが負傷離脱

ガンバ大阪は19日、FW小野裕二とFWレアンドロ・ペレイラの負傷を発表した。 小野は12日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第28節のベガルタ仙台戦に先発したが、前半途中に負傷交代。一方、12日の仙台戦から欠場が続くレアンドロ・ペレイラは11日の練習中にしたという。 両選手はともに右ハムストリング肉離れの診断結果。全治については明らかにされていない。ここまで小野がJ1リーグ5試合1得点、レアンドロ・ペレイラが24試合5得点だった。 東京オリンピック中に未消化分をこなして、残留圏まで浮上した14位のG大阪だが、現在は今季2度目の4連敗中。まだ降格圏17位の徳島ヴォルティスとは7ポイント差だが、予断を許さない状況だ。 2021.09.19 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

後半3発の鹿島が公式戦4試合ぶりの白星、G大阪は反撃及ばず4連敗【明治安田J1第20節】

明治安田生命J1リーグ第29節、鹿島アントラーズvsガンバ大阪が18日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、3-1でホームの鹿島が勝利を収めた。 公式戦3連敗かつ無得点と苦しむ鹿島は、上位追走のために是が非でも3ポイントが欲しいゲーム。前節からのスタメン変更は3失点を喫した最終ラインを中心に4人。常本、林、ブエノ、土居が外れ、広瀬、町田、関川、ファン・アラーノが名を連ねた。 対するG大阪も覇気がない。前節は残留争いのライバルであるベガルタ仙台に2-3で敗れ、リーグ戦3連敗中となっている。前節から昌子、小野、宇佐美に代え、菅沼、山本、矢島をスタメンに起用。最終ラインに右から高尾、菅沼、キム・ヨングォンを並べた[3-4-2-1]の布陣で臨んだ。 立ち上がりは鹿島が押し込み、G大阪がしっかりとリトリートして対抗。鹿島がボールを握り、G大阪が構えるといった構図ができあがっていった。目立ったシュートシーンの少ない展開のなかでG大阪は17分、FKのこぼれ球に反応した井手口がボックス手前から右足で狙う。鹿島も飲水タイム明け直後に、和泉のポストプレーから荒木がボックス左に侵入。カットインから右足で巻いて狙うが、GK東口に処理された。 最前線に収まると攻撃に迫力の出る両チーム。36分には鹿島が上田の胸での落としから和泉がミドルを放つと、G大阪もパトリックが収めて矢島へ。裏を狙い、リターンをもらおうとするがこれは通らず。鹿島は上田が反転から右足で、さらには荒木が細かいタッチから左足で狙うなど、フィニッシュ数を増やして前半を終えた。 両チーム無得点で迎えた後半最初の決定機は鹿島が作る。48分、素早いトランジションからファン・アラーノがボールを奪ってすぐさまクロス。和泉がコントロールから狙うが、トラップした分時間がかかり、GK東口に距離を詰められて防がれた。 攻勢が続く鹿島は52分に試合を動かす。ディエゴ・ピトゥカが持ち運んでスルーパスを送ると、荒木がボックス内から左足で対角へのシュート。これはGK東口に阻まれたが、セカンドボールを上田がプッシュしてネットを揺らし、先制に成功した。 攻撃の手を緩めない鹿島は、ケガから戻ってきた2人の連携から追加点を奪う。中央で基点を作って右へ展開すると、広瀬のクロスにファン・アラーノが頭で合わせてリードを広げた。畳みかける鹿島はファン・アラーノの右アウトでのクロスから荒木が狙うが、このヘディングシュートは右ポストに嫌われた。 73分にはカウンターから鹿島が追加点を奪う。ファン・アラーノからのパスをハーフウェーラインの手前で受けた土居が自らドリブルスタート。誰も寄せてこないとみるや自ら持ち上がり、ボックス手前から左足のフィニッシュを右隅に沈めて見せた。 ベンチワークでも後手に回り、3点差とされたG大阪だがすぐに1点を返す。途中出場のチアゴ・アウベスが関川からボールを奪ってボックス左に侵入すると、そのまま倒されてPKを獲得。自らキッカーを務め、GK沖の逆を突いてきっちりと決め切った。 差を縮めたことで攻撃陣に勢いの出てきたG大阪は、88分に小野瀬がボックス手前左で受けてカットインから右足で狙う。だが、巻いたシュートは枠の右へ外れた。さらには、CKのこぼれ球から倉田のフィニッシュを迎えるも、大きく枠を外してしまう。 最後まで反撃の姿勢を見せるも、以降はゴールが生まれずタイムアップ。鹿島が逃げ切って公式戦4試合ぶりの白星をつかんだ。 鹿島アントラーズ 3-1 ガンバ大阪 【鹿島】 上田綺世(後7) ファン・アラーノ(後15) 土居聖真(後28) 【G大阪】 チアゴ・アウベス(後35) 2021.09.18 20:04 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:鹿島vsG大阪】状態は良くない両者、終盤戦に向けて意地を見せるのは

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 18:00キックオフ 鹿島アントラーズ(7位/47pt) vs ガンバ大阪(14位/30pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆公式戦3連敗&無得点から脱せるか【鹿島アントラーズ】 前節はアビスパ福岡をホームに迎えた一戦だったが、チームは0-3と惨敗。力なく敗れ去った。 インターナショナルマッチウィークによる中断期間は、YBCルヴァンカップの準々決勝で名古屋グランパスと2試合を戦い、2-0、0-2とどちらも完封負け。9月に入り公式戦3試合連続で無得点&複数失点と、チームは急下降している。 8月の最後に得意とする2位の横浜F・マリノスに勝利したものの、その後は急降下。3位争い真っ只中とあって、早急にチームとして浮上しておきたいところだ。 この数試合で問題となるのはボール奪取のところ。プレスがあまりかからず、チームとしてショートカウンターは仕掛けられていない。効果的に相手を押し込めないことが続き、得点を重ねられるという悪い流れから脱していない。 今節の相手はG大阪。順位としてみれば負けてはいけない相手だが、しっかりとホームのファンに勝利を届けられるだろうか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、林尚輝、町田浩樹、安西幸輝 MF:ディエゴ・ピトゥカ、三竿健斗 MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、和泉竜司 FW:上田綺世 監督:相馬直樹 ◆リーグ戦4連敗を回避できるか【ガンバ大阪】 前節は残留争いのライバルであるベガルタ仙台を相手にまさかの3失点。2-3で敗れ、リーグ戦3連敗と再び絶不調に陥っている。 チームとして久々に複数得点を記録したものの、3失点していては勝てるものも勝てない。 特に、この3連敗は残留を争う横浜FCと仙台、そしてライバルのセレッソ大阪。さらにYBCルヴァンカップではそのC大阪に惨敗を喫しており、メンタル面でもさらに落ち込む結果となってしまった。 問題は未だに見えてこない攻撃の形とプレスの連動性だろう。良い守備ができずにボールを奪えず、ズルズルと攻め込まれる悪さ。一方、その前の攻撃がしっかりと完結できないことで、準備不足にもなっている。 抜け出しかけた残留争いも、下位チームが少しずつ勝ち点を重ねており、再び足を突っ込んでしまう可能性もあるだけに、この辺りでしっかりと勝利し、自身を掴みたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:柳澤亘、昌子源、キム・ヨングォン MF:小野瀬康介、井手口陽介、山本悠樹、藤春廣輝 MF:矢島慎也、宇佐美貴史 FW:パトリック 監督:松波正信 2021.09.18 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪がユース所属のMF中村仁郎、FW坂本一彩と仮契約、来季昇格内定を発表

ガンバ大阪は16日、ユースに所属するMF中村仁郎(18/左)、FW坂本一彩(18/右)との仮契約を発表した。来シーズンからの加入が内定している。 中村は大阪府出身で、166cm、60kgの左利きのMF。ジュニアユースからG大阪に所属している。2019シーズン、2020シーズンはG大阪U-23として通算33試合に出場し5得点を記録。2020シーズンは明治安田生命J1リーグでデビューも果たしていた。 坂本は熊本県出身で、174cm、69kgの右利きのFW。JFAアカデミー福島U-15に所属し、ソレッソ熊本からG大阪ユースに加わった。2020シーズンはG大阪U-23として明治安田生命J3リーグで11試合に出場し3得点を記録していた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF中村仁郎 「3歳の時からの夢であったガンバ大阪でプロサッカー選手になることができ、非常に嬉しく思います。これまで多くの壁に当たってきましたが、家族、友達、指導者、そしてサポーターの皆さんなど、今まで私が出会ってきた全ての方々のおかげで成長し、乗り越えてくることができました」 「今までもこれからも感謝の気持ちを忘れず、謙虚にひた向きにサッカーを楽しみますので、応援よろしくお願いします」 ◆FW坂本一彩 「幼い頃から憧れていたこのガンバ大阪でプロキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。これまで関わっていただいた方々にプレーで恩返しできるように、そしてガンバ大阪の勝利に貢献できるように全力で戦います。応援よろしくお願いします」 2021.09.16 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

仙台が今季最多3ゴールで12試合ぶりに勝つ! 競り負けのG大阪は3連敗【明治安田J1第28節】

明治安田生命J1リーグ第28節の1試合が12日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、アウェイのベガルタ仙台が3-2でガンバ大阪を下した。 13位のG大阪は中2、3日で試合がやってくる公式戦15連戦の超過密スケジュールを戦うなかで降格圏から脱したが、直近のリーグ戦3試合で白星なし。先のルヴァンカップ準々決勝でも逆転敗退の憂き目に直面した。ようやくその強行軍から解放され、中6日での今節はチーム最多6得点のパトリックが7試合ぶりに先発復帰した。 19位の仙台は5月30日に行われた第17節のセレッソ大阪戦から11戦勝ち星なし。8月のリーグ戦6試合でわずか1得点の攻撃面も課題のひとつとして浮き彫りとなるなか、約2週間のインターバルを経て、まだ残留に予断を許さない状態のG大阪との直接対決を迎える。その今節も古巣戦の赤崎と富樫の2トップを前節に続き採用した。 互いに最前線の選手を起点にした攻めからフィニッシュシーンに持ち込むものの、主導権はどっちつかずの戦況で進む。そのなかで、G大阪が徐々にボールを保持し出すが、序盤から精力的な動き出しでシュートチャンスを作った小野が13分を過ぎたところで負傷交代を強いられてしまう。 そんなG大阪は矢島をスクランブル投入して、攻めの時間を続け、34分に井手口、宇佐美が絡むパスワークから決定機。バイタルエリア中央で浮いた状態の矢島がボールを受け、右足シュートをゴール左に飛ばすが、仙台の守護神スウォビィクにファインセーブで阻まれ、好機を生かせない。 すると、仙台攻撃陣が守護神の踏ん張りに呼応する。37分、富田から敵陣右サイドでボールを受けた蜂須賀が右足でクロスを上げ、ゴール前で完全フリーの富樫がヘッド。右ポストの内側を叩いたボールが吸い込まれ、やや守りの時間が多かった仙台が12試合ぶりの勝利に一歩前進した。 富樫の今夏加入後初ゴールで仙台に先制を許してしまったG大阪だが、すかさず反撃。39分に宇佐美とのワンツーでボックス左まで侵攻していった藤春が左足でクロスを送ると、相手DFにディフレクトして高く浮かび上がったボールを矢島が頭で押し込み、失点からわずか2分後に追いつく。 あっさりと追いつかれ、嫌なムードが漂う仙台だが、その3分後に前半のうちに再びリードする。42分に敵陣右サイド深くでFKのチャンスを獲得すると、キッカーの上原が右足でクロス。先制点と同じくゴール前で完全フリーの富樫がまたしてもヘディングシュートでネットを揺らした。 追いかける展開で試合を折り返したG大阪は攻撃の手を強めるなかで、相手と同じ[4-4-2]のシステムにシフトして、ミラーゲームに。すると、58分にボックス左の矢島が井手口の浮き球パスを右足ダイレクトで折り返そうとすると、蜂須賀のハンドを誘って、PKのチャンスを獲得する。 そのキッカーに名乗りを上げたパトリックが右足で強振したシュートをゴール左にねじ込み、再びイーブンスコアのG大阪だが、前半の小野に続いて、63分に高尾も負傷交代。その後、仙台は66分に富樫、フェリペ・カルドーソ、古巣戦の中原を一挙に送り込み、3度目のリードを目指す。 すると、68分に右サイドから中原が右足で上げたクロスがボックスで対応しようとした藤春の左手にヒット。これが審判団の協議対象になり、主審のオンフィールドレビューにもなったが、そのひとつ前のプレーで加藤のポジションがオフサイドをとられ、PKが認められない。 事なきを得たG大阪は78分に最後の交代で山本、ケガ明けのウェリントン・シウバの送り込み、逆転を狙うが、仙台が79分にカウンター。左サイドでパスを受けた西村がそのままドリブルでボックスに持ち上がり、右足シュートをゴール右に突き刺して、3度目のリードに成功した。 その後、残る交代で真瀬、福森 を送り出した仙台が後半アディショナルタイム7分も凌ぎ切り、12試合ぶりの白星。攻撃陣も今季最多3得点で、勝ち点を「22」まで伸ばした。一方、G大阪は今季2度目のリーグ戦3連敗で4試合白星なし。ルヴァンカップでのショッキングな敗退も引きずる結果に終わった。 ガンバ大阪 2-3 ベガルタ仙台 【G大阪】 矢島慎也(前39) パトリック(後15) 【仙台】 富樫敬真(前37、前42) 西村拓真(後34) 2021.09.12 20:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly